« テクノロジー犯罪に遭遇して1118 | トップページ | 被害報告集、異例の売れ行き »

2011年3月10日 (木)

テクノロジー犯罪に遭遇して1119

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という49才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者として)発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を! 睡眠・業務妨害の音声動画記録もほぼ毎日You Tubeへ更新中(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1)

3月9日(水)
嫌がらせの度合い:●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズ◎ 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻、右肘)気配○  電磁波◎(睡眠妨害、頭部に強い照射感や圧迫感、麻痺感。背骨に強い圧迫感、乳首に操作、肝臓への操作、左肘周辺に強い鈍痛)

7時15分に覚醒の強要。連続睡眠時間は5時間15分ほど。すぐに心臓への違和感と圧迫感を自覚。たまに心臓への攻撃もある。「5時間も眠れたんだからいいだろ」等という馬鹿げた老人声による音声送信あり。30代前半に縁あった2人の女性が加害者との送信内容。さらに「サー」というノイズ。そして次々と「もう止めろ」「これ以上嫌がらせをすると殺される」「分かりました」「くっそ~」「あなたを好きだった女たち」「どうしても止められないの」「もう消すね」云々。さらに心臓への操作も続いている。8時55分に起床したが、結局再度寝付くことはできなかった。横になって休んでいただけである。
すぐに雑事を片付け始める。多少被害は遠のいたものの音声送信は続いている。「もう終わる」「何か良いことが」似非慰め音声も目立つ。朝刊流し読みの最中には胸にひどい触覚被害。

すぐにこのブログに取り組む。やはりエスカレートする被害。今日も胸、右脇の下、背中、大腿部、右膝にいつものように猥褻な強い触覚被害。さらに尻の座布団に当たっている範囲にだけに意図的にこの技術をひけらかすように強い触覚被害まで強要される。すぐにYou Tubeへの記録を残す。音声送信は「解放してやる」「もう逃してくれ」「もう止める」「できれば一緒にいたい」「君と一緒にいると偉くなれたような気がする」「君の言っている被害というのは私たちからの罰だったんだ」云々。威丈高ではあるが今日は品性は結構ある。
被害に耐えながら今日も何とか更新。

すぐに昼食を自炊。納豆と長芋をすり降ろしたものとみそ汁で済ます。この間は例によって干渉の被害がうるさい。触覚被害も並レベルで発生し、かなり不快だった。
食後は今日も家のことに従事。下旬に入居が決まっている住人さんの部屋の整備作業に取り組む。建具屋さんが来たので立ち会い。この間は被害やや遠のく。14時半にはすべて済ませる。音声送信は私の幼なじみが加害者で私の家の住人さんたちにもこの技術のことを教えている等という嫌がらせの送信もあった。

今日はこれから江戸川区の男性被害者宅を訪れ、先週持って行ったNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークのアンケートを回収するのと、彼が弁護士へ自分の被害について相談するのに立ち会うことになる。
千葉県との件境なので自転車だと100分ほどかかるが、今日も天気が良かったので自転車で向かう。これは案外公共機関を利用しても1時間以上かかる場所なのでそれほどの差はないのである。
行きは被害もそれほど発生せず、音声送信は続いていたものの質の悪いキャラクターがほとんど登場せず。さらに遠かったので気にならないで済んだ。
到着するとアンケートは未記入の状態。かなり困ったが対応を考える。本人によれば強い身体操作により記せないのだという。
すぐに弁護士が到着男女2名での対応だった。計4名で近くのファミレスまで移動。17時50分より4名での被害に対する話が始まる。
結論は目に見えていたが、本人の強い意向があったためにこの機会が出来上がったのである。
私もできるだけ助け舟を出したが、法整備が全く為されていないことに正式に対応などできるはずもなく、予測とおりの2時間が過ぎていった。警察、弁護士ははっきりとした物的証拠が無い限りは絶対に動かないのである。彼自身もそれを身にしみて感じたはずである。私も2時間もつき合わされることなど予想していなかったので、彼を自宅まで送ってすぐに帰路についた。とにかく重度の集団ストーカー被害者で身体被害もひどいのは事実のようなのだが、完全孤立状態にあるために、客観性が欠如していて、自分の頭だけでしか判断できなくなっている。そこをまずどうにかしなければというのが当面の課題である。また対応を再考しなければならなくなった。もう私独りでは手に負えない。

帰路の最中京葉通りを神田までひたすらまっすぐ走行したが、ここで被害が無軌道にエスカレート。音声送信は明らかに意図的に痴ほう状態にあるキャラクターを集団化させ、騒がせ続け、右胸と尻に延々と強い触覚被害を強要される。かなりの不快感であった。「くそーファミレスでのことで、トップにいる人がカンカンになっている」「何で俺達を犯罪者にするんだ」「何も分かっていない内山君」「アッタマ悪い内山君」この辺りはまだ整然としている方で、あとは無意味、低劣、卑俗、野卑な雑言がゆっくりとした口調で神田に着く辺りまで続く。私の思考への絡み付きも最高状態。とにかく怒らせたくてしようがないらしい。
かなりの空腹だったし、外食を決めていたので神楽坂に寄り、馴染みの店で飲み食べをする。もう一軒馴染みの店に寄ってご主人と談笑し、気を休ませる。この間は被害はほぼ自覚なし。

深夜に帰宅。今日は江戸川区を出たのが20時半頃だったので、すべてが遅く進行し、帰宅したのも1時を過ぎていた。急いで戸締まりと消灯を済ませ、自室でメールチェック等。
疲れていたので2時半過ぎに就寝とした。

このブログに連動している動画記録の方は

(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a 20110309(水)を御覧下さい)。

*******************************
テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」ですが、紀伊国屋系の書店は並ぶ確率が高いことになっています。
地方の方で手早く入手なさりたい方は最寄りの書店から取り寄せる方法が一番お手頃です。
さらに2010年5月26日の関東圏の毎日新聞の朝刊に広告が掲載されました(他の地域は地方により数日のズレが発生するとのことあです)。全国紙での掲載ですので実証性と信頼性も高いので、コンビニ等で購入なさり実証材料や広報材料としてご利用下さい。

Dsc09120


2010年5月12日に講談社出版サービスセンターより発行された(店頭販売は22日より)「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」の予告・宣伝チラシのデータを公開致します。JPEGデータで公開致します。コピー&ペーストは各自ご自由にどうぞ。書籍の装丁もこのチラシのデザインがそのまま反映されています。赤いハートは理不尽極まりない被害を強要されている被害者の方々を象徴していると解釈して頂ければと思います。
広報等でご利用なさりたい方は(nra16393@nifty.com)内山治樹までご遠慮なく声をおかけ下さい。

Photo

Photo_3

テクノロジー犯罪被害者である私内山がトリフィールドメーターに加害行為を運んでいると思われる加害波をキャッチしました。
その証拠画像がYou Tubeに公開されています。興味のある方は以下のアドレスをご覧になって下さい。
1)自室での記録。http://www.youtube.com/watch?v=fL15plJ_bWA
2)屋外2カ所での記録。http://www.youtube.com/watch?v=S6jjI6kMQKk
3)自室で被害がエスカレートした際に記録。http://www.youtube.com/watch?v=7834nsI_BYw&feature=related
4)自宅より25分ほど西側のある園芸店の敷地内での加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/W8iyidOQ6I0
5)飯田橋の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」事務所付近での2台のトリフィールドメーターによる加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/Q_s9locTze4
6)脳波センサー付きヘッドフォンによる私自身の脳波やコンディションをパソコンのモニタにビジュアルした模様をビデオカメラで記録したものをYou Tubeにアップロードしておいた。興味のある方はご覧頂ければと思う。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/n3UEwPjzNlY)
7)2月27日早朝4時20分にはっきりとした覚醒の強要。そして右半身に強い撫で回しが発生。「これは記録」と思い、すぐに起床し、ビデオカメラをオンにしトリフィールドメーターをアップに映し出し、いつもの証拠映像を作成し、約9分間の音声動画記録(証拠)としてYou Tubeにアップしておいた。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/geTl-1WRMbs)。

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。

1_7
*******************************

5月12日に講談社出版サービスセンターより発行された(店頭販売は22日より)「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」の予告・宣伝チラシのデータを公開致します。JPEGデータで公開致します。コピー&ペーストは各自ご自由にどうぞ。書籍の装丁もこのチラシのデザインがそのまま反映されています。赤いハートは理不尽極まりない被害を強要されている被害者の方々を象徴していると解釈して頂ければと思います。
広報等でご利用なさりたい方は(nra16393@nifty.com)内山治樹までご遠慮なく声をおかけ下さい。

Photo

Photo_3

テクノロジー犯罪被害者である私内山がトリフィールドメーターに加害行為を運んでいると思われる加害波をキャッチしました。
その証拠画像がYou Tubeに公開されています。興味のある方は以下のアドレスをご覧になって下さい。
1)自室での記録。http://www.youtube.com/watch?v=fL15plJ_bWA
2)屋外2カ所での記録。http://www.youtube.com/watch?v=S6jjI6kMQKk
3)自室で被害がエスカレートした際に記録。http://www.youtube.com/watch?v=7834nsI_BYw&feature=related
4)自宅より25分ほど西側のある園芸店の敷地内での加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/W8iyidOQ6I0
5)飯田橋の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」事務所付近での2台のトリフィールドメーターによる加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/Q_s9locTze4
6)脳波センサー付きヘッドフォンによる私自身の脳波やコンディションをパソコンのモニタにビジュアルした模様をビデオカメラで記録したものをYou Tubeにアップロードしておいた。興味のある方はご覧頂ければと思う。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/n3UEwPjzNlY)
7)2月27日早朝4時20分にはっきりとした覚醒の強要。そして右半身に強い撫で回しが発生。「これは記録」と思い、すぐに起床し、ビデオカメラをオンにしトリフィールドメーターをアップに映し出し、いつもの証拠映像を作成し、約9分間の音声動画記録(証拠)としてYou Tubeにアップしておいた。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/geTl-1WRMbs)。

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。

1_7

« テクノロジー犯罪に遭遇して1118 | トップページ | 被害報告集、異例の売れ行き »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して1119:

« テクノロジー犯罪に遭遇して1118 | トップページ | 被害報告集、異例の売れ行き »