« 右胸に被害が集中 | トップページ | 飯田橋で営業活動 »

2010年2月 3日 (水)

男の股に何か用?

テクノロジー犯罪に遭遇して719
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という48才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

2月2日(火)
嫌がらせの度合い:●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズ○ 肌の撫で回し●(胸、腹部、右膝、脇の下、背中、肩、股、尻)気配○  電磁波◎(頭部に強い照射感や痛み圧迫感、背骨に強い圧迫感、乳首を瞬時に硬くされる、胸を揉まれる、動悸を激しくさせられる)

6時50分に覚醒の強要。尿意を催したので小用を足していると早速撫で回しが発生。「君は普段から美人が住んでいる部屋の下にいるから被害がひどいんだ」などとの送信あり。「こっちもそこそこの美男子だから関係ねえだろ!」と送信仕返すと悔しがっている。
今日はすぐに再就寝することができた。
9時前に朝の被害の記録を音声動画で残してから起床。
雑事を次々と片付け、朝刊を読みながらの朝食の最中に背中から抱きつかれる感触の強要。いつも通りの気配の被害である。肩越しに女性の視線を感じる。これは毎度のことながら見事な技術である。透明人間に抱きつかれているようだ。
食後すぐに被害ブログを記し始める。音声送信も肌の撫で回しも並みレベル。いつも通り右胸、右膝、右脇の下、尻、背中である。
音声送信は今日も精彩に欠いていて、もうやりたくない、もう止めたい、もう止めるかもしれない。などの内容のものや、やりたがりの悪党キャラクターを制する女性の声が目立つ。
しかしそれも午前中だけだった。

ブログを午前中に記し上げ、すぐに被害報告集の校正ゲラを22名の方へ投函。右肘に貼る湿布が切れたのでそれもついでにドラッグストアで購入。帰宅し昼食を自炊。12時半より食べ始める。今日は音声送信被害のみで、撫で回しは発生しなかった。
午後は私事や家のことで動き回り、被害報告集の作業に取り組めたのは17時近くからとなる。この間に発生した目立った被害としては尻の撫で回し。今日は延々とこれが継続した。起立し屋内を動き回るときには特に強く感じられる。

17時頃より、今度は被害報告集の付録部分に掲載が決定している、「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の被害者アンケートの集計データの整理作業に取り組む。
当然妨害が発生。今日はとにかく尻と下半身に被害が集中している。さらに上半身では人の気配を利用し、背中から50近い筋肉質で髭を生やし、白髪まじりの短髪頭のどう見ても男としか見えない私自身に男が女性を愛撫するように抱きついてくるのである。まさにポルノマニアの男が私を女性だと勘違いして夢中になって背中から胸を中心に愛撫をしているような感じだ。その夢中の心境を感じさせられる。これはもちろん非常識とかいう段階ではなく、気味が悪いとしか表現のしようがない。

18時半より夕飯の準備。そのポルノマニア的な被害は継続していて、台所で立ちながら調理をしている。私の股ぐらを必死になって指や舌で愛撫をしている感触と気配を濃厚に漂わされる。ペニスをしごいたり、舐め回されるのではなく、明らかにヴァギナがあるかのようにその部分に刺激が集中している。
音声送信は老人声の謝罪の音声が送信されてきていた。「内山君本当に済まん、恐らく君が若い女性というふうにウソをついた馬鹿がいたのだろう。そうするとこういう行為にすぐ及ぶ奴がいる」などと言っている。

それにしても今回の被害報告集では女性の被害者の方も半数いらっしゃったが、大半の身体被害の中に下半身への攻撃被害を訴える人が多いということを私は知っている。それどころかそれが目的で加害行為に及んでいるのではとしか思えない報告もある。倫理観道徳観がしっかりしている女性に、寝床とかでやくざの情婦のような女の音声を強要し、執拗に陰部を中心に刺激を与え続けるという、陰湿劣悪な被害報告は読んでいるだけでも不快極まりない。
中には60代の女性の下半身に刺激を与え続ける被害報告すらある。自分自身が見えない場所にいるということだけで、人間というのはここまで本能むき出しの状態にまで落ちることができるのだ。
そういう醜悪さを我々テクノロジー犯罪の被害者は日常茶飯事的に思い知らされ続けているのだ。
今日がまさにそういう感じだった。

19時よりニュースを観賞しながら夕飯を摂る。鰆の塩焼きとおでん風煮物(揚げボール、さつま揚げ、大根、人参、昆布)とぬか漬(大根、きゅうり、人参)とみそ汁(若布、長ネギ)である。今日もこの時間の被害はただならぬものがあった。このメニューの中に何か原因があるのだろうか?。音声送信は「何で夕飯を食べるんだよ」と強迫めいた男の声で問いかけてくる。「夕飯を食べるなと言っているだろ、夕飯を食べるから夜の被害がすごいことになるんだよ」などと統合失調症まがいの得体の知れない自閉症患者のようなことを訴え続けている。どう考えても正常じゃない。それどころか、男の尻を撫で回したり、男の股をわざわざ気配まで漂わし刺激するような異常者である。
この後に及んで、正常な者に何の用事だろうか?

やはり今日もその後に不快極まりない時間が待っていた。食後、早速被害報告集のアンケート割り付け作業に取り組む。すると今日の音声送信は普段とは違い、町の不良やチンピラとかを私の周囲に集めて、言いたい放題の雰囲気で為された。これはたまらないと思い、私もすぐにビデオカメラをオンにし、トリフィールドメーターの針が振れているシーンを1分ほど最初に設定し、ズームアウトした後に私自身も収まる構図にし、被害実況をアナウンス。加害者側を非難し続けた。かなりの大声を出し、実際そこにそういうチンピラ風情がいるかのように辛辣な言葉を投げつけ続けた。
現在だからこそ、この場面は異状なものにとらわれると思うが、将来この事態に対し認知が進み、間接的でも国家が対応を示し始めてくれたら、恐らくそこで事態に対応する担当の者は我々被害者と同様の被害体験をしてから、その仕事に従事しているだろうから、私のこのハイビジョンの記録も、事実として受け入れてくれるに違いないと私は確信している。この五感送信の被害こそは、体験しないことには絶対に対峙不可能である。
借りにこの私の音声動画記録が2015年頃に証拠として、国家の担当官によって観賞されたとすれば「ああこんな時期からこんな目に遭っている人がいたのか」「こりゃ辛いだろうな」「分かる分かる」「音声送信にもいろいろいるからな」「撫で回される感触ってあれだろ」「頭部を圧迫される感触なら私も経験済みだ」大体こんな具合だろう。

さらにこの音声動画記録の場合、被害者もある程度は加害者側の立場に立つこともできる。被害者の強い怒りと恨みの感情から飛び出す非難の言葉は加害者にかなりのダメージを与えているようにも受け取られるからだ。しかし体感的にも加害者側に意識を向け、彼ないし彼女の体を触っていることを想像したりすると、その内容が加害者の体に反映されるかのように悲鳴をあげたり、拒絶の声が聞こえたりはする。しかし、これも芝居かもしれない。
でも頭と頭、意識と意識を結ぶようなことを試しているのだとすれば、案外このあたり事実なのかもしれない。
本当に私と同じ生体情報を持ちながら各個の自我を持っているクローンが傍にいて、毎度のように送信内容の確認ができればどんなに良いだろうなどと思ってしまう。

身体被害も最近の傾向がそうであるように、かなり無軌道で理由も理性もあったものではない。まさに高度成長時代にイタイイタイ病や水俣病の病原が垂れ流されていたかのように、「法整備が為されていないんだから」「やれる間に」という感じである。
そういうことから今日も23時過ぎの終業時間までビデオカメラがオンのままだったし、片手での作業を強要され続けた。
23時半からの愛犬の散歩も絶えず危なっかしい雰囲気が継続していた。月がきれいに見える夜で、北国の犬である愛犬がこの寒さの中気持良さそうにはしゃいでいる所など、被害に遭遇する以前は心からそれを可愛いなどと無心で眺めることができた。被害に遭遇してからはこの「無心」という状態を完全に強奪され続けているようなものだ。特に感傷的、審美的な部分などは土地に例えれば、完全に荒廃し、雑草すら生えることのできないほどまでに侵害されている。
事態が終結した際に、世の認識が進んでいたとして、このあたりの被害について世論はどのような反応を示すだろう。内面の幸せの一方的な強奪と侵害。それも長期間に亘って極めて敏感に執拗にである。
さらに厚手の化学繊維のジャンパーを着ているということで身体被害も強要しやすいということで何かと言うと胸揉みの被害が発生。物理的な方面からも被害を強要された。

24時45分に帰宅。今日は入浴はせず。1時より自由時間とした。やはり尻に対する撫で回しがかなり激しく発生。「これが最後、これが最後」とデマ送信と連動し、本当に無事に座っていられないほどに撫で回しがエスカレートした。
音声送信も例によってこの時間になると登場する不快で即座に人工音声と分るような男の声が登場し、不快を垂れ流していく。
しかし何よりも自分の幸せである。今日も地酒を飲みながら被害者の方々のブログサーフィンとYouTubeでのライブ観賞で過ごす。2時半に就寝。

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。


1_7

2_5

« 右胸に被害が集中 | トップページ | 飯田橋で営業活動 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の股に何か用?:

« 右胸に被害が集中 | トップページ | 飯田橋で営業活動 »