« 今日も無軌道な被害の連続 | トップページ | ほとんど眠れなかった週末 »

2010年1月17日 (日)

就寝時に被害が集中

テクノロジー犯罪に遭遇して702
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という48才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

1月16日(土)
嫌がらせの度合い:●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズ○ 肌の撫で回し◎(胸、腹部、右膝、脇の下、背中、肩、肛門)気配△  電磁波◎(頭部に強い照射感、背骨に強い圧迫感、乳首を瞬時に硬くされる、胸を揉まれる、鼓動を早くさせられる)入浴時○

6時10分に覚醒の強要。音声送信は「内山君に何かを託した連中によってこれをやられている。やっている方は笑いながらやっているよ」との送信。
結局7時になっても再就寝できないため、今日からデジタルレコーダーによる音声記録も行い始める。方法として、入力部分から従来の集音マイクを取り外し、そこにI-Podで利用しているノイズキャンセル機能付きのイヤホンを装着し、それを耳に装着し録音をするという方法を選んだ。こうすることにより、外部から強制反応させられている人工生体電磁波により聴覚野で認識させられる際に内側から興奮させられた鼓膜から何かを拾えないかという試みと思って欲しい。残念ながら、デジタルレコーダーは機械なので人間の身体とは違い、送信してくる人工生体電磁波をアナログ変換することができない。それができるのは人体だけである。だから録音されたものは我々にはノイズとしてしか認識できない。よって解析が必要になるのだ。だからその時が訪れるまで保存しておけばよい。現状、世に一般に売られている装置では素人では解析は不可能である。
現在のところ完璧にこの五感送信の内容を拾っていることを確認できるのはクローン化された自分自身だけであろう。羊のドリーのように自分と全く同じ生体情報を持つ他者が存在すれば確認可能である。ただしセンサーなどを取付ければ現在言語障害者用に世に出ている人工声帯機能を持つ障害再建装置ででも音声送信はスピーカーから再生させ聴くことは可能であろう。その再生装置がまだ高価で一般に普及していないだけに一般人は今しばらくの間は間接的な方法で記録を残す以外にないのである。

人体は確かにこの人工生体電磁波をアナログ変換する能力を持っている。しかしそれならば一度デジタルレコーダーに記録した人工生体電磁波を含んだノイズを再生すれば記録をした時に聴かされていたそのままの音声送信を聴けそうなものだが、それは実際にはできない。デジタルレコーダーを再生してみても聞こえるのは「サー」とか「シャカシャカ」というノイズである。
これは何を意味するのか、結局は脳の各五感野に反応させ、その際に身体の本来の能力により、この人工生体電磁波はアナログに変換されているので、我々の本来の機能に反応し、五感の器官が具体的な刺激(被害)として認識できているのだ。身体の電気活動に便乗しているわけだから電気の速度で体内を循環してるわけなので、基本的にピンポイントで狙いなど定めなくとも操作情報は一瞬にして、引き受けるべきところが引き受け認識し、引き受けるべき器官が興奮するのである。だから特に脳のどこに狙いを定めるなどというハイテクは必要ないのだ。飽くまで電気活動の素早い反応と身体の引き受ける能力に依存している技術なのだ。
だから案外行動先行で実現してしまった技術といえるかもしれない。要するに「やってみたらできちゃった」ということである。人体の引き受ける能力の柔軟度についてまでは実際に行ってみないことには行っている側も認識不可能だからであろう。さまざまな試行を繰り返し人体の柔軟度に対するデータは相当に保存されているのだろう。

さらに最近の記録機器はかなりの性能を保持しているのでデジタルレコーダーなど利用しなくともビデオカメラクラスでも増幅は必要になるだろうが、人工生体電磁波を十分キャッチしているともいえるのだ。どちらにしても外界にある状態では単調なデジタル信号に過ぎない。

被害に話を戻す。
尻にリアルな撫で回しが発生。後ペニスをしごかれる感触と同時に「何でオナニーぐらいしないんだ」との男の声による音声送信が発生。
例によって「喫煙とオナニー」が何だか知らないが「仕事をしている」というふうに認識している宗教めいた教えに支配されている側からの送信のようだ。
9時に起床。それと同時に撫で回しはすでに始まっていて、その状況下で雑事を片付け朝刊を読みながら朝食を摂った。被害ブログ記入時も並レベルで右胸、右胸、背中、右脇の下に撫で回し被害が継続。ここのところブログ記入に時間がかかるため更新が遅めになっている。

昼過ぎにブログ更新後、昼食と買い物で目白と池袋に向かう。途中池袋のビックカメラ本店でソニーのモニタとブルーレイディスクレコーダーの値段を調べに寄った。自宅はまだ地デジ対応を済ませておらず年内に済ます予定なので、その下見である。250枚以上のDVDディスクに記録された被害音声動画記録はまだきちんと再生されていないので、そのチェックの目的も含め早めに揃えようと思っている。
この買い物の間は音声送信被害が主で、私の行動に逐一干渉してくるキャラクターの登場もあった。さらに何かを買うごとに膝に撫で回しを走らせたりされ、少々不快な時間もあった。

帰宅してからは夕方まで庭の植物の世話に費やす。剪定やら鉢替えを行っておく。
この間は被害は遠のいた。
これから夕飯時まで被害は通常の週末のようにかなり穏やかになる。
しかし食後に趣味のブログを記し始めると一気にその間だけ被害がエスカレートし、かなりの不快を強要された。音声送信ではなく撫で回しの被害の方である。
後愛犬の散歩。音声送信、肌の撫で回し共に弱く発生。それほどの不快感は生じなかった。

帰宅後23時過ぎからDVD観賞をする。ビールを飲みながら南京豆とせんべいをつまみに観ていたのだが、前半30分ほどは狙いを済まされたように酷い妨害が発生。肌の撫で回しによる身体被害も同時に発生。しかし音声送信の方がはるかに質が悪かった。まずノイズを伴う子供の声による妨害。次に30代の頃に心を寄せた女性が親子で登場し、映画とは関係のない身の上話を始めたりでやかましくてしようがなかった。
後半に差し掛かるにつれ、被害は遠のき、エンディングは普通に迎えることができたが、最新映画で450円の払って借りただけに腹立ちもひとしおだった。
後入浴。いつもの気味の悪い老人の声で「パチパチ、パチパチ」との反復送信。この「パチパチ」というのは加害者側が怒った際に発するコトバで意味不明だがそれが繰り返されていた。
と同時にいつも通りに右膝と尻にかなり強い撫で回し被害が発生した。

今日の被害のメインは何とそれ以降にやってきた。記録は明日公開するが。音声送信の嵐のような状態となり、さらにベッドの中でも平然と撫で回し被害が発生し、早朝まで寝付くことができなかったのである。それで本日の音声送信被害が●になったということ。
今日の被害記録はここまでにする。

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。


1_7

2_5

« 今日も無軌道な被害の連続 | トップページ | ほとんど眠れなかった週末 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

★重大ニュース!!★News-Omnibus.Com★電子ハラスメント犯罪崩壊のシナリオが確立されました!!
http://plaza.rakuten.co.jp/newsomnibus/diary/201001170004/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 就寝時に被害が集中:

« 今日も無軌道な被害の連続 | トップページ | ほとんど眠れなかった週末 »