« エスカレートする臓器攻撃 | トップページ | 無念の曜日、月曜日 »

2008年8月 4日 (月)

透明人間と添い寝??

テクノロジー犯罪に遭遇して59
私は東京都豊島区南長崎4丁目12番5号に住む在宅ワーカー内山治樹という46才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。年内に発行するこの犯罪の被害報告を兼ねた書籍を執筆中。

8月3日(日)
嫌がらせの度合い:●限界 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度) ×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声○ 静電気○(胸、腹部、右膝)気配× 電磁波△(腹部を中心に臓器を固くさせられたり痛みを伴う感触、頭部に照射感)
まず早朝4時代に音声送信に起こされる、相変わらず送信内容は就寝時と一緒、誰が加害者なのだか、何でこの嫌がらせをしているのかについての果てしないウソ話の連続。内容などどうでもよく。睡眠妨害が目的なのであろう。睡眠妨害もまれにあるが、今日がそうだったらしい。とにかく騒がしい。録音できればどんなに良いだろうかと思う。いつも登場する声が何人かで重なりあいながら延々と勝手なことを喋り続けている。再び寝付くまでかなり時間がかかった。

日曜は平日より1時間遅く起床する。今日もそうだった。が、音声送信は相変わらず成されているものの随分と静かになっていた。極めて不愉快な日曜の朝だった。こんなことは久しぶりで昨晩のことについていろいろ考えても始まらない、その時間すら勿体ないので加害者の気まぐれとしておくことにする。ただ、よく送信されてくる内容に「あなたのことを好きな女性が近所に住んでいて、あなたよりも5つも6つも歳が上だから、到底結ばれることなんかあり得ないということが本人にも分かっていて、それが余計にその女性の心を昂らせてしまい、嫌がらせに発展している」というのがあるのだが、このあたりはリアリティがあって気味が悪い。私の嫌がらせで最もひどいのはご存知の通り肌の撫で回しという極めて女性的な嫌がらせである。いつもいつもベタベタ触りまくってくるような感触をTPO関係なく味遭わされる嫌がらせなのだ。そこに女ストーカーの姿を思い浮かべても仕方がないのではないだろうか。特に夕べの嫌がらせはどう考えてもそうだ、ベッドに入った途端に全身を撫で回されるようなことをされるのである。とても穏やかに寝入ることなどできるものではない。実験で構わないから興味のある方に1度経験してみて欲しい。それが実験という建前なら、恐らく被験者の方はベッドの上で笑い出してしまうかもしれない。全身を体温を伴う手のようなもので撫で回されるのだから。これはそれこそ同じベッドに透明人間の異性が寝ているようなものだ。

午前中にブログを書き上げ、昼過ぎに飯田橋まで自転車で「テクノロジー犯罪被害者ネットワーク」の事務所まで届け物に向かう。帰りに買い出しの用事をいくつか済ませ帰宅。その間は穏やかな音声送信が継続していた。以降夕方までいつもの通り家のことに従事、犬の世話、庭の手入れ、物品類の整理や始末、やらねばならぬことが山とある。炎天の中、睡眠不足も手伝って途中仮眠もとった。17時半には一応終了させ、愛犬の散歩に出る。

帰宅後は自炊で晩酌付き夕飯の準備、今日は鉄板焼きにする。以降は妨害されることなく穏やかに過ごすことができた。早朝にあれだけひどい目にあったせいだろうか。

« エスカレートする臓器攻撃 | トップページ | 無念の曜日、月曜日 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 透明人間と添い寝??:

« エスカレートする臓器攻撃 | トップページ | 無念の曜日、月曜日 »