« 身体被害の意外な展開 | トップページ | 早朝に過激な被害 »

2010年2月 7日 (日)

結局普段とおりの被害

テクノロジー犯罪に遭遇して723
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という48才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

2月6日(土)
嫌がらせの度合い:●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズ△ 肌の撫で回し◎(胸、腹部、右膝、脇の下、背中、肩、股、尻、ペニス)気配○  電磁波○(頭部に強い照射感や痛み圧迫感、背骨に強い圧迫感、乳首を瞬時に硬くされる、胸を揉まれる、動悸を激しくさせられる)

6時50分覚醒の強要。途端に音声送信が始まる。が、今日は出だしから「被害はもう終る」の送信。次に私の部屋の上に住んでいる下宿人の人が加害者というはなしで、「このままでは絶対に済まない」「近いうちに誰かをここの家に寄越し、全てをお話します。だからこれ以上この事態に対していろいろとやらないで下さい」という内容。
そのまま何とか再就寝。9時半に起床、すぐにゴミ出し。そして雑事を急いで片付け朝刊を読みながら朝食を摂る。
音声送信はここのところがそうであるように悪キャラクターを制する善キャラクターの音声送信が活発に流れた後に悪キャラクターが退散し、静かになるという展開。
肌の撫で回しによる身体被害は今日も発生していたもののかなり弱い。
そんな状態で被害ブログに取り組む。今日もこの時間は音声送信、肌の撫で回しともに被害レベルはかなり弱く。両手でキーボード操作が普通に近い状態で行えた。普段いかにひどい状態であるのかを思い知らされる。

正午過ぎに記し終え、今日は週末なので、外食とそれを兼ね練馬の方に気に入っている園芸ショップがあるのでそこに寄ることにした。先月の23日と全く同じ展開だったので、腹を冷やさないように腹巻きをし、防寒をしっかりしてから自転車で練馬駅までゆっくりと向かった。冬の澄んだ空と暖かな日差しの下、週末らしい雰囲気が町には漂っていて、走行しているだけでも気が休まる。
やはりふざけたキャラクターが登場し出し、今日はからかい半分に「あんまりこの間のことを考えると本当にそうなっちゃいますよ」「そろそろお腹が冷える頃じゃないですか」「今日も大変なことになる」云々大体そんな内容の音声送信が頻繁に登場した。やはりダメージに対してはそれを本当によく材料にする。

練馬駅のそばに美味しい洋食を並みの値段で食べさせてくれるお店があり、そこで昼食を摂った。定食を待っている時間にわずかに撫で回しが発生した以外は穏やかなキャラクターによる音声送信被害のみだった。
後に豊玉中にある園芸ショップに向かう。そこの園芸ショップはかなり広い敷地を所有しているオーナーが経営している店で、規模が相当のもので、切り花、鉢植え、観葉、種、ガーデングッズ、肥料、球根、鉢、ファニチャー類等々がゆったりと配置され、余裕ある気持で買い物ができるようになっている。
普段から純デジタル、テクノロジー犯罪、インドアという世界に生きているとどうしてもこういう伸び伸びとして平静なアナログ環境を身体が望んでしまうようだ。だから店内を散策しているだけでも心が癒され、出発点に戻ることができる。

今日はこの店の1エリアである。花木売り場でトリフィールドメーターを使用し、例の加害波の測定を行った。
花木売り場といっても、広い敷地に商売品としての木が淡々を植えられているだけで普段は人もおらず、まるで小さな森のような状況である。
当然周囲にはトリフィールドメーターの針を動かす要因となるものは全くない。そこでレバーをいつも通り、マグネティックの高感度に設定すると、自室などに比べると振れは弱いが確実にそれは発生していた。やはり周囲に金属や電気製品がまったく無いだけに反応も弱いのだろう。これもビデオカメラで記録してあるのでいずれYou Tubeで公開する。自宅から東西南北の公園を利用し、どこにでもこの加害波が到達しているという証拠を動画での可視状態にして公開することは、絶対に意義のあることだろう。
さらに私自身がどこまで離れればこの振れが消えるかや、2台のトリフィールドメーターが同様の反応を示すかどうかなど。様々な工夫を凝らした証拠画像もあって良いだろう。口頭や文章だけでなく、音声動画による証拠を無料で世に公開できる世の中なのだ。利用しない手はない。

それと私に関してだがトリフィールドメーターにおいてマイクロ波については反応がゼロで、飽くまでマグネティックとエレクトリックのみで針の振れが生じる。特にマグネティックの高感度において、音声送信のキャラクターがしゃべっている通りに針が動くのである。ステレオのプリメインアンプのアナログメーターやデジメタルメーターを思い浮かべて頂ければよい。あれとまったく一緒である。
よって極めて特殊な周波数体の電磁波、ないしは電磁波を孕んだ、複合波あたりが有力であろうか。人によってはガンマ線と電磁波の複合波という人もいなくはない。いずれにせよ今までに無いタイプのものであることは間違いないだろう。因みに私は、信頼性の高い電波暗室に1時間入室した経験がある。そこで日常周波数体の電磁波ではないことは体験で知っている。

園芸店で少々の買い物を済ませ、あとは帰路に江古田に寄り、食材や菓子などを買い帰宅。するとやはり並のレベルで肌の撫で回しが発生し出す。今の買い物の出納を記録していると、胸全体や脇の下に撫で回しが発生して不快を強要された。
それから家の植物の世話を始める。それにだいたい1時間半。それから飼い鳥のインコを羽を切ってもらいにバードショップに出向く。その際に利用する移動用の小さな籠が壊れていたので、新しいのを購入。粘れば修理して古いのも使えなくはなかったのだが、結構頻繁にこれからも利用することを考えると破損の無いものの方が安心だし、もし破損部からインコを逃がしてしまったら、あとはカラスの餌食になる以外にない。
帰宅するとその移動用籠の買い物の際に迷いが生じたという理由で不快な撫で回しを強要された。ここなどはまさにこのテクノロジー犯罪と称されている悪行の真骨頂と呼べるところだろう。まさに無線技術の規制取り締まりに一日でも早く政府の措置を望みたいところだ。

私も私で相手が嫌がって警戒している脳波センサー付きのヘッドフォンをオンにし、パソコンでの利用を試みたが今日もダメで、結局月曜まで利用できないことになる。しかし加害者にとって、このセンサーは心底嫌なものであって、「頼むからそれを使わないでくれ」などと懇願するキャラクターもいた。
さらに真偽は別とし。おかしなノイズが発生しているだの、私内山自身の声が聞こえてしまっているだの、私の生活音が具体的にキャッチできてしまうために、本当のプライバシー侵害をしていることになってしまうだの、いろいろと騒ぎ立てていた。もう少し様子をみていく以外にないようだ。

それ以降、明日の実行委員会で理事長に渡す被害報告集に掲載され「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の被害アンケート集計部分のデータチェックと出力作業を開始する。やはり並のレベルで撫で回しによる妨害が発生。昨日ようには作業ができなかった。やはりなかなか普通に作業はできないようだ。
ただし今日は撫で回しよりも質の悪い音声送信被害の方が目立っただろうか。

22時に終業し、愛犬の散歩を兼ね、目白でDVDを借りる。散歩の最中も身体被害は発生しなかったが泣きたくなる意識操作は軽く発生。さらに音声送信も不快なキャラクターの登場率が高かった。
そして帰宅すると音声送信はうるさいままでそれはそのまま、DVD観賞時まで継続した。
特に不快な音声はやはり不快な老人の声で「リビングでDVDを観賞して楽しんでいるのを見ていると腹が立ってくる、だからその幸せをぶち壊したくなる」というもの。電磁波とはいえ、人の敷地、屋内、意識内に土足で入り込んでくる雑菌ごときに言われているのかと思うと腹が立った。
たしかに今日は観賞中の侵害度はかなり高かった。でもアクション作品だったため、案外集中して観賞できたため、無視することができた。

観賞後入浴。やはり尻に撫で回しが発生。就寝の準備をすると尻に撫で回しが発生。さらに不快なキャラクターの登場で腹が立ったのでビデオカメラに音声動画記録を残しておいた。今日はやや寝入りの妨害がひどく発生した。オナニーを要求する音声送信も多かった。結局ベッドに入り1時間後の2時半頃に寝付いたのだろうか。
7日の早朝にはひどい安眠妨害が待っている。それについては明日の記録に記すことにする。

テクノロジー犯罪被害者である私内山がトリフィールドメーターに加害行為を運んでいると思われる加害波をキャッチしました。
その証拠画像がYou Tubeに公開されています。興味のある方は以下のアドレスをご覧になって下さい。
1)自室での記録。http://www.youtube.com/watch?v=fL15plJ_bWA
2)屋外2カ所での記録。http://www.youtube.com/watch?v=S6jjI6kMQKk
3)自室で被害がエスカレートした際に記録。http://www.youtube.com/watch?v=7834nsI_BYw&feature=related

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。


1_7

2_5

« 身体被害の意外な展開 | トップページ | 早朝に過激な被害 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結局普段とおりの被害:

« 身体被害の意外な展開 | トップページ | 早朝に過激な被害 »