« 精神衛生を大切に | トップページ | テクノロジー犯罪加害者のパラダイス日本 »

2008年9月27日 (土)

テクノロジー犯罪被害、典型的な1日

テクノロジー犯罪に遭遇して113
私は東京都豊島区南長崎4丁目12番5号に住む在宅ワーカー内山治樹という46才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。年内12月に被害報告書籍発行決定。

9月26日(金)
嫌がらせの度合い:●限界 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度) ×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声○ 肌の撫で回し○(胸、腹部、右膝)気配× 電磁波△(肝臓に痛みと固くなっている感触、頭部に照射・圧迫感と痛み)
薄々気がついてはいたが、このブログを書こうと昨日のことを思い出そうとすると想起するのに、かなりの時間がかかってしまう。以前までは素早く鮮明に想起できていたのに、これは脳に対する操作が成されているのだと思う。被害者の間では珍しいことではない。
昨日の日中はそれほど被害はエスカレートしなかったが、夜になるに従ってひどくなって行った。音声送信はやや遠のきがちではあるが、以前意識が向くと即座に反応し、ざわつき出す。少なくとも音声送信だけに言えることではあるが、嫌がらせを止めようとするキャラクターの力が強くなってきている。しかし相変わらず肌の撫で回しは業務を妨害するし、被害報告書籍の広報活動を妨害する際には強力になる。
深夜はこちらも静かに過ごしたいし疲れも溜まっているので被害がエスカレートするとほとほと堪える。

昨日は「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の街頭活動のはずだったのだが、何らかの手違いなのか連絡が入らなかったため参加できなかった、が、参加した被害者耳印さんより電話があり、自民党本部の前で行ったようなのだが、新政権発足の理由もあるかもしれないけれども、与野党とも反応が良く、テクノロジー犯罪に対する対応にもかなり積極的な反応を見せてくれたらしい。被害者側から見ればあまりに対応が遅くしか感じられないが、それでも何とか目を向けてくれれば状況は一変するに違いない。それと私の被害報告書籍がかち合ってくれれば理想的な展開になるのだが…。難しいだろうな……。
どちらにしても神田に用事があったためそれならそれで良かったのだが、参加しようと思えばできたので残念だった。

それ以外は取り立てて被害に関しては際立ったことは発生しなかった。生活のペースや展開もいつも通りである。それにしても被害者としてのいつも通りの1日とは…。

« 精神衛生を大切に | トップページ | テクノロジー犯罪加害者のパラダイス日本 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
このブログ、私たち被害者の心情をきちんと書いてくれていて、うれしいです。(私も被害者ブログはありますがうまく人に伝わるように書くのは難しいですね。)
被害者ネットワークのビラ配りの反応がよかったんですか。それもとてもうれしいです。
私は引きこもり同然で、被害者ネットワークにも行ったことがありません。だから、被害者ネットワークの確認被害者数より、本当の被害者はもっとたくさんいると思います。
このブログ時々見るのが楽しみです。加害者に負けず、お互いがんばりましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪被害、典型的な1日:

« 精神衛生を大切に | トップページ | テクノロジー犯罪加害者のパラダイス日本 »