« 青森での被害12月4〜6日 | トップページ | ノイズがやかましい1日 »

2009年12月 8日 (火)

結局何ら変化はなし

テクノロジー犯罪に遭遇して662
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という47才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

12月7日(月)
嫌がらせの度合い:◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声◎ ノイズ◎ 肌の撫で回し◎(胸、腹部、右膝、脇の下、背中、肩、尻、股、ペニス、大腿部内側)気配△  電磁波○(頭部に強い照射感と圧迫感、背骨に強い圧迫感、乳首を瞬時に硬くされる、胸を揉まれる、肝臓に刺激)入浴時△

6時と7時半に覚醒。人為か自然かは不明。音声送信、肌の撫で回しの被害あり。ベッドの中で右胸に撫で回し。
起床後近所のコンビニでサンドイッチとコーヒーを購入。TVを観ながら食べる。特にこれといった被害はなし。
すぐに被害ブログを記入。ここで少し被害が発生。しばらくするといとこが来る。帰りに駅そばの市場まで送ってくれるという。少し時間があったのでいろいろと話す。いとこのおかげで意識が外向し被害から遠のくことができた。11時過ぎに実家を出、駅前市場へと向かい、そこでいとこと別れたがその直前車内にて、私のNPOにおける活動についてやっと話をしてくれた。今回の帰青で私からは一言もこの件については口にしていなかった。
「当分は誰も信じてくれないだろうし大変だと思うけど、いつかはどうにかなると思うし国も早く対応してくれるといいね。それまで時間がかかると思うけど頑張ってね」
何ともうれしい一言だった。おそらくこのぐらいの認識にまで到達するのにそれほど時間はかからないだろう。

市場で馴染みの乾物屋さんで乾物を買い、他塩鮭やなれ鮨も買い、食堂で焼き魚定食を食べ、すぐに駅に向かった。今回は天候には恵まれず絶えず雨か雪に見舞われた。風も強く、吹雪に近い状態ばかりだった。そんな中駅に直進し、電車を待った。このあたりまでは被害は遠のいていた。
12時49分発の特急に乗車し、東京へと向かう。以前の帰青時もそうだったが帰りの電車では被害がエスカレートし、辛い思いをした記憶があったのだが、今回もまったくそれと同じ展開になった。
乗車し、次の浅虫温泉を過ぎたあたりからそれまで静かだった音声送信が喧しくなり始める。野辺地駅を過ぎ強風のため徐行運転になり始めた頃から肌の撫で回し被害もエスカレートし出した。
まず子供の声を伴うノイズがうるさくなり、さらに老人声のキャラクターが飛び出し「とにかくとにかく」を連発。さらに「何とかしてくれ〜」など意味不明な言葉が続く。肌の撫で回しはいつも通り右胸を中心に発生し、そこに手をあてがわなければいられないほどになる。他右脇の下にも強力な撫で回しが発生し、かなり不快になった。

18分遅れ八戸へ特急が到着、すぐに新幹線に乗り換える。直後は被害は落ち着いたが15時過ぎに新幹線の車内でコーヒーを350円で買った直後からいきなりエスカレートする。当然のように肌の撫で回しによる侵害強要行為が右胸、右脇の下、右膝に発生。さらに右大腿部外側に女性長い髪が這っていくような感触。音声送信は「とにかく、とにかく」「金を勝手に使いおって」「コーヒーなど飲みおって」「どうしてコーヒーが飲めるんだ」「畜生畜生畜生」「くそくそくそくそ」「ぼくたちのことをもっと分かってくれ」云々。
この状態が数十分続きしばらくおとなしくなったと思ったら、15時58分頃から猥褻被害の際には必ず現れる掠れ声のキャラクターが「ゴメンネ、ゴメンネ」を反復しながら右膝とその周辺へ強力な撫で回しをいきなり発生させた。とにかく強力なため膝からGパンの生地を離さなければいけないほどで、すぐに車内でノートパソコンをオンにしこの部分の記録は残した。はっきりいってこの被害だけで今日の撫で回しのレベルは◎ということにした。それだけひどすぎる侵害度である。それと絶えず被害リストにメモをしているが、その際にも私の書く内容に必ず音声送信によるなぞりが発生し、当たり前のように不快を強要されている。
他今日移動を始めた12時49分頃より延々と左耳には「サー」というノイズとそれに伴う子供の声が聞こえ続けている。

16時10過ぎ頃からは肝臓を中心とした臓器に痛みの刺激が瞬間的に発生。まさに被害の垂れ流し状態になってきている。
16時25分頃今度はいつものようにこの被害がもう終わるという内容の音声送信あり、くぐもった男の声で「日本政府が動き始めている、もう今まで通りにはいかない」などという内容の送信である。一見被害者の味方のような内容だが、こういう内容に少しでも同意や安心をすればそこにつけ込み被害をエスカレートさせるというとてつもない質の悪さである。

大宮を過ぎたあたりから小康状態になり、再び落ち着き始めた。上野で下車。山手線に乗り換える。目白で下車しバスで南長崎へと向かう。下車し、近所のペットショップへ愛犬を返してもらいに向かい、ついでに支払いを済ませる。するとそこで金を使ったということでまたもやっかみの音声送信と肌の撫で回しが始まってしまう。これは以降深夜の愛犬の散歩時まで延々と続いた。まさにやりたい放題の状態になる。
18時10分頃自宅に到着し、すぐにあらゆることを元に戻さねばならず急いで従来の状態にする。さらに洗濯、出納の記録、3日分の被害ブログの更新、メールチェック等、それだけで相当の時間がかかってしまう。さらに下宿の方でちょっとした騒動が発生し、その話を住人の方から聞いたりで帰宅と同時に一挙に慌ただしくなる。

21時前からやっとのことで食事にありつけた。今日昼に市場で買った食材とそばでゆっくりと箸を進めた。この間も延々とノイズが「サー」と左耳で聞こえ続け、思いつきで次から次へと分けの分からない音声送信が発生する。「とにかくとにかく」「畜生畜生畜生畜生」「くそくそくそくそ」「何で何で」「お前なあ、お前なあ」「どうしてもどうしても」云々。肌の撫で回しもものすごく、食卓上の新聞も脇の下を閉めながらでなければ読めないような状況だった。
22時過ぎに食事は済ませ、23時より愛犬の散歩に出る。ここで被害は段々と落ち着き始め、少々の胸に対する不快感程度に穏やかになった。
帰宅後入浴をしたが、今日は右膝に対する弱い撫で回し被害で済んだ。
以降1時まで被害者の方々のブログをサーフィンし、疲れも溜まっていたようで戸締まりを済ませたあと早々と就寝。

**********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。


1_7

2_5

« 青森での被害12月4〜6日 | トップページ | ノイズがやかましい1日 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

>「とにかくとにかく」を連発。さらに「何とかしてくれ~」など意味不明な言葉が続く。
>「とにかく、とにかく」「金を勝手に使いおって」「コーヒーなど飲みおって」「どうしてコーヒーが飲めるんだ」「畜生畜生畜生」「くそくそくそくそ」「ぼくたちのことをもっと分かってくれ」云々。

もう、加害者って、壊れてるみたいですね
ここにも付いてくる私の加害者、広島市安佐南区に住む思考盗聴統合失調症T洋一郎と同じように、
へこまされても頑張って被害者を害することを続けるしかないようです
それはやっぱり何かに指図されてるわけではなく、個人的にそういう精神状態だと思います
否、T洋一郎の場合は個人的衝動ですが、内山さんに憑依するそのバケモノはどうなんでしょうね

そう言えばいつかメールでちょっとだけ統合失調症について触れましたが、あれは本当は加害者が統合失調症なんです

圧倒的に切り離したい自分がいる
それは自己嫌悪というものではなく、もう圧倒的に受け入れられない自分
そういう自分がやったことを本当に自分がしたこととは認識せずに生きている
そういう自分を見せられる、突きつけられるのは内山さんも良くご存知の通りです
まだ加害者は完全に統合失調症というわけではないみたいですが、自我の統合を失うのは、自己防衛が必要になった時です
被害者は被害に向き合わされますが、加害者は加害に目を背ける
統合失調症は加害者側の傾向です

加害者と取引出来るような状態ではないですか?内山さんの破壊をまだ諦めてないですか?
被害下で加害者と強制的に会話させられ蝕まれ押し込まれ加害者に理解を示してしまうことがあるかもしれませんが、
もし近々、被害が止まればそんなものは唾棄して下さい

こちらは思考盗聴ほのめかしだけの比較的軽い被害なので、他のキツい被害者の方の精神状態が心配です


あと、もしもソイツらが私のことについて、あることないこと喋ってるなら、離間工作が含まれてると思います
気を付けて下さい


内山さんに取り憑く加害者へ
テメーら生きたまま内蔵引きずり出して蹴って遊ぶぞ
生きたまま頭蓋骨開けて脳みそ削ってイタズラするぞ
状況によっては闇から闇へ葬られることになれば、いずれ邪魔なのは何も知らない被害者よりテメーらの方が目障りになる
大人しくして心証よくせんと、くどいようだが好き放題報復するぞ

とぼけられると思うなよ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結局何ら変化はなし:

« 青森での被害12月4〜6日 | トップページ | ノイズがやかましい1日 »