« 透明人間と添い寝?? | トップページ | 犯罪者を陽の下に »

2008年8月 5日 (火)

無念の曜日、月曜日

テクノロジー犯罪に遭遇して60
私は東京都豊島区南長崎4丁目12番5号に住む在宅ワーカー内山治樹という46才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。年内に発行するこの犯罪の被害報告を兼ねた書籍を執筆中。

8月4日(月)
嫌がらせの度合い:●限界 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度) ×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声○ 静電気 ◎(胸、腹部、右膝)気配× 電磁波○(腹部を中心に臓器を固くさせられたり痛みを伴う感触、頭部に照射感)
肌の撫で回しが終日ひどい1日だった。急ぎの仕事が2本あったためにそれどころでなかったが、果たしてどっちに対してそれどころでないと言えば良いのか分からなくなるほどのレベルだった。特にパソコンの前に座り業務を開始すると、こちらの神経を逆撫でするかのように撫で回しが激しくなる。Tシャツをまくり上げ、身をよじらせ、身体を硬直させ、片手でキーボードを操作しなければならない。そんな状態が深夜まで延々と続いた。
音声送信も黙ってはいない。何で私がこういう目に遭うのかのウソ話を中心に延々と喋り続けている。しかしこっちはまだ無視することができた。
それと肝臓を中心に臓器に対する嫌がらせも頻発。肝臓そのものというよりその周辺の筋肉が痛んでいるような痛みが走っている。私が酒が好きなことを知っていての嫌がらせであることは明白。何度も肝臓が固くなる感触を味あわされる。

それでも何とか23時にはノルマを達成し、顧客にメールで校正ファイルを送信し、正式業務は終了。
そんな中でも午前中に虫歯の治療で近所の歯科。昼には仕事の資料を買いに、池袋のジュンク堂書店。夕飯後には同じ「テクノロジー犯罪被害者ネットワーク」の会員の耳印さんからの電話など、いくつか救いのある時間もあった。とにかく外出し、意識を外向させれば被害のレベルは軽くなる。特に音声送信には効き目がある。しかし束の間といった感じで自宅に戻り1人になった途端、音声送信が開始されるという陰湿ぶり、更に仕事部屋に入り作業を始めると右胸を中心に体温を伴った手が高温多湿の陽気に拍車をかけるように撫で回しを始める。そしてその意味も目的も不明な嫌がらせに私にとって最も大切な時間を妨害される。

夜の耳印さんとの電話でもそこが話題になる。「作業の妨害によって失われたものって大変なものがありますよね?」と聞かれればこちらは半分興奮状態で受け答えしたくなってしまう。次から次へと出てくるコトバの嵐。おっとと思い何とかコントロールする。
とにかくこのストーキング行為に遭わなければ今頃はさらに良質な仕事を完遂し、世の中により貢献でき、さらに自分をアピールできていたことは間違いない。無念に次ぐ無念。どれだけ悔しいか…。それなのに相変わらず音声送信は「何で何もしないんだ? 煙草を吸ってくれ、オナニーをしてくれ、やりたい放題やってくれ。もっとしたいこと沢山あるだろ。」などと下らないにもほどがあるレベルのことを47歳になろうとしている被害で怒り心頭の被害者に送信してくる有様。
今更20代の「バブル祭り」華々しかった頃の申し子に戻れるとも思っているのだろうか! 一体何を考えているのか唖然とする以外になくなってしまう。さらにその声に味方する若い男女の声までが加担し、私を舐めてくるわけだからたまったものではない。これが普通の電話やラジオやテレビならばこちらの意志でオフにすることができるが音声送信はそれができない。だからどんなに下らなく馬鹿馬鹿しい内容の送信でも強制的に聞かされることになる。これはなまじっかなことではない。

23時半より愛犬を連れて散歩。シベリアンハスキーにとってこの暑さは試練。人間ならば60歳くらいの歳なので、走ることはできないようで、ひたすら不快指数の高い街の中を90分ばかり歩いて帰宅。その間は音声送信はかなり静かだった。帰宅後は1時過ぎより自由時間を過ごす。夕刊を読んで地酒をちびちびやりながらDVDの鑑賞。2時半就寝。
今日8月4日から本業のホームページを開設した。作成用のソフトを購入し、何とか見よう見まねで作ったホームページである、かなりの不安も伴うがテクノロジー犯罪関連のサイトも作っておいた。顧客にもこの事実が公開されてしまうが、そろそろ時期的に公の場で公表しても良い時期に差し掛かり始めているという判断の下、行ってみた。個人情報はどちらででも公表済みである。先行きどうなることやら。

« 透明人間と添い寝?? | トップページ | 犯罪者を陽の下に »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無念の曜日、月曜日:

« 透明人間と添い寝?? | トップページ | 犯罪者を陽の下に »