« 定例会にてプレゼンテーション | トップページ | 右腕が痛い »

2010年2月23日 (火)

総務省前で街頭活動

テクノロジー犯罪に遭遇して739
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という48才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

2月22日(月)
嫌がらせの度合い:●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズ○ 肌の撫で回し◎(胸、腹部、右膝、脇の下、背中、肩、尻)気配○  電磁波○(頭部にかなり強い照射感や痛み圧迫感、背骨に強い圧迫感、乳首を瞬時に硬くされる、胸を揉まれる、尿道にかゆみの操作、肝臓に痛みやすり潰されるかのような意識操作と感触)

4時10分に覚醒の強要。音声送信は向かいの家のご主人が創価学会員で彼とその娘が加害者であるとの送信内容。3時間続けて眠れておらず、かなり辛かったが、頭にいろいろな残酷だったり奇妙だったりするアバンギャルドなイメージ鮮烈に思い浮かべると、悲鳴をあげ退散していった。私は視覚表現に生きている人間で10代の頃から写生やデッサンを数千枚は描いてきている。そういうせいもあり、また想像画が得意だったせいもあり、かなり鮮烈に視覚画像を思い浮かべることができ、それについては加害者も以前から認めていて、キャラクターによっては本当に恐がり逃げていく。今日もそんな展開だった。
それからすぐに再就寝できたが、今度は5時30分に再覚醒。何をされたのかといえば、ペニスのあたりの尿道に強いかゆみの操作である。私は普段からそこがかゆくなるようなことはないし、かゆさが半端ではない。だから自然右手でペニスをにぎったりつまんだりするようにして何とか掻くようにしてかゆみを逃れた。音声送信は亡父の知り合いが加害者で次に30代の頃の縁があった女性というように進展し「もうこの付きまといは終わる」「本当に済まん」「さようなら」などのセリフが目立った。
ここではなかなか再々就寝できず、いらいらさせられたが、何とかそれでも寝付いたようである。
月曜なので定時に起床せねばならず、眠気がひどかったが、何とか起床。本当に不快な起床である。ビデオカメラにはしっかりと詳細まで早朝に被害について音声動画で記録を残しておいた。

起床すると途端に慌ただしく、まずリサイクルゴミ出し、それとヘルパーさんの出迎え、塗装業者さんの出迎え、そして2〜3の雑事、それからコーヒーを入れ、朝刊の流し読み、そしてこの被害ブログの記入である。被害は今日はこの間、エスカレートすることはなかった。ブログ記入時も弱いレベルでの撫で回し被害と断片的な音声送信被害で済んだ。
今日は「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の総務省前での街頭活動があり、11時には家を出なければならないので、急いで記さなければならない。ということで何とか記し上げすぐに外出の準備。11時過ぎに自転車で家を出た。

11時50分頃に総務省前に到着。まだ5名だけだったが少し雑談を交わし、正午より活動開始。いつも通りチラシの配布である。寒い時期ということもあり、女性にとっては辛いのか、やはり出席は男性が目立つ、しかし時間が過ぎると同時に人数も増え始めた。が、今日はそれほど人数は揃わず全員で8名の出席だった。
13時より総務省に入り、要望書の提出、入ったのは理事長、副理事長の私、理事1名、実行委員の方2名、会員の方2名である。総務省側の担当官は若い男女は2名。30分の約束が50分かかるほど、話すことが多くなり、かなり密度が濃い時間だった。主に理事長が要望内容についての解説をし、次に理事の方や実行委員の方との質疑応答のような展開となる。それを理事長がまとめ、終わりかけたところで私が、この事態の現状について一言。現在では最早この事態はNPO団体内では留まらず大手民間企業である講談社や数社の地方新聞社を中心としたメディア、ジャーナリスト、研究者、市民活動家、無線技術の専門家等にまで知れ渡っていて、共感を示している方々も増え始めている。ということと、その大手民間企業からは今春、大掛かりな2冊目の書籍が発行されるという旨を簡潔に述べておいた。何だか政府の若い担当官に圧力をかけるようで申し訳ないとも思ったが、そんな悠長な構え方はしていられない。
これからも私は全ての活動には参加し、必ず広報伝達の立場から、簡潔に状況報告を政府の担当官に行っていくつもりである。恐らく政府にしては企業や大きな団体がバックアップという事実を知ることはそれなりに効果的なことと私は睨んでいる。それだけマスメディアの力というのは脅威に近いものがあるのだ。

活動後、私はすぐに帰宅しなければいけなかったので、別れを告げ自転車で帰路についた。途中遅い昼食を四谷で済ませ、新宿で少々買い物をした。中古クラシックCD2枚である。16時に塗装業者の方と打ち合わせをしなければいけないので、急いで自転車を飛ばした。しかしこの2枚のCDの買い物が気に食わないということで、大久保辺りを走行中にまずは本能むき出しの息を荒くした男性老人の声で「身体を触らせろハアハア」「男でも構わないから胸をもませろハアハア」「女だと想像しながらやるからとにかく触らせてくれハアハア」といった感じである、そしてどういう操作が為されたのかといえば脇の下から骨盤辺りにかけて、手の平全体で強く撫で回すような感触や、大きな乳房を脇に引っ張りながら揉むような感触を強要された。
変態音声送信とポルノマニア的な感触を東中野に到着するぐらいまでの間の20分ほど延々と強要され続けた。私もかなり頭に血が上り運転がラフになり、かなり危ない思いもしたし、通行人に失礼な振る舞いもしてしまったと思う。理由が1,100円足らずの2枚に中古CDである。実際は今日の街頭活動あたりが相当のインパクトだったのではないだろうか。それを買い物にこじつけ、一気に侵害強要行為に及んだといった方が正しいように思えた。要するに加害者もかなり溜まってきているということである。

帰宅後塗装業者さんと打ち合わせ。それが済むと現在塗装進行中の下宿の人たち用のスペースの整理や点検を行っておく。切れている蛍光灯を取り替えたり、脱衣所のカーテンをクリーニングに出したり、予備のカーテンを取付けたり、さらにいくつかの雑事を片付けているうちに18時半を過ぎてしまったので、夕飯の準備に取り掛かる。愛犬のえさもつくり与える。
19時よりニュースを観賞しながら夕飯を摂る。今日はシューマイと生野菜、しじみのみそ汁と漬け物と白飯である。これ何が原因があるのか、とにかく肌の撫で回しが上半身に発生し、本当に不快な食事の時間を強要させられた。音声送信の内容は私の幼なじみが私と脳をつなげられていて、彼はまだ仕事の時間。しかし私が夕飯を摂っている食べている音が彼には聞こえ、それが不快で仕様がないのだという。だからその報復としてこの撫で回しの侵害強要行為に及んでいるのだという。相変わらずメチャクチャな内容である。

不快な気分で夜より被害関連の作業開始である。今日は肝臓に不可解な感触の強要。どういえば良いのか、肝臓をむき出しにされ、それを引き潰されそうな危機感を強要されるような感じといえばよいのか、とにかく大変不快で陰湿な操作の強要である。加害者は私が酒に強いことにもやっかみの感を強く持っていることは以前から気づいていた。
この事態の加害者は被害者にどんな方面ででも優越感を抱かせまいとするところが執拗なほどある。私の場合は肝臓が丈夫というところにその矛先が向けられているようだ。
あとはいつもの撫で回し被害である。深夜になる頃までまたもや柄の良くない音声送信が続いた。主に私の幼なじみの声での不愉快な雑言が乱れ飛ぶ感じである。
さらにノイズを伴う子供の声も今日はなかなかしつこく、「サー」というノイズは結構至る所で発生。夜は特にひどく、20時過ぎ頃には私の胸を揉むような感触を強要しながら「オッパイモミモモミ」の反復送信が結構続いた。他背中や肩越しに強い人の気配、さらに視線の感触も多発、これは外出中にも多発した。街頭活動でチラシを配布しているときにも何度か為された。
返信が遅れていた被害者の方々に次々とメールを記し、返信していく。次には被害報告集参加者の方々にお伺いのメールを送るのでその原文書きである。
そうしているうちに23時を回ってしまう。その時間になっても被害は継続していた。しかし今日は並みレベルだったためにぎりぎりビデオカメラはオンにはしなかった。
半近くに終業とし、今日の被害についての概要をビデオカメラに音声動画として残しておいた。

愛犬の散歩に出る。今日は断片的に音声送信が発生した程度。今後の広報活動について私なりにいろいろと計画を練った。その内容が加害者には脅威だったらしく、何だか知らないが遠のいて行ってしまった。1時前に帰宅。頭が汗っぽかったので入浴とした。
やはり右膝を中心に撫で回しが発生。しかしそれほど強いレベルではなかった。
後1時より自由時間とした。地酒を飲もうとするとまたもややっかみの音声送信が発生。不快なのでBGMを流す。いつもの通りちびちびと飲みながら、被害者の方々のブログサーフィンをしていると、やはり太もものあたりに強い撫で回しのような感触が発生し、結構不快だった。
それでも後半になると、何とか不快感は遠のき普通に近い状態となる。
2時過ぎに就寝。

テクノロジー犯罪被害者である私内山がトリフィールドメーターに加害行為を運んでいると思われる加害波をキャッチしました。
その証拠画像がYou Tubeに公開されています。興味のある方は以下のアドレスをご覧になって下さい。
1)自室での記録。http://www.youtube.com/watch?v=fL15plJ_bWA
2)屋外2カ所での記録。http://www.youtube.com/watch?v=S6jjI6kMQKk
3)自室で被害がエスカレートした際に記録。http://www.youtube.com/watch?v=7834nsI_BYw&feature=related
4)自宅より25分ほど西側のある園芸店の敷地内での加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/W8iyidOQ6I0
5)飯田橋の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」事務所付近での2台のトリフィールドメーターによる加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/Q_s9locTze4
6)脳波センサー付きヘッドフォンによる私自身の脳波やコンディションをパソコンのモニタにビジュアルした模様をビデオカメラで記録したものをYou Tubeにアップロードしておいた。興味のある方はご覧頂ければと思う。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/n3UEwPjzNlY)

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。


1_7

2_5

« 定例会にてプレゼンテーション | トップページ | 右腕が痛い »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 総務省前で街頭活動:

« 定例会にてプレゼンテーション | トップページ | 右腕が痛い »