« 右腕が痛い | トップページ | とにかく各人で主張を »

2010年2月25日 (木)

音声送信がやかましい一日

テクノロジー犯罪に遭遇して741
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という48才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

2月24日(水)
嫌がらせの度合い:●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズ◎ 肌の撫で回し○(胸、腹部、右膝、脇の下、背中、肩、尻)気配○  電磁波◎(頭部にかなり強い照射感や痛み圧迫感、背骨に強い圧迫感、乳首を瞬時に硬くされる、胸を揉まれる、肝臓に圧迫感や潰されるような気配)

8時に恐らく自然覚醒。しかしいちいち何でこんなことを気にしなければいけないのだろうか。音声送信はすでに発生していた。
起床し、小用を足すとわずかに右胸に撫で回しが走り、次に仏間で線香を立てるとそこで必ず上半身の広い範囲に悪寒が発生する。私の家族や先祖が憎いのだろうか。今まで記さなかったが、この2件は毎日のことである。それにしても仏の前で平然と被害を発生させるとは良い度胸だと思うし、できればこれからも毎日続けてくれると有り難い。継続を間違えた方向へ進行させるとどうなるかをこの目で確かめてみたいのである。

そしてコーヒーを入れ、朝刊を読む。やはりここで胸を中心に撫で回しがはっきりと自覚できるようになる。そしてそのままこの被害ブログの記録となる。まずはノイズを伴う子供の声と声優の故広川太一郎さんに似た声のキャラクターによる強迫や雑言の垂れ流しから音声送信被害らしい被害が始まる。今日は左脇の下にも撫で回し被害が発生。とにかく胸と脇の下に被害が集中している。
音声送信は追いつめられると開き直ったように「いいか、俺たちはなお前を守ってやってんだぞ」などという正当的なことをほざく。でなければ「私たちがいなくなったら、その途端に不幸が訪れる」「私たちがいなくなったら一切の自由がなくなるよ」などのセリフが開き直りのセリフとしては代表的であろうか。

今日は記録中にも家のことでいろいろとあり、更新が結局かなり遅い時間になってしまった。昼に昼食を自炊。音声送信が相変わらず私の行動に干渉してくる。とろろそばを作ったが、茹でるそばの量が多いだの、とろろに卵はいれるなだの、ネギを沢山いれると口が匂うだの、とにかく喧しい。まだキャラクターがコミカルなキャラクターだから深刻にはならないが、本当に奇妙なことになっている。
食べている最中には胸に悪寒が少々発生した程度。

今日はグラフィックデザインや被害報告集のことから離れ、家のことにひたすら従事することにした。塗装を依頼したせいで、その塗装を行った場所の整理を本格的に行ったせいで、長年整理されていなかった棚などから古い物品が次々と出現し、それらの整理に時間を費やした。また長い間清掃が為されていなかった部分があったり蛍光灯や電球が切れっぱなしだった所があったり、故障している所があったり、そういう細々とした所の整備や補修もついでに行っていく。座業仕事でないので撫で回しをそれほど感じなかったのかといえばそうでもなく、一度何か作業に集中しようと身体の動きを止めると即座に撫で回しが自覚できるようにされてしまう。今日は結構なレベルででの身体被害が発生していた。が、それ以上に音声送信がひたすら喧しかった。
とにかく病的に喋りたがる老人とかを思い浮かべてもらえばよいだろうか、無視されることを必要以上に恐がり、少しでも意識的に無視しようとすると「頼むから無視しないでくれ、何で敵意を向けるんだ」などと送信してくる。
あとは「サー」というノイズが延々と頭部左側に聞こえ続けている。時々その向こうから子供の声が聞こえ、胸を揉まれるような感触が発生したかと思うと「オッパイモミモモミ」などと反復送信をしていたりする。それを制する音声が送信されても一向に構わず「オッパイモミモモミ」などと気が済むまで50前の中年男の胸を揉むような操作を繰り返している。異常とか非常識などという段階では最早なく、棺桶に片足を収めているボケ老人が何でもいいから良い気分になりたくて、こんな行為に及んでいるとも思えてしまう。

とにかくそんなことに構ってはいられず次々と事を進めていく。15時頃に一休みをし、コーヒータイムに青森の地方紙の支社長さんに電話を入れ、今春発行のテクノロジー犯罪被害者による被害報告集の発行のお知らせと広告の依頼を行っておいた。青森県は今回3紙を予定していて、今日電話をした方は3社の中で最も冷静にこの事態を捉えてくれている方で、私の「早すぎる?おはなし」も2回も読み返してくれた方である。ここ1年の事態の進展について語り、いろいろと意見を求めてみたが、やはり新聞などのメディアではまだ、記者が出向き取材を行うという段階には速すぎるという意見を頂いた。それと地方紙などではなく、いっそのこと大手に売り込んでみたらどうかとのことも語ってくれた。
その後に今度は関西の女性の被害者の方から電話が入る。被害報告集の価格の件と関西でのさまざま実情について話をする。この間も胸をベタベタと撫で回しが続いていて、「サー」というノイズも聞こえ続けていた。

早速、家のことに戻り、整理や処分の作業、整備の作業を夕飯の準備の時間まで続けた。やはり音声送信がうるさい、何やら延々と喋り続けている。たまにこういうことがある。あっちからこっちから老若男女の声が次々と聞こえてくる。やはり加害者が誰か、何故私が被害者なのか、そして意味のない反復送信や謝罪の送信、さらにはもう終わるコール、そしてたまに現れる柄の悪いキャラクターによる強迫や雑言。そんなのが入り交じっていた。

延々と身体を動かし続けていたせいで、夕飯を準備するころには、結構疲労も感じ始めていた。そんな状態で今日は19時過ぎまで従事し続けた。
19時過ぎから夕飯を準備、今日はオリンピックを観賞したかったので、早めに切り上げ、19時半より夕飯とした。肌の撫で回しなどの身体被害はかなり収まってきていたが、音声送信は相変わらずうるさい。女子フィギュアスケートはずっと以前から好きで必ず観るのだが、今日もオリンピックということで真剣に観賞していたのだが、観賞している私の感情の動きや、思考にまで絡んできては、いろいろと勝手な内容の送信を飛ばされた。
しかし観賞したいという私の欲求の方が勝ったため、腹が立つようなことはなかったが、しかしそれにしても本当に今日は音声送信の日と言っても良い日だった。

22時に愛犬の散歩。今日は気味が悪いほど暖かい一日でかなり薄着で散歩に出ても寒いとは感じなかった。不思議にこの時間になると音声送信も急激に静かになり、ほとんど何も聞こえなくなった。たまに脳内音声状態で音声というよりも意識で内容を伝えるような送信も飛んではきたが、それも断片的で、気にはならない。
23時前に帰宅。その頃になると再び音声として認識できるようになったが、それほどのやかましさは感じなくなっていた。
あとは就寝までネット観賞をして過ごす。この間、やはり胸を中心に弱い悪寒が継続。どうしても脇の下を締め、上半身に力が入ってしまう。これも立派な身体被害である。要するに寛げないのだ。
1時になったので戸締まりを済ませ、ベッドに入る。寝付くまで雑誌を流し読みしていると、それをやっかむとも茶化すともいえる内容の音声送信が発生したと同時に弱い撫で回しが胸に走り出す。仕方がないので寝ることにし、横になるとすぐに寝付いたようである。

テクノロジー犯罪被害者である私内山がトリフィールドメーターに加害行為を運んでいると思われる加害波をキャッチしました。
その証拠画像がYou Tubeに公開されています。興味のある方は以下のアドレスをご覧になって下さい。
1)自室での記録。http://www.youtube.com/watch?v=fL15plJ_bWA
2)屋外2カ所での記録。http://www.youtube.com/watch?v=S6jjI6kMQKk
3)自室で被害がエスカレートした際に記録。http://www.youtube.com/watch?v=7834nsI_BYw&feature=related
4)自宅より25分ほど西側のある園芸店の敷地内での加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/W8iyidOQ6I0
5)飯田橋の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」事務所付近での2台のトリフィールドメーターによる加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/Q_s9locTze4
6)脳波センサー付きヘッドフォンによる私自身の脳波やコンディションをパソコンのモニタにビジュアルした模様をビデオカメラで記録したものをYou Tubeにアップロードしておいた。興味のある方はご覧頂ければと思う。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/n3UEwPjzNlY)

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。


1_7

2_5

« 右腕が痛い | トップページ | とにかく各人で主張を »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

私も音声送信の被害者ですが、私の場合も加害者が「私達が守ってあげているんです」と言うのを良く聞かされました。けれども守られているとは思えません。

先日生き別れの父が統合失調症で強制入院させられていたことを知りました。
某宗教団体は仏的子孫7代まで呪い続けると言っているようです。
テク犯や集スト嫌がらせ一連の現象が日本をとるための工作活動のようにも思えます。

こんにちは応援広報者です。


メールは無事に届いたでしょうか。

もし届いていないのであれば加害者がブロックした可能性があるのです。

届いてない場合があると思うのでコメントします。

集団ストーカーテクノロジー犯罪被害ネットワークの広報用紙の現文を一枚送付していただきたいと思っています。

よろしくお願いします。

かささぎ様
本当に、思考盗聴したり記憶送信するキチガイは体に酷い障害が残るよう半殺しにすべきですね
自分が加害者なのに被害者と思って止まらないバカ、いますよね
そんな汚物を閉め出さないのが創価学会
まあ、思考盗聴が激しいのがマッチポンプでうまくやってるんでしょう
創価学会全体の組織的犯罪というより、一部の元々キチガイの人間が半ば強引に始めたことでしょうね
詳しい経緯にも触れさせず、嫌がらせする
そういう意味では創価学会も一枚岩ではないという意味です

ウソで世渡りするマッチポンプのクソバケモノめ
テメーを吊し上げること以外に正義は無いわ

兵庫県尼崎市大西町3-17-32-504に住む樋口えりかは
思考盗聴を希望しているみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音声送信がやかましい一日:

« 右腕が痛い | トップページ | とにかく各人で主張を »