« 何故愚かなキャラクターなのか | トップページ | 被害報告書籍の宣伝広報の準備大詰め »

2008年11月27日 (木)

気になる身体のこと

テクノロジー犯罪に遭遇して172
私は東京都豊島区南長崎4丁目12番5号に住む在宅ワーカー内山治樹という46才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。年内12月に被害報告書籍発行決定。

11月26日(水)
嫌がらせの度合い:●限界 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声△ 肌の撫で回し○(胸、腹部、右膝、背中)気配△電磁波△(頭部に照射感と圧迫感、背骨に強い圧迫感、肝臓に痛みと照射感)

最近は深夜の犬の散歩の時間に狙いを済まして、不快な音声送信と肌の撫で回しの連動の嫌がらせが発生している。以前までは犬の散歩時は穏やかなキャラクターが気ままに音声送信しているといった感じで気にしないでいられた。だから比較的自由にしていられる時間だった。それが今では理解に苦しむほどの愚かなキャラクターを登場させ、意図的に扇情しているのがはっきりと分かりそれがさらに不快感を倍増させる。さらに心を弱くするというか、マイナスの精神状態にするような操作も感じられる。いきなり気持ちが沈み始めるのだ。もちろん質の悪い音声送信のキャラクターはそこにモロに付込んでくる。
それ以外の時間はやはり食事の時間。それでも今日はまだマシな方だっただろうか。特に夕飯は加害者がメニューが気に入ったといい、被害はかなり軽かった。奇妙なものだ。因みにメニューは自炊による、カマスの塩焼き、蓮と人参とこんにゃくのきんぴら、大根とみつばと天かすのみそ汁、みょうがの酢漬け、小どんぶりごはんである。ここに何かあるのだろうか、何となくフィーリングで決めているとしか思えない。
相変わらず肌の撫で回しが○マークのままだが、これは全くの事実で根拠や理由が曖昧なまま要所要所で平然と為され続けた。青色申告の準備をしているときでも、ノートパソコンの動画ソフトのテストをしているときでも、ブログを記しているときでも、何かに集中しようとすると開始されてしまう。まったくもって不愉快以外の何者でもない。

今日は仕事の傍ら新しく導入した、ノートパソコンの動画ソフトにてビデオカメラで撮影した動画を再生させたり、それをDVDディスクにコピーをしたりを実践。結果は上々であるがやはり動画はディスク化するのに時間がかかる。これで動画データを保存する術をマスターできた。あとは動画の編集に慣れることが課題になるだろう。
夜は肌の撫で回しの中、12月初旬に一気に行う郵便物による広報に添える手紙を書いた。送る相手による内容の調整も必要で1種書けばよいというわけではない。今日は3種の手紙を書いた。その後余った時間を利用し、被害報告書籍宣伝チラシの折り込みと封筒に収める作業を行う。100通ほどセットしただろうか約350通あるので残りは明日である。後愛犬の散歩、年配のオスの方が今ひとつ元気がない、20分ほどで帰宅、それに対し若いメスは元気。1時間ほど歩いたり走ったりして帰宅。上記したように集中的に嫌がらせをされた。例によって胸を揉むような成人男子には相当の屈辱を感じさせるような嫌がらせをワンパターンで何度も何度も為され続けた。どう考えても正常とはいえない。性的に倒錯した陰湿極まりないストーキングの醍醐味を散々味わわされる。何を送信してこようが、所詮はストーカーである。その一言で簡単に片付けられてしまう。寂しく微弱な存在。

帰宅後は時間が少々あったのでコメントを下さった方々にメールをお返ししたり、広告をブログに貼って下さっている被害者の方にもコメントをさせて頂いた。
ここで改めて皆さんに感謝いたします。この人権の片鱗すら平然と破壊するような歴史上前例のない悪事が1日でも早く社会に浸透し、被害者以外の人々にも伝達されることを皆さんで願い、そして日々自分が為せる範囲内で伝達・広報に努力して行きましょう。

誰もがそうであろうがやはり何年も直接身体に照射や操作が為されていればどこかが異常を来すのではないかという不安があるに違いない。私の場合、具体化しているのが内面ではなく表面で昨年より、皮膚がひどく乾燥するのだ。もともと皮膚は乾燥しがちな体質だったのだが、ここ数年のそれはかなりのもので腰やふくらはぎ、手の皮膚は角質化し、真っ白になってしまう。おかげで冬場はシャワーも3日に一度ぐらいにしておかないと皮膚がヒリヒリとしてしまう。これは明らかに皮膚表面に何かが影響していると受け取れる。身体攻撃についてだけは他の四感とは違い、加害行為の種類は意識送信だけではくくれない可能性が高い。その点は今回発行する自著でも触れている。要するに身体外側からの加害行為の可能性も高いということ。
それ以外にも何年にも渡り、脳に何らかの送信が為されている以上、どこかが疲労したり、傷ついたりすることがないという保証がどこにあるだろう。近未来この事態が表面化した際にできるだけ多くの観点からのデータや証拠がある方が確実に有利であるし、さらに先の時代の被害者の方々にも何かと役に立つことになりかもしれない。どちらにしても残せるものは具体的に残しておくべきであろう。
被害者はただ被害を受けているだけでは、やられ損になり兼ねないとうこと。

深夜1時より自由時間としたが、やはり肌の撫で回しは起きたし、音声送信も為された。私の軽い晩酌をどうしてもやっかまないと気が済まないらしい。しかしそれを無視し、YouTubeで好きなミュージシャンのライブを観賞し楽しんだ。2時過ぎ就寝。


これから被害報告書籍が発行される日までチラシの画像を貼っておくことにします。コピーは自由ですのでどうぞデータとして欲しい方はご利用下さい。さらに現物が欲しい方は、コメントおよびメール(nra16393@nifty.com)にて私、内山治樹まで住所等をお知らせ下さい。お一人1〜10枚まで着払いで宅急便でお送り致します。

1_7

2_5

« 何故愚かなキャラクターなのか | トップページ | 被害報告書籍の宣伝広報の準備大詰め »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気になる身体のこと:

« 何故愚かなキャラクターなのか | トップページ | 被害報告書籍の宣伝広報の準備大詰め »