« 前例のない変質被害 | トップページ | 今日も被害と隣り合わせ »

2010年5月 6日 (木)

猥褻被害だらけのGW

テクノロジー犯罪に遭遇して811
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という48才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

5月5日(木)
嫌がらせの度合い:●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズ○ 肌の撫で回し◎(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股)気配△  電磁波○(睡眠妨害、頭部に強い照射感や圧迫感、麻痺感。背骨に強い圧迫感、乳首を瞬時に硬くされる、胸を揉まれる)

7時20分に覚醒の強要。今日は珍しく7時代まで睡眠が継続した。これは久しぶりなことだ。5時間20分眠れたのである。もちろん従来の自分の生活ペースとは異なっているが。さらに祭日なのだ。
音声送信は声優の広川太一郎さんに似た声によって例によって意味不明な反復送信や雑言送信「オッパイが大きいとかなんとか」「もうできない、じゃあね」云々。とにかく私の加害者は何かと言うと「オッパイ、オッパイ」である。あとはアダルトDVD紛いの猥褻方面への執着が著しい。以前から分析しているが、男なら強度のマザコン、女なら大きい乳房に相当のコンプレックスを抱いているのだろう。

9時に下宿の住人さんが部屋代を払いにきてくれた。この住人さんは小柄な体格だが、なかなかのグラマーな女性で、やはり乳房が豊である。その女性と顔を合わせ、部屋代を頂いたわけだが、その直後例によって声優の広川太一郎さんに似た声はいじけ声で「オッパイが大きいとかなんとか」と送信し始め、次の瞬間私の胸を揉んだり、撫でたりするような感触を強要された。かなりのレベルだったのでメモが残されている。

そのついでに起床。いつもとおり雑事を急いで片付け、庭の植物の世話をし、朝食の準備、そして朝刊を流し読みしながら朝食を摂る。やはりこのあたりから身体被害を自覚。
その状態のままこの被害ブログに取り組む。音声送信は何だか不自然に静かである。が、ところがしばらくすると若い頭の悪そうな女性の声でどうせ私たち的な開き直った内容の音声送信が発生。
さらに身体被害で最も目立ったのがペニスをしごく感触の強要である。さらに背中にピンポイントで生暖かいものが付着しているような感触。そして胸揉みの感触の強要である。私の加害者がそれほどの年齢ではなく、GWということで、恋人や伴侶と多く交わっていたりするのだろうか? そんなことは知らないがここ数日の猥褻度はかなりのものであるし、ここにある種の開き直りのようなものも多少感じることができる。

BGMをかけながらこれを記していたのだが、ポピュラーから今度はモーツァルトを聴き始めたのだが、するといきなり被害レベルがエスカレートする。音声送信は「モーツァルトは止めてくれ、我々には優しさの象徴なんだ。だから嫌らしいことをもっとすることになってしまう」そんな内容の送信だった。
モーツァルトの音楽や確かに優しさを感じさせられるが、その優しさは誰もが認めるとおり、癒しを与える方向の優しさであって、猥褻な官能的な優しさではない。特に彼の音楽は妊婦さんや植物の育成所、さらにお酒の醗酵所でまで利用されているほど、そういう影響を与える音楽なのである。即ちアルファ波をもっとも発生させる類いのセンスを存分にもっているということ。さらに人の心に「美」に対する憧れを発生させる不思議な魅力があるのだ。
それを具体的な身体被害により滅茶苦茶にされるのである。これではモーツァルトも浮かばれたものではない。さらに芸術や文化を完全に愚弄しきった失礼千万な行為である。
いくらモーツァルトの音楽がそういう影響力をもっていても具体的な五感に対する刺激を発生させられてしまったらどうにもならない。かなり不愉快だった。

更新後昼食の準備。今日はもりそばをつくる。麺をゆでている頃から音声送信が私が食べることに対する不満を露にし始める。今日もこの間の青森行きで買ってきた乾麺をゆでているのだが、それを食べるのを楽しみにしていたことを加害者は知っていて、そのささやかな楽しみを破壊することはまず間違いないようだった。
案の定、13時過ぎに食事を開始すると上半身にベタベタと悪寒が発生し始める。今日は食べ進むに従ってそのベタベタした感触を強くしていくという手段が取られた。湿気でべたついた人の肌を私の肌に密着させているような感触と表現すればよいだろうか。本当によく思いつくものだと感心してしまう。
それほどのエスカレートはなかったものの、快適さを遠のけるのには十分なレベルだったことは間違いない。
食事中に被害者の女性から電話が入る。20分ほど話し込んだが、やはりこの間も背中を中心におぞましいと表現できるほどの気色の悪い感触を強要され続けた。

食後に少しパソコンの前で作業を行っていると、またもや股(女性のヴァギナ)と尻に撫で回しが発生。足りなさそうな女の声で「止めてあげたいの」などと送信される。
しかしこれ以降は屋外での家のための作業の時間となる。今日も玄関のドアと我家の塀の塗装に夕方遅くまで取り組んだ。しかし昨日以上にドアの塗装を行っている最中は撫で回しを並みレベルで自覚できた。
後半の塀の塗装の頃には被害は随分と遠のいていった。
今日はこれ以降は深夜にDVDを観賞する頃までは被害は穏やかな音声送信被害のみ、善良なキャラクターによる不快感の弱いものが続いた。

夜はGWということで外食とした。神楽坂を散策し、成り行きで店を決め、そこで飲み食べを楽しむ。本当に独りでいると終日得体の知れない声に付きまとわれるので、精神衛生上非常によくない。この音声送信被害は長い時間をかけ人の内面を侵略する可能性もなくない。そして何よりも内面の自由を強奪されることに耐え続けなければいけない。
人間らしい面や弱いを面を内面ででも出すことができないのだ。そんなことをすれば途端に浮ついた声により、愚弄されたり、冷やかされたり、攻撃されたりしてしまう。これも本当に辛いところであるし、この人の身体に反応する遠隔技術が公になった際に我々がそれを特に大声で訴えなくとも、多くの人が気付いてくれるところだと思う。一体この代償はどこに求めればよいのか? この点でも大騒動になることは間違いないだろう。
早く世間に認知が進むことを祈るばかりだ。

深夜にDVDを観賞。ここで不快な身体被害や不快な音声送信被害が発生。しかし何とか無視し、やり切る。
そしてシャワーを浴びるといつもとおり、尻と右膝に撫で回し被害が発生した。
今日も2時頃に就寝。本当に忙しいうえに猥褻被害に悩まされ続けたGWだった。


来月中旬に講談社出版サービスセンターより発行される「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」の予告・宣伝チラシのデータを公開致します。JPEGデータで公開致します。コピー&ペーストは各自ご自由にどうぞ。書籍の装丁もこのチラシのデザインがそのまま反映されています。赤いハートは理不尽極まりない被害を強要されている被害者の方々を象徴していると解釈して頂ければと思います。

Photo

Photo_3

テクノロジー犯罪被害者である私内山がトリフィールドメーターに加害行為を運んでいると思われる加害波をキャッチしました。
その証拠画像がYou Tubeに公開されています。興味のある方は以下のアドレスをご覧になって下さい。
1)自室での記録。http://www.youtube.com/watch?v=fL15plJ_bWA
2)屋外2カ所での記録。http://www.youtube.com/watch?v=S6jjI6kMQKk
3)自室で被害がエスカレートした際に記録。http://www.youtube.com/watch?v=7834nsI_BYw&feature=related
4)自宅より25分ほど西側のある園芸店の敷地内での加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/W8iyidOQ6I0
5)飯田橋の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」事務所付近での2台のトリフィールドメーターによる加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/Q_s9locTze4
6)脳波センサー付きヘッドフォンによる私自身の脳波やコンディションをパソコンのモニタにビジュアルした模様をビデオカメラで記録したものをYou Tubeにアップロードしておいた。興味のある方はご覧頂ければと思う。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/n3UEwPjzNlY)
7)2月27日早朝4時20分にはっきりとした覚醒の強要。そして右半身に強い撫で回しが発生。「これは記録」と思い、すぐに起床し、ビデオカメラをオンにしトリフィールドメーターをアップに映し出し、いつもの証拠映像を作成し、約9分間の音声動画記録(証拠)としてYou Tubeにアップしておいた。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/geTl-1WRMbs)。

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。


1_7

2_5

« 前例のない変質被害 | トップページ | 今日も被害と隣り合わせ »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

>「モーツァルトは止めてくれ、我々には優しさの象徴なんだ。だから嫌らしいことをもっとすることになってしまう」そんな内容の送信だった。
 
何を嫌がらせを正当化してるのこのクソムシは
惨めな自分に後付けの理由で正当化してる
毎日モーツァルトは聞くべきです!
 
>モーツァルトの音楽や確かに優しさを感じさせられるが、その優しさは誰もが認めるとおり、癒しを与える方向の優しさであって、猥褻な官能的な優しさではない。特に彼の音楽は妊婦さんや植物の育成所、さらにお酒の醗酵所でまで利用されているほど、そういう影響を与える音楽なのである。即ちアルファ波をもっとも発生させる類いのセンスを存分にもっているということさらに人の心に「美」に対する憧れを発生させる不思議な魅力があるのだ。
 
 
こういう言葉、好きですよ!モーツァルトを聞いてみたくなります!
モーツァルトの何がゴキブリ共の精神に効いたのかは分かりませんが、石の下の暗闇のジメジメしたところに好んで住処にしてるダンゴムシみたいなもんでしょうか
 
私は芸術性とは無縁ですが、何か感銘させてくれることに飢えてます
 
趣味ブログとはクラシックですか?いや、鳥?犬?
人間、趣味が無いといけませんね
陰湿さが行動化した趣味以外で
 
モーツァルトか
ジックリ聞いてみようかな

>ところがしばらくすると若い頭の悪そうな女性の声でどうせ私たち的な開き直った内容の音声送信が発生。
 
このノリ、テレビで聞きました
そんなマソコはどうせ生まれつき公衆便所ですからね
マソコに色々、あってはならない雑菌抱え込んでるんでしょうし
そういうマソコのオリモノは強烈らしいですな
雑菌のバランス崩して糸引いてたりして
 
肉便器のクセに
 
>さらに身体被害で最も目立ったのがペニスをしごく感触の強要である。
 
これ、もうアホかと
こんな必死でことやってる自分を見ろと
加害者がちょっと可哀相になる場面
なんで毎日必死になって…不謹慎ですが、加害者が可哀相になります、ホント
 
>さらに背中にピンポイントで生暖かいものが付着しているような感触。
 
谷洋一郎もそうでしたが、自分は被害者が好きなんだという好意を遠回しに伝えてくるようになります
自分の支配下にならない被害者にありもしない好意を伝えることで楽になってる
早い話が、被害者に媚びてるんです
攻撃しても攻撃しても支配下にならない被害者に、今度は受け入れてもらうことで解消されなかった惨めさを解消してるんです…
 
無視してやるのが一番の正義です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猥褻被害だらけのGW:

« 前例のない変質被害 | トップページ | 今日も被害と隣り合わせ »