« 都紙にも掲載決定 | トップページ | 結果から実証しても? »

2009年7月12日 (日)

気軽にクローン!?

テクノロジー犯罪に遭遇して513
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という47才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

7月11日(土)
嫌がらせの度合い:◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声○ ノイズ○ 肌の撫で回し○(胸、腹部、右膝、脇の下、背中、腕、肩、尻)気配△  電磁波○(頭部に照射感と圧迫感、背骨に強い圧迫感、肝臓に痛みと照射感、乳首を瞬時に硬くされる、胸を揉まれる、胃が締め付けられる、腰に強い痛み)入浴時△

今日は早朝から激しい侵害強要行為発生である。4時15分の不自然に覚醒、後、掠れ声の男の声と中年女性と故広川太一郎に似た声による音声送信が始まり、就寝中だというのに平然と上半身、尻、背中などに撫で回しが発生。撫で回感が強く寝返りを何度も強要される。これ以上続いたらビデオカメラをオンにしようかと思ったがほどほどの所で撫で回しは無くなった。今までも何度か寝込みを襲われたことはある。そして横になりながらもビデオカメラで実況をアナウンスしたことも数度ある。でも寝ている最中に撫で回しは久しぶりだったように思う。

その後定時に起床。ゴミを出し、雑事をいくつか片付けインコのヒナにエサをやり、朝刊を読みながら朝食を摂るとやはり撫で回しが発生しだす。しかし今日は弱めだった。被害ブログ記入時も弱い撫で回しによる侵害強要行為が発生。記録後昼食を自炊する。が、今日はこの時間も大した妨害は発生しなかった。コミカルな音声送信が冗談を飛ばすような音声送信だけだった。
食後は家の雑事や趣味のブログ書きなど。この趣味のブログ書きのときはやはりいつも通りに肌の撫で回しによる侵害強要行為がエスカレートする。今日もかなり不快だった。

今日は15時半より新宿の喫茶店にて被害者の集まりがあった。今日の集まりには目的性があったため、参加した人員も6名程度で17時半までの2時間かなり密度の濃い、この事態に対する話が展開された。被害報告書籍の発行。都内全警察署への広報と情報提供、マスメディアへの活動、NPO会員としての街頭活動など、かなり活発にアンチ活動をしているせいで、実績は沢山あり、こうやっていざ自分がこの事態について人前で正式に話す際に、いかに話すことが多いかを思い知らされ驚いたほどである。
基本的に話すことよりも動くことが好きな性格がこういう場合如実に反映される。
何よりも行動し、目に見える形で実績を残し、今の実績を足がかりに次を積み重ねる。それは今までもそうだったし、これからもそうだろう。自分の五感で経験したものだけを信じ直進していく方法でなければ、先が長過ぎるような気がして、たまらないというのもあるのだろう。
とにかく自分のたった一度しかない人生の、世界でたった独りしかいない自分の、今日一日が不条理に潰されていくのが絶対に納得できないのだと思う。

今日のその集まりで被害者の一人の方がこの事態に巻き込まれる直前にある人物から
「もう一人のあなたをつくることができる」
と淡々とそれでいて真剣に言われたらしい。
このセリフ、究極の監視技術である感覚送信の被害者ならば相当のインパクトを孕んだものではないだろうか。
そしてここまで人類の歴史や摂理を無視した、尊大極まりない思い込みはあるだろうか。
恐らく真剣に最先端で医学や生物学、生理学、社会学、倫理学に取り組んでいる人が聞いたら空いた口が塞がらないのではないかと思う。
羊一頭でもあれだけ大騒ぎしている現状である。それを人間に、それも当たり前のように……。
事実なのに小説のように聞こえてしまうに違いない。

この集まりの際にも弱くはあるが胃の締め付けが発生。少しでも加害者側に関心がいこうものならすぐに音声送信が聞こえるという有様。

新宿より帰宅すると19時近くなっている、インコのヒナや愛犬にエサを与え、私の夕飯も自炊する。食事中やはり肌の撫で回しは発生するものの昼食時と同レベル。それにしても本当に普通に普通の気分で食事ができない。本当に空しいというか何と言うかである。
一休みした後に、21時近くから愛犬の散歩、ここのところ距離が短かったので、今日はたっぷり2時間連れていった。ほぼ2時間の間早足で歩き続ける。23時過ぎに帰宅。この間被害らしい被害は発生しなかった。

それからやっと自由時間として、DVD観賞をビールを飲みながら過ごす。ところがここからが不快だった。DVDは「ミクロコスモス」というマクロ撮影による動植物の生態を描いたものだった。私はこの手合いの作品もよく観賞するので、今日も楽しみにしていたのだが。一汗かいた後にビールを心地よく飲み干し、観賞を始めると同時に不快な音声送信に連動して肌の撫で回しが発生する。
今日一日の憂さはらしを著しく侵害される。昨日も大塚までわざわざ足を運び良い店を見つけて良かったと思った途端に恐ろしいほどの侵害強要行為が強いられたばかりである。
これがある意味、この加害者の実体だと断言してよいだろう。
「やっかみと妬み」
この2つの要因はこの加害者について語るとき絶対に忘れてはいけない要因である。
人の私生活にその内面にまで無断で介入し、その人だけのささやかな幸せをぶち壊す。被害者である人物に著しいコンプレックスを抱いている人物が加害者ならば、確かにこの当たりは快感にツボになるところともいえるだろう。でもいつまでもこんな状況が継続すると思っているのだろうか。そして無償で済むと思っているのだろうか。

それでも後半からは被害も収まり、何とか普通に観賞することができた。観賞後、入浴である。やはり尻と右膝に弱くはあったが撫で回しによる侵害強要行為が発生した。
しかし今日はここまで。
それ以降、就寝するまではまったくの静寂となった。2時近くに就寝。


NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」より発行される被害報告書籍については無事何とか30名以上の参加者が決定しました。発行が決定したということになります。石橋理事長によれば「さらなる参加者を」ということですので、もうしばらくの間募集要項を提示しておきますので参加ご希望の会員の方は私のアドレスまでご連絡下さい。


被害者の方々による被害報告書籍を講談社出版サービスセンターより来年発行決定。

それにつきましてのご質問等がございましたら内山治樹nra16393@nifty.comまでお気軽にメールをお寄せ下さい。

今回は「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」より発行という形を取るために執筆は全国の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の会員の方に限らせて頂きます。とにかく日々継続している言われの無い人体実験まがいのこの被害について、世に知らせしめ、重要な記録として残しておきたい方はぜひご参加下さい。この書籍が発行される頃にはさらにこの事態が世に認知されていることが予想できます。

念のため記しておきますが、被害報告書籍に関しましては原稿執筆のために皆さんが支払う執筆料につきましては、後に設定する書籍の値段に大きく左右されることをご理解頂ければと思います。多くの人に読んで頂きたいということで書籍の価格を安く設定いたしますと売り上げに準じて発生する返金の価格もそれに準じ安くなってしまいます。従いまして少ないページの執筆者の方に戻るお金につきましては大変微々たる額しかお戻しすることしかできません。この事柄に関してましてはNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークと、今後検討致しまして、後に正式に発表させて頂きます。

場合によってはNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークへの寄付ということにもなるかもしれませんので今のうちにご了承頂ければと思います。

以下が募集要項となります。

*********************************************

「テクノロジー犯罪による被害報告集」のご提案

福題(疑似統合失調症を強要された人々30名以上の被害実態報告)

発案者:内山治樹

「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」より被害者の実態報告から成る書籍を制作できれば思っております。

一向に収まることのない毎日の被害に対し、講談社出版サービスセンターより再び書籍を発行する計画を提案します。今回の提案につきましては出版社側は肯定的に捉えてくれており、いつでも対応可能ということです。

被害実態を多くの方々により執筆して頂くことにより、世にこの事態を訴えかけていくのが目的です。ネットでの被害報告も重要です。しかし今だ出版物の力は大きく、その説得性においてはかなりの効果があります。

その力を利用し、少人数ではなく30名以上の方々の被害報告を結集することにより、強力な一丸となりこの前代未聞の人権侵害行為を世に認知させるための有効的な材料とします。

5人や10人ではこの後に及んで統合失調症と判断する方々の入り込む余地が残されますが、30人以上もの頭数が揃えばそういう余地もほぼ無くなることでしょう。人海戦術とも取れる方法ですが、現実的かつ実証的であることは間違いありません。

体裁面、データ修正は私、内山が引き受けることにより制作費用を大幅に削減し、一人1ページ5,000円の費用で最低4ページより最大20ページぐらいまでの範囲で被害経歴・実態・意見等をお書き頂き、その原稿を私がお預かりし、データ化割付けを行います。基本的には執筆までを行って頂ければ後は大きな変更や修正が発生しない以上は誤字修正レベルの小さな修正はこちらでお引き受け致します。5,000円は一見したところ高そうに思われるでしょうが、ハードカバーによる上製本の書籍に記された被害記録は今後の解決に影響のある個人や団体の記憶に残り、大きな実績を築き上げる礎の一つになります。

また売り上げ数に比例した額の60%が執筆者の皆様に戻って参ります。ですので全くの浪費ではありません。

出版のための条件と致しましては、30〜35名の被害者の方が270ページ以上の被害報告を執筆して頂くことに限ります。その数に満たない場合説得性・信憑性の点から隙間が生じ、効力が弱まる可能性が大きくなるように思われるため廃案と致します。

尚今年は講談社創立100周年ということもあり、年内に発注すれば最大で10万円の割引特典もあります。このあたりもぜひ利用したいものです。

参加期限は基本5月31日(日)までですがまだ時間的には多少の余裕がありますので、お申し込み承ります。ご希望の方はメールにて内山(nra16393@nifty.com)まで報告下さい。その際お書きになるページ数は必ずご指定下さるようお願いいたします。数ページの変更は可能とします。

原稿執筆は7月の定例会までを期限とします。それまでの間に書き上がった方は随時内山まで原稿を添付したメールにてお送り下さい。基本的にパソコンをお持ちでない方以外は手書き原稿はご遠慮下さい。手書きの方は郵送か手渡しで入稿なさって下さい。

8月中に私が割り付けを行い出力したデータをお渡しします。(郵送か宅配便)それをお読みになり各自校正をお願いします。8、9月の定例会にて校正紙をお戻し下さい。

それ以降は私と講談社とで作業を進め、年明け1月中に発行となります。

【体裁】

サイズ:A5版、上製本、300ページ以上、本文1ページ1行48文字×19行=912文字、画像なし、線画による図と表は可。価格2,500〜3,000円、500部印刷、出版社直販形式。(書店販売を行う場合は別途36万円の費用が必要となります。)

【基本ルール】

固有名詞は一切使用しないこと。被害実態を中心に展開すること。他各人の対応策やメッセージなども記載可。

*********************************************

« 都紙にも掲載決定 | トップページ | 結果から実証しても? »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

はじめましてトモと申します。
物凄い人数に追っ掛けられる毎日をおくってます。国◯◯◯省、ソーカ、公安、防犯ネットワーク他 うんざり。我が家は戦時中か? セスナ、ヘリがすごい上、電波攻撃が来るので本当に気分的には戦時中です。
都議選が面白いことになってますが、私達被害者にもなにか影響あるでしょうか。現在被害者を無視しているような警察庁・・・予算降ろすとこが変わる?・・・なにかが変わることを期待してしまうのですが。

トモさま
激しい集団ストーカー被害のようですね。
お察しします。私も90年代前半は大変でした。
気丈な方の性格のつもりでしたが、外出するのが恐ろしくなることもあったくらいです。
せいぜい都議選ですからね、あんまり関係ないとおもいますけれど……
もし期待していたならすんません。

お返事ありがとうございます。・・・(┬┬_┬┬)やっぱ変わりませんよね。(泣)こんなことになっちゃってから、神様なんて本当にいないと思うようになりました。(母が30年も信仰していたエ◯バの証人までも集ストに参加してますので)内山様も書いてみえましたが、二度と昔のような目で日本を見ることはできないです。こんなにも、薄気味悪い人間が蔓延しているのかと思うと恐ろしいです。以前私が見ていた世間はなんだったんでしょう。今となっては一般人のほうが少ないような状況です。我が家は人の出入りが非常に多いのですが、ほとんどが工作員にすりかわりました。家の様子をひたすら写メで撮ってます。本当にすごい組織力です。最近、集ストを起こした奴が集ストを止めることができるとは限らないとききました。儲け話しには人がタカリ、達磨式に増えていき収拾がつかなくなるのかもしれません。

トモさま
私は当時から
外界だけでなく自分自身の認識能力が変ってしまっているのではとも推測していました。
そういう面からも考えておいた方が良いように思えます。実はこれはとてつもないトリックであって、案外周囲は何も変わっていないのかもしれません。
くれぐれも衝動的な行動を取らないように気をつけて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気軽にクローン!?:

« 都紙にも掲載決定 | トップページ | 結果から実証しても? »