« 今日1日で6枚のディスクが | トップページ | 加害者退散?? »

2010年1月20日 (水)

前向きな姿勢で

テクノロジー犯罪に遭遇して705
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という48才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

1月19日(火)
嫌がらせの度合い:●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズ○ 肌の撫で回し◎(胸、腹部、右膝、脇の下、背中、肩、ペニス)気配○  電磁波◎(頭部に強い照射感や痛み、背骨に強い圧迫感、乳首を瞬時に硬くされる、胸を揉まれる、鼓動を早くさせられる、右足首に電気刺激、泣きたくなる意識操作、頭部の一定部分に強い圧迫感)入浴時×

6時40分覚醒の強要。今日ほどそれを人為的に行っているということが了解できた日は無かった。一瞬にして動悸が上がり、同時に血圧が上がる。血管が弱っている老人とかに行ったら確実に血管が破裂するに違いない。感触としては自分が電化製品であって、スイッチを入れられたような感触だ。音声送信も同調していて、声優の故広川太一郎さんに似た声を思い切り潰した浪曲師のような声が「あれっ、起きたかな、あっ、起きた起きた」などと喋っている。人間を完全に愚弄している。人間を根底から人間扱いしていない。この技術を使えることに慢性症状を起こし、まさに足の指でTVの操作を行っているような態度を濃厚に感じることができた。「人間はここまで落ちれるんだな」改めて感心させられた。これも一つの勉強だろう。

次に30代の頃に少し縁のあった女性が「死んじゃった」との音声送信が合唱で起こる。送信している内容ではなく、それによって私がどういう反応を示すかの方が探られているという雰囲気が濃厚で、逆にそれに気づいている自分の内面に加害者側がどういう反応を示すかに私の方が気になるぐらいだった。もし私と脳で繋がっている存在がいるとすればその者は私よりも確実に若いか、そうでなくとも余程純粋か純朴な者であろう。
次にはストーカーらしいセリフが飛んで来る。「内山君は私たちの物」というセリフの反復送信である。その頃になると心臓に圧迫感が生じ、さきほどのつぶれ声のキャラクターが「不整脈の脳波を送り込んであげる」と送信してきた。
それでも今日は再就寝ができた。9時に起床。慢性の寝不足のため起床が遅くなっている。起床と同時に弱い撫で回しが発生。最近の傾向である。

急いで次々と雑事を片付け、朝刊を読みながら朝食を摂る。いつも通りの干渉の音声がことごとくこちらの行動に入り込んでくる。さらに頭部左側にノイズを伴う子供の声も発生し出す。
並みレベルの撫で回し被害の中被害ブログを記し始める。すると10時36分頃に無言電話が一回。最近は減っているが、以前は頻繁にあった。この無言電話、明らかに被害と関連して為されていると思えるときもある。

しばらくしてまた電話が入る。これは喜ばしい電話で以前から広報を依頼していた自殺対策支援NPO団体のスタッフの方からだった。代表の方が大変に多忙で年度末まで調整がきかないのでそれまで待って欲しいとのこと。わざわざそのために電話を寄越して頂いたのである。しかし我々「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の活動内容についても興味があったようなので、概要についてはお話させて頂いた。
以前から思っていたことだし、昨年のフォーラムでもスピーチさせて頂いたが、この遠隔技術悪用の事態に対し、テクノロジー的側面からさまざまな専門家と繋がることは一番大切だが、それと同時に人間的、社会的側面からも支持者を集めることにも活動を開始して良い時期だと私は踏んでいるので、その通り実行に移している。この方面の方が私向きというのもある。積極的にポイントを踏まえ、これからも無理のないペース開拓していこうと思っている。

何とか不快の中ブログを記し進める、昼を過ぎた頃今度は関西の女性の被害者の方から電話を頂く。被害が年明け頃から過激化し、とても耐えられない状況にあるという。その苦情を語ってくれた。やはり多くの被害者がそうでるように急所である陰部に被害が集中するという。それと心臓の血管に障害があるらしく、そこにも狙いを定められるという、まさに生きた心地しないと語っていた。
しかしこの方も本来の内面は穏やかで明るい方なので、しばらくお話しすると気が晴れるのか、段々と口調も穏やかになり、電話を切る頃には本来の口調になっていたようである。

結局昼までに記し上げることができず、昼食の準備をする、12時半頃よりTVを観賞しながら食事を開始。今日はこの間は被害は小康状態になる。
食後一休みした後一気にブログを仕上げ更新。この間に背中の右側の深い部分に強い鋭い痛みがしばらく継続した。
家のことにしばらく従事した後15時頃より被害報告集の校正作業を開始する。途端にそれと分る撫で回し被害のエスカレート。右胸、右膝、脇の下、背中、尻に気色の悪い感触の強要である。音声送信は幼なじみ夫妻、我家の下宿人、向かいの家族などいつものように次々を変わっていく。
18時半より愛犬にえさを与え、夕飯の準備。チキンドライカレーを作ったがご飯の量が多かったため、そこに目を付け音声送信は調理中にいろいろと難癖をつけてきた。「そんなによく食べれるね」「身体に良くないよ」「あれっ、内山君体重減らすんじゃなかったっけ」「私の食べる量の3倍はあるわね」「そんなに食べちゃって大丈夫」「信じられない」云々。

さらに食べ始めると今度は向かいの家の側から家族が喋っているという設定で音声送信が始まる。その家の年頃の娘が私と頭で繋がっていて、私の夕飯をいつも羨ましく監視しているのだという。どういうわけか夕飯を食べない習慣になっていて、そんなわけだから余計に羨ましく嫌がらせをしてしまうのだという。
しかし事態が唯事でなくなっているので、父親が盛んに繋がるのを止めろと制しているという凝った内容のものだった。それを食事中延々と続けられた。

食後はすぐに校正作業を再開。まず右足首にピンポイントで電気刺激が継続、かなり不快。掠れ声の男の音声送信が発生。次に例によって声優の故広川太一郎さんに似た声のキャラクターが登場し、今日は深夜まで嫌われ口を延々を私に浴びせかけ続けた。まるでウンカのようだった。肌の撫で回し被害もかなりのレベル。ビデオカメラによる記録も長く続けた。また防御装置も今日はほぼ終日装着し続けた。おそらくそれなりの効果は発揮されていると思う。もう少し試行してから、実行委員会でも議題に取り上げて頂き、テク犯ネット等で公表しようと考えている、その旨は制作者の方からもすでに依頼されている。この装置については音声送信のどのキャラクターも非常に嫌がっている。まあこのあたりの真偽は曖昧にしとくべきだが…。

深夜栃木県佐野市の被害者耳印さんから携帯が入る。いろいろと近況について話合ったが、昨日私のブログで公開した、音声送信記録の映像と音声についてはあまり信じすぎないようにとの指示を頂いた。今現在では事態が事態なので、何が起きてもおかしくない状態であって、とりあえずは興味深い内容のものについては積極的に公開するのも仕方がないとも思うので公開させて頂いたと返答しておく。
それよりもいくつか面白いことを見つけた。トリフィールドメーターがたまたま目の前にあったのだが、耳印さんが話す言葉のアクセント通りに針が揺れるのである。これは非常に面白いと思った。何故なら加害者の音声送信のキャラクターで特に強く感じるノイズを伴う子供の声が何かを喋ると同様にメーターの針がアクセント通りに揺れるからである。
明らかに電磁波の存在を確認できると同時に目に見えないはずの技術が目に見えてしまっているのを確認できている。
さらに数日前の耳印さんのブログ「見えない敵との闘い」1月14日の記録に

珍しい現象がありました。
先ほど、自宅に戻り部屋の電気を点けようとした時にスイッチのヒモの場所を手で探っていたら、蛍光灯に触ってしまった。その時に丸い蛍光灯の4分の1ほどの範囲が薄暗く光ってしまった。変だと思い、蛍光灯から手を離してから、また、指先で触るとその部分だけが薄く暗く光る。コートの静電気かと思い、コートを脱いだが何度やっても、指で触れた部分が薄暗く光る。時間にして30秒程度の間、10回くらいは光った。体に溜まった静電気の放電であれば瞬時で終わるはずである。体にいつもと違う感覚はなかった。

という内容があったがその件についても話をした。私も早速隣の部屋の40ワットの蛍光灯に触れてみたら一瞬発光した。しかし一瞬だとこの時期静電気の確率も高い。しかし上記のような形での現象も被害のひどい手足の末端がしびれるような感触が強く感じられる日は十分起こり得る現象だと思う。
目に見える形で被害の実証ができさえすれば事態は大きく前進する。こんな一見ささいなことでも記録し保存し、積み重ねていけば有力な実証材料に成り得ると思う。
いい加減われわれテクノロジー犯罪の被害者を統合失調症などでくくるのはもう古いという認識を社会に持ってもらいたいものだ。

24時まで校正作業に従事。
以降愛犬の散歩。今日は被害がこの時間かなり質が悪かった。まず身体被害としては左肘にべったりとした付着物が蠢くような感触が延々と続き、さらに頭頂部やや右側にやや広い範囲にピンポイントで強い圧迫感を強要され続けた。「このあたりからないろんな情報を含んだ電磁波を送りこんでいるんだよ、長い間やってるとこのあたりに腫瘍ができるから診察してもらえ、お前ももうできている頃だ」
さらに気の強そうな男の声で「お前の家族にひどいことをやり続けているのは幼なじみのKだ。お前のおふくろの脳卒中も奴が命じた。お前の死んだ兄貴の身体が醜くむくんだのも、おれたちの操作によるもんだ。ただ心臓を止める指示までは出していない(長男正樹、1999年6月11日深夜急性心不全で死去。享年43歳。急死する一月頃前から、顔全体と右腕がぶくぶくにむくみ、診療を受けたものの原因不明との結果が出た)」だいたいこんな内容だった。
当然全て無視するが、極めて不快だったのは了承して頂けるだろう。
このあたり加害者の気質を知って頂くうえで有力な記録となるであろう。完全にこの技術に耽溺している者の成れの果ての姿のようにも思える。中毒を起こす人間には残念ながら強い人間はいないようだ。

1時前に帰宅。思っていた以上に暖かく、汗をかいてしまったのでシャワーを浴びる。珍しいことにほとんど身体被害が発生しなかった。
1時過ぎより自由時間。地酒をちびちび飲みながら被害者の方々のブログサーフィン。それと耳印さんの演奏をネットで観賞。さらにYou Tubeで好きなミュージシャンのライブ演奏を楽しんだ。
被害はやはり並みレベルで発生。それを無視しながらの自由時間だった。
2時頃就寝。

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。


1_7

2_5

« 今日1日で6枚のディスクが | トップページ | 加害者退散?? »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

同じ被害者です。

内山さんが使われ続けている装置ですが、こんな感じのものではないでしょうか?市販品ですが、これを遠隔からやっているのではないかと思います。

↓↓↓

http://xbrand.yahoo.co.jp/category/entertainment/4333/2.html

やれやれ
加害者にも色んなタイプがいて、まるで自分が加害者ではないかのように受け入れさせる質の悪いのもいるようです

今更自分達の正体を隠せて罪から逃れられるわけが無いのに

もし法の無作為によって禁固を逃れても、自分と同じような手段で狙われる恐怖と一生戦っていくことになる

しかし憎たらしい犯罪ですこと

★みなさんも「思考盗聴」犯罪撲滅と社会的認知度を高めるために、質問投票にご協力をお願いいたします!!★ブログなどに貼ってください!!よろしくお願いいたします!!

質問投票:あなたは「思考盗聴・マインドコントロール」などの「電子ハラスメント犯罪」を認知してますか?
http://plaza.rakuten.co.jp/newsomnibus/diary/201001210001/

内山 様

ご無沙汰しております。

以前、
NPOテクノロ犯罪被害者会での沢山の不審な経験、疑問はいまだに未解決ですが、
その後の様子はどうでしょうか?

http://blogs.yahoo.co.jp/ansund59/folder/1024321.html に色々掲載してますので、
コメント頂ければとお願いいたします。

ホント、加害者もそれぞれですね
毛色の変わった特別なのが何匹かいるみたいですが、『切れてる』って、ソイツも切れてるんでしょうに、自分は理性的だとでも思ってるのか

直接的な被害が全く無くなると、心身共に解放されるでしょうが、加害者に繋がるものが無くなる気が、他人ながら思います

クローズアップ現代の意図を見事に逆手にとりましたね
本当はとっくの昔から、遠隔から思考盗聴できるという思考盗聴の真の姿を、番組の権威を利用して世間の目を意図的に欺く内容でした
あの真実を明らかに歪めた放送内容もいずれ叩かれるでしょう

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前向きな姿勢で:

« 今日1日で6枚のディスクが | トップページ | 加害者退散?? »