« 被害者フォーラムに参加して | トップページ | 文中のアドレスの広報をよろしく »

2008年8月12日 (火)

ハイテク中毒患者天国の日本

テクノロジー犯罪に遭遇して67
私は東京都豊島区南長崎4丁目12番5号に住む在宅ワーカー内山治樹という46才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。年内に発行するこの犯罪の被害報告を兼ねた書籍を執筆中。

8月11日(月)
嫌がらせの度合い:●限界 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度) ×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声○ 身体攻撃 ◎(胸、腹部、右膝)気配× 電磁波◎(腹部を中心に臓器を固くさせられる感触、左足ふくらはぎ横にピンポイントの感電感覚、心臓に圧迫感、頭部に照射感)
現在本業が一段落しているのを利用して、今日は前半を昨日のテクノロジー犯罪被害フォーラムの結果についての広報活動に当て、後半を被害報告書籍の校正作業に当てた。加害者が一番嫌がっていることだけを終日行い続けたことになる。不思議と広報活動の間は月曜だというのに妙に嫌がらせが穏やかだった。肌の撫で回しが普通に成されていて、音声送信も遠くで不快なキャラクター抜きで聞こえる程度。何か嫌な予感はした。それでもお構いなしに以前より広報させて頂いている大学を始めとする教育機関、脳学者の方、豊島区長、国民生活センター、計10通の広報用メールを作成し、送信し続けた。気がつくと18時を回っていた。

私の活動は飽くまで広報に徹しているため、援助を求めたり、意見を求めたり、繋がることを求めてはいない。そこは送られた側次第というニュアンスを強く漂わしているつもりだ。特に大学などの教育機関の場合、BMI技術と最先端の通信技術が世の中に於いて早くも悪用されているという実態を教員の方だけでなく研究生の方や学生の方にまで知って頂き、今後の研究・開発を行う際の大きな課題として欲しいことを強く望むことを書き添えている。自分が世の中のためにと日夜努力して続けていることが立場が変るだけで犯罪へと変貌してしまう。その危険性を認識して頂くだけで今後の展開が大きく変わっていくことは間違いない。
今回広報送信させて頂いた脳学者の方の一人も自らの論文に於いて、そのことに触れてはいた。しかし我々被害者の間では自らが独占していて自然であった脳をはじめとする各器官を全く素性の知れない何者かに乗っ取られ、プライバシーを内外面から100%侵害されている事実など珍しいことでも何でもないのだ。昨日など東京の神田に100人もそういう人たちが集まったのだ。その人たちの大多数が上に記したような100%侵害の日々を何年にも渡り強要されているのである。被害者は被害者でいることしかできず、ひたすら不条理な日々を忍従させられ続ける。肝心の公安が何の役にも立たない。「物的証拠が無いから動けません」そのたった14文字のことばで一瞬にして片付けられてしまう。それどころか逆に怪しい人物としてチェックされてしまう事実も十分あり得る。

これが2008年、21世紀に起きている作り事でも何でも無い「事実」なのだ。このコトバでは表現できないほどの罪深い犯行を平然と行えるのが今現在の先進国といわれている日本国なのである。明らかに悪の天国、ハイテク中毒患者のトランス状態を国家が許してしまっている現状に対し、できるだけ早く多くの庶民が一致団結し、大きな声で社会現象化していかなければ、ますますこの中毒患者はのさばり出し、被害者を増やしていくことは目に見えている。私が所属するNPO「テクノロジー犯罪被害者ネットワーク」の被害者もここ10ヶ月で60名も増えているのである。

話を日誌に戻し、夜は被害報告書籍の校正作業を行っていた。21時過ぎ頃からだろうか、一気に音声送信、肌の撫で回し、電磁波による心臓を狙った3重の犯行を受ける。恐らく広報活動の最中は思い切り警戒していたのだろう。監視に徹していたのだと思う。そこで抑えていた分の嫌がらせを一気に夜に集中したのだと思う。
音声送信はひたすら早口で私を扇情するような愚かな言葉を派手に吐き続け、場合によっては3声ぐらい声が重なり、そこに激しい肌の撫で回しが上半身に走り回り、更に今日は心臓が苦しくなりだした。そのあたりでも「心臓が苦しいだろ坊や?」という音声送信が成されたり、かなり精一杯の悪意が感じられた。しかし今日は精神的に安定していたのか、23時に作業を終えるまで、心がほとんど動くことはなく、上半身をのけぞらせた状態ながら、何とかノルマを達成した。
23時過ぎに愛犬と散歩に出たのだが、出たと同時に雨が降り出し、愛犬もコンディションがかなり悪かったため30分足らずで帰宅することになる。そこで被害者の方々のブログを読んだり、私の書籍を読み直したりして、1時まで過ごす。心臓に対する嫌がらせは無くなったが、音声送信と肌の撫で回しは継続していた。
シャワーを浴び、就寝までDVD鑑賞をしながら自由時間を過ごす(ハイボール付き)。2時半就寝。寝床に入っても音声送信が止まなかった。

« 被害者フォーラムに参加して | トップページ | 文中のアドレスの広報をよろしく »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイテク中毒患者天国の日本:

« 被害者フォーラムに参加して | トップページ | 文中のアドレスの広報をよろしく »