« 8月24日神奈川新聞に記事が掲載されました | トップページ | 身体に対する被害オンパレード »

2009年8月31日 (月)

定例会で難聴被害発生

テクノロジー犯罪に遭遇して563
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という47才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

8月30日(日)
嫌がらせの度合い:◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声○ ノイズ○ 肌の撫で回し○(胸、腹部、右膝、脇の下、背中、腕、肩、尻)気配△  電磁波◎(頭部に照射感と圧迫感、背骨に強い圧迫感、乳首を瞬時に硬くされる、胸を揉まれる、肝臓が締め付けられる、左耳が難聴状態になる)入浴時△


Photo
●8月24日(月)神奈川新聞に紹介記事が掲載されました。

またもや早朝にひどい被害が発生。まず4時頃に覚醒の強要。それでもこの強要はまだまし、すぐに再就寝ができた。
次に6時頃に再び覚醒の強要。今度は音声送信が近くに感じられ、かなり喧しく感じられる。さらにひどいことには右膝や尻に撫で回しが発生する。なかなか再就寝できない。音声送信はやかましいものの、情けない内容のものだった。私がNPOの重要な立場に任命されてしまうまでに被害を高じてしまったことに対する、後悔の内容だった。「何でこんなことに」「一体どうしたらいいんだ」「だからもっと早くに止めときゃよかったんだ」「知らないぞ本当……」云々。
大手民間企業の名で2冊もの本の制作に携わり、新聞社には次々と広告依頼。その現場も毎日監視し続けているわけだからそりゃ大変だろう。さらに今の私の周りには活発にアンチ活動に取り組んでいる被害者ばかりである。それだって相当の圧力のはずだ。平然と非難のことばを次々と聞かされ、己の現状や姿をさらけ出され続けているのである。
でも加害行為を止めないのだから仕方がないだろう。この不条理な状態が継続する以上今の状態は継続するし、今後さらに追いつめられていくことになるだろう。
次に寝付いたのは1時間ほど経ってからだろうか、よほどビデオカメラで証拠を録ろうと思ったが今日は止めにしておいた。手間もかかる上にコストも馬鹿にならない。(こういう余裕を感じさせる選択は彼等が最もキズ付くところである)

眠気を伴い9時前に起床。まったく困ったものだ。
いくつかの雑事を片付け早めに選挙を済ます。政権が確実に変りそうである。「火のない所に煙は立たない」といった感じだろうか?
 そういうことより私の場合、民主主義のしくみに則って選挙に参加している。自分が民主主義国家の一国民であることを提示するために選挙には必ず出向く。それと参加しなければ政治に対し主張できる権限が無くなってしまう。(最も滅多にないことだが…)政治について批評を行なっている立場にある者が「あんた選挙には参加しているの?」と聞かれて参加していなければ、その時点で相手にされなくなっても仕方のないことだろう。

帰宅後すぐにこのブログを記す。今日も軽度の被害は発生した。胸、脇の下、背中に撫で回しである。それが終り次第、今度は家のことに従事。
今日は「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の定例会である。結局家を出れたのが13時半となる。会場に到着したのが14時半過ぎ、例によって人いきれで充満している状態。それでも今日は50数名の参加だっただろうか。新たな被害者による被害報告がやはりメインとなってしまう。今日は6〜7名はいらしたと思う。正式に確認ができていない。それが終了したのが16時頃だったのではないだろうか。
後はディスカッションになったのだが、今日は一波乱あった。限られた時間の中で不条理を強要されている者が多数集まっているのだ。何事もない方がおかしいともいえるが、今日のトラブルはテクノロジー犯罪という括りだけでは片付けられない類いのものだったので、かなり会場の雰囲気は険悪なものになってしまった。定例会という場は飽くまでテクノロジー犯罪についてのみ着眼する場であって、その認識を個人レベルの所で失ってしまった所に問題があったようだ。

さてその会の最中に今日最もひどい被害が発生した。ここのところ穏やかだった子供の声を伴うノイズが頭部左側に強く発生し続け、次には左耳がほとんの聞こえない状態になってしまった。本当に聴覚認識そのものが著しく衰えてしまったのだ。左脳部がかなり広い範囲に渡って麻痺しているような感触。これは初めての被害だったといえるだろう。定例会終了直後子供の声で「今、耳が聞こえなくなったのは内山くんと繋がっている人が左の耳を塞ぎ続けていたからだよ、面白いでしょ?」と送信されてきた。別に真意はどうでもよいが……。

それからは居酒屋において2次会となる今日もできるだけ参加した。被害者同士の交流の場としてとても重要な場だと以前から思っている。ここでこそ腹を割って被害について自由に情報交換をして頂ければと思う。ここに参加する頃には被害は随分遠のいていた。少しだけ早めに失礼させて頂く。帰り際九州の被害者の女性とあいさつを交わす、身体被害がひどいことで有名な方である。

雨の中帰宅後、早速愛犬のえさをつくり、日曜の雑事をいくつか片付け、夕飯の準備に取り掛かる。2次会で少し飲み食べしたので、軽いメニューを自炊する。刺身やさらしゴーヤや叩ききゅうり等。21時半頃から食べ始め、あとはゆっくりと過ごす。2次会終了時頃よりほとんど被害は遠のいているが、音声送信による干渉だけはしつこく継続していた。食べることに関しては本当によく反応する。というよりも日常的なあらゆることといえばよいだろうか。専門的なことになるとついてこれないようである。このあたりが「対人間被害」と証拠付けてよいところだろう。

深夜の入浴にはやはり尻と右膝に撫で回しが発生。しかし微弱なものだった。後ネット観賞を楽しみ、3時前に就寝。


●被害報告集参加者の皆様へ
今回のこの書籍の発行に関しましては私はライフワークとして真剣に真摯に取り組んでいるつもりです。そのため本来のグラフィックデザインワークは控え目に従事している状況にしてあります。特に8月は時期的にも仕事の発生率が低いため、柔軟な対応が可能です。よってご自分の原稿に対する疑問や相談がございましたら、都内近県の方は実際にお会いし、原稿をより完成度の高いものにすることにも協力致しますのでご遠慮なくメールなり携帯なり頂ければと思います。既に来週はお二人の方が相談を寄せて下さっています。

**********************************************

★被害報告集へのご応募締め切らせて頂きました。

**********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。


年内増刷目指して好調な売れ行き。


1_7

2_5

« 8月24日神奈川新聞に記事が掲載されました | トップページ | 身体に対する被害オンパレード »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

先日、定例会はお疲れさまでした。

初めて参加させて頂いた安と申します。

まだまだわからないことばかりです。

これからテクノロジー関して勉強しながら、
確証もつかむようにしなければならないなと
思っているところです。

さしつかなければ、
内山さんはいつからNPOテクノロジー被害者会の会員になったのが教えていただけないでしょうか?

お手数をかけて申し訳ございませんが
よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定例会で難聴被害発生:

« 8月24日神奈川新聞に記事が掲載されました | トップページ | 身体に対する被害オンパレード »