« 犯罪者を陽の下に | トップページ | たまには加害者について… »

2008年8月 7日 (木)

被害枠という造語

テクノロジー犯罪に遭遇して62
私は東京都豊島区南長崎4丁目12番5号に住む在宅ワーカー内山治樹という46才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。年内に発行するこの犯罪の被害報告を兼ねた書籍を執筆中。

8月6日(水)
嫌がらせの度合い:●限界 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度) ×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声△ 静電気 ○(胸、腹部、右膝)気配× 電磁波○(腹部を中心に臓器を固くさせられる感触、身体各所に瞬間的な痛み、頭部に照射感)
嫌がらせのレベルは穏やかになる。穏やかといっても過激でないというだけで、普通に腹が立ったり、不快感を覚えることは当たり前というレベルだと思って欲しい。まったく何も不快、不自然を感じずに一日を過ごせたのは2年以上一日もない。この嫌がらせが克明に開始された、2006年10月以来ということである。それ以来元旦も含め、毎日異常事態の下で生きているということだ。

昨日も記したし、最近よく頭に思い浮かぶのが「被害枠」ということば。恐らく私自身による造語になると思うが、まさにその「被害枠」中に閉じ込められ、闇の機関による実験材料として心身を試行されていることは間違いないと判断している。世に出る前の技術についての情報など一般の人々は知らないのが普通であるし、その知らない事態に対し、対処法を求めたところで、誰も適確な応答などできるはずがない。
有線下に於いては人の意識操作で物事を成すということは今やその領域では当たり前のことになっている。脳の研究は今や一般庶民にとって驚異的なレベルにまで到達しているのだ。ところが無線下において意識操作を行うことに成功したという情報はまだ一般レベルの下では入手することはできない。ネットにおける極めて専門的なサイトでなければ見いだすことはできないし、推論であることがほとんどである。それだけ機密性の高い情報というのはガードが徹底している。
私たちテクノロジー犯罪の被害者はその無線下における意識操作のモルモットにされている可能性が濃厚なのだ。開発・研究中の技術のため、その苦しみを口外しても一般社会にそれを受容する受け皿がないために、信じたくても信じることができない。さらにその苦しみを訴えている人間は昨日まで全く普通に日常生活を共に営んでいた人間だったりする。見かけは何も変わりがない。苦しみを訴えられても頭に浮かぶのは疑問符だけ。
しかし、「被害枠」という目に見えない鋼鉄の檻に閉じ込められることになってしまったのである。この檻は目に見えず被害者と一緒に移動することもでき、あらゆる日常生活の場に極めて柔軟に適応してしまう。その存在を知っているのは本人と、同じに境遇に置かれてしまった極めて少数の人々のみ。
課せられる実験内容は個々により微妙に違ったりもするが、共通項の方が明らかに多い。よってこの残虐極まりない、試行の出所は恐らく1つであると結論付けて良いと思う。その技術を何も分からない庶民に使用権利を提供し、モニターを決めさせ試行する。という段取りの下、今日もひたすら冷徹な視線でデータを収集し続けている。何故そんなことが可能かといえば実験者と被験者は無線状況下において思考や感情、感覚の循環が成立しているからである。それを立証することができないということを実験機関側も知り尽くしている。
ここに21世紀の無線状況下における五感の人為的操作という名の新犯罪が産声を上げることになる。

その被害者たちの集会が今週末8月10日(日)正午より18時まで神田の専修大学神田キャンパス1号館の3階にて行われる(入場無料)。非公開の集会は毎月行われるが公開されるのは年に2回東京と大阪において各1回である。

興味のある方は足を運んでみるのも良いだろう。決して愉快な催しではないが、今後のためにも知っておいて絶対に損の無い事実であると私は思う。近未来一定のエリアに於いて一斉に多くの人間を被害枠に閉じ込め社会に大混乱を引き起こすサイバーテロ行為が発生しないとも限らないのだ。お子さんがいらっしゃる方などそのお子さんが成長した頃にはそんな事態が世界各国で多発しているかもしれない。警察が介入できない犯罪という名の下に。

Photo_3


今日は午後より被害報告書籍の執筆。いつもように肌の撫で回しは普通のレベルで成される。その妨害行為に逆らいながらの作業となる。23時半、愛犬を散歩に連れて出るも、夏バテなのか近所の公園で20分ほど戯れただけで帰宅。私の方が運動不足になりそうなのでもう1匹の若い方を連れて再び夜の街を歩き回る。1時間後帰宅。30分ほど読書をし、シャワーを浴び、自由時間を過ごす、スパイダーマン3を途中より最後まで鑑賞。(特撮に関しては米国を凌ぐ国は無い!)2時過ぎ就寝。

« 犯罪者を陽の下に | トップページ | たまには加害者について… »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被害枠という造語:

« 犯罪者を陽の下に | トップページ | たまには加害者について… »