« 怒り心頭パート2 | トップページ | 「ゲーム」をどうぞ »

2008年7月 3日 (木)

怒りの貯蓄

テクノロジー犯罪に遭遇して27
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカーを営む46才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。年内に発行するこの犯罪の被害報告を兼ねた書籍を執筆中。

7月2日(水)
嫌がらせの度合い:●限界 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度) ×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声○ 静電気○(胸、腹部、右膝) 気配× 電磁波△(腹部を中心に臓器を固くさせられるような感触を味合わされる、右胸にいらいらを誘発する電磁波)
業務妨害は相変わらず。やはり作業に集中しはじめると肌の撫で回しを始め、集中させまいとする。それの連続だった。
今日は午前は8月10日に行われる「テクノロジー犯罪被害フォーラム」のポスターを地元目白警察の生活保安課と地元南長崎保健所に配布した。どちらもスムーズに配布することができた。特に保健所の方はいつもの看護士さんで数分の間立ち話をするぐらいに、この事実に関心を寄せて下さった。もちろんフォーラムに足を運んで頂くには越したことはないのだが、それだけでなくNPOに認証された団体がこういう活動をしているという事実を知って頂くということも重要なことなのだ。実際に身体を使い動く意味はむしろそこにあるのだろう。
帰宅後自宅に下宿している8人の女性全員にも配布しておく。身近な場所に生活している縁のある人たちである、当然心配にはなるし気にもなる。

広報活動はそのぐらいにし、午後からはホームページのファイル作成とこれから開始される書籍作成のための電話やメールでの打ち合わせなどを気色の悪い肌の撫で回しに我慢しながら従事する。最近求人広告の仕事が無くなってしまったため、時間的な拘束が多少緩んでいる。そこで夜は今までより自由に時間が使えるため、愛犬の散歩の時間を好きなときに設定できる。今日も夕食後2時間ほど作業を済ませてから、気分転換も兼ねて21時半過ぎに散歩に出る。夜風の気持ちいい住宅街の中をテクテクと歩き回る。ハスキー犬のため引きが強く、ほどほどに緊張していないといけないので、ぼうっとはしていられない。おまけに音声送信という得体の知れない嫌がらせのおまけ付きである。当然いつもようにI-PODで音楽を流しながら歩いていたのだが、後半にさしかかる頃いきなり電池が切れ、音が消えてしまった。嫌な予感がした。本来私は散歩の最中に音楽を聴く習慣が無かった。これは全て音声送信による嫌がらせのせいなのだ。特に散歩の最中というのは愛犬に付き合うという立場上私自身の自由というのは結構拘束されてしまう。だから音声送信の影響を受け易い時間ともいえるのだ。これが仕事部屋にいれば、業務を始めとしていくらでも自分の意識を集中させたり外向させる要因はあるのだが、散歩の最中はそういうものがない。おまけにこちらは夜風に当たったり、愛犬の歩く姿を眺めたり、好きなことを考えたり、道行く人を眺めたり、景色を楽しんだりする息抜きの時間でもあるのだ。
私の音声送信には少し特徴があって、音楽を聴いたり、流したりしているときには流暢に話ができる並のレベルのキャラクターが登場するようになっていて、そのあたりのキャラクターは「どうぞお好きに」がまかり通るので、特に気にしないでいられるのだが、音楽が無くなると途端にしどろもどろとしていてゆっくりとした速度で不器用にしか話ができない、キャラクターが登場する。このキャラクターの中に私に強い敵意を持っているのがいて、リピート送信や傲慢極まりない態度で不快な声で不快なコトバを投げかけてくるのがいる。やはりI-PODの音がしなくなって数分後にこの不快なキャラクターが登場しだした。それ以外にも悪意はないのだが、延々とリピート送信を続け、静かにしてくれないキャラクターも登場し、不快が倍増する。やはり段々といらいらが高じてきてしまった。このまま怒りを爆発させるようなことはしたくなかったので、もう少し歩いてもよかった散歩を切り上げ、足早に帰宅した。私にも愛犬にも大変な迷惑であることには変わりない。
「何でこんな目に…」
ただひたすらそう思ってしまう。
帰宅後、作業を再開、やはり撫で回しも執拗に行われる。とにかく、私のすること、なすこと、思うこと、考えること全てが気に食わないらしい。何かが上手く行こうとすると途端に音声送信により「邪魔して上げる」「今いい気になったでしょ、すぐにその気分ぶち壊してあげる」等の台詞で不快な気分に戻されてしまう。こんなことは日常茶飯事。ここで怒りの貯金がまた溜まることになる。将来のため沢山積み立てておくつもりである。今日もAM1時で業務を終了し、1時間ほど自由時間を過ごし2時半過ぎに就寝。

« 怒り心頭パート2 | トップページ | 「ゲーム」をどうぞ »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怒りの貯蓄:

« 怒り心頭パート2 | トップページ | 「ゲーム」をどうぞ »