« 相変わらず聴・触覚被害がエスカレート | トップページ | またもや祭日をめちゃくちゃにされる »

2010年9月23日 (木)

執拗に続くパソコン前での被害

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」ですが、紀伊国屋系の書店は並ぶ確率が高いことになっています。
地方の方で手早く入手なさりたい方は最寄りの書店から取り寄せる方法が一番お手頃です。
さらに5月26日の関東圏の毎日新聞の朝刊に広告が掲載されました(他の地域は地方により数日のズレが発生するとのことです)。全国紙での掲載ですので実証性と信頼性も高いので、コンビニ等で購入なさり実証材料や広報材料としてご利用下さい。

Dsc09120

****************************

テクノロジー犯罪に遭遇して951
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という48才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者として)発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を! 睡眠・業務妨害の音声動画記録もほぼ毎日You Tubeへ更新中(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1)

9月22日(水)
嫌がらせの度合い:●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズ◎ 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻)気配○  電磁波◎(睡眠妨害、頭部に強い照射感や圧迫感、麻痺感。背骨に強い圧迫感、乳首に執拗な操作、右肘にいらいらを伴う感触)

5時半に覚醒の強要。連続睡眠時間は3時間15分。早速頭部左側に「サー」というノイズを確認。音声送信は我が家の住人さんを加害者と特定。しかし間もなく再就寝。
次は8時に再覚醒。音声送信はすぐに今度は亡父の知り合いがすぐ近所に引っ越してきてある装置でこの行為に及んでいるとの内容。、しかしすぐに30代の頃に縁あった女性2人が加害者などと送信。さらにこの二人はすでに心をやられていて、おかしくなっているなどとの内容。右膝に撫で回し。
かなりの倦怠感を自覚。操作が緩くなっているのだろうか。そういえばここのところ早朝のYou Tubeへの記録が少なくなっている。
それでも今日も2度に亘り睡眠をぶつ切りにされてしまっているし、事実上の連続睡眠時間は6時間以下である。明らかに不足である。

重々しく起床。眠い目を擦りながら雑事を次々と片付ける。そして朝食を摂りながら朝刊を流し読み。
創価学会の池田大作会長が5月13日から人前に姿を現さなくなるという記事を週刊新潮の広告に見つける。
「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」の事実上の発行日の翌日なだけに「何かあるのかな?」などとつまらない勘ぐりをしてしまう。こういう大物ほど本人も周囲も「慎重のうえに慎重」という行動形態を取ることは私はそれなりに知っているつもりだ。一般的な一流エリートの自己保身欲が凄いことは周知のことだと思う。しばらく様子を伺ってからまた姿を現すのだろうか。
しかしまあこれは偶然であろう。しかし何となく嬉しい偶然ではないか。今回の書籍は売り上げは好調で、早ければ年内に絶版になる。
しかしこの書籍に関連するレビューを始めとする論評めいたものは、被害者以外のものについてはまだ出現していない。私個人が出版した「早すぎる?おはなし」の場合は、主に精神医学の方面から2つ3つ、出版数ヶ月してから手応えのあるコメントやクレームを頂いたが、さすがにこちらの書籍についてはその規模の大きさとリアリティの強さが凄みを発揮しているのであろう。迂闊にはクレームもコメントも出せないのではないか。まさにスズメバチの巣を叩くようなものなのだろうか。とにかく目に見える形で大手民間企業の名前の入った、市場に出回っている商品(物)としてこのまま社会に大切に保存していこうではないか。近い将来どういう展開になるのか、何がそこから発展するのか、編者・制作者の私にすら全く予測がつかない。

新聞を流し読みを終え、すぐに被害ブログに取り組む。今日は並レベルで音声送信と触覚被害を自覚。かなりの我慢を強いられながらの記入となる。正午過ぎに更新。本当に上半身と右腕に力が入りっぱなしになる。それだけでもかなりの疲れを伴うのだ。特に右腕の筋肉の痛みは慢性化している。

すぐに昼食を自炊。ハンバーグサンドをつくる。それをゆっくり平らげ、それから今日入居が決まっている人の部屋の窓ガラスの掃除と物品の移動を済ませる。
今日も猛暑で途端に汗だくになる。まさかこの時期に首からタオルをぶら下げるなどと思わなかった。
それから一休みしすぐに本業に取り組む。
その前に趣味のブログの更新。これは私の本業のHPに変化を添えるために日曜を除き毎日更新しているもので、このわずかな時間にも集中的に加害者が介入してくる。今日もここから激しい被害が始まる。
以降は大変だった。パソコンに向かってのあらゆる作業を妨害するというのは、私の被害の真骨頂のようで加害者のアイデンティティの全てが反映されているようである。
善良そうな女性の被害者の音声送信によれば、とにかく何をしているのかを一生懸命に探ろうとすればするほどそれが私の触覚被害に通じてしまうらしいのである。だからパソコン前に座ると同時にそれをキャッチし、ダメだと分かっていながらも意識が行ってしまうということ。
これも信憑性があるかは分からない。胸を揉んだり、脇の下に指を突っ込んだり、背中に地肌を擦り付けたりするという触覚をこちらはそのまま感じ取っているのだ、もちろんバーチャルでである。

作業は今秋開催が決定している某催しの案内状の作成である。今日はそれほど込み入った物を作るわけではなかったので、それほど神経は尖っていなかったが、とにかく触覚被害に無軌道な高ぶりが唯事ではない。とにかく上半身全体に小虫が蠢くかのようなおぞましさといえば良いのか。これは軽度の拷問に相当するに違いない。この間の記録は4本のYou Tubeへの動画記録として、世界の誰もが鑑賞できる場所に保存させてもらった(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/u の2010922(水)業務妨害証拠画像1〜4に記録されています)。他に並の触覚被害について述べているものも1本アップしておいた(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/u/0/PbCSEkJA2Oo)。計5本の動画記録がまた増えてしまった。現時点で286本もの記録となってしまっている。もちろん不本意なものであることは確実である。誰が好き好んでこんなことを実行するであろうか。

17時にはノルマを達成。それから新たな住人さんのための契約書を作成。しばらくすると引っ越し業者が来たので荷物の運搬の立ち会い。
18時半には全てが終わる。
今日は夜は北千住の友人の実家に呼ばれていて、そこで友人の夏休みのお土産を楽しもうということになっていて、以降は外向的に過ごすことになる。

深夜に帰宅したが、疲労と眠気がすごく、すぐに入浴等を済ませ、就寝の準備。ざっとメールやブログのチェック。2時頃就寝。


私が所属する法人団体の広報誌に「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」が紹介されました。

Dsc00063

*******************************

5月12日に講談社出版サービスセンターより発行された(店頭販売は22日より)「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」の予告・宣伝チラシのデータを公開致します。JPEGデータで公開致します。コピー&ペーストは各自ご自由にどうぞ。書籍の装丁もこのチラシのデザインがそのまま反映されています。赤いハートは理不尽極まりない被害を強要されている被害者の方々を象徴していると解釈して頂ければと思います。
広報等でご利用なさりたい方は(nra16393@nifty.com)内山治樹までご遠慮なく声をおかけ下さい。

Photo

Photo_3

テクノロジー犯罪被害者である私内山がトリフィールドメーターに加害行為を運んでいると思われる加害波をキャッチしました。
その証拠画像がYou Tubeに公開されています。興味のある方は以下のアドレスをご覧になって下さい。
1)自室での記録。http://www.youtube.com/watch?v=fL15plJ_bWA
2)屋外2カ所での記録。http://www.youtube.com/watch?v=S6jjI6kMQKk
3)自室で被害がエスカレートした際に記録。http://www.youtube.com/watch?v=7834nsI_BYw&feature=related
4)自宅より25分ほど西側のある園芸店の敷地内での加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/W8iyidOQ6I0
5)飯田橋の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」事務所付近での2台のトリフィールドメーターによる加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/Q_s9locTze4
6)脳波センサー付きヘッドフォンによる私自身の脳波やコンディションをパソコンのモニタにビジュアルした模様をビデオカメラで記録したものをYou Tubeにアップロードしておいた。興味のある方はご覧頂ければと思う。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/n3UEwPjzNlY)
7)2月27日早朝4時20分にはっきりとした覚醒の強要。そして右半身に強い撫で回しが発生。「これは記録」と思い、すぐに起床し、ビデオカメラをオンにしトリフィールドメーターをアップに映し出し、いつもの証拠映像を作成し、約9分間の音声動画記録(証拠)としてYou Tubeにアップしておいた。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/geTl-1WRMbs)。

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。

1_7

« 相変わらず聴・触覚被害がエスカレート | トップページ | またもや祭日をめちゃくちゃにされる »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

さすが内山っち(笑)
けーじのコメントをひたすら無視するとは…(笑)
お見事!!

>「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」の事実上の発行日の翌日なだけに「何かあるのかな?」などとつまらない勘ぐりをしてしまう。こういう大物ほど本人も周囲も「慎重のうえに慎重」という行動形態を取ることは私はそれなりに知っているつもりだ。一般的な一流エリートの自己保身欲が凄いことは周知のことだと思う。
 
簡単に言えば、池田大作は目に見えない賭けに負けて病気になったのではないかと思ってます
もしそうならその書籍と姿を消したのは偶然ではなく、キッカケのようなもののはずです
病気になったのであれば、のことですが
 
>主に精神医学の方面から2つ3つ、出版数ヶ月してから手応えのあるコメントやクレームを頂いたが、
 
五感情報通信技術という名前の技術に総務省が関わっている、という事実を知ればクレームした人の認識も変わるはずです
 
>これは軽度の拷問に相当するに違いない。
 
加害者は皆殺しにしたいです
 

旅費を!
ください!


あと晩めし奢ってください。
どうせ不労所得じゃないですか!

広島市安佐南区に住む創価学会職員、谷洋一郎は池田大作の身を案じろ
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 執拗に続くパソコン前での被害:

« 相変わらず聴・触覚被害がエスカレート | トップページ | またもや祭日をめちゃくちゃにされる »