« 被害報告集の作業が一段落 | トップページ | 業務妨害は相変わらず »

2010年4月 2日 (金)

偶然が何かに作用?

テクノロジー犯罪に遭遇して777
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という48才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

4月1日(水)
嫌がらせの度合い:●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズ◎ 肌の撫で回し◎(胸、右膝、脇の下、背中、肩、股、大腿)気配○  電磁波◎(睡眠妨害、頭部に強い照射感や圧迫感、背骨に強い圧迫感、乳首を瞬時に硬くされる、胸を揉まれる、右胸にいらいらを伴う刺激)

7時に覚醒の強要。今日もそれとすぐに分かる感触。動悸が激しい。音声送信もこういう操作を止めろという声とそれを止めようとしない声の問答が続く。「はい」と返事をしながら悪行を止めようとしない加害者側の阿呆。
すぐに再就寝ができた。が、今度は8時15分に覚醒の再強要。やはり動悸が激しい。
連日の睡眠妨害と被害報告集の制作作業が大詰めだったということもあって、一段落した翌日ということもあって、朝はゆっくりと10時半に起床した。

今日は「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の街頭活動だったのだが、少し遅れ気味に参加させて頂くことにし、いつも通り被害ブログを記す。
すでに撫で回しによる身体被害はエスカレートしていて、相当なものになっている。とにかく急いで記さなければならないので仕方なく上半身裸になり、ビデオカメラをオンにし、その証拠画像を残しておいた。
とにかく生家でその家の主人が遠隔技術による悪行を垂れ流しを行うような雑菌如きに服を着るという、人間として最も基本的な権利を強奪され続けているのだ。頭に血が上らないはずがない。
今日もかなりの勢いで加害者を非難し続けた。とにかく大急ぎで記し上げ。活動に遅刻することを実行委員の耳印さんに携帯で知らせておく。
11時40分過ぎに自宅を出る。風が強いうえに今日はかなりの回数赤信号に引っかかってしまい、結局現場に到着したのが12時50分過ぎ、ほとんど活動らしいことはできなかったが、法務省内部に要望書提出の立ち会いができるかと思っていたのだが、今日は理事長のみ建物の入口で向こうの担当に手渡しという流れだった。今回の政府側の対応は大変に残念なものだった。
出席者も私を含め6名のみ、少々寂しい感じがする。結局13時20分頃に私は帰につくことになる。

帰りに麹町にある天ぷら屋で昼食を摂ることにし、メニューを眺めていると、何と私が大学を卒業してから7年務めたデザイン事務所の専務にあたる方とばったり遭遇した。同じ席で昔話をしながらの昼食となった。当然、「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」のことも話しておき、チラシも渡しておく。事態には大変驚いていたが、この人も柔軟性に非常に富んでいる方で、ニュートラルに捉えてくれた。もうすでに大手の出版社から書籍も出ていると言う事実からも事の信憑性は感じとってくれていたようである。本業はコピーライターで大変頭の回転の良い人で、「全国で700名って言ったって潜在的には相当数いるんでしょ?」とか鋭い指摘が次々に飛び出すところ、さすがに察しが良い。
30分ほどで別れ私は帰路についたのだが、どういう訳か加害者のうろたえ方が尋常ではない。何かパニックを起こしているような感じである。
思えば、そのデザイン事務所に務めている1992年から私のテクノロジー犯罪被害暦は始まっている。当時は典型的な集団ストーカー被害で、それのかなり強力なものだった。身の回りでは妙なほど偶然や符合が発生し続け、日曜など気味が悪くて外出もできなかったほどである。家宅侵入も多発し、恐ろしくなり、当時住んでいたワンルームから自宅に戻ったほどである。
加害者によれば最も恐れていた人に会ってしまった。その会社にだけはこの事態がその頃から継続していることを知られたくなかった。等と嘆き気味に送信してきた。

帰宅してもやはり音声送信の様子は変だった。帰宅してからは家のことに従事、台所とかがかなり汚れていたので掃除をする。その間にも撫で回し被害は並みレベルで続いている。
音声送信は妙に穏やかな口調で「もう終わる」などの内容は殆どだった。「ここまでひどい目に遭ったのだから、これからはかなり良いことばかりです」「きっと立派な仕事が発生するでしょう」「私たちがいなくなった途端に夫婦になる美しい女性と縁ができます。その方と結婚し、すぐに子供をつくって下さい」云々。そんな内容のものばかりである。

その後雑事をいくつか片付け18時45分頃から夕飯を自炊。19時過ぎからニュースを観賞しながら食べ始める。すると元気を取り戻し始めた音声送信が「お前の許嫁になる女性の家では夕飯を摂らないんだよ。だからお前もそうしろ、そうしないからひどい目に遭うんだ」と送信してくると「夕飯を摂らない等という方は普通じゃない、だから内山君の方が正しい」などと音声送信がやり合い始める。他は我家に下宿している女性の独りが加害者であるという送信もかなり長く発生した。
どちらにせよ今日も食事中に撫で回し被害が発生。きちんとカツ丼とみそ汁を作り、ぬか漬けも刻み美味しく食べたかったのだが、その時間を無茶苦茶にされた。

そして食べ終わってからの被害のエスカレートである。まさにいつも通りの猥褻被害の典型のような展開。背中に指先を這わされたい、胸を揉まれたり、脇の下に指を入れられたり、挙げ句の果てにはフェラチオの強要。
今日は夜は数多く寄せられた個人情報を提供して下さった被害者の方々へ、返信メールを書いたり、道府県のできるだけ近くの「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」の会員の方を紹介したり等を行う。
明日からタイミングよく本業のグラフィックワークが始まるのでできるだけ今晩中に片を付けたかったのだが、被害のエスカレートも凄い。
深夜に雨が降ると散歩に出れず愛犬が気の毒なので今日は早めに彼女と散歩に出た。その最中にも胸を揉むような不快極まりない被害が延々と続いた。「お前のような奴を女扱いし、屈辱を強要するのが楽しいんだ」などの阿呆な送信もあった。
21時半に帰宅し、作業を再開。やはり被害はかなりのレベルで為される。相変わらず猥褻被害である。それに22時を過ぎた頃にはイライラを伴う不快な刺激を右胸に強要された。

明日かなり早い時間にクライアントに出向き打ち合わせなので前倒しで被害ブログに取り組み始める。するとやはり被害はエスカレート。よほどビデオカメラをオンにしようかと思ったが、とにかく作業を早く進めたいので止めおいた。
24時45分で止めておき、今日の被害についてのことをビデオカメラに口頭で記録。とにかくひどい目に遭遇したのだからそれを忘れて終わりなどというのは絶対に許せないし、これだけの「悪行ののさばり」を無視する方が罪である。
後入浴。やはり尻と右膝に撫で回し被害が発生。
1時過ぎより自由時間とするが、ここでもそれを不快にするのが目的であるかのような、肌の撫で回しによる身体被害が平然と発生。
とにかく今日もほぼ終日不快極まりない被害に見舞われた一日だった。


テクノロジー犯罪被害者である私内山がトリフィールドメーターに加害行為を運んでいると思われる加害波をキャッチしました。
その証拠画像がYou Tubeに公開されています。興味のある方は以下のアドレスをご覧になって下さい。
1)自室での記録。http://www.youtube.com/watch?v=fL15plJ_bWA
2)屋外2カ所での記録。http://www.youtube.com/watch?v=S6jjI6kMQKk
3)自室で被害がエスカレートした際に記録。http://www.youtube.com/watch?v=7834nsI_BYw&feature=related
4)自宅より25分ほど西側のある園芸店の敷地内での加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/W8iyidOQ6I0
5)飯田橋の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」事務所付近での2台のトリフィールドメーターによる加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/Q_s9locTze4
6)脳波センサー付きヘッドフォンによる私自身の脳波やコンディションをパソコンのモニタにビジュアルした模様をビデオカメラで記録したものをYou Tubeにアップロードしておいた。興味のある方はご覧頂ければと思う。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/n3UEwPjzNlY)
7)2月27日早朝4時20分にはっきりとした覚醒の強要。そして右半身に強い撫で回しが発生。「これは記録」と思い、すぐに起床し、ビデオカメラをオンにしトリフィールドメーターをアップに映し出し、いつもの証拠映像を作成し、約9分間の音声動画記録(証拠)としてYou Tubeにアップしておいた。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/geTl-1WRMbs)。

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。


1_7

2_5

« 被害報告集の作業が一段落 | トップページ | 業務妨害は相変わらず »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/34040363

この記事へのトラックバック一覧です: 偶然が何かに作用?:

« 被害報告集の作業が一段落 | トップページ | 業務妨害は相変わらず »