« トーハンの配本リスト公開します。 | トップページ | 美しく強力な「らせん」の輪? »

2008年12月24日 (水)

恵み多き定例会

テクノロジー犯罪に遭遇して199
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という47才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中! 詳しくは文末の広告をご覧下さい。

12月23日(火)
嫌がらせの度合い:●限界 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声△ 肌の撫で回し△(胸、腹部、右膝、背中)気配× 電磁波△(頭部に照射感と圧迫感、背骨に圧迫感、肝臓に痛みと照射感)

今日は昼より終日外出だったため、被害を強く感じることはほとんど無かった。午前中はこのブログ書きや被害報告書籍についてのコメントや資料の整理に追われ、それはそれで慌ただしかった。さらに飛び込むように新たな被害者の方からメールを頂く。これで何人目だろうか。それどころかこれからといった感じすらある。これからどれだけの被害者の方が私のメールアドレスを訪れてくれるのか。はっきり未知である、推測もできない。とりあえずその方々全てにNPOへの参加を呼びかけ、さらに多くの被害者を繋げ輪を大きくしていく方向へと向かうことになるだろう。世の中は不景気であるし来年はさらに深刻化するに違いない。それだけに訴えかけは必死になるだろうし、反応を得るのも困難になると予測できる。しかし被害者でありながらこの情勢不安に耐えなければいけないという最悪・不条理の上塗りの状況が被害者の心をさらに強靭にすることは間違いないと思うし、そのようにひたすら対抗を貫こうとする決意をお持ちななりたいのなら、尚更被害者の集まりに加わるべきである。現在のところ国が認証した制度の上に成立し、団体としてまとまった活動を展開できているのは「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」だけである。最近NGOの団体も産声をあげたようである。それ以外にも団体はあるようだが、加害者を特定していて、それを世に広めようとしているためにNPO等の認証を得るのは困難かもしれないが、それはそれで団体として存在する必然性と根拠は十分にある。いずれにしても自らの意図に沿った方向から団体に参加し、活動を展開していくべきであろう。孤立だけはとにかく避けるべきだ。このように来年2009年はテクノロジー犯罪被害訴えの活動がさらにまとまった形で展開されることは必至であって、加害側はさらに緊迫した状況に追い込まれていくことは確実である。

今日は午後より「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の定例会に参加する。驚くことに8名の新たな被害者の方が参加していた。そのうちの5名の方の被害報告を聞くことになる。今まで最高でも2名の方が私の記憶では一番多かったのだが、これには驚いた。当然被害経験が浅いわけであって、被害の一つ一つに真剣さや怒りを込めて状況を報告している姿はあまりにも年末の華やいだ雰囲気とは対照的でそれだけにこの犯罪のひどさを感じないわけにはいかなかった。本当に
「なにゆえに………」
という心境が会場を支配していた。会場に集まっている30名以上の被害者の人たちの全員が「なにゆえに」被害に遭遇しなければ分からないのである。「何で自分が」
私たちキャリアが長く多くの繋がりのある被害者はまだ精神的に余裕がある。が、今日初めて訪れた方々にはまだその余裕がない。であるから報告を聴いていても痛々しく思う部分も多々あり、悔し泣きをなされる場面もいくつもあったりで、その心境が痛いほど伝わってくる。
そんな本年最後を飾るのにある意味ではふさわしい定例会であった、というのは多くの被害者が積極的に声を多くあげてくれたからである。恵み多き最後の定例会である。
17時に終了後、私も懇親会に参加したかったのだが、こちらも好例で大学の友人とのパーティの約束があったため、そちらに向うことになった。場合によっては非被害者との被害についての話もできるという期待もあった。(女性の参加も多かったので実際は被害の話はほとんど上がりませんでした。でも知らない間に浸透しているようなこともあり得ますが…)
結局1時近くに帰路につくことになった。相変わらず自転車で三鷹から自宅までゆっくり自転車を走らせ、2時過ぎに無事南長崎の自宅に到着。酔い覚ましに丁度良く。被害をほぼ感じることない中、3時に就寝。

一昨日販促会社より、全国書店配本リストが届けられました。被害報告書籍「早すぎる? おはなし」は以下の書店で販売されております。一部図書館にも購入されているようです。ご購入なさりたい方は下のリストを参考に最寄りの書店でご購入下さい。
販促会社には大手でトーハンとニッパンの2社があります。リストがあまりに大きいため本日の公開はニッパンにさせて頂きます。
コピーは自由ですのでどうぞご遠慮なく出力なさって下さい。


定期地区名 書店名
千代田区 有隣堂秋葉原
千代田区 啓文堂神田駅前
千代田区 紀大手町ビル店
千代田区 BX東京みなみ
お茶の水 丸善お茶の水
千代田区 三省堂有楽町店
千代田区 BXディラ東京
千代田区神田 三省堂本店仕入
台東区 明正堂アトレ店
中央区 B1st銀座店
港区 BXディラ品川
田町 田町虎ノ門書房
渋谷区 紀伊國屋南店
新宿区 紀伊國屋本店
新宿区 紀國屋新宿中央
品川区上大崎 有隣堂目黒店
品川区 有隣堂大井町
大田区 有隣グラ蒲田
笹塚 紀伊國屋笹塚店
渋谷区 紀伊國屋渋谷店
渋谷区 リブロ渋谷店
渋谷区恵比寿 有隣堂恵比寿
玉川 紀伊國屋玉川店
荒川区 リブロ日暮里店
足立区千住 丸善北千住店
北区 BX赤羽店
文京区 紀國真砂図書館
中野区 あおい中野本店
武蔵野市 リブロ吉祥寺
調布市 リブロ調布店
立川市 オリオンルミネ
立川市 オリオンノルテ
府中市 啓文堂府中店
豊島区 リブロ池仕入
町田市 有隣堂町田ル
北区業務課受品 整品残
北区業務課受品 webセンタ
北区 C配本サイト
札幌市 紀伊國札幌本店
札幌市 CFミュンヘン
札幌市 Rなにわ
札幌市 三省堂大丸札幌
札幌市 CF新川通り店
札幌市 CF美しが丘店
前橋市 紀伊國屋前橋店
佐野市 宮脇書店佐野店
水戸市 B川又駅前店
千葉市 三省堂SOGO
千葉市 三省堂カルチャ
柏市 スカイP浅野
柏市 新星堂柏店
浦安市 有隣堂新浦安
浦安市 浦安書店組合別
船橋市 BXディラ西船
印西市 喜久屋千葉NT
千葉市 BX千葉店
流山市 紀伊國屋流山店
成田市 未来屋成田店
さいたま市 紀伊國屋埼玉店
大宮区 リブロエキュー
川越市 B1st川越店
浦和区 紀伊國屋浦和店
川崎市 有隣アゼリア
小田原市 有隣堂小田原
海老名市 三省堂海老名店
横浜市 紀伊國らら横浜
横浜市 丸善横浜ポル
川崎市 あおい川崎店
横浜市 東口有隣堂
横浜市 三省堂新横浜店
横浜市 有隣堂本店
西口 西口有隣堂
横浜市 たま有隣堂
横浜市 天一書房日吉店
川崎 有隣川崎BE
横浜市 有隣戸塚モデ
相模原市 啓文堂えき橋本
横浜市上大岡 八重洲BC京急
藤沢市 藤沢有隣堂
川崎市麻生区 有隣堂新百合
横須賀市 平坂MORES
静岡市 丸善新静岡店
静岡市 谷 島 屋
中区 旭屋名古屋店
西区 TTS稲沢新刊
中村区 近鉄ビル星野
中村区 紀伊國屋名鉄店
豊橋市 精 文 館
名古屋市中区 紀國営愛知県図
春日井市 いまじん春南
西春日井郡 紀伊名古空港店
福井市 市立桜木図書館
福井市 福井県立図書館
福井市 市立みどり図書
福井市 県立図書館若狭
福井市 福井市立図書館
市川市 アマゾン新刊
中京区 紀伊國屋M京都
北区 屋本店ビル
北区 紀伊グランド
堺市 紀伊國屋堺北花
中央区 旭屋なんばCI
都島区 紀伊國屋京橋店
大阪市西区 NTS市立新刊
天王寺区 旭屋近鉄上本町
守口市 未来屋大日
高槻市 紀伊國屋高槻店
神戸市 紀伊國屋神戸店
和歌山市 WAY和歌山
岡山市 紀伊國屋クレド
福山市 啓文社PP店
福山市 啓文社コア神辺
徳島市 紀伊國屋徳島店
高松市 宮脇本店
丸亀市 紀伊國屋丸亀店
松山市 紀伊國屋松山店
福岡市 丸善福岡ビル店
黒崎 クエスト井筒屋
福岡市 紀ゆめ博多店
小倉北区 Bクエスト小倉
粕屋郡 フタバT福岡東
筑紫野市 蔦屋イオン筑紫
うきは市 Nうきは図書館
佐賀市 紀伊國屋佐賀店
熊本市 蔦屋書店三年坂

« トーハンの配本リスト公開します。 | トップページ | 美しく強力な「らせん」の輪? »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恵み多き定例会:

« トーハンの配本リスト公開します。 | トップページ | 美しく強力な「らせん」の輪? »