« 比較的穏やかな一日 | トップページ | 今日も元気な被害 »

2009年10月13日 (火)

外部よりの圧迫被害と出血被害発生

テクノロジー犯罪に遭遇して606
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という47才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

10月12日(月)
嫌がらせの度合い:◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声◎ ノイズ△ 肌の撫で回し○(胸、腹部、右膝、脇の下、背中、肩、尻、股、ペニス、大腿部内側)気配△  電磁波◎(頭部に強い照射感と圧迫感、背骨に強い圧迫感、乳首を瞬時に硬くされる、胸を揉まれる、右腕に強い倦怠感、就寝中に頭部をまくらに押し付けられる。就寝中に右耳より出血、就寝中にベッドのスプリングがきしむ、映像送信)入浴時△

今日は就寝中に散々な目に遭遇していたようである。まず5時30分に覚醒の強要。就寝して3時間しか経過していないのに妙にぱっちりと目覚めてしまっているので、人工操作だろう。中年女性のゆったりとした語り口でとりとめなくおしゃべりが続く。とにかく途切れることがなく、お経のように延々と加害者についてや謝罪やあまりの意味のないことをずらずらずらずらと喋り続けている。どういうわけか無視するこことができず、こちらの意識に入り込んでくる。中々寝付けない。
気がつくと6時半になっている。段々とキャラクターの声が増え始め、いつもと同じ喧噪状態になってくる。各人が勝手なことを口走りどんどん騒がしくなってくる。それでも何とか寝付こうとしているとベッドのクッションのなかのスプリングがギシギシときしむ音を立て始める。「何だろ?」と思った矢先、ゆっくりとだが、頭部全体が枕に強く押し付けられるような強い力が発生。こういう被害は全く初めてである。身体外部より作用が生じ身体を動かされる被害報告は今までいくつも聞いていたが、私自身に発生したことは無かった。それが私に発生したのだ。その後しばらくの間そのスプリングがきしむ音は続き、枕への頭部の押しつけは何度も発生。かなり気味の悪い被害であることは間違いない。
さらに久しぶりに映像送信の被害も発生した。眼を瞑ると現れる見覚えの無い女性の顔や上半身が数名現れては消えていった。音声送信によれば加害者の数名であるという。いずれもそれほど年配ではない女性たちだった。とにかくなかなか寝付けない。

気がつくと7時半になっている。とても再就寝できるような状況ではない。仕方がないので上半身が映り込むようにビデオカメラを設置し、横になりながらの状態で音声動画による記録を開始する、被害の概要を口頭で記録。8時を回った頃からその被害は遠のいたが、今度は撫で回しが右膝と尻に発生。もはや寝ていられる状態でないうえに平日の起床時間になっている。仕方なく起床となった。祭日というのに睡眠は3時間と少し。最悪の起床である。

まず頭部の違和感と圧迫感がものすごい。何か頭部の神経がくたびれ果てているというのか疲労しているというのか、そんな感じだ。筋肉の使い過ぎで起床時に強い筋肉疲労を感じることがあるがそれの頭部版のようだ。
洗面に向かう際に右耳に何か違和感を感じたため指を当てるとザラザラとした感触。「あれっ耳カスかな」と思い爪でこそげ取ってみると、何と血が固まったものであった。一瞬ドキッとしたが、間違いなく血が固まったものだった。あわてて鏡で右耳を点検してみると出血した後が残っている。さらに綿棒で内部をチェックすると先に結構な量の血が付着している。慌てても仕方がないので被害として考えてみることにする。やはり過去に同じ事態に遭遇した女性の被害者がいたことを思い出した。その方にメールで尋ねることに決め、とりあえずはいつも通りに事を進行。最悪のコンディションだが、とりあえずトーストの1枚は食べておき、コーヒーも1杯飲み、朝刊に目を通す。この右耳の出血に気付いたときの加害者側の反応も唯事ではなく。かなり緊迫していたようである。「もう止める時期かしら?」「内山君、脳には絶対異常はないから安心してくれ」「お前の脳に傷を付けてやった」「もっと出血させてやる」「ついにここまでやったか」云々。
後、最悪の気分でこの被害ブログを記入。肌の撫で回しに関してはやはりいつも通り平然と為される。胸、脇の下、背中、下半身等。撫で回しのレベルも結構強かったのでやはりビデオカメラをオンにし被害の実況報告と、耳からの出血についてと早朝の強い頭部への外部よりの圧迫被害についても口頭で記録しておいた。被害のひどさにこちらも怒り心頭である。今まで耳と眼の病気は一度も経験したことはなく。かなり優良なコンディションを維持していただけに、もしこれが被害なら事実として証拠は残しておく必要がある。血の付いた綿棒と血が付着した写真は大切に保存しておく。
ブログ記入後同様の被害を体験された被害者の方にすぐにメールを送り、そのときの対応について尋ねておいた。

1


昼は自炊する。食後メールをチェックすると出血の体験のある女性被害者の方から早速返信があった。最初は微々たる量の血が綿棒に付着しただけだったのが、その晩の就寝中にまとまった量の出血があり、枕が血まみれになったそうである。翌日通院するとこれといった異常が見あたらなかったということだ。
私の方は出血はややひどかったようだが枕を汚すほどではなかったし、痛みや難聴が発生しているわけではない。だからあまり深刻に受け取らないようにした。

それ以降は家の事に追われることになる。とにかく日曜にやるべきことができなくなっているために平日に飛び出してしまっているのだ。ということで夕方までは多忙な祭日となる。まずは焼却炉の溶接補修である。家庭用の溶接機械はあるので、それでかなり痛んだ部分を補修する。久しぶりの溶接作業なのでかなり緊張したが2時間ほどで何とか補修は完了。溶接の際の激しい発火時に発生する光を何度か直視してしまったためにおかしなゴーストがしばらく継続した。まるで視覚操作被害のようである。
次に庭の整理である。台風18号襲来のため、かなり荒れてしまっている。これも手早く行うがこの作業の際には上半身に撫で回しの被害が発生。少しでも立ち止まると途端に胸に乳房があるように認識され、それを揉まれたり、尻を撫で回されたりで大変なことになる。とにかく今日は被害レベルが高い。
次はやはり台風の影響で散らかってしまっている玄関周辺の清掃。終る頃には18時近くなっていた。
次は本業関係の作業のため、パソコンの前に座らなければならない。ただし30分ほどで済むのでそれほどのひどさではない。予想通り。腰掛けると同時に強い撫で回しが発生。何とか我慢をし、作業を終える。

18時半を既に回っていた。
今日は夜は外出し外で食事を済ますことにする。とにかく被害三昧なため溜まったものではない。音羽に青森の郷土料理を食べさせてくれる居酒屋さんがあるのでそこまで向かい、そこで飲み食べをした。そこへ向かおうと家を出ようとした際に明らかに人為操作と分かる不自然さで右耳奥に鈍い痛みが発生した。かなり腹が立ったが無視した。
今日の被害は本当にしつこく、居酒屋さんで食べ始め数十分の間、胸を中心にかなりの強さで撫で回しが続いた。今日は本当に加害者やりたい放題の一日である。
それでも1時間を過ぎた頃には音声送信も撫で回しも遠のいて行った。あまり長くだらだらとしているのも嫌だったので20時半には店を出、帰宅する。途中DVDを借り、夜の楽しみとする。
帰宅するとすぐ愛犬の散歩、散歩の最中には被害は音声送信のみ。22時頃に帰宅後DVDを観賞する。今日は観賞中には被害は発生しなかった。後は深夜の入浴の際にどうしても右膝と尻に撫で回しが発生する。かなり眠気が強いうえに、眼もチカチカヒリヒリとするし、軽い頭痛も発生していたのですぐに就寝することにした。1時半ころだったと思う。

**********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。


年内増刷目指して好調な売れ行き。


1_7

2_5

« 比較的穏やかな一日 | トップページ | 今日も元気な被害 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外部よりの圧迫被害と出血被害発生:

« 比較的穏やかな一日 | トップページ | 今日も元気な被害 »