« ノイズ被害がエスカレートした1日 | トップページ | 午後から留まることのなかった被害 »

2009年11月24日 (火)

新たな展開をみせる被害

テクノロジー犯罪に遭遇して648
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という47才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

11月23日(月)
嫌がらせの度合い:◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声○ ノイズ○ 肌の撫で回し○(胸、腹部、右膝、脇の下、背中、肩、尻、股、大腿部内側)気配○  電磁波○(頭部に強い照射感と圧迫感、背骨に強い圧迫感、乳首を瞬時に硬くされる、胸を揉まれる。強い胸焼け)入浴時△

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

7時半に覚醒の強要。細かい被害についてはメモなし。ただし音声送信は発生していた。以降はこの被害ブログ記入時まで比較的穏やかだったが、ブログ記入とともに右胸、右脇の下、右膝、背中を中心に猥褻な撫で回しが強く発生。同じ姿勢を続けることができない。脇の下をくすぐられながらキーボード操作を強要されているようなものだ。気心知れ合っている子供同士ならくすぐり合いなどというのも愛嬌で済むが、この事態の場合、単なる状況を無視した腹立たしい身体攻撃に過ぎない。極めて不快である。さらに胸を撫でられ、背中に指先なのか舌先なのかが這い回り、場合によっては胸大きな乳房が垂れていることを認識強要され、さらにそれを揉まれるのである。ひどい場合はそれと同時にフェラチオの強要までされることがある。乳房の付いた男ということだ。まさに両性具有、それともニューハーフといえばよいのか。
因みに私は身長170センチとそう高くはないが、10代前半には陸上競技で鍛えた分厚い胸板、硬い腹筋の持ち主で尚かつ髭を生やしているうえに短髪である。はっきりいってそういう部類の人種とは大きく掛け離れているタイプである。だからこそなのかもしれない。
毎日のこの記録を読んでおられる方ならお分かり頂けるだろうが、思い込むと引かない質でもある。それだけにそういう気丈な男に対し乳房を取付け、女扱いするよいうのは屈辱を強要するという点では効き目があるかもしれない。

それでも肌の撫で回しは著しくエスカレートすることはなく。何とか我慢し、書き終えることができた。それからヘルパーさんを見送り。愛犬を風呂に入れる。後、今日は園芸を始めとする屋外の作業を行うことにした。その準備として練馬区に気に入っている園芸店があるのでそこまで自転車で向かう。途中インド料理レストランでカレーを食べる。多少の撫で回しの被害あり。
この園芸店は練馬の豊玉という町にあって、このあたりの地主の方が経営しているだけあって敷地が大変に広く、品数ももの凄いので、店内をうろつくだけでもかなりの時間がかかるほどの店で、雰囲気もすこぶる良い。こういう状況になるとその雰囲気をぶち壊そうとする悪キャラクターとそれを制する善キャラクターが喧嘩を始めるのが普通なのだが、どういうわけか以前この園芸店を訪れたときには中年女性キャラクターが2〜3人登場し、穏やかな状況が流れるようになっていて、今日もそれほど不快な気分にならずにここではいられた。

帰宅後、買ってきた大鉢に木を植え替え屋内に取り込んだり、冬の花を鉢に植え替え玄関前に飾ったり、球根を植えたり、さらに落ち葉を片付け、それを焼却炉に運んだり、愛犬のトイレを再設置し、そうこうしているうちにあっという間に当たりは薄暗くなってしまう。
音声送信は小さく細いながらも延々と続いていて、やはりいつものように「もう止める」「もう本当にこちらはヤバイ状態なんだ」「内山君は大変なことをしようとしている」「本が出るまでに謝りに行く」「きっと君のところから亀裂が入る」「どうやっても近いうちにすべて表沙汰になる」「本が発行される頃に公開されると思う」等の内容が主だった。
18時頃に趣味のブログを更新する。毎日この際にも肌の撫で回しが一気にエスカレートする。今日も大変な我慢を強いられた。

一連の屋外作業を終えた後、今度は愛犬を連れ、目白まで散歩に出る。レンタルDVDや今夜のおかずの買出しも目的である。ノイズキャンセル機能付きのイヤホンでI-Podを使用しながら、目白まで歩いているのだが、声そのものは聞こえなくとも話方やイントネーションは確認できていまうためにどのキャラクターが送信してきているのかは了解できてしまう。ここのところ散歩の最中には柄の悪いチンピラあんちゃん・ねえちゃん風が現れ、雑言を飛ばすというバリエーションが追加されていて、どういう時にそれを飛ばすのかといえば、聴いている音楽に感情移入をしたり、共感したと同時に現れては「馬鹿じゃないの」「どこがいいのこんなの」などと気分をぶち壊しに現れるのである。こんな日常的な幸せさえ確実に壊しに出て来るのだ。それに対しこちらが傷ついたりしようものならそこに確実に付込んでくる。とにかく質が悪いなどというものではない。今日もそういう調子だった。これも記録されるべきことだ、案外こういう日常のささいな事柄が毎日つぶされ続けているということの方が罪深いのではないかと、長い間被害者でいると思いたくなる。

帰宅後は急いで夕飯の準備。思っていたよりも全ての進行が遅いため夕飯の開始が20時半頃になってしまう。今日は夕方頃から不自然な胸焼けがひどく、それを気にしていると音声送信が「それは私たちの操作によるものだ。夕飯を開始する頃に解いてやる」などと送信してきた。昼もそれほどの量食べたわけではないので、本来なら空腹のはずなのだがこれも本当に不快な操作である。
DVDを観賞しながら夕飯を食べ始める。夕方のスーパーでは刺身類が割引でよく売っているが、そういう割引商品の刺盛で手巻き寿司にして食べた。今日も単発的に肌の撫で回しや不快な音声被害が発生した。いつものように後半何事も発生しなくなるという展開ではなく。後半深夜になっても被害はいきなり発生し、いきなり収まったりする。
背中から人が抱きつき私の背中に前身をべったりくっつけるという体感認識、さらにノイズを伴う子供の声(今日もかなり登場した)が「お前の血圧を今からじょじょに上げていってやる。きっとこれはびっくりするよ」などと私の頭部に圧迫感を感じさせたり結構いろいろと不快な内容の侵害強要行為も多発した。

深夜の入浴時にはいつも通りの尻と右膝に対する撫で回し。
その頃になっても頭部左側では「サーサーサーサー」とノイズが鳴り続け、子供の声が「ゴメンナサイ」と言ったかと思えば「コノヤロー」と言ったりでこちらの日常生活に干渉してきた。
しばらくネット観賞をした後、ベッドに入ったものの、今度は大勢のキャラクターが登場し始め。「オナニーをしてくれ。頼むからやってくれ」としつこく送信し続けていた。
結局そんな中2時半に寝付いたと思う。

**********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。


年内増刷目指して好調な売れ行き。


1_7

2_5

« ノイズ被害がエスカレートした1日 | トップページ | 午後から留まることのなかった被害 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

>それだけにそういう気丈な男に対し乳房を取付け、女扱いするよいうのは屈辱を強要するという点では効き目があるかもしれない。

私もそうですが、被害者は被害に対する鈍化が起こると、屈辱が屈辱と感じなくなってきます。
屈辱という感じよりも、観念的にこれは屈辱だろうから拒否する、という選択を意識的に行わねばならなくなります。
オバマはメキシコあたりの拷問施設を閉鎖し人権をアピールしましたが、
このスーパー拷問を認識しながら放置していますね。
政治家ほど問題に直面した時の頼りにならない職業はいません。
『屈辱』は犯罪だ。

>「もう止める」「もう本当にこちらはヤバイ状態なんだ」「内山君は大変なことをしようとしている」「本が出るまでに謝りに行く」
>「きっと君のところから亀裂が入る」「どうやっても近いうちにすべて表沙汰になる」「本が発行される頃に公開されると思う」等の内容が主だった。

加害者は精神薄弱者ですから、内山さんの思考盗聴を通して何か見てるのか、内山さんの書籍にも警戒はあるんでしょうが、
これらは単なる精神薄弱者の心の準備でしょう。
国会議員やマスゴミは、わざわざ自分達が傷付いてまで公表するような大人物がいるでしょうか?
被害者以外の誰かが公表、公開するようなことは多分無いんじゃないですか?
まあ、いつまでも永久に加害者は加害者ではいられないことは『絶対的真理』でしょうね。
いくらクズ共が何を並べても。

>それに対しこちらが傷ついたりしようものならそこに確実に付込んでくる。

これも分かります。
傷付いて付け込んで見下してくるからこそ自分を隠す。当たり前のことです。
ところが加害者には『やましいことがあるから隠す(NHK吾妻謙)』などと言ってくる。
じゃテメーは隠さず同じことをするかと聞かれれば『人権侵害だ!』とのたまうでしょう。

『思考盗聴知的障害者』の所以です。

自分も誰もしてほしくないことをして、自分達は正しい存在だと主張する。他人の内心の自由は犯すがテメーの薄皮一枚の建て前や体裁を破るのは許さないという。

一切を粉状にすり潰す必要があります。

>聴いている音楽に感情移入をしたり、共感したと同時に現れては「馬鹿じゃないの」「どこがいいのこんなの」などと気分をぶち壊しに現れるのである。
>案外こういう日常のささいな事柄が毎日つぶされ続けているということの方が罪深いのではないかと、長い間被害者でいると思いたくなる。

全くその通りです。
内心の自由に干渉し『ほらほらグズなんだから』『無知だな』『弱いなぁ』『ワンパターン』と、
否定の言葉を際限なく聞かされることは犯罪です。本来は内山さんの勝手気ままで良いわけでしょう。
畳の上にウンコをするのも内山さんの勝手だ。ただ自由には必ず責任を伴いますが。
内心の自由を犯す手段も何もなければタダのカスの嫉妬ですが、内心の自由を長期間犯してきたこと、
これからも際限なく続けようとする脅しもです。

>ベッドに入ったものの、今度は大勢のキャラクターが登場し始め。「オナニーをしてくれ。頼むからやってくれ」としつこく送信し続けていた。

男ならするんですが、コイツらはその男の性情を自分達の命令にすり替えてます。
オナニーの様子でもまたニヤニヤと自分達の手のひらの上に乗せて自分達の所有権があるような物言いではやし立てるんでしょう。

コイツらをかばい立てするマスゴミや政治家からして『先進国』という言葉が如何に中身のないものかが分かります。
文明の発達をあたかも自分達の成果かのようなツラしてそこに身を隠しても、世界はまだ『戦後レジーム』を抜け出てないんでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新たな展開をみせる被害:

« ノイズ被害がエスカレートした1日 | トップページ | 午後から留まることのなかった被害 »