« 深夜の作業妨害 | トップページ | デザイナーで良かった! »

2008年9月 3日 (水)

バッカス&ミューズの加害者紹介

テクノロジー犯罪に遭遇して89
私は東京都豊島区南長崎4丁目12番5号に住む在宅ワーカー内山治樹という46才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。年内12月に発行するこの犯罪の被害報告を兼ねた書籍を執筆中。

9月2日(火)
嫌がらせの度合い:●限界 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度) ×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声△ 身体攻撃○(胸、腹部、右膝)気配× 電磁波○(肝臓を固くさせられる感触、頭部に照射感、身体各所に軽い痛み)
全体的に音声送信は遠のき気味だ。静かになると全く聞こえなくなる。しかし何かの拍子に始まり出すとしばらく継続する。肌の撫で回しはこのブログを書いているとき以外はそれほどひどくはなかった。が、少しでも行われれば身体的不快感は強く、相変わらず身構えてしまう。よりによって作業に集中すると悪寒が走る。強迫観念もある。どうしてもTシャツをまくり上げる格好になってしまう。嫌がらせが無くなってもその格好のままのことがある。後遺症のようなものだろうか。被害自体だけでなくこのことについても賠償は請求できるだろう。

例えば作業中にBGMをかけたとしよう。それも言いがかりのネタになる「何でその音楽が聴けるんだ? ちゃんと考えて音楽を聴け!」とくる。ようするに加害者の価値基準にそぐわなければ嫌がらせを始める。それは昔から。彼らが世の中の道理とは関係なく勝手に築き上げた世界があって、その世界には独自の決まりがあって、その決まりに私をはめ込もうとしているだけだ。要するにマインドコントロールである。
「何でそんなふうに振る舞えるんだ」「何でそんなに自由にしていられるんだ」「何で今日それが食べれるんだ」「何で今日買い物に行けるんだ」「何で今日お酒が飲めるんだ」「何で思った通りに振る舞うんだ」「何でぼくたちの言うことをきかないんだ」云々。万事についてそんな感じである。
こちらとしてもそんなことを言われても疑問符が浮かぶだけ、結局嫌がらせのための言いがかりの土台であるだけで何の根拠も必然性も意味もない。そんな毎日が継続しているだけだ。
「早起きをして、小食にしてくれ」。これについては何万回言われただろうか。しかし私の境遇は早起きができる境遇ではない。下宿の大家をしていて門限は午前1時に設定されている以上就寝はどうしても2時頃になるし、本業の便宜上どうしても夜型に設定しておかないとマズい理由がいくつもある。だから逆にいえばしたくても早起きは困難な生活のリズムになっているのだ。一体何のための監視なのか、馬鹿高い高級な監視システムを何と無駄なことに利用しているのか、これだけ長い間ここまで徹底して何もかも監視しときながらそんなこと分かりきっているはずなのに…。

そして何度も記しているように飲み食べも大好きだ。この歳にしては身体はよく動かす方である。移動には自転車を利用することが多いし、犬の散歩もほぼ毎日、それもハスキー犬のような引きの強い犬を相手にしている。汗をかくことも好きである。世間の46歳にすれば食べる量は多いかもしれない。しかし運動量も多いと思う。逆よりはるかにマシだと思うのだが。量などといというものは放っておけば自然に減っていく。10年後56歳の歳の頃にいくらなんでも同じ量は食べてはいないだろう。人並みに長生きはしたいと思っている。

全くすべてが馬鹿げている。自分たちの型に強引にはめ込もうとしているだけだ。さらに腹が立つのは「もう止めます、諦めます。本当の本当にこの監視活動はこれで終わりです」と言っときながら、絶対に止めないことだ。言った通りに実行できたことなど1度たりとも無い。弱すぎる精神構造に毎日ため息をつき続けている。
これがバッカス&ミューズの管理人の「加害者」の毎日。そしてこういう内容の文章を書くと「何も分かっていない。」「止めてあげようか」「殺すぞ!」「もう止めた」そんな声が散発的に聞こえてくる。

そしてどうせ私がまた機嫌よくなりだすと、送信を始める。一体これはどういうことなのか。そして少しでも良いことがあるとぶち壊そうとする。全身を緑色に塗りたくった邪悪なキャラクターが登場する映画がいくつかあるが、まさにそんな感じのキャラクターと言えるかもしれない。
「マーズアタック」「マスク」「火星人ゴー・ホーム」なんていう映画ご存知ですか?? どれも独特のチープさが味になっていて一見の価値があります。3本目の映画などヒマな火星人がただの悪戯に地球に遊びに来るという設定、飽きれるほどのチープさ加減。そして愛嬌で許される程度の誰の心の中にもある小さな邪心をくすぐられる、そんな内容です。でもこの一連の嫌がらせはそれでは絶対に済まされない。

被害報告書籍制作が中心の1日。今日は愛犬元気、2時間の散歩。いつも通り1時まで作業。2時に就寝。

« 深夜の作業妨害 | トップページ | デザイナーで良かった! »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッカス&ミューズの加害者紹介:

« 深夜の作業妨害 | トップページ | デザイナーで良かった! »