« 効果を発揮し始めている新聞での広報 | トップページ | ゲリラ豪雨的被害 »

2009年8月23日 (日)

中日系新聞にて紹介されました

テクノロジー犯罪に遭遇して555
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という47才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

8月22日(土)
嫌がらせの度合い:◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声○ ノイズ△ 肌の撫で回し○(胸、腹部、右膝、脇の下、背中、腕、肩、尻)気配△  電磁波◎(頭部に照射感と圧迫感、背骨に強い圧迫感、乳首を瞬時に硬くされる、胸を揉まれる、胃が締め付けられる)入浴時△

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

早朝覚醒はあるにはあったが、すぐに寝付くことができた。相変わらず自然なのか人為なのかが区別がつかない。かなりじっくりと睡眠が取れた。しかし胃の締め付けがほぼ終日継続。1日中胃がムズムズしたり萎縮したり、引っ張られているような感触。しかし食欲は普通だし、飲み物食べ物が胃を通過する際にも痛みや違和感は一切感じない。ということからこれは人為操作の確率が高い。それに昨日からいきなりというのは余りに不自然である。
この人為なのか自然なのかを悩ませるところで彼らはさらに罪を重くしているといって良いだろう。

今日は週末ということで朝はゆっくり起床。午前中はこれといった目立った被害は発生しなかった(弱度の肌の撫で回しと不快ではない音声送信レベル)。ブログ記入後、中野まで昼食を兼ね買い出しに出る。その間も高ぶることはなかった。帰宅してから午後の作業として、被害報告集の原稿を読むことを行う。校正しながら読み進んでいくので、かなり速度はゆっくりである。今日読んでいる方も39ページに及ぶ長い報告なので途中雑事を片付けながら校正読みを続けいるとあっという間に夕方になってしまう。結局完全に校正読みを終えたのは夜になってしまった。この被害報告集に関連する作業中には結構気になる撫で回しが発生。それと上記した胃に対する締め付け、たまに強迫を押し付けてくる不快な音声送信のキャラクターの登場。午後からはなかなかのレベルになった。

今日の被害で目立ったのは愛犬の散歩を終え、22時半から自室で福岡の被害者「私の被害体験日記」の管理者tomatoさんにメールを書いているときに強い肌の撫で回しが発生したこと。ここではビデオカメラをオンにし、被害状況のアナウンスを行う、好きなように加害者側を非難させてもらった。このtomatoさんの加害者の質の悪さは被害者同士の間では有名で、今回は警察を交えての騒動に発展したようである。結局苦渋を強いられたのは真の被害者であるtomatoさんなのだが、現段階での世間での認知度では割り切るなり、我慢するなり以外にないのである。この加害者もその現状をよく把握しているようで、テクノロジー犯罪の被害を警察に何度も訴えた事実を逆手に利用しtomatoさんを陥れたようにしか思えないのである。
このような人的嫌がらせは往々にして起こりうることだし、早く何とかしないことにはテクノロジー犯罪の被害者であるうえにさらに異常者、病人として扱われ、さらなる損害を被りかねないのだ。私の所にはこのような事実が相当数寄せられる。被害者の方には我慢よりも割り切りを勧めているが、意識操作が苦手な方もいて怒りを爆発させてしまったりしているようである。こればかりはキャリアの問題ともいえるのだが…。

そういう悲惨な実態に少しでも報いられればということで正義の側からの実績として、本日中日新聞社が夕刊で私の被害報告書籍「早すぎる?おはなし」の紹介記事を掲載してくれた(冒頭写真参照)。被害者の間では有名だが、7月7日に中日新聞において、心が読める段階にある医療技術を闇の方からの視点で大々的に記事を掲載してくれた。それを私は今回中日系である東京新聞に広告掲載を依頼する際に担当の方に提示したのだが、その時の担当者の方の気の入れように何かを期待しても良いかと思っていたところだったのだ。
北陸中日新聞と中日新聞への掲載は私が求めたものではなく、新聞社の方の判断で実施してくれたのである。
この事実に今後大きな期待を寄せたいものだ。来春発行される被害報告集の広告掲載に、全国紙を狙うのはかなり確率が高いが、それだけでなく今回これだけのことをしてくれた中日新聞にも掲載の依頼を改めてお願いするつもりである。今度ばかりは個人レベルではなく団体レベルなだけに様々な点でのスケールが違うと判断してよいだろう。
今後「早すぎる?おはなし」の広告・紹介記事掲載は9月まで続く。8月24日(月)に「神奈川新聞」、25日(火)「千葉日報」(これは大々的ですよ)。9月上旬に「下野新聞」、下旬に「埼玉新聞」。あと青森県の県紙、「東奥日報」である。今後どのように飛び火を起こすかは私にも予想がつかない。ひたすら前進あるのみだ。

後、23時より今日はDVD観賞を行ったのだが、いつもの通り右膝に対する撫で回しが執拗に発生した。これは入浴の際に発生するものと同様のものである。あまりにしつこいので、何度も右手を右膝に乗せガードしなければいけなくなる。明らかなる観賞妨害であって、人の週末のささやかな楽しみを破壊するのが目的だろう。
これも毎週のように強要される嫌がらせの典型的なものだ。
観賞後、入浴をするとやはり尻と右膝に今日はやや強い撫で回しが走る。不快な入浴時間になる。この被害の最中に送信される人工音声は特に愚かなキャラクターなため、不快度が更に倍増するのである。私は音声送信が伝えるメッセージなど全て言いがかりだと思っているのだが、入浴中に送信してくる「水の無駄遣い」という内容に関しては飽きれて苦笑いが生じるほどだ。水を使わずにいかに入浴を済ませばよいというのであろうか。この季節にである。

それ以降は胃のムズムズ(締め付け)感とベッドでコミックを読んでいる際に発生した胸に対する弱い撫で回し以外はこれといったエスカレートは無かった。
全てを無視し2時頃に就寝。

●被害報告集参加者の皆様へ
今回のこの書籍の発行に関しましては私はライフワークとして真剣に真摯に取り組んでいるつもりです。そのため本来のグラフィックデザインワークは控え目に従事している状況にしてあります。特に8月は時期的にも仕事の発生率が低いため、柔軟な対応が可能です。よってご自分の原稿に対する疑問や相談がございましたら、都内近県の方は実際にお会いし、原稿をより完成度の高いものにすることにも協力致しますのでご遠慮なくメールなり携帯なり頂ければと思います。既に来週はお二人の方が相談を寄せて下さっています。

**********************************************

★被害報告集へのご応募締め切らせて頂きました。

**********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

83


「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

8月には「東京新聞(9日)」「神奈川新聞(7日)」「千葉日報(25日)」でも宣伝されます。

年内増刷目指して好調な売れ行き。


1_7

2_5

« 効果を発揮し始めている新聞での広報 | トップページ | ゲリラ豪雨的被害 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中日系新聞にて紹介されました:

« 効果を発揮し始めている新聞での広報 | トップページ | ゲリラ豪雨的被害 »