« テクノロジー犯罪に遭遇して1119 | トップページ | 加害者も地震に焦燥? »

2011年3月11日 (金)

被害報告集、異例の売れ行き

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という49才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者として)発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を! 睡眠・業務妨害の音声動画記録もほぼ毎日You Tubeへ更新中(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1)

3月10日(木)
嫌がらせの度合い:●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻、右肘)気配○  電磁波◎(睡眠妨害、頭部に強い照射感や圧迫感、麻痺感。背骨に強い圧迫感、乳首に操作、肝臓への操作、左肘周辺に強い鈍痛)

被害が無軌道にエスカレートし続けた日だった。
8時に覚醒の強要。連続睡眠時間は4時間20分ほど。その後寝つけずベッドの中で考え事、そして45分に起床。「サー」というノイズ。
雑事片付けを始めるとその頃から触覚被害がエスカレートし始める。音声送信は起床時から活発。「サー」というノイズ。さらに次々と早口で加害者の特定音声が飛んでくる。亡父の知り合いの地位のある方の声をそれらしくつくり、それらしい口調で私に話しかけてきたり、かと思えばすぐに兄夫妻に声が切り替わり、近畿に住む親戚まで登場。皆口を揃え「謝りに行く」「ステキな君に合った女性を紹介する」などと次々と送信される。触覚被害は右胸と背中にひどい。

それからすぐにこのブログに取り組む。「サー」というノイズは引き続きうるさい。右脇の下へかなりひどい触覚被害。すぐにYou Tubeへの記録を残す。音声送信は愚かないつものキャラクター変わり、「もう止める」「諦める」「何とかする」。さらに声優の故広川太一郎さんに似た声を柄悪くした声質で「甘えやがって」「あんのヤロー」等の中傷音声。さらに頭の悪そうな若い女の声で「あなたの身体の中に沢山のガン細胞を受植え付けておきました。ということでもう終わります」等という脅迫音声もあった。触覚被害はいつものように、胸、脇の下、背中、右膝、大腿、尻にまで広がる。上半身を硬直させ、右脇の下を締めた状態でのキーボード操作を強要され、操作速度は普通の半分ほどである。
更新後すぐに昼食の準備、きつねうどんを作って食べる。「サー」というノイズはまだ続いている。胸や腕や肩にも並レベルでの触覚被害。音声送信は向かいの家のS家が加害者等と相変わらずの無意味な特定送信。

食後すぐに今日は外出。先頃発行したばかりのNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークのパンフレットを地元の警察である目白警察署とすぐ近所の管轄である戸塚警察署、それと被害者支援都民センターに配布しに行くのと、手元に私の著書の「早すぎる?おはなし」が無くなってしまったので、それを途中講談社出版サービスセンターまで5冊受け取りに行くのも目的である。
目白警察では以前冷たくあしらわれた朴訥な感じの生活相談員の人が再度担当となったが、以前とは違い、事務的ではあったがパンフレットを納得したうえで受け取ってくれた。以前よりかは柔軟性を感じることができた。目白警察にはことあるごとに私も足を運び、今までもかなりの配布物を参考資料として配布してきたので、そんな努力の積み重ねもあったのかもしれない。どちらにせよこういう地道な活動の積み重ねが信頼を生んでいくことは何事につけても一緒である。

目白署を後にし講談社出版サービスセンターに向かう。ここでもいつもとおりに自転車走行で移動していたのだが、じょじょに触覚被害による走行妨害がひどくなり始める。
ここのところ「早すぎる?おはなし」と「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」の担当とは電話でしか対応していなかったが、久しぶりに顔を合わせることになった。話題は私の書籍よりも昨年発行した被害報告集のことが大部分で、近々増刷されることが決定はしているものの1月よりスリップが溜まり続けている状態。その分厚いスリップの束を私に見せてくれた。
数にして100冊分以上。つまり発注は受けても対応できていないのが100冊以上あるということだ、早急の増刷への要求を受けた。もちろん次回の集まりで決定し、すぐに増刷依頼を行うことになるであろう。出版社側にしても異例の売れ行きだそうで、普通ならば応じられないことも上層が認めてくれ特別扱いで、今回の増刷に対応してくれるということ。功利主義を離れ、ひたすら一人でも多くの読者のために読んでもらいたいという出版社側の意向にも感動させられた。こういう話は実際に存在するのである。これを行ってくれているのが日本を代表する大手の出版社なのである。
「でも早すぎる?おはなしが全ての発端ですよね」という言葉も頂いた。多大な出費であったことは事実だし、それにより私の本来の私のためのプライベートな計画がストップし続けているのも事実だが、やはり出版して良かったと心から思えた。
ここにもパンフレットを配布させて頂く。さらに8日の日経新聞における「集団ストーカー」というコトバが記事に記されていた事実も見て頂いた。事態は確実に身近なところにまで近寄ってきているのだ。もしこの事態の認知が一歩進めばこの2冊の本は大変な注目を浴びることは間違いないだろう。

ここでは被害はまったく遠のいた。しかし建物を出て自転車にまたがる頃には愚かな音声送信と走行妨害用の触覚被害である胸揉み感触、尻の撫で回し、背中からの抱きつきなどの触覚被害がエスカレートし。著しく不快な走行を強要される。
戸塚警察署にも向かったが、何かトラブルが発生していたらしく、取り込み中ということで、またの来署ということになった。
そして被害者支援都民センターにも伺う。ここも既に4度目の訪問である。恐らく私の顔も覚えられていると思う。ここも対応は非常に善良で、以前から親身に対応してくれる。今日も若い職員2人での親切な対応sだった。
帰路も走行妨害はひどく、音声送信も無軌道状態である。「サー」というノイズも耳のすぐ近くで強要され続ける。よく事故を起こさないものだと自分でも感心する。
帰宅してからも触覚被害は過激な状態。下着をズボンから出し、地肌と下着の間に腕を入れなければいられないような状態である。そのぐらいに主に胸に被害が集中している。脇の下や尻にもかなりの悪寒が続いている。You Tubeへの記録を残す。
音声送信は先ほどの出版社での経緯が相当印象に残っているようで、そのことにやたら触れてくる。「将来この事態のせいで有名にさせられ、多忙な日々になる」「でも泊まりで出るようなことはない」「あの本のことで訴えられることもあるだろうから弁護士を探しておけ」「仕事も忙しくなる」等他にも多数。さらにまたもや前首相だった小泉純一郎氏が加害者であるという送信が長く続いた。
夕飯時まで家のことに従事。

19時より夕飯を摂る。シチューとサラダとパンにしたが、今日はこの食事中の被害は完全無軌道状態で、大変な時間となった。障害者のように身体を硬直させての食事となる。上半身ほぼ全域に静電気刺激を強要されているようなものだ。音声送信も干渉音声以外にも愚かなもの、中傷するもの、無意味な加害者特定等とにかく喧しい。触覚被害は尻や大腿などの下半身にもその範囲が広がった。
食後ギターをいじろうにも右脇の下にひどい触覚被害を強要されているのでとても弾いてなどいられない。それでも無理して弾いているような状態。一体これは何なのだろうといった感じである。

自室に戻り今日も深夜まで作業に追われる。しかし被害も完全な無軌道状態。音声送信はヒステリー老人がやたらに騒ぎ続けている「ちっくしょ〜ちっくしょ〜何で何で何で何で、そこに住んでいられるんだ!」そんな訳の分からない戯言をひたすら怒り狂い喚き散らしている。かなり長い間それが続いた。とても正常とはいえない執念のようなものも感じさせられた。さらに「サー」というノイズ。これもひたすらしつこい。
触覚被害は相変わらず広範囲に発生していたが特に右脇の下にひどい。そこで右脇の下に分厚い辞書を挟み防御。これで何とかなったものの不便でしようがない。とにかく私を苦しめたくてしようがないらしい。挙げ句の果てには「これでも君を守ってやってんだ」等と送信される始末。
さらに肝臓に対する圧迫感も深夜になるに従ってひどくなった。本当の潰されるのではないかと思うほど、過激な圧迫感である。
そんな中で家のことと被害関連のことを片付けていった。結局23時40分に終業。すぐにYou Tubeへの記録を残しておいた。
24時より愛犬の散歩。やはり10分ほどで帰宅。それから入浴。やはり触覚被害は尻等に並レベルで発生。
それからは自由時間とする。地酒を2合ほど飲みながら録画していた番組の鑑賞とDVDの鑑賞。ここでの被害も並レベル。少しは落ち着いたようである。
やはり警察への広報か講談社出版サービスセンターでの件がよほど加害者を刺激したのであろう。
でも事態は着々と進行しているのである。技術のよって行われていること。公にならないはずはないのだ。2時過ぎに就寝。

このブログに連動している動画記録の方は

(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a 20110310(木)を御覧下さい)。

*******************************
テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」ですが、紀伊国屋系の書店は並ぶ確率が高いことになっています。
地方の方で手早く入手なさりたい方は最寄りの書店から取り寄せる方法が一番お手頃です。
さらに2010年5月26日の関東圏の毎日新聞の朝刊に広告が掲載されました(他の地域は地方により数日のズレが発生するとのことあです)。全国紙での掲載ですので実証性と信頼性も高いので、コンビニ等で購入なさり実証材料や広報材料としてご利用下さい。

Dsc09120


2010年5月12日に講談社出版サービスセンターより発行された(店頭販売は22日より)「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」の予告・宣伝チラシのデータを公開致します。JPEGデータで公開致します。コピー&ペーストは各自ご自由にどうぞ。書籍の装丁もこのチラシのデザインがそのまま反映されています。赤いハートは理不尽極まりない被害を強要されている被害者の方々を象徴していると解釈して頂ければと思います。
広報等でご利用なさりたい方は(nra16393@nifty.com)内山治樹までご遠慮なく声をおかけ下さい。

Photo

Photo_3

テクノロジー犯罪被害者である私内山がトリフィールドメーターに加害行為を運んでいると思われる加害波をキャッチしました。
その証拠画像がYou Tubeに公開されています。興味のある方は以下のアドレスをご覧になって下さい。
1)自室での記録。http://www.youtube.com/watch?v=fL15plJ_bWA
2)屋外2カ所での記録。http://www.youtube.com/watch?v=S6jjI6kMQKk
3)自室で被害がエスカレートした際に記録。http://www.youtube.com/watch?v=7834nsI_BYw&feature=related
4)自宅より25分ほど西側のある園芸店の敷地内での加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/W8iyidOQ6I0
5)飯田橋の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」事務所付近での2台のトリフィールドメーターによる加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/Q_s9locTze4
6)脳波センサー付きヘッドフォンによる私自身の脳波やコンディションをパソコンのモニタにビジュアルした模様をビデオカメラで記録したものをYou Tubeにアップロードしておいた。興味のある方はご覧頂ければと思う。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/n3UEwPjzNlY)
7)2月27日早朝4時20分にはっきりとした覚醒の強要。そして右半身に強い撫で回しが発生。「これは記録」と思い、すぐに起床し、ビデオカメラをオンにしトリフィールドメーターをアップに映し出し、いつもの証拠映像を作成し、約9分間の音声動画記録(証拠)としてYou Tubeにアップしておいた。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/geTl-1WRMbs)。

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。

1_7
*******************************

5月12日に講談社出版サービスセンターより発行された(店頭販売は22日より)「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」の予告・宣伝チラシのデータを公開致します。JPEGデータで公開致します。コピー&ペーストは各自ご自由にどうぞ。書籍の装丁もこのチラシのデザインがそのまま反映されています。赤いハートは理不尽極まりない被害を強要されている被害者の方々を象徴していると解釈して頂ければと思います。
広報等でご利用なさりたい方は(nra16393@nifty.com)内山治樹までご遠慮なく声をおかけ下さい。

Photo

Photo_3

テクノロジー犯罪被害者である私内山がトリフィールドメーターに加害行為を運んでいると思われる加害波をキャッチしました。
その証拠画像がYou Tubeに公開されています。興味のある方は以下のアドレスをご覧になって下さい。
1)自室での記録。http://www.youtube.com/watch?v=fL15plJ_bWA
2)屋外2カ所での記録。http://www.youtube.com/watch?v=S6jjI6kMQKk
3)自室で被害がエスカレートした際に記録。http://www.youtube.com/watch?v=7834nsI_BYw&feature=related
4)自宅より25分ほど西側のある園芸店の敷地内での加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/W8iyidOQ6I0
5)飯田橋の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」事務所付近での2台のトリフィールドメーターによる加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/Q_s9locTze4
6)脳波センサー付きヘッドフォンによる私自身の脳波やコンディションをパソコンのモニタにビジュアルした模様をビデオカメラで記録したものをYou Tubeにアップロードしておいた。興味のある方はご覧頂ければと思う。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/n3UEwPjzNlY)
7)2月27日早朝4時20分にはっきりとした覚醒の強要。そして右半身に強い撫で回しが発生。「これは記録」と思い、すぐに起床し、ビデオカメラをオンにしトリフィールドメーターをアップに映し出し、いつもの証拠映像を作成し、約9分間の音声動画記録(証拠)としてYou Tubeにアップしておいた。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/geTl-1WRMbs)。

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。

1_7

« テクノロジー犯罪に遭遇して1119 | トップページ | 加害者も地震に焦燥? »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

おっ儲かりまんな〜(笑)

クズは何が言いたいのか言ってみろや
 
あ?
 

内山さんに通用したスナメリバブルの偽装を優先させるため『質問』を引っ張り出して煽ってスナメリバブルの被害者としての認知を固めようとしてるな
 
それが証拠に質問はスナメリバブルをはやし立てない
 
まあカタワがキャラの信憑性を高めるために本物の情報を持ってきて、それがまんまと内山さんの役に立ったんだからザマ無いがな
 

あと内山さん
 
ガン細胞を植え付けたのが本当なら、バケモノらは少しはバケモノなりの安堵感があるだろうに、無いでしょう?
 
つまりはいつものホラということでしょうね
 
内山さんも朧気には分かってるんでしょうが改めて言葉にしました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/39188597

この記事へのトラックバック一覧です: 被害報告集、異例の売れ行き:

« テクノロジー犯罪に遭遇して1119 | トップページ | 加害者も地震に焦燥? »