« 業務妨害証拠画像も公開始めました | トップページ | 短時間集中的な被害が連続 »

2010年6月19日 (土)

仮眠さえも妨害される

「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」ですが、紀伊国屋系の書店は並ぶ確率が高いことになっています。
地方の方で手早く入手なさりたい方は最寄りの書店から取り寄せる方法が一番お手頃です。
さらに5月26日の関東圏の毎日新聞の朝刊に広告が掲載されました(他の地域は地方により数日のズレが発生するとのことです)。全国紙での掲載ですので実証性と信頼性も高いので、コンビニ等で購入なさり実証材料や広報材料としてご利用下さい。

Dsc09120

****************************

テクノロジー犯罪に遭遇して855
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という48才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者として)発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

6月18日(金)
嫌がらせの度合い:●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズ△ 肌の撫で回し◎(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻、ペニス)気配○  電磁波◎(睡眠妨害、頭部に強い照射感や圧迫感、麻痺感。背骨に強い圧迫感、乳首を瞬時に硬くされる、胸を揉まれる)

6時40分に覚醒の強要。昨晩の就寝時間は3時。連続睡眠時間は3時間と40分である。さっそくYou Tubeへアップする音声動画証拠画像を録る。
音声送信がひどい。まず「サー」というノイズ。それに男女さまざまな音声による、脅迫、中傷、雑言、謝罪が入り交じっている。
「オレじゃない、ワタシじゃない」「バカじゃないの」「近所に引っ越してきてこれをやっている」「身体壊してあげる」「あんたの家族全員に使ってしまった、ごめんなさい」「死刑だなこれは」「アンタの脳波をつかまえるのにどれだけのお金を使ったか」「せっかく捕まえたのに…」云々。
さらに相変わらず固有名詞を出しては無意味な加害者特定もしている。
結局主に下半身への撫で回し被害も伴い。1時間経過しても寝付けず、2度目のYou Tubeへの証拠画像を撮らざるを得なくなる。その直前には急激に勃起の強要。瞬時にペニスが勃起してしまう。

その後少しうつらうつらできただけ。結局8時50分に起床。今日も明らかに睡眠不足である。
すると心臓に痛み。その直後「心臓を狙う。数日以内に死ぬ」などとの脅迫音声あり。
ノートパソコンを起動し、すぐにYou Tubeへ証拠画像をアップ。それから雑事を次々と片付け、朝刊の流し読みをしながら朝食を摂る。
そしてすぐに被害ブログに取り組む。やはり音声送信は無意味な加害者特定演劇を繰り広げていたが、それで満足なら勝手にやらす以外にない。
身体被害はひどく。無事な姿勢で記すことができなかった。相変わらず胸や脇の下に強力な悪寒である。

今日はデータ入稿のため13時に関係者と待ち合わせになっている。一緒に昼食ということだったのでスタッフの方と昼食を摂った。やはり同じ高校の卒業生の方が経営しているお店があったのでそこを利用し、談笑しながら昼食を摂った。この間身体被害は発生せず。時々ノイズを伴う子供の声がやっかみの音声を飛ばしてきた程度。
14時半に高校でスタッフ全員でデータチェック。15時過ぎに印刷屋さんへデータを渡す。今日は仮入稿ということで、すぐに色校正が出る。今度は21日にまたチェックということになった。
30分ほどで完了。すぐに帰路につく。17時頃の帰宅。とりあえず肩から重荷が降りた。気が休まったと同時に凄い眠気を自覚。
ベッドに横になる。30分ほどは無事に寝ていられたが、それを過ぎた頃から尻、股間、ペニスに猥褻としか表現のしようのない感触の強要。最初は我慢していたが、限界に達し、仕方なく起床。
音声送信も声優の広川太一郎さんに似た声などのキャラクターが意味不明の雑言などをゆったりとした口調で反復送信してきたりでかなり不快だった。

どちらにしてもそろそろ起床し、今日は広報も兼ね、新宿の馴染みの方が経営しているお店があるので、そこのお店に「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」のチラシの表裏を貼って頂き、さらに3冊置かせてもらうことにさせて頂いた。以前にも私の被害報告書籍「早すぎる?おはなし」を15冊置いて頂き、ほとんど売れたことがあるので、今回も同じようにと思ったのだ。
するとその方が体調をくずし入院中ということで、その方のお兄様が現在代理で店を切り盛りしている状態。早速談笑も交え、ゆっくりとこの事態について話を展開してみる。一つの例として、水俣病を始めとする公害病を例に出してみた。発生当初は全てが不明。何故病気になるのか、医師も処置が取れない。そんな暗中の日々が続く。この時期は被害者にとって最も恐ろしい時期だったと思う。
しかし段々と理由や原因が明確化する。企業が垂れ流す廃液に原因がある。それが立証されるまでの間企業は垂れ流しを継続。ますます悪くなる環境。その時点で被害者が企業に訴えても相手にされない。それどころかその企業はその地域に経済的恵みをもたらしているということで、特別視されている。訴える方が逆に風当たりが激しくなり、さらなる苦悩を背負わされる。
この辺り我々人体に反応する遠隔技術悪用の被害者の現在の状況とそっくりである。
さらにこの辺りの技術が米国の軍事技術のトップシークレットであるはずであって、何故か先進各国の多くの庶民を苦しめているということが今や客観的事実であり、ジャーナリストや一部の学者も書籍を発行したり、市民活動を開始しているということ。そんなことを話すと、強い共感を示してくれ、早速1冊購入して下さった。その場で数ページ黙々と読んでおられたが、やはり「すぐには信じられない。でも許せない。こんなことが起きているなんて」と私に真摯な表情で述べられていた。

実はその方のお姉様が水俣病患者を保護し、支援する活動に熱を入れていた方で、立派な市民活動家であったということは嬉しい偶然だった。そのことは懐かし気にお話されていた。

この間加害者の中の善良なキャラクターたちが声を張り上げ「ごめんなさい、こんなはずじゃなかったんです。許して下さい」とかそんな送信を続けていた。

90分ほどで失礼し、後は週末の新宿を楽しむことにした。やや眠かったが、以前から入ろうと思っていた居酒屋があったのでそこで飲み食いを楽しんだ。
深夜までゆっくりと過ごし、雨の中帰宅。
身体はくたくたですぐに倒れるように眠ってしまったようだ。

*******************************

5月12日に講談社出版サービスセンターより発行された(店頭販売は22日より)「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」の予告・宣伝チラシのデータを公開致します。JPEGデータで公開致します。コピー&ペーストは各自ご自由にどうぞ。書籍の装丁もこのチラシのデザインがそのまま反映されています。赤いハートは理不尽極まりない被害を強要されている被害者の方々を象徴していると解釈して頂ければと思います。
広報等でご利用なさりたい方は(nra16393@nifty.com)内山治樹までご遠慮なく声をおかけ下さい。

Photo

Photo_3

テクノロジー犯罪被害者である私内山がトリフィールドメーターに加害行為を運んでいると思われる加害波をキャッチしました。
その証拠画像がYou Tubeに公開されています。興味のある方は以下のアドレスをご覧になって下さい。
1)自室での記録。http://www.youtube.com/watch?v=fL15plJ_bWA
2)屋外2カ所での記録。http://www.youtube.com/watch?v=S6jjI6kMQKk
3)自室で被害がエスカレートした際に記録。http://www.youtube.com/watch?v=7834nsI_BYw&feature=related
4)自宅より25分ほど西側のある園芸店の敷地内での加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/W8iyidOQ6I0
5)飯田橋の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」事務所付近での2台のトリフィールドメーターによる加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/Q_s9locTze4
6)脳波センサー付きヘッドフォンによる私自身の脳波やコンディションをパソコンのモニタにビジュアルした模様をビデオカメラで記録したものをYou Tubeにアップロードしておいた。興味のある方はご覧頂ければと思う。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/n3UEwPjzNlY)
7)2月27日早朝4時20分にはっきりとした覚醒の強要。そして右半身に強い撫で回しが発生。「これは記録」と思い、すぐに起床し、ビデオカメラをオンにしトリフィールドメーターをアップに映し出し、いつもの証拠映像を作成し、約9分間の音声動画記録(証拠)としてYou Tubeにアップしておいた。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/geTl-1WRMbs)。

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。

1_7

« 業務妨害証拠画像も公開始めました | トップページ | 短時間集中的な被害が連続 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮眠さえも妨害される:

« 業務妨害証拠画像も公開始めました | トップページ | 短時間集中的な被害が連続 »