« 夜に過激な被害 | トップページ | 人生は更新されたものの »

2009年12月24日 (木)

加害者の特定?

テクノロジー犯罪に遭遇して678
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という47才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

12月23日(水)
嫌がらせの度合い:●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)○ ノイズ△ 肌の撫で回し○(胸、腹部、右膝、脇の下、背中、肩、尻、ペニス)気配△  電磁波○(頭部に強い照射感と圧迫感、背骨に強い圧迫感、乳首を瞬時に硬くされる、胸を揉まれる、鼓動を早くさせられる)

5時50分に覚醒の強要。右膝と尻に弱い撫で回しが発生している。音声送信は今日はこの一帯の地主が町民とグルになって加害行為に及んでいると送信してくる。ある闇組織を利用し、主に年配の気に入らない町民を殺し続けていて、それに夢中になってしまい、平静さを失い、最近では地主もこの技術の標的にされている。というお話である。この話を隣人の女主人の声で語りかけてきた。「内山君、あなたはまだそれほどの歳じゃないからいいけど、60代になる頃には気をつけるのよ」などと送信される。
私はかなり昔から加害者特定を放棄している。ところがどうしてもそれが気になるらしく、毎日がつくり話の連続である。こちらは最早この事態に認知広報のことしか頭にないわけで、加害者特定など後でこの技術を鏡返しのように利用すれば可能なわけだから国家なり公安なり警察なりに任せてしまえばよいのである。

再就寝し、8時半に起床。すぐ雑事を片付け、いつものように朝食を摂りながら朝刊を読んでいると、早速肌の撫で回しが始まる。しかし最近の傾向として、これが始まったと同時に善キャラクターの女性の声が嫌がらせばかりをしている悪キャラクターを厳しく制する音声も同時に送信されてくる。この声は飽くまで私の立場を尊重してくれるところがあるために、確かに不快ではない。
悪キャラクターが相変わらず加害者特定よた話を始めると「内山君は加害者に関心がないの、あなたたちみたいなのが早く罰せられるように、この技術の悪用を広報することにしか関心がないの、そんなこと分っているのにもう止めなさい。下らない音声を飛ばすの」などである。
さらに今日は朝刊を読んでいると「内山君朝日新聞というのは右寄りだから君が読むべき新聞じゃないよ。だから読売にしたまえ」などという送信もあった。
さらに身体攻撃として例により胸を揉む感触を強要されながら「オッパイモミモモミ」の反復送信。

後、この被害ブログを記し始める。するとしばらくは音声送信も肌の撫で回しも弱くなったものの記し進むに従ってじょじょに音声送信も肌の撫で回しもはげしくなってくる。尻の右側と背中に撫で回し、さらに背中には濃厚な人の気配が感じられた。
ブログ記入後昼食を摂る。きつねそばをつくったのだが、今日は特に食事中の被害は強くは発生しなかった。
食後、何の前触れもなくいきなり肌の撫で回しがエスカレート。最近よくある、無軌道なエスカレートである。右胸、右脇の下、胸揉みの3つの被害が同時に発生。大変な悪寒を強要される。音声送信もうるさく、やはり悪のキャラクターが善のキャラクターに強く攻撃をされているもので、「許して下さい」「ごめんなさい」の大合唱となっていた。
さらに今度は近所の住人と遠くに住んでいる者たちが結託をして嫌がらせを続けているのだという送信もあった。

しかし今日はこれ以降、新宿にて某法人団体の忘年会があり、それに出席することになっている。今日は完全な羽目はずしであり、毎年好例の集まりで私よりも年配の方々が多いため、必ず深酒をすることになってしまう。今日も多分そういう展開になるだろう。こうなると被害からは完全に遠のくことになる。この技術は脳の働きに依存している技術なので、酔ってしまうとかなり被害にも偏りが生じたり、自覚がなくなってしまう。酒飲みの方がそういう点では恵まれているかもしれない。しかしいつも酔ってなどはいられないわけで、結局はシラフ時の方が圧倒的に多いわけであって、だからこそこれだけの証拠記録が残せるのである。
ということでいつものようにこれ以降、はっきりとした被害は自覚することはなかった

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。


1_7

2_5

« 夜に過激な被害 | トップページ | 人生は更新されたものの »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
いつもブログ、拝見しております。
私も被害者です。
音声の送信はないものの、人為的と思われる電磁波(低周波公害?)によるノイズや耳鳴りなどの被害にあっています。

ニュースで見ている限りでも、脳のCT画像でそのとき考えている言葉が判る技術、人工網膜の技術(逆にいえば、網膜から脳に送られる映像の信号が解読できたということですよね)など、悪用されないことを願ってしまう技術が多くみられます。
ニュースで世に出てくるような情報はかなり前から存在したと感じているので、今はどれくらい技術が進歩しているのだろうと思うと怖くなります。

私も加害者の特定には興味はありませんし、ただ一日もはやく被害が止む日がくることを願うばかりです。
陰ながら応援しております。

前回のものからすべて更新させて内容が修正され変更されています。よかったらお読みください。
お仕事とご活動、寒いので体に気をつけて頑張ってください。
http://news-omnibus.com/novel0001.html
http://news-omnibus.com/novel0002.html
http://news-omnibus.com/novel0003.html
http://news-omnibus.com/novel0004.html
http://news-omnibus.com/novel0005.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加害者の特定?:

« 夜に過激な被害 | トップページ | 人生は更新されたものの »