« 予測がつかない被害状況 | トップページ | 被害報告集の初校戻し完了 »

2010年2月19日 (金)

さらにビジュアライズされた遠隔技術

テクノロジー犯罪に遭遇して735
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という48才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

2月18日(木)
嫌がらせの度合い:●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズ○ 肌の撫で回し◎(胸、腹部、右膝、脇の下、背中、肩、股、尻、ペニス)気配△  電磁波◎(頭部にかなり強い照射感や痛み圧迫感、背骨に強い圧迫感、乳首を瞬時に硬くされる、胸を揉まれる、視界下側に視覚・嗅覚操作の強要)

6時に覚醒の強要。早速音声送信が始まる。「加害装置を今日持っていく」「被害者だからって威張るな」「私たちには悪気はない」「オナニーをしないから起こされるんだ」等、様々な声での送信が開始され、今日は特に距離が近く感じられうるさい。さらに昨日より自宅の問題で気になっていることがあり、それを考え始めてしまった。さらに被害報告集が大詰めの段階だ。それも気にすると余計覚醒してしまい、結局寝ることを諦め、7時4分に起床。めったにこの時間には起床しないのだが、何故だかは分らないが音声送信は慌てふためいていた。結局今日の睡眠時間は3時間半である。

すぐに雑事を片付け、朝刊を読みながら朝食。身体被害はあるにはあったが、弱い。しかし音声送信は私の幼なじみを登場させ、好き勝手な作り話や雑言を飛ばし続けていた。
そしてすぐに被害ブログを記し始めるが、今日は左胸と右大腿部に撫で回しが発生、普段と位置が違っている。それでもまだこの時間は被害が軽かった。記し終えすぐに被害報告集の校正作業に取り組む。いきなり修正が発生したため、それを急いで片付ける。さらに付録部分の前半の校正。終わると昼なので昼食を自炊。
正午過ぎより摂り始める。この時間も目立った被害は発生せず。

午後もすぐに作業を開始、メール送信から始め、被害報告集の報告部分の全ページのチェックの開始。さらに付録部分の後半の校正。そしてあとがきの執筆。午後からは身体被害が本格化し始める。特に右脇の下に対する強い撫で回し感がひどく、大変な不快感のうえに、痛めている右肘にさらに力を入れなければいけないので、本当に腹が立つ。あとは通常とおり、右胸、右膝、背中、に不快で猥褻な撫で回しが続く。
作業に集中しているとあっという間に夕方になる。
16時に暇を見つけ、自室でのトリフィールドメーターの針の謎の振幅の模様と先頃購入した、脳波センサー付きヘッドフォンによる私自身の脳波やコンディションをパソコンのモニタにビジュアルした模様をビデオカメラで記録したものをYou Tubeにアップロードしておいた。興味のある方はご覧頂ければと思う。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/n3UEwPjzNlY)当然このソフトでは私自身の脳波はもちろん加害者からの人工操作情報が盛り込まれた信号もビジュアライズされている。それが完全に混ざってしまっていて識別できないのだが、確実に証拠になっていると思う。私は私で機会を見つけ次々を不可視をウリにし、悦に浸り切っていた加害者を陽の下に引きずり出すことを近々可能にするであろう、可視状態にされた証拠画像を全世界に向けて公開し続けていく。
もちろんアップすると、善キャラクターは喜び、悪キャラクターは不安がっていた。善キャラクターは「私たちはもう止めたいと本気で思っています、うまい方法だと思います。頑張って下さい」大体こんな内容に送信を飛ばしてきた。悪キャラクターは「止めてくれよ、そんなことされると困るんだよ」「意味ないよそんなこと、全部ムダ!」などと悪態を飛ばしてきた。
このあたりから今日は起立する度に尻に撫で回しが発生し出す。

18時半より夕飯の支度。愛犬にえさ。19時よりニュースを観賞しながら、夕飯を摂る。これといったはっきりとした被害は発生しなかった。ただ音声送信が少々うるさかっただろうか。
19時40分頃から夜の作業を開始する。被害報告集の装丁を進める。やはり夜の作業時は今日は被害がエスカレートした。20時半頃から本格化し始める。またもや右脇の下に集中的に強い撫で回し感が続く。またもや右腕や肩に力が入りっぱなしになる。声優の故広川太一郎さんに似た声を思い切り湿っぽく陰湿にしたような声により、強迫や雑言が垂れ流される。「可愛がってやる」「甘えるな」創意工夫ゼロの低能丸出しのセリフばかりが並ぶ。
防御装置を装着し、ビデオカメラによる音声動画記録も開始する。それと同時に加害者側から落胆のため息が発生。もうそこまでひどいことはしないと決めていたらしい。それなのにたった1日大人しくしていられただけで途端にいつも通りのレベルになってしまった。というような泣き言とも愚痴とも取れる送信が飛んできた。

それから以降はかなりの被害レベルとなる。心なしか右肘の痛みもひどくなっているようにも受け取れた。いわゆるデザインの詰めの作業のため、相当の集中力とテンションが必要となる作業なのだが、それだけに余計に身体に発生する刺激が気になり、ものすごい葛藤状態を強いられる。こういうときの神経の消耗は相当のものがあるに違いない。
よって作業速度は著しく低下し、予定の半分進んだだけであった。24時には終業とし、愛犬の散歩に出る。散歩の最中も若い女の私に対する指図の音声が飛んで来たり、からかうような浮ついた音声、そういうチンピラ紛いを制する女性の音声。早口で喋る老人の音声などで、頭の中は喧噪状態になる。
愛犬がわがままをし、それを私がたしなめたりすると、「その子が可哀想じゃない。何でアンタがそんなふうにエラそうにできるの?」「ワンちゃんが可哀想よ、アンタの方が悪いわよ」そんな調子でこちらの私的な行動一つにとっても平然と介入してきては気分を逆撫でする。
この散歩の時間も被害が発生するまでは、本当にリラックスした、気分転換の時間だった。特に冬は寒いものの、力のある犬と走ったり歩いたりしていると身体も暖まり、済んだ空気の中を好きにいろいろと想像したり考えたり、風景に感動したりして過ごすことができた。そんな大切な時間を3年4ヶ月以上に亘り、侵害され続けている。
気分どころではない、訳の分からない身元不明の程度の低い声と猥褻な撫で回しの感触(ポルノ紛いの)に悩まされ、さらには泣きたくなる意識操作まで強要され、それにいらいらを高じさせられるため、ときには愛犬までもそのとばっちりをくらうことすらある。メチャクチャな時間となってしまっている。

今日も散々な散歩の時間だった。それどころか肌の撫で回しは衰えを見せない、帰宅してもベタベタ状態である。さらには背中から抱きついてくる人の濃厚な気配、さらには顎の部分から視覚と嗅覚を刺激する操作まで発生。
そんななかささやかな楽しみとなっている就寝までの小1時間、それまでも今日は壊された。地酒を自室に持ってきて、いつもとおり晩酌を始めようとすると醜い老人の声で「何で酒が飲めるんだ」「どうしてだ、どうしても分らない」「畜生、うらやましくて仕様がない」「お前な、自室で何で酒が飲めるんだ、俺たちには本当に信じられないんだ」「お前なそれが原因で嫌がらせされるんだぜ」今日は特に執拗である。さらに右大腿部内側に皮膚がこすれて痛いほどの強力な撫で回し感を強要され、それも本当に不快だった。
散歩の時間に続いてこの時間までも粉砕されるように滅茶苦茶にされたので即刻ビデオカメラをオンにし、その怒りの状態をありのままに記録しておいた。
本当に鼻息が粗くなったが、何とか落ち着きを取り戻し、就寝時には従来の状態になっていた。

テクノロジー犯罪被害者である私内山がトリフィールドメーターに加害行為を運んでいると思われる加害波をキャッチしました。
その証拠画像がYou Tubeに公開されています。興味のある方は以下のアドレスをご覧になって下さい。
1)自室での記録。http://www.youtube.com/watch?v=fL15plJ_bWA
2)屋外2カ所での記録。http://www.youtube.com/watch?v=S6jjI6kMQKk
3)自室で被害がエスカレートした際に記録。http://www.youtube.com/watch?v=7834nsI_BYw&feature=related
4)自宅より25分ほど西側のある園芸店の敷地内での加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/W8iyidOQ6I0
5)飯田橋の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」事務所付近での2台のトリフィールドメーターによる加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/Q_s9locTze4

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。


1_7

2_5

« 予測がつかない被害状況 | トップページ | 被害報告集の初校戻し完了 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さらにビジュアライズされた遠隔技術:

« 予測がつかない被害状況 | トップページ | 被害報告集の初校戻し完了 »