« 被害報告集と新聞掲載の重さ | トップページ | 都紙の力 »

2009年8月 9日 (日)

東京新聞に広告掲載されました

テクノロジー犯罪に遭遇して541
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という47才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

8月8日(土)
嫌がらせの度合い:◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声○ ノイズ△ 肌の撫で回し○(胸、腹部、右膝、脇の下、背中、腕、肩、尻、睾丸の裏)気配△  電磁波○(頭部に照射感と圧迫感、背骨に強い圧迫感、乳首を瞬時に硬くされる、胸を揉まれる、胃と肝臓が締め付けられる、前立腺に痛み、甲状腺に照射感)入浴時△

私のブログは前日回想式でこれを書いているのは9日日曜日である。ということでお知らせしていた通り本日の東京新聞の第一面下段に私の被害報告書籍「早すぎる?おはなし」の広告が掲載された。今日はデジカメのデータを貼付けておいたので、興味のある方はご自由にコピペなさって下さい。
東京新聞なので近所の商店街の東京新聞で即座に購入?できました。何故?なのかといえば販売員のおじさんが気の良い方で何と無料で1紙くれたのです。(案外そういう意識操作をされた!? なんてことはないでしょう)

Photo


さて8日の記録に戻る。
5時50分に覚醒の強要。音声送信も自動的に喋りだす。喧しかったがすぐに再び寝付く。次に7時30分に覚醒の強要、やはり音声送信がうるさく、中々寝付けず結局うつらうつらの状態で8時20分に起床することになる。加害者によれば何としてでも早起きをして欲しいとのこと。
しかし私は家の事情で2時に就寝のリズムで生きている。また人生そんなに突っ走って生きているような輩ではない。だから6時間くらいの睡眠は取る生活をしている。また私にとって睡眠は健康を維持するための大切な薬のようなもの。本来代謝が盛んなうえ、体をよく動かすタイプである。であるから必然的にある一定の睡眠は必要ということになる。
それを遠隔技術を利用し、人間をリモートコントロールの玩具としか思っていない雑菌ごときの指図など受けるつもりは毛頭あるはずがない。
一体何を考えているのか。私は私の生活リズムは死守する。だから死んでもこの平成の世の雑菌の思うようになどなるつもりはない!

軽度の被害の下、朝食を摂り、ブログを記し、昼は練馬の方まで自転車で走行。帰路、レストランで昼食、雑貨類の買い出し。後帰宅。この間は遠い音声送信の被害だけ。
今日は午後は家のことに従事、気温はそれほどではないが、湿度はめっぽう高い。そんな中汗だくになりながら、家の壁面にびっしりと貼付いているツタを切ったり、雑草を抜いたり、植物の剪定をしたり、掃除をした。明日9日は「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の理事会に出席しなければいけないため、明日の予定を今日に繰り上げているのである。そうでなければ週末ペースで被害報告集のことに従事していたと思う。或は読もうと思っていて平積みになっている本の読書か。いずれかだったと思う。
こうなってしまっているのも全てこの「テクノロジー犯罪」と近い将来世の中に認知される事態のせいである。
もうどれだけの蓄積ができているだろうか? それを考えるだけでも虫酸が走るので考えないようにする。

家のことが一段落した後仕事部屋に冷房を効かせ一休みする。睡眠不足なうえこの不快指数である。たまったものではない。30分ほど涼しい室内で横になりながらインコと遊んで過ごした。
わずかながらの週末らしい時間である。
18時30分を過ぎてから夕食の準備。19時より食事開始。被害が発生しようとしまいと長い間の被害の継続から自然身体が身構えるようになっている。こういうのを2次被害というのかわからないが、この事態の被害者でなければ分からない類いのものだと思う。それだけ身体に直接被害を被り続けているということだ。
明るみなればどれだけの侵害度の強さなのかがはっきりとし、世間は開いた口が塞がらなくなることと思う。

前代未聞の人の心身に直接操作を強要する罪の重さ。これは絶対に世に知らせしめねばならない。
それは被害者の務め、使命ともいえる。
今回の被害報告集にも若い女性の主婦の方で、私などまだ可愛いともいえるぐらいにまでひどい肉体的侵害を強要され続け心が壊れる寸前にまで追いつめられた人の記録もある。あまりに描写が明快で簡潔で生々しいため、大変なインパクトがある。一人一人の受けた侵害度の高さやひどさ、これはもう本当に唯事ではない。何としてでも世に知られなければいけないのである。

とりあえずは今日はここまではそれほどの被害レベルではなかった。
しかし以降。20時半より愛犬の散歩の時間になると音声送信のやかましくて不愉快な干渉、そして身体の各所に発生する瞬間的な痛みなど結構深刻な被害が多発した。土曜の夜は特に予定がなければ愛犬を出来るだけ多く歩かすようにしているため自然散歩の時間も長くなる。だから被害に耐えなければいけない時間もそれに比例するということ。
IPodで聴いている音楽に少しでも感情移入しようものなら、身体のどこかに痛みを走らせ、音声送信に不快なことばを吐かせる。それと甲状腺に刺激を与えながら食道ガンと闘病している従兄弟の名前をだしてきたり、どれだけの劣悪と陰湿さかお解り頂けると思う。
しかし私自身生まれつき、末っ子ということもあってどこか呑気で天真爛漫な一面がある。すぐに気分転換し、明るくすればそれに寄生虫のごとき絡み付いてくる浮ついたキャラクター。これはまだ不快ではないから許せるものの。それにしても3年近く心で一人になれたことがない。それがどれだけの不自然なことであって、どれだけの負荷なのか、そろそろ世間に分かってもらわないことには被害者だってたまったものではないはずだ。

全身汗まみれで散歩から帰宅。気分もかなり不快である。愛犬に氷水をつくってやり飲ませると夢中になって飲んでいた。そんなささいなことでも気持というのは和らぎを取り戻すものなのだ。
そこで気を取り直し、23時よりDVD観賞を行う、2時間以上歩き続けただけにノドはカラカラである。冷たく冷やした発泡酒を冷蔵庫から取り出しプルリングを引いた瞬間に、まさにドンピシャのタイミングで右膝に強い撫で回しの感触が走る。短パンなわけだから膝は露出している。露出している状態で思わず手をあてないと防御できないほどの撫で回しの強さである。相当協力な操作レベルのものを私に身体に勝手に強制受信させ、反応させているのだろう。
当然楽しみしているDVD作品(皇帝ペンギン物語)も不快な気分の中での観賞になる。しかし雑菌如きに不快にさせられるのも癪なので、何とか気持を観賞に集中させ、発泡酒を美味しいと思う気持を大切にし、気持の回復を計り続けた。いつもの展開だといえばそれまでなのだが……。

観賞後、入浴の時間。やはり尻と右膝に撫で回しの強要である。特に尻にはお湯がべったりとくっついているようで甚だ不快である。
それ以降は被害は遠のき、ほとんど何事も発生しなかった。2時過ぎに就寝。


**********************************************

被害報告集についてのお知らせです。

制約された状況下でも自分の被害を世に知らせたいとおっしゃる方がいらしたら、作業上真に差しさわりが発生するかもしれないぎりぎりまでご応募受け付けます。
●速筆に自信がある。
●校正が十分でなくとも良い(自分が絶対と納得がいく内容でなくとも良い)
このハンデを覚悟の上で何とか参加したいという方がいらっしゃれば、お盆(15日)まで受付けます。
そういう方は(nra16393@nifty.com)内山治樹までメールでお知らせ下さい。
最低条件として
●「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の会員であること。
●1ページ5000円の原稿料金が発生すること。
以上がクリアできれば参加は可とします。


**********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

83


「陸奥進歩」「デーリー東北」でも宣伝されました。

8月には「東京新聞(9日)」「神奈川新聞(7日)」「千葉日報(25日)」でも宣伝されます。

年内増刷目指して好調な売れ行き。


1_7

2_5

« 被害報告集と新聞掲載の重さ | トップページ | 都紙の力 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京新聞に広告掲載されました:

« 被害報告集と新聞掲載の重さ | トップページ | 都紙の力 »