« 深夜に被害がエスカレート | トップページ | 36名に参加決定 »

2009年10月 2日 (金)

心のリフレッシュも忘れずに

テクノロジー犯罪に遭遇して595
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という47才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

10月1日(木)
嫌がらせの度合い:◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声△ ノイズ△ 肌の撫で回し△(胸、腹部、右膝、脇の下、背中、腕、肩、尻、股、大腿部内側)気配△  電磁波○(頭部に強い照射感と圧迫感と痛み、背骨に強い圧迫感、乳首を瞬時に硬くされる、胸を揉まれる、右膝に神経痛のような痛み) 入浴時△

5時45分覚醒の強要。音声送信も連動していたが、すぐに再就寝できた。次は大体定時に覚醒。普通に起きることができた。後はいつも通り朝食を摂りながら朝刊を読む。するとその当たりから肌の撫で回しが発生し始める。これがあとはしばらく継続する。
今日はブログを記す前に雑事で屋内を移動していた。すると右膝に神経痛のような鋭い痛みがいきなり発生した。とても無事に歩行ができず、びっこを引きながら移動しなければならなかった。右膝というのが何だか怪しい。この部位もよく撫で回しの対象とされるからだ。今日は痛みの被害に切り替えたのだろうか。
以前にも右足のかかとに強い痛みが数日継続し、普通に歩行できなくなったことがあった。そのときは音声送信も連動していて、その痛みが人為であることをはっきりとひけらかしていた。数日後新宿で用事を済ませた後昼食にラーメンを食べているとその最中にいきなり音声送信で「今、その痛みを取り払ってやる」と送信された直後に右足のかかとに強力な圧力のようなものが発生し、30秒ほど続いただろうか、恐らく微妙にその部分が震えていたのではないかと思う。その圧力のような力が無くなったと同時にうそのように痛みが消えていた。当時はこんな過激ともいえる試行が私の身体のあちこちで行われていたようだ。

ブログを記し終え、本業の準備に取り掛かる。作業に必要な材料を揃えいつでも開始できるようにしておく。昼になったので昼食の準備をしていると、そのときにはすっかり右膝の痛みが無くなっていた。やはり人為操作だったのであろう。あれだけの痛みがこんな短時間に完全に無くなるなどということは考えられない。
今日はその被害以外はそれほどエスカレートすることはなかった。食後身辺のことを片付け一休みしてから作業を開始、何だか久しぶりに普通に社会に貢献できているようで妙な感じだ。こっちが普通のはずなのに……。それを察しているのか音声送信の善のキャラクターの力が強く。肌の撫で回しを行おうとしている悪キャラクターを賢明に遠のけようとしていた。そのせいなのかよく分からないが夕方までの作業の間中、かなり弱い程度の肌の撫で回し被害で済んだ。
しかし脳に対する照射感とも違和感とも取れる感触相変わらず強く、これがは本当に気味が悪い。音声送信のよれば「被害遭遇前の状態に急いで戻している、もうしばらく我慢して下さい」という送信がよく発生する。他、全般的に被害が遠のいているような雰囲気が濃厚だった。
本業の方は何とか夕方には今日のノルマは達成できた。

途中奇妙なことがまた起きた。一寸用事を思いつき我家の三文判を使おうとしていつものはんこ入れのフタを開けると何と良く利用する方の三文判が消えているのだ。昨日の午前に下宿している人の荷物を受け取った際に利用したのが最後なのは憶えているのだが、それを無事に入れ物に収めたというところまでは記憶していなかった。あまりに日常的なことなので、脳もいちいち引き受けなかったのだろう。だから私の過失の可能性もあってすぐには周囲を疑うわけにもいかず思いつく場所を探し続けた。
しかし30分ほど探しても見つからず、結局今日は諦めることにしたが、もうしばらく探してみるつもりだ。三文判とはいえハンコなわけだからこれも物騒である。

今日は夜は外食することに決め18時半に終業し、神楽坂まで出向いた。青森の郷土料理を食べさせてくれる店があり、そこで夕飯を頂き、その後はやはり青森県のおかみさんが経営しているお店に寄り、遅くまで長話をして過ごす、時間とともに客も増え会話をする対象も増え23時頃まで外交的に過ごした。部屋で独り缶詰になる日が続くとこういう状況をつくることにし、気持をリフレッシュしている。これも一種の自己管理ともいえるだろう。
この間被害らしい被害は発生しなかった。頭の違和感とかは継続していたが、心は完全にリフレッシュできたようである。このテクノロジー犯罪という忌まわしい事態を忘れられる時間を自らつくり、人間らしさを失わないようにしたい。
帰宅後はかなりの疲れも感じ、最低限の雑事を片付け、すぐに入浴し(弱いながら撫で回しあり)、すぐに就寝した。

**********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。


年内増刷目指して好調な売れ行き。


1_7

2_5

« 深夜に被害がエスカレート | トップページ | 36名に参加決定 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心のリフレッシュも忘れずに:

« 深夜に被害がエスカレート | トップページ | 36名に参加決定 »