« 共有の強要 | トップページ | 世間しらずに刃物?? »

2008年8月20日 (水)

妨害されるからこそ

テクノロジー犯罪に遭遇して75
私は東京都豊島区南長崎4丁目12番5号に住む在宅ワーカー内山治樹という46才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。年内に発行するこの犯罪の被害報告を兼ねた書籍を執筆中。

8月19日(火)
嫌がらせの度合い:●限界 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度) ×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声◎ 身体攻撃 ○(胸、腹部、右膝)気配× 電磁波○(腹部を中心に臓器を固くさせられる感触、身体各所に瞬間的な痛み、頭部に照射感)
早朝まず音声送信に安眠妨害をされるものの、そんなにはひどくはなかった。
業務は被害報告書籍の校正と不足部分の執筆、表紙や扉の校正や変更に従事。肌の撫で回しは相変わらずで音声送信は作業中はそんなにひどくなることは無かった。

今年も外泊はとても無理そうだったので、夏休みらしい時間はおあずけになってしまった。せめてもと思い、先週から2〜3日夜、羽目をはずさせてもらっている。今日はその最後で上野の文化会館までコンサートに行ってきた。音楽はジャンルレスで、良いものは良いの姿勢で付き合い続けている。コンサートであるわけだから当然音声送信の不安を絶えず意識していなければいけない。音声送信被害の人で音楽好きの人は本当にこういう場合辛いと思う。今日も遠距離を自転車で移動した。季節柄ヘビーだが、飲み食いしたあとには腹ごなしにいい運動にもなるし、全身の水分が入れ替わるのは心地悪いながらも身体は歓ぶ。
コンサートの最中にもやはり音声送信は平然と行われ、低いボリュームながら少しでも意識を向けるとざわざわと騒ぎ出す。演奏に本気で集中しなければ、聞こえなくならないという、本当に腹立たしい嫌がらせを今日も成された。肌の撫で回しもかなりひどくなるときがあり、Tシャツの中に腕をいれ、地肌を庇うような不自然な仕草をコンサート会場で強いられるような目に遭遇した。相変わらず加害者は誰であるとか、私が何故ストーキングされなければいけないかとかをこちらが尋ねてもいないのに延々と話続けている。もちろん全ては程度の低いホラである。
それでも負けじと無視をし続けた。コンサートは後半盛り上がり、かなり集中して聴けたので、肝心なところは気にしないでいられたので、まだ気が済んだ。問題はその後である。
会場を後にし、神田に決めていた店があったのでそこに向かったのだが、夏期休業で今日は入れなかった。仕方なく思い当たる所を移動していたのだが神田を出たあたりから、音声送信がじょじょに喧しくなり始め、10分もしないうちに大騒ぎになる。意識操作なのか目が涙でうるみ、凄く悔しい気持ちにさせられた、本来なら夏休みとして明るい、爛漫な気分で過ごせているはずの時間なのに、大した陰湿さである。またそこを音声送信は突いてくる。「涙なんか流して、どうしんたんだい、悔しいかい坊や」「こいつの心が弱い間におれたたちが嫌がらせしてやる。」「俺がお前を守ってやっているんだ」「何で外食なんかができるんだ」「何でぜいたくができるんだ」「お前が幸せなのは許せない」「幸せを奪い取ってやる」。他いつもの「とにかくもう止めます、この嫌がらせをすぐ止めます」というセリフの反復送信。こう送信しながら絶対に止めないのである。これを目白に到着する1時間近くの間延々とやられ続けた、久々に音声送信による大被害である。
怒り心頭で最初に入った店で店員に少し不機嫌な態度で接してしまった。そのくらい気分が昂ってしまった。もし加害者本人が眼前に現れたらサンドバッグ扱いさせてもらったと思う。通常の常識を持つ成人男子がここまで神経を昂らせるような操作が可能なのだ。単に機嫌が悪くて怒っているというわけではない。こちらが何らかの理由で不機嫌になるとそれを増幅させ、テストを試行しているかのようにも受け取れる。ネズミや猫あたりで実験をしているかのように。

最近これといった理由の無い路上殺人が増えているが、どうしてもこのあたりの外部からの意識操作が本人も気づかないうちに行われ、最大限に気分を昂らされ殺人に至っているのではないのかと推測したくなる。この推測は同じ被害者の多くの人の推測でもある。
結局は不愉快でいることが悔しかったのですぐに店を替え、近くの居酒屋へ移動し、気持ちを再起動。うまくいき、そこからは従来の自分を取り戻す。せっかくの束の間のバカンスである。ディスカウントショップの見切り品レベルの心しか持ち合わせていない加害者などにこれ以上大切な時間を奪われてなるものか。その頃になるとずいぶんと静かになっていた。
帰宅後、愛犬の散歩。後シャワーを浴び、9月に行くコンサートを検討などしながら30分ほど過ごし、2時に就寝。
今月は29日にもコンサート鑑賞の日がある。この先も自分の好きは平然と押しと通させて頂く。テクノロジーが無ければ最弱の生き物でしかいられない情けない輩を今後もこちらからテストをさせて頂く。

« 共有の強要 | トップページ | 世間しらずに刃物?? »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妨害されるからこそ:

« 共有の強要 | トップページ | 世間しらずに刃物?? »