« 猥褻被害がエスカレート | トップページ | 9月30日埼玉新聞へ掲載されました »

2009年10月24日 (土)

被害報告書籍「早すぎる?おはなし」の近況

テクノロジー犯罪に遭遇して617
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という47才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

10月23日(金)
嫌がらせの度合い:◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声○ ノイズ○ 肌の撫で回し○(胸、腹部、右膝、脇の下、背中、肩、尻、股、ペニス、大腿部内側)気配△  電磁波◎(頭部に強い照射感と圧迫感、背骨に強い圧迫感、乳首を瞬時に硬くされる、胸を揉まれる、首や肩上部の筋肉に不自然な痛み)入浴時△

7時45分に覚醒の強要。この時間に強要されるとまず再就寝しても即刻起きなければならず、結局がベッドで横になっている以外になくなる。最も嫌らしい時間選択といえる。
不快な気分で8時半に起床。今日も以降の流れは一緒。朝刊を読みながら朝食を摂っていると肌の撫で回しが発生。座っていると被害がひどく感じられるので、行儀が悪いのだが立ちながら読み食べをした。この方が少し楽である。
以降肌の撫で回しの中被害ブログを記入。今日は妹が帰宅していたので途中近況について話をしたりした。「市民活動頑張って」と励まされた。
以降銀行に埼玉新聞への「早すぎる?おはなし」の広告掲載料の入金と買い物。埼玉新聞は協力的で現在担当の営業の方が編集部に紹介記事掲載の依頼をしてくれている。日曜版の特集で取り上げる予定だという。来年は「被害報告集」の広告が多くの地方新聞で掲載されることになるだろう。少しでもそのつもりがあれば積極的にメディアは利用すべきだ。決して安くはないけれども、この事態の広報にも大いに役立つうえに公器を利用するわけだから数が多ければ多い信頼性も信憑性も大きく強くなっていく。私もぜひ有志で利用させてもらうつもりだ。
被害報告書籍「早すぎる?おはなし」の現状だが、ここで久しぶりに報告させて頂く。
まずは10月24日現在、
講談社出版サービスセンター360冊発行分の中で第3位。http://shopping-a.hounavi.com/books/browsenode_12872211/
「書籍・犯罪被害者の売れ筋」中第3位。http://www.ne.jp/asahi/jubus/com/law/html/law238.html
朝日新聞の速報ニュースサイト「犯罪被害者の書籍」部門で30冊中第6位。http://booksearch.asahi.com/.cgi/booksearch_ECS4.0/book_search.pl?keyword=%C8%C8%BA%E1%C8%EF%B3%B2%BC%D4++&page=1&mode=Books&sort=salesrank&comment=%C8%C8%BA%E1%C8%EF%B3%B2%BC%D4++&image_chk=1&aid=1&show_pages=3

中々健闘しているように思える。
何とか増刷に漕ぎ着けたいものだ。
そして私の加害者にはもっともっと有名になってもらいたいものだ。

昼食は自炊。妹がいたせいもあってか、音声送信被害のみで済んだ。午後はすぐにグラフィックワークに取り掛かる。当然のように肌の撫で回しによる妨害が開始され、途端に上半身を硬直させなければいけなくなる。ひどい場合は片手でパソコンを操作。それでも何とかレイアウトは固まり、何とか見栄えの良い体裁になった。
今日はそれ以外にも首筋から肩にかけての筋肉が不自然な痛み方をし続けている。音声送信の善キャラクターによれば今まで肌の撫で回しとして飛ばしていた電磁波を切り始めていて、それを行うと長い間筋肉のある一定の部分に負担がかかり続けていたので、それが取れていくものだから痛みとなって現れるのだという。何ともぞっとする事実ではないだろうか。もちろん頭から信じているわけではないが。しかしこの痛みは今日終日続いた。

15時頃には本業が完了したので、すぐにデータ入稿を済ませる。
今度はすぐに被害報告集の校正仕事に移る。大規模な原稿を寄せてくれている方がいてその方の校正作業を開始した。かなりの量なので3時間ぐらいかかってしまった。完了後すぐに出力し、郵送の準備を済ませる。気がつくと19時になっていた。何とか一段落ついたので、今週も延々と作業部屋に独り缶詰状態がほとんどだったので、人が沢山集まりくつろげる場所で食事でもしたくなったので江古田の馴染みの店まで向かった。とてもじゃないが正体不明何もかも不明の当人の頭にしか聞こえない醜悪極まりない音声送信や肌の撫で回し、そして被害被害被害の状況の中に居続けると精神的に荒廃しそうなので、それを同じ人間により洗浄して欲しいというのがある。いわば健全な精神療法のようなものだ。友人と飲み交わせでもすればそれが一番良いのだが、今週はあいにく約束もない。独りの週末である。
ということで週末の雑踏の中に紛れ込みながらしばらく過ごす。あまりに居心地が良かったため、結構長居してしまった。

やや遅めに帰宅。愛犬の散歩に出るつもりでまずは自室でメールチェックを行い。いくつか調べる必要のあるものがあったのでチェックを行った。それを済ませ一息ついていると途端に眠くなり、思わずベッドに横になってしまった。この眠気は人工的なものではなく自然なものであるように感じた。度重なる睡眠妨害と本業と市民活動の多忙で睡眠が不足していることは間違いない。
気がつくと2時過ぎになっていた。慌てて戸締まりを済ませ消灯し、寝間着に着替え、すぐにきちんと眠ることにした。
まったくもってやりきれない気分にさせられた。この不条理感は一体何なのだろうか。

**********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。


年内増刷目指して好調な売れ行き。


1_7

2_5

« 猥褻被害がエスカレート | トップページ | 9月30日埼玉新聞へ掲載されました »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被害報告書籍「早すぎる?おはなし」の近況:

« 猥褻被害がエスカレート | トップページ | 9月30日埼玉新聞へ掲載されました »