« 加害者退散?? | トップページ | 被害と防御 »

2010年1月22日 (金)

損害の報復としての広報

テクノロジー犯罪に遭遇して707
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という48才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

1月21日(木)
嫌がらせの度合い:●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズ○ 肌の撫で回し◎(胸、腹部、右膝、脇の下、背中、肩、股、ペニス)気配○  電磁波◎(頭部に強い照射感や痛み、背骨に強い圧迫感、乳首を瞬時に硬くされる、胸を揉まれる、鼓動を早くさせられる、泣きたくなる意識操作、チクチクとする刺激)

6時50分に覚醒の強要。脳におかしな感触がある。音声送信は例により下宿の誰かがやっているとの送信。「内山君の脳にひどいことをした奴がいる」「どうしたらいいんだ」などの送信。
9時に起床と同時に早速撫で回しも始まる。音声送信は向かいの家族が加害者であるとの送信になっている。
雑事を片付け朝刊を読みながらの朝食時にも並みレベルで撫で回しが継続。
すぐに被害ブログに取り組む。するといつもの撫で回し被害状態になる。右胸、右膝、脇の下、背中、右大腿、尻に撫で回し、さらに今日はチクチクする感触の強要が太ももに発生。
昨日も記す内容量が多く、更新が昼過ぎになってしまう。

昼食にはカレーうどんを作って食べたが、ここではそれほど被害はエスカレートしなかった。
13時より30分ほど昼寝をし、13時40分より被害報告集のデータ修正に取り組む。今日は著しく撫で回し被害がエスカレートすることはなかった。普通に辛い状態での作業となる。それにしても自分でも飽きれるくらいに作業速度が遅い。絶えず不快を我慢し続けているだけに気も散り易く、屋内をうろちょろとしたりしてしまう。これは本当に深刻極まりない事実だし、とにかく記録を残し、思いつくあらゆる反抗手段があるなら、それは利用すべきだ。
夕方、昨日注文したセンサー付きヘッドフォンの販売会社からメールが届き、残念なことに注文殺到のため一時品切れのため2月上旬の発送となるとの知らせが入った。少し証拠出しテストが遅れてしまうことになる。

さらに被害報告書籍「早すぎる?おはなし」の売り上げが順調で、春頃には増刷の可能性も出て来ていて、その増刷費用の見積もりも講談社出版サービスセンターより届いた。これも額面的には相当のものである。このおかげで私が計画していた。仕事部屋の改築工事がまた先延ばしになってしまった。すべてこの遠隔技術悪用の悪行のためである。
私としても七転び八起きでこの損害の報復は私なりのやり方でさせて頂く。ひたすら有効的な広報でである。

夕方からは音声送信は加害者が亡父の知り合いたちによるものという設定に安定し出した。妙に人間らしく穏やかな雰囲気が漂い。本当にそれらしく思えるほどだった。
「あなたを30代の頃に思いを寄せたMさんに合わせるためにこれを行っていました。Mさんは身体に欠陥が多く、薬を多用している毎日を過ごしています。ということであなたと結婚するようなことになっても不安が多い結婚となってしまいます。そういうこともありあなたにはもっと勝手気ままに振る舞って欲しかったのです。そうすればMさんに合うことができたのに残念です。勝手気ままというのは、喫煙とオナニーをして欲しかったのです。お酒を飲んで、煙草を吸って、オナニーをして欲しかったんです。そこまであなたが奔放に振る舞い、自分を落としてくれればMさんと釣り合いが取れたということです」ざっとこんな内容の送信が中年女性の声によって為された。

呆れ返るというよりももしこの3年3カ月以上の不条理な苦しみがこんな馬鹿げた理由の上に為されていたのであれば怒りを通り越し、抱腹絶倒となってしまう。
しかし罪は罪である。それはそれとして立証しないわけにはいかない。

それ以外にもう終るコールの音声送信が相次いだ。
さらに目立ったのは防御装置の効き目である。どうやら何らかの効き目があるのではないかと思うようになってきた。私以外に五感送信の被害者の方々にも使用してもらうつもりだ。

今日は20時過ぎより友人の誘いで目白で社交の日となった。いつもならきっぱりと被害から遠のくことができるのだが、今日は1軒目の店で強い不快な音声送信が強迫の送信を必死に続けていた。
2軒目からはすべて遠のき、被害を自覚せずに過ごすことができた。
深夜に帰宅、愛犬の散歩。この間が遠くに音声送信が確認できただけ。
帰宅してから被害者の方々のブログサーフィン、この間も被害は発生せず。1時半頃に就寝。

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。


1_7

2_5

« 加害者退散?? | トップページ | 被害と防御 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 損害の報復としての広報:

« 加害者退散?? | トップページ | 被害と防御 »