« 終わらない早朝被害 | トップページ | 被害内容は同じでも »

2010年9月14日 (火)

質の悪い被害が多発

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」ですが、紀伊国屋系の書店は並ぶ確率が高いことになっています。
地方の方で手早く入手なさりたい方は最寄りの書店から取り寄せる方法が一番お手頃です。
さらに5月26日の関東圏の毎日新聞の朝刊に広告が掲載されました(他の地域は地方により数日のズレが発生するとのことです)。全国紙での掲載ですので実証性と信頼性も高いので、コンビニ等で購入なさり実証材料や広報材料としてご利用下さい。

Dsc09120

****************************

テクノロジー犯罪に遭遇して942
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という48才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者として)発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を! 睡眠・業務妨害の音声動画記録もほぼ毎日You Tubeへ更新中(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1)

9月13日(月)
嫌がらせの度合い:●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズ● 肌の撫で回し◎(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻)気配○  電磁波◎(睡眠妨害、頭部に強い照射感や圧迫感、麻痺感。背骨に強い圧迫感、乳首に執拗な操作、右肘にいらいらを伴う感触)

6時55分に覚醒の強要。連続睡眠時間は4時間と45分ほど。早速「サー」というノイズを確認。音声送信が発生したと思ったら「内山君の頭の中に入るのをやめろ!本当にアタマに来る」との男性による音声送信も確認。今日は我が家に長く住んでいる中国の女性が加害者だという内容の音声送信を起床時まで延々と続けていた。
しばらくして再就寝。8時半に起床。やはり「サー」というノイズは続いている。すると今度は女性の声で「もう止めなさい」との送信が頻繁に聞こえる。
しばらくの間は制する側が押さえつけているかのように不自然な静けさが支配している。
しかし合間をぬって愚かな音声送信も飛び出す。実の加害者は兄の一家で私の義理姉がノイローゼになっているなどとの送信内容があったりでかなり無茶なウソを平然と垂れ流していたりする。

そんな中リサイクルゴミを出し、雑事をいつもとおり片付け、コーヒーを入れ、朝刊を流し読み、それからこのブログに取り組む。
触覚被害がひどし。但し音声送信は並レベル。そして「サー」というノイズは相変わらず続いている。9時53分頃右乳首周辺にかなりピンポイントで強い刺激の強要。思わず打ち込みの作業を停止。
次は10時50分の更新直前の際にも右胸と脇の下に強い触覚被害を自覚。脇の下を強く締めなければいけなくなる。11時前には更新。
今日も胸や背中に状況に関係なく、ベタベタと撫で回される感触が頻発。そんな中で家のことに従事。
昼は自炊。焼きそばをつくって食べる。この際音声送信は喧しかったが触覚被害は微弱。

午後は少し昼寝をしてからパソコンに向かって作業を始める。この昼寝とて本来は取る必要のないものなのだ。これも時間を無駄にさせられているという点で立派な被害である。
14時に地元の同級生の経営している工務店に近々行う作業の現場を見てもらい、見積を依頼することになっていて、彼自身が我が家を訪れ現場をチェックしていった。
15時に作業再開。やはり触覚被害は平然と発生。胸全域と背中の皮膚感度を部分的に上げられ、ゆっくりとした速度でその部分を移動させるという方法である。
この感度の上げ下げなどという方法は最も初歩的な方法だということは長年の被害キャリアから分かっているとこである。が、いくらそんなことを理解できても触覚被害だけ慣れることができないし、真に物理的に苦しいし辛い。
16時にYou Tubeへの動画記録をアップ(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/u/4/aCBfKCzbBbw)。それ以降も触覚被害、音声送信被害はエスカレート状態が続く。今日も格闘に近い状態になる。
途中買い物に出たり、適当に気を紛らわすこともしながら何とか凌ぐ。
今日はテクノロジー犯罪関連のPRに必要なものの作成を行う。手短かなところでは今月下旬と来月下旬に掲載が決定している新聞広告の作成である。
19時代も被害はひどい状態が継続。音声送信はやかましく、触覚被害も胸や脇の下や背中でエスカレートし続けている。ここで2本目のYou Tubeへの動画記録を録る(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/u/3/5DmEcmPvcPo)。←音声送信の実情についてもかなり述べている。
20時過ぎには広告もほぼ出来上がる。ここで基本的に終業とし、夕飯を自炊する。昨晩の余り物に新たに野菜や海鮮物加え、それをおかずとした。
今日も猛暑に近い状態、冷房を効かさなければ部屋はサウナのようである。冷房を入れTVを鑑賞しながら21時よりゆっくりと夕飯を摂った。
この間は比較的被害は遠のく。
22時に自室に戻る。BGMをかけながら、今度は被害者の方への返信メールを記し始める。地方で孤立している方なうえ、被害キャリアがほとんどない。往々にしてこういう場合は長文になるのだが、私の場合キーボード操作妨害が目的の触覚被害がひどい。だから自著や被害報告集の購入或は借り出しを勧め、それを行ってもらう旨を記す。

こんな作業を今日はショパンのピアノ音楽を流しながら行っていた。頭部左側には「サー」というノイズが音楽の鑑賞妨害目的で発生している。
ここでこの人体に反応する遠隔技術の典型的な被害の一つについて記しておく。これはこの時に録った3本目のYou Tubeへの動画記録ででも述べている(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/u/2/V2Fd0a9dLBU)。クラシックを少し知っている人ならショパンがどういう雰囲気の音楽を創作したかがご存知だと思う。感傷的でロマンチシズムに溢れていて。大体そんなところだろう。ポーランドに生まれ育ったせいもあり、この人の音楽には独特の寒々しさも絶えず伴っている、今晩は秋らしい夜だったので、ショパンを選んだのである。
ところが男独りでこの監視技術に覗かれていることを分かりながら鑑賞していると、どこか気恥ずかしいところから自意識が芽生えてしまい、純粋に作品と触れ合えなくなってしまう。文化を愛する者にとってこれほど質の悪い被害はない。その旨につきこの動画記録は詳細に語っている。
今日は私のこの自意識の混乱から生じた思考や意識やイメージのダストを、ノイズを伴う子供のキャラクターが騒ぎ立てていた。その際の私の屈辱と怒りは大変のものがあった。しかしそれはその分彼らにどす黒い歓びを与えているのだ。

23時半過ぎより愛犬の散歩。I-Podが壊れBGMを聴けない。私にとってはそれが有る無いは別にどっちでも良いのだが、音声送信がエスカレートした際に有ると役にも立つので持っているというのが正解なのである。今日もI-Pod無しで散歩に出る。しかし今日はノイズを伴う子供の声を中心に音声送信被害がかなりエスカレートした。胸には弱いながら触覚被害も発生。不快な散歩となった。その模様についてもYou Tubeへ記録をアップしてある(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/u/1/OXcA67ls8ak)。
それと今日は被害がもう終わるというデマ音声がかなり頻発した。これもかなり質が悪い。終わる終わると言って全然終わらない。どころかこういう調子である。

帰宅後入浴、相当の入浴妨害を覚悟していたが、それほどでもない。音声送信は明らかに異常と思える集団による合唱のようなもの。このあたり是非多くの人に聴覚体験して欲しいほどの異常性である。
触覚被害は尻に線状にお湯が流れるような感触を強要される。
これについても次に自由時間の著しい触覚被害の動画記録についでで述べられている。
ということで次の1時からの自由時間は触覚被害と喧しい音声送信被害によってYou Tubeへアップしなければいけないほどに被害がエスカレートした(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/u/0/yWiIpg__knA)。
胸、脇の下、背中に強い悪寒と撫で回し被害が中心である。それと私の思考に何かというと「認めてあげる」という浮ついた女の声による不快な音声送信も頻発。
そんな中で被害者の方々のブログサーフィン。
それからネット鑑賞。今日も3時過ぎの就寝となってしまった。

私が所属する法人団体の広報誌に「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」が紹介されました。

Dsc00063

*******************************

5月12日に講談社出版サービスセンターより発行された(店頭販売は22日より)「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」の予告・宣伝チラシのデータを公開致します。JPEGデータで公開致します。コピー&ペーストは各自ご自由にどうぞ。書籍の装丁もこのチラシのデザインがそのまま反映されています。赤いハートは理不尽極まりない被害を強要されている被害者の方々を象徴していると解釈して頂ければと思います。
広報等でご利用なさりたい方は(nra16393@nifty.com)内山治樹までご遠慮なく声をおかけ下さい。

Photo

Photo_3

テクノロジー犯罪被害者である私内山がトリフィールドメーターに加害行為を運んでいると思われる加害波をキャッチしました。
その証拠画像がYou Tubeに公開されています。興味のある方は以下のアドレスをご覧になって下さい。
1)自室での記録。http://www.youtube.com/watch?v=fL15plJ_bWA
2)屋外2カ所での記録。http://www.youtube.com/watch?v=S6jjI6kMQKk
3)自室で被害がエスカレートした際に記録。http://www.youtube.com/watch?v=7834nsI_BYw&feature=related
4)自宅より25分ほど西側のある園芸店の敷地内での加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/W8iyidOQ6I0
5)飯田橋の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」事務所付近での2台のトリフィールドメーターによる加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/Q_s9locTze4
6)脳波センサー付きヘッドフォンによる私自身の脳波やコンディションをパソコンのモニタにビジュアルした模様をビデオカメラで記録したものをYou Tubeにアップロードしておいた。興味のある方はご覧頂ければと思う。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/n3UEwPjzNlY)
7)2月27日早朝4時20分にはっきりとした覚醒の強要。そして右半身に強い撫で回しが発生。「これは記録」と思い、すぐに起床し、ビデオカメラをオンにしトリフィールドメーターをアップに映し出し、いつもの証拠映像を作成し、約9分間の音声動画記録(証拠)としてYou Tubeにアップしておいた。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/geTl-1WRMbs)。

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。

1_7

« 終わらない早朝被害 | トップページ | 被害内容は同じでも »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

何処に答えたの?


どうしてここで答えないの?

①あなたは誰かの役に立っているの?

②あなたは誰かに必要とされているの?

③あなたには友と呼べる人間はいるの?


>実の加害者は兄の一家で私の義理姉がノイローゼになっているなどとの送信内容があったりでかなり無茶なウソを平然と垂れ流していたりする。
 
この唇をすり抜ける無意味な単語
ほんのちょっとでも内山さんの気を引ければ良いだけの単語の羅列シリーズ
 
>クラシックを少し知っている人ならショパンがどういう雰囲気の音楽を創作したかがご存知だと思う。感傷的でロマンチシズムに溢れていて。大体そんなところだろう。ポーランドに生まれ育ったせいもあり、この人の音楽には独特の寒々しさも絶えず伴っている、今晩は秋らしい夜だったので、ショパンを選んだのである。
 
クラシックを聴けるようになりたいですね
国内での流行りの音楽のほとんどは市場調査された商業的なものが多いから、もう本物のエンターテインメントじゃないですが、伝統のあるものに関心がいきます
 
>ところが男独りでこの監視技術に覗かれていることを分かりながら鑑賞していると、どこか気恥ずかしいところから自意識が芽生えてしまい、純粋に作品と触れ合えなくなってしまう。
 
ものすごい分かります
とにかく何か自分と違うと必死でバカにして全てを見下してきますからね
もう何でも
緑茶に凝っても料理をしても、何でも
こちらの気が滅入ると励ましたり手を緩めたりして、自分の良心をアピールしやがる
一人一寸法師方式と言います
亀を自分でイジメて、止めることに見返りを要求する人格的最下層の加害者達
人の趣味なんてプライバシー中のプライバシーで人と同じなわけが無い
それに、最下層の加害者は趣味など持てないんでしょう
 
>音声送信は明らかに異常と思える集団による合唱のようなもの。
 
嫌がらせをする権利意識の病的旺盛さの現れですね
拷問的嫌がらせで優位性を保ってるだけで加害者個人個人が何か正しい人間ではないことはどうかお忘れなく
 
>「認めてあげる」という浮ついた女の声による不快な音声送信も頻発。
 
嫌がらせの最中に甘言を吐いて、加害者の優位性を受け入れさせようとしてるんでしょう
そんなキチガイが人を認否できる立場にあるわけがない
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 質の悪い被害が多発:

« 終わらない早朝被害 | トップページ | 被害内容は同じでも »