« 加害者は焦っている? | トップページ | 第97回定例会でのレクチャーにて »

2010年3月28日 (日)

アクセス100000を超えました

テクノロジー犯罪に遭遇して772
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という48才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

3月27日(土)
嫌がらせの度合い:●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)○ ノイズ△ 肌の撫で回し○(胸、右膝、脇の下、背中、肩)気配△  電磁波◎(睡眠妨害、頭部に強い照射感や圧迫感、背骨に強い圧迫感、乳首を瞬時に硬くされる、胸を揉まれる、心臓に強い圧迫感)

私の被害報告ブログである「バッカス&ミューズ テクノロジー犯罪に遭遇して」が一昨日でアクセス数10万を超えました。当初はただただこの得体の知れない、異常事態を記し残しておきたいという一心から開始したのですが、その意志がことの他強いのでしょう。今回で772回を数え、一度も休むことなく続いております。それは同時に被害も一日も休むことなく続いていることの実証であり、今後も被害が継続する以上は休むことなく続けていきます。ここを訪れて下さった、私と同じぐらいに運の悪い被害者の方々。今後ともここを訪れて頂き、何か参考にできることでもあれば、どうぞご遠慮なくお役立てて頂くなりしてもらえればと思います。

6時半に覚醒の強要。今日はそれとすぐに識別できるものだった。不思議なことに2階の住人さんも数人起床したらしく、その物音が3方ぐらいから一気に聞こえてくる。たまにこんなこともある。音声送信は亡父の知り合いが加害者という内容のもの。おかしな信仰めいたものにハマッている人たちが、意地でも同じ側に来て欲しいと粘り続けているというもの。
何とか再就寝し、8時半に起床。それと同時に胸揉みの侵害強要行為が発生。声優の故広川太一郎さんに似た声が何だか意味不明に「甘えおって」との反復送信。かなり長い間に亘り続いた。
「甘えるな、努力が足りない、あのこと言いふらすからな、真面目にやれ」などというセリフは誰が聞いても快適なものではない。特に真面目な性格の人には妙に気にかかる言葉である。 もちろんそれを私も客観的に分かっている。だから流せるが、この質の悪さを分かってもらいたいためにあえてきちんと記録しておく。

起床後ゴミ出しなど急いで雑事を片付けていく。するとやはり馴れ馴れしい手つきと態度で左胸を揉むような感触の強要。気持の悪い老人の声で「もっと揉ませてくれ、頼む、気持がいいんだ」などとも送信されてくる。50前の成人男子である私の胸は若い頃陸上競技で鍛えたせいもあり、厚く二段になっている。頭のおかしいゲイの老人には確かに魅力的なのかもしれない。

音声送信はそれから私の幼なじみと下宿住人を加害者設定し、勝手に話を進行させていた。構ってはいられれないので勝手にさせておく。
朝食をつくり新聞を流し読みしているとやはりベタベタを撫で回しによる身体被害はひどくなりだす。その状態のまま被害ブログに取り組む。しかし今日はビデオカメラをオンにしなければいけないほどエスカレートすることはなかった。
今日は久しぶりに骨抜きに友人夫妻と小金井公園にある、「たてもの園」見学に行く約束になっていて、できるだけ早くブログを記し上げ、他の用事を片付けていく。天気も良く、まさに外出日和である。
10時45分に家を出る。自転車で中野まで行き、後は中央線で武蔵小金井。徒歩で小金井公園に到着。この間は音声送信だけで済む。
正午過ぎに友人夫妻と合流。以降は外向的に過ごせたため被害は一気に遠のいた。
しかし小金井公園を後にし、三鷹で3人で夕飯を兼ね、中華飯店で飲み食べをしていると、そこのお店にいる間は胸を中心に撫で回し被害がエスカレートし、やや不快だった。頭部左側には「サー」というノイズが発生し続けていた。
それからはもう2軒ハシゴし、21時半ぐらいに別れ、帰路についた。22時半過ぎに帰宅。23時半頃より愛犬の散歩。この時間も今日は音声送信が少し発生した程度。帰宅後入浴するが、尻などへの撫で回し被害も弱く発生した程度。
すぐに眠くなり、1時に戸締まりをた後すぐに就寝。
今日は何とか午後からは普通に近い状態で過ごせた1日だった。

これを記している3月28日の未明に北九州市の被害者Tomatoさんから被害内容について記されたメールを頂いた。この人の加害者が明らかに正常を失っている破綻者であり、近い将来の展望や展開を一切読むことのできない、自殺行為としか表現のしようのない過激な加害行為を一人の女性とその家族に対し行い続けている。
今日のメールの内容も壮絶なもので一部をここで公開させて頂く。

前略〜
呼吸困難は、被害の中で一番きつくて辛いです。去年の12月から強烈になり、毎日何時間も続きます。
朝まで呼吸をゼーゼーさせられる事も頻繁です。

苦しくて、それでも何とか必死に喉で息をしていると、段々酸素が頭に行かなく意識がなくなっていきます。
一昨日は最高に苦しくてたまらず、もがくように喉をかきむしるような行動をしていました。

このテクノロジーを使えば、殺そうと思えば、いつでも何処でも、わずか数分であっけなく殺せるんだな、と実感しました。

それでも加害者は毎日「拷問の時間」と言い、楽しんでやっています。
いつか、加害者に同じ体験をさせたいです。
死ぬ一歩手前までの呼吸困難を繰り返して、どれだけ苦しいのか、(人の痛みが全くわからない彼らに)わからせたいです。
後略〜

先週、この方に電話をした際の事実はこのブログででも公開しているが、受話器の向こうで苦しそうに喘ぎながらやっとのことで話しをしている状況から唯事ではないと思っていた。
このメールを読んでいる際の私の加害者の反応も記して置こう。
「内山君、こういう奴らが恐らく最初に始末されることになる」「こういう行き過ぎたことをする奴らが俺たちの立場を余計危うくする」「ひど過ぎます」「同じ加害者によって袋叩きにされるんじゃないの」云々。
もちろんこの方も今回の被害報告集には参加して頂いていて、その内容のリアルさ壮絶さには読者は驚かれるに違いないと思う。


テクノロジー犯罪被害者である私内山がトリフィールドメーターに加害行為を運んでいると思われる加害波をキャッチしました。
その証拠画像がYou Tubeに公開されています。興味のある方は以下のアドレスをご覧になって下さい。
1)自室での記録。http://www.youtube.com/watch?v=fL15plJ_bWA
2)屋外2カ所での記録。http://www.youtube.com/watch?v=S6jjI6kMQKk
3)自室で被害がエスカレートした際に記録。http://www.youtube.com/watch?v=7834nsI_BYw&feature=related
4)自宅より25分ほど西側のある園芸店の敷地内での加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/W8iyidOQ6I0
5)飯田橋の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」事務所付近での2台のトリフィールドメーターによる加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/Q_s9locTze4
6)脳波センサー付きヘッドフォンによる私自身の脳波やコンディションをパソコンのモニタにビジュアルした模様をビデオカメラで記録したものをYou Tubeにアップロードしておいた。興味のある方はご覧頂ければと思う。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/n3UEwPjzNlY)
7)2月27日早朝4時20分にはっきりとした覚醒の強要。そして右半身に強い撫で回しが発生。「これは記録」と思い、すぐに起床し、ビデオカメラをオンにしトリフィールドメーターをアップに映し出し、いつもの証拠映像を作成し、約9分間の音声動画記録(証拠)としてYou Tubeにアップしておいた。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/geTl-1WRMbs)。

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。


1_7

2_5

« 加害者は焦っている? | トップページ | 第97回定例会でのレクチャーにて »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アクセス100000を超えました:

« 加害者は焦っている? | トップページ | 第97回定例会でのレクチャーにて »