« 小銭1枚分の怒り | トップページ | 鏡が反射するもの »

2008年8月27日 (水)

典型的な1日

テクノロジー犯罪に遭遇して82
私は東京都豊島区南長崎4丁目12番5号に住む在宅ワーカー内山治樹という46才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。年内に発行するこの犯罪の被害報告を兼ねた書籍を執筆中。

8月26日(火)
嫌がらせの度合い:●限界 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度) ×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声○ 身体攻撃○(胸、腹部、右膝)気配× 電磁波○(腹部を中心に臓器を固くさせられる感触、頭部に照射感)
音声送信、肌の撫で回しともかなりはげしい。早朝の嫌がらせこそなくなったものの、今日も昨日ほどではないが、音声送信と少々やり合う場面もあった。とにかく喧しい。ウンカのごときである。それに連動して左右の乳首の刺激が頻発。ものの数秒で乳首が固くなり、くすぐったい感触を強制的に味合わされる。業務の最中、トイレで用を足している最中、何か心地よい精神状態になったとき、例によって人の心を混乱させようと躍起になっているのがよく分かる。
それと臓器、特に肝臓に対してさまざまな刺激を頻発させる。これも音声送信のナレーション付きでである。ご丁寧なものだ。
現在被害報告書籍の制作をメインに進めているが、そこで少しでもスムーズに文章が書けようなら、やっかむキャラクターとそれを制するキャラクターが頭の中で大騒ぎを起こしている。「畜生、何で文が書けるんだ!」「生意気だ!」「いい気になるな!」「得意になりおって」すると「止めなさい、この人は文が書ける人なの、それだったらそれでいいでしょ?」「別に才能があるから書けるんでしょ、何でいちいち怒るのよ?」こんなやりとりがあっと言う間に開始される。
一体全体この事態は何なのか? 誰もがこんな事態に巻き込まれたらお手上げあることは間違いない。まったく失笑を禁じ得ない、そして何だか空しくもなる。
そして作業が肌の撫で回しによっても妨害される。Tシャツをまくり上げ、胸を中心に成される撫で回しに我慢しての作業を強要される。

私と最も交流の多い、栃木県佐野市在住の耳印さんの被害がここのところエスカレートしていて、かなり激しい睡眠妨害をされているようである。アドレスを紹介します。
http://nozokizono.blog96.fc2.com/
です。この人も私と同様毎日日誌形式で被害報告をしている人でまだご存知ない方は是非ともアドレスをご記憶下さい。被害レベルはかなりのものです。

夜は青森の親戚より送られてきた、干物や野菜で妹と食卓を囲む。よって業務は19時半頃に終了する。
「何でそんないい思いができるんだ〜!」「俺たちの前で食べないでくれ」「お願いだから酒を飲まないでくれ」相変わらずこのあたりの音声送信がひっきりなしに届けられる。肌の撫で回しはもちろん成されっぱなし。不自然な姿勢で飲み食いを強要されるものの、1時間を経過したころから穏やかになり始めただろうか。23時に愛犬と散歩。飲んでしまったので業務は止めにし、のんびりと過ごす。2時就寝。

« 小銭1枚分の怒り | トップページ | 鏡が反射するもの »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 典型的な1日:

« 小銭1枚分の怒り | トップページ | 鏡が反射するもの »