« 加害者に自分の幸せを見せてあげましょう | トップページ | 増え続けるテクノロジー犯罪被害者 »

2008年10月 6日 (月)

また新しい技術が身近なところに…

テクノロジー犯罪に遭遇して122
私は東京都豊島区南長崎4丁目12番5号に住む在宅ワーカー内山治樹という46才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。年内12月に被害報告書籍発行決定。

10月5日(日)
嫌がらせの度合い:●限界 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度) ×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声△ 肌の撫で回し△(胸、腹部、右膝)気配× 電磁波△(肝臓に痛みと固くなっている感触、頭部に照射感)

今日は午前から外出の用事があった。今回広報に当たらせて頂く某団体のバーベキューパーティが立川の昭和記念公園で催された。10時半には自宅を出て立川に向かい、16時に帰宅するまで、意識はほとんど外向しっぱなし、特にパーティの最中は多くの人との交流でストーカーどころではない。おまけに飲み食べにも忙しく、ビールでほろ酔いになっている、尚更ストーカーどころではない。だから帰路につくまでは何も聞こえない、感じないであった。ここの団体の催しに参加するといつもこういう展開になる、賑やかで元気一杯なのである。そのパワーに完全に加害者は押されきってしまう。それで遥か彼方の方に追いやられてしまうのだ。だから一人になってもしばらくは何事もないことがよくある。せいぜいひょうきんなキャラクターによる音声送信が遠くに聞こえる程度である。

帰宅後は早速家のことに従事、下宿から出るゴミの整理や片付け、電化製品の移動や犬のトイレの最設置、ゴミの消却、そして2匹に愛犬の散歩。気がつくと19時を回っていた。とにかく延々と身体を動かし続けていたので、ノドも乾けば腹も減ったので、いつも通り20時近くから晩酌付き夕飯を始める。
乾いたノドをビールで潤すとそこで肌の撫で回しと音声送信が始まる。今日始めての被害である。うんざりしたが、放っておく。

20時からのテレビ朝日のジキルとハイドという番組があるが、これは時々この犯罪のメカニズムに関連した特集に当たることがあるので被害者の方々は必ずチェックなさるとよい。脳波うそ発見もこの番組で知ったのである。今日も例外ではなかった、今日は「音カメラ」という機械が登場した。決められた場所にカメラを向ける、すると音の発生源が映し出される。その発生源から音の大きさや動きに合わせてベタ円形が飛び出すのである。音の周波数の高低により画面に映される円形の色が変るというもの。周波数が低くなるほど青い色に変化し高いほど黄色い色に変化する。また音が大きければ大きいほど円形は大きくなり音が小さければ小さいほど円形も小さくなるというもの、さらに音の勢いによって円形の動きも早くなったり遅くなったりする。これはかなり画期的な技術である。人間が感知できない低周波の音も捕えることができる、昨晩は動物園のゾウの低周波によるコミュニケーションを実証する実験を行って見事にそれを視覚確認に成功した。
この機械の電波バージョンが登場するとこれはこれで凄いことだと思うし、案外それに近いものはあるのではないかとも思うのだが、もし登場してしまえば、ハイテクストーカーもお手上げであろう。などと考えた。音でここまでできるのだから電磁波でも可能なような気もするのだがどんなものなのか、この番組の最中、加害者はかなり嫌がっていたし、被害もほとんど感じることはなかった。やはり怖いのである。

あらゆる方面から新しい技術が庶民のレベルにまで降下し、報道され始めている、次にどんな驚くべき機械が登場するのか、期待に胸が膨らむ。恐らくテクノロジー犯罪に利用されている技術に直接影響する技術の降下も間近なことと予測できる。まあせいぜいそれまでの間、自己満足に浸り続けていれば良いと思う。

« 加害者に自分の幸せを見せてあげましょう | トップページ | 増え続けるテクノロジー犯罪被害者 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい情報 ありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また新しい技術が身近なところに…:

« 加害者に自分の幸せを見せてあげましょう | トップページ | 増え続けるテクノロジー犯罪被害者 »