« 被害者にも予測のできない加害者の未来 | トップページ | 私の尻に何か用? »

2009年2月21日 (土)

この事態に対するマスメディアの現状

2月20日(金)
嫌がらせの度合い:●限界 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声○ 肌の撫で回し◎(胸、腹部、右膝、脇の下、背中、腕、肩、尻)気配△ 電磁波◎(頭部に強い照射感と圧迫感、背骨に圧迫感、肝臓に痛みと照射感、身体各所に瞬間的な痛み)入浴時◎

今日は嫌がらせがエスカレートした1日だった。まず立ち上がるとことあるごとに尻に撫で回しが走る。加害側は膝や尻が敏感であることをよく分かっているようで、撫で回しの加減によっては正姿勢を保てず、おかしな姿勢を強要されることになる。台所で昼食と夕食を自炊しているときが特に強く、心底屈辱を強要されることになった。遠隔からとはいえ人の身体に触りまくる、この技術を開発し、愚かな中継者に垂れ流した輩は確実に重罪者として終身判決を受けて当たり前であろう。
他、夕方よりパソコンの前で作業を開始する。当然のように激しい肌の撫で回しが発生。とりあえずはメモを付けることで凌ぐ。
夕飯後、再び作業を開始するとやはりかなり激しい肌の撫で回し。月曜並みにひどい被害である。思い当たることといえば今日は下宿の部屋代がまとめて数人の住人さんから支払われたことが思いつく。私の加害者は強力なやっかみ根性やひがみ根性を私に抱いていることは明確なので、私に高収入やある程度のまとまった収入などが発生すると、烈火のごとく怒りまくったり、自意識をかなぐり捨てやっかみ根性を見せつけてきたりで、頭の中が大変な喧噪状態になってしまう。「何でおまえなんかに金が稼げるんだ」「どうしてそんな収入が得られるんだ」「畜生!」など理屈もへったくれもあったものではない。
あとは私の日常生活の好きなことや私独自の癖に絡んできては言いがかりを付けて来たり、嫌がらせのための口実に利用したりする。まことに極安の精神を強引に感じさせられ、ため息が出てしまう。何てことはないいつもの経路である。今日は夜は肌の撫で回しだけではなく肝臓を硬くさせられているような感触を延々と強要された。私が酒が飲めることを強力にひがんでいたり、それが理由で私に近づけないとかいう、30代の頃に縁のあった女性の声をつくり、それを送信してきたりで真によくやるものである。
意地でも好きなことを妨害し、不快感を強要しないことには気が済まないのだろうし、遠隔でこういう劣悪なことができてしまう以上、それがあまりに面白く中毒症状を引き起こしてもいるともとれる。21時半頃ついにエスカレートする身体に対する刺激強要行為に本格的に腹が立ち、ビデオカメラをオンにし、16日以降4日振りに動画による記録も撮影することにした。約1時間に亘り、私の身体に為される変質的な強要行為の一つ一つをリアルタイムで辛辣・冷静な口調でアナウンスすると同時に、やはりかなり辛辣なコメントや非難を間に挟み、心理的に加害側に圧力を与え続ける。30分を過ぎた頃にはいつも通り混乱を始め、50分を過ぎた頃には音声送信はほぼ消えてしまう。それでもしつこく肌の撫で回しは継続しているものの、勢いは随分弱まっている。とにかく本当に格闘ということばがしっくりくる事態が展開されるのである。
今日は総理府や警視庁が要望書を受理したという事実、私の373回に亘る被害記録、そして被害報告書籍がすでに500冊以上売れているという事実。増え続ける被害者の数あたりを脅しの材料として、徹底的に圧力をかけ続けた。身体的にはまだこちらが不利だとしても、心理的には断然こちらが有利なのだ。そこを利用しない手はない。心理的に加害側を追いつめ不安のどん底に突き落としてやればよいのである。

またもや日本テレビで電磁波による侵害・不快の強要行為を訴える人を例によって統合失調症扱いする番組が放映されたということだ。ついこの間私も日本テレビには私の被害報告書籍を謹呈したばかりなのだが、何の返答もない状態が続いている。それは別に構わないのだが、この事実に対し、五感に対する意識操作の被害者の人たちが懐疑的になったり、立腹しても仕方がない現実がすでにかなり水面上に近い状況になってきているにも関わらず、こういう報道を行ってくれるということはある意味被害者を刺激し、マスメディアにどんどん近寄らせることになり、ある意味強力な広報への情熱をかりたててくれるようで、それはそれで良い機会なのかもしれない。
現段階においてはメジャーな民放あたりでもまだ統合失調症で片付けざるを得ない根強い時代認識というのがあって、それはいかんともし難いものだと私は思っている。これは実際に本を発行してみたりすると日常レベルで実感できるものでもある。であるのでむしろ関連した事態を我々被害者からみてアナクロな受け取り方をしているにしろ、まずは注目していること自体に関心を寄せた方が現段階では良いのではないかと思う。次はフジテレビ、TBS、テレビ東京という感じで他のテレビ局までもが次から次へと電磁波被害を訴える統合失調症と思われる人々の特集を組んでしまえばよいのである。統合失調症としか片付けられない現状に対し、少しでも疑問を抱くようになればその隙間には何があるのだろうか? ちょうどタイミングよくNPO被害者団体による国家に対する要望書が肝心の警視庁と総理府により受理されたという客観的事実がこちら側にはあるのだ。それと増加する統合失調症としか片付けられない謎の多い事態の多発。この関連付けを一体誰が行っていくのか、もちろん我々被害者も個人単位でも団体単位でもそれを伝達することを実施し続けていくだろうし、結局はある時点に到着したところで世の中そのものが統合失調症で片付けられない事実が存在することをあからさまにするに違いない。もはやそのための客観的事実はごろごろと転がっている状態だし、これから更に急速に増加していくことは間違いない。その手助けをしてくれているのが今回のような時代認識しか取れない現状なのである。それをはっきりと分かるように公共電波を利用し、表明してくれた日本テレビにとりあえずは感謝すべきであろう。(私はまたもや見過ごしてっしまったが…)

今日も23時過ぎに作業を終了させ、2匹の愛犬の散歩に出る。散歩の最中は嫌がらせがほぼ発生しなかった。音声送信もかなり静かだった。しかし例によって帰宅し、シャワーを浴びるために全裸になった途端に頭に激しい圧力のようなもの感じたと同時に股ぐら全域に人の腕を当てられそれが前後に移動していくような気色が悪いにもほどがある強烈な触感が発生した、あとは浴びている最中にも尻と膝に撫で回しの感触を強要され続けた。入浴の妨害行為である。
不快な入浴後、1時より晩酌付きの自由時間を先ほど撮影した動画を観賞しながら過ごす。部屋で独りで状況をアナウンスしながら格闘している私自身の姿を眺めながら、今後のさらなる鋭く正確な指摘などを探ったり、場面によってはあまりに適切な表現をしているために思わず大笑いしてスカッとしてしまったりでこれはこれで被害側にとって痛快な時間になるのだ。その分加害側にとっては痛烈な時間となっているのだろう。

374回に亘る、この被害記録のために、一回のブログ記入に1時間だとして374時間の私の人生の時間が持っていかれてしまっている。これは私にとってかけがえの無い人生を生きている時間なのだ。近未来絶対にテクノロジー犯罪解決の材料として役立てるつもりである。

さて被害報告書籍「早すぎる?おはなし」の現状ですが。講談社の個人出版部門講談社出版サービスセンターに問い合わせてみたところ、1月の講談社への直接発注が書店より107冊、個人より3冊ということでした。2月に入り13日の時点ですでに33冊が直接発注されていて、さらに12月の注文数106冊を加算すると講談社出版サービスセンターだけで249冊。そこに私個人から手離れした冊数が現在のところ116冊なので計365冊が世に出たことになり、これに東販と日販ルートで全国に出回った売り上げ数を加算すればよいのですが、それは具体的な数は不明で推測に頼るしかないのが現状となっています。推定で100冊とみても合計で450冊は発売より2ヶ月で出回ったことになります。出版社からはなかなか順調なペースという評価を頂きました。因みに総印刷数は1,000冊です。

早速コメントを頂いたりし、反応が帰ってくるたびに胸をなで下ろすような現状です。そんなわけですのでお読みになりました方はよろしければ何かしらかのコメントお寄せ下さい。今後のためのデータにもなります、重ね重ねよろしくお願いいたします。
いずれにしても公安が頼れない状況です。庶民は庶民の立場からこの事態を広め、社会現象となるように広報に務めていきましょう。そう遠くないうちにその努力は結実するはずです。それと講談社という日本を代表する出版社がバックアップしてくれていることも説得材料としてご利用下さい。これは特に重要なことです。

余談になりますが個人出版には報酬というものはありません。もちろん原稿料や印税なども当然ありません。出版のために支払った費用が売れた分戻ってくるだけです。よって著者が黒字になるということはないのです。増刷されても増刷料金が発生するだけで、報酬は発生しません。そこを誤解なさる方が多いようなのでとりあえずここに記させて頂きます。著者の目的は飽くまで広報一本だということをご記憶願います。一応私もNPO団体の会員ですので……


被害報告書籍「早すぎる? おはなし」は無事発行されました。その広報チラシの画像はまだ当分貼っておくことにします。コピーは自由ですのでどうぞデータとして欲しい方はご利用下さい。さらに現物が欲しい方は、コメントおよびメール(nra16393@nifty.com)にて私、内山治樹まで住所等をお知らせ下さい。お一人1〜10枚まで着払いで宅急便でお送り致します。是非広報の材料としてご利用ください。

1_7

2_5

« 被害者にも予測のできない加害者の未来 | トップページ | 私の尻に何か用? »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

日テレ含め民放キー局全て、思考盗聴に関わっています
私がその被害者だからです
日テレ、テレ朝や吉本興業は『思考盗聴ほのめかし』で私の私生活、特にシモの方を番組内容でほのめかします
日テレ、テレ朝、が特に民放キー局の中で思考盗聴を嫌がらせに特化しています
実は国会議員や公務員、経団連も涼しい顔して思考盗聴をします
経済危機もザマァ見ろと思っても思考盗聴ユーザーはぬくぬくとし、末端の派遣や社員がクビを切られるだけ

職場での抑圧と思考盗聴ほのめかしで辞職した、通りすがりでした

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この事態に対するマスメディアの現状:

« 被害者にも予測のできない加害者の未来 | トップページ | 私の尻に何か用? »