« 理事会でのメチャクチャな被害 | トップページ | 本当の恐怖を感じた被害 »

2011年6月21日 (火)

スケールアップする被害

テクノロジー犯罪に遭遇して1222
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という49才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者・制作者として)発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を! 睡眠・業務妨害の音声動画記録もほぼ毎日You Tubeへ更新中(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1)

6月20日(月)
嫌がらせの度合い:●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズ◎ 肌の撫で回し◎(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻、右肘)気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に強い照射感や圧迫感、麻痺感。背骨に圧迫感、乳首に操作、胃と肝臓に対する操作)

まず、ここ数日前から被害のレベルが確実にスケールアップしている。自分で支えきれる精一杯のところまでそのスケールが深く、広くアップしている。そのギリギリのところにまで達したときのテンションは自我が壊れる寸前のところまで行く。音声送信は度々ごとに「お前は自我が極めて強い、強い奴はそれだけ凄い目に遭う」等と送信してきたりする。個々の被害報告よりも、その点について述べよう。昨日のNPO事務所ででの理事会の時の被害も壮絶さが今日もそれが引き延ばされた形で発生した。要するに加害者側への吸引力が相当に増したのである。向こうに引っ張られてしまう、こっちの世界が向こうの世界に思えてしまう。相当危険な状況になることがある。独りでいることが危険以外の何物でもないように思えてしまう。加害者側が本格的にこの技術を対個人にフルに利用してしまったら、確実に被害者の心は破壊されるだろう。そういうものを感じさせられてしまったし、一度感じてしまえば、その恐怖を知ってしまったことになる。さらに自分を強めないことにはならなくなってしまう。あるいはさらに冷静さや客観性の重要さに敏感でいざるを得ないだろう。とにかく凄い。

3時50分に覚醒の強要。連続睡眠時間が2時間50分。音声送信は穏やかにゆっくりとそれでいながら取り留めなく始まり、留まるところがない。亡父が理事を務めていた某老人養護施設の会長さん夫妻がまず登場、その施設に私のヒトガタを置き、施設員や入院している高齢者にさまざまな操作をさせているのだという。その内容の送信はかなり続く。それから今度はいつもとおりリレーをするかのように、亡父の知り合い、兄、親友、退室した中国の女性と韓国の女性が加害者であるとの送信が続く。口調は飽くまでゆったりで穏やか、攻撃的なところはない。だからこそ入ってきてしまうのか、それともこちらへの技術的な介入レベルが上がってしまっているのか、どうも後者のように思えてならない。よく送信してくる音楽を口走らせられたりする被害や喋られさせられてしまう被害を訴える方がいるが、そういうことである。
7時になっても再就寝はできなかった。今日はもうそれを放棄し。7時15分に起床した。

いつもとおりに雑事を片付けていく。音声送信は延々と続いている。やはり穏やかで肯定的であるが、介入度が高いように思える。どうしても向こうへ引っ張られてしまう。気をつけていないと外界認識が疎くなりそうだ。
触覚被害はやはり胸を中心にかなりのものである。不快度は相変わらず。

その状態でこの被害ブログに取り組む。触覚被害は意外にそれほど高くはない。キーボード操作はほぼ両手でできた。音声送信はやはり途切れない。穏やかで一見肯定的で介入レベルが高い。どうしても聞かされてしまう。よほど記録に集中していないとすぐに意識を持っていかれてしまう。
それと介入度が上がる分、さらに介入レベルが詳細化し、ちょっとした雑念や1ミリほどの心の乱れすら介入されてしまう。まだキャラクターが穏やかだから良いが本当に凄い。心の安定が乱れ、自分でも予想のつかない妄想や思考が乱れ飛ぶとそれすらも詳細に監視されていて、絶対的なシールドやプロテクターのようなものが必要に感じてしまう。
音声送信は東京大学と私の母校の武蔵野美術大学と亡父に知り合いや、家族親戚、さらには住人で私をこの技術で監視していて、それぞれの規定通りに行動や言動を示さないことが頻発すると与える罰があって、東京大学はいわゆる撫で回し被害、武蔵野美術大学は痛みの被害なのだという。そんな送信をそれぞれの方角から異なったキャラクターによる声で送信された。他送信内容は多数。結構興味深いものや、凝ったものもあってメモを残したかったのだが、やはり限界がある。

更新後外食に出る。目白に向かう。そば屋でもりそばを食べる。この時間は比較的被害は遠のく。そば屋という所にいて、意識が外向したせいだろう。
走行中もやはり胸への触覚被害がやや強い。音声送信は私が馴染みにしている店の名前とそのご主人の(仮名)フジタさんの名前を何百回にも渡り反復送信してきた。
さらに真面目な女性の送信によれば我が家に下宿していた年始に退室した2人の住人が、いつまで経ってもこの技術のわがままな利用を止めないために、私が自由になれないという送信もあった。ことあるごとに名指しで注意されることがここ数日から始まる。人工音声は自由に選択できるらしく、声が異なってもバックには同じ者がいるということだろう。
今日はその二人が名指しで何度も忠告されたり、罰を受けていたりした。案外この辺り脈があるかもしれない。

帰宅後は今日は夜まで通常業務である。グラフィックデザインの作業を続ける。やはり胸全体に弱くはあるが心地悪い触覚被害と右肘への撫で回し被害が発生。本業ということもあって、仕方なくTシャツを脱ぎ、上半身裸で業務を進行していく。元々暑がりだし、26度以上の気温だったので、それほど寒さや不快はない。しかし右肘への撫で回しは執拗でなかなか止まらない。これも実際に強要されるとかなり不快なのだ。右肘を撫でられるだけで、行動がすぐに不便になってしまう。この状態で作業を進めるが。頭部への照射や圧迫はとにかくひどい。頭頂部であったり後頭部であったり側頭部であったりで。
夕方に一度右側頭部へ強力な照射感、10数分続いただろうか。穏やかな研究者風の男性の声で、「怖がらないでいいよ。攻撃しているのではなく、脳にとってむしろ良いことをしているんだよ。君の仕事がよりよくできるようにこの技術で脳に少し手を加えているだけだからね」そんな送信と連動し、右側頭部にヒリヒリとした痛みが残るほどの何かを照射されたようで不安になる。
さらに音声送信は私を宥めるように「脳には絶対に影響はない。硬膜を少し刺激しただけだから大丈夫」等と送信してきた。被害傾向がこういう調子である。今までのような猥褻触覚被害一辺倒ではなくなってきている。
こんな多様化した、それでいながらスケールと介入度を増してしまった被害の中どこかハラハラしながら作業を進めた。「何かありそうだな」等と思いたくなってしまう。
他身体が熱くなる操作や脊椎を圧迫されたり、またもや右側頭部数度強い照射感。20時半過ぎに終業。21時過ぎより夕飯。音声送信は調理の時間は通常の干渉音声にほぼ変わっている、食事中もやはり干渉音声は続く。この辺りは普段同様だった。大学の教授風や研究者風は登場しなかった。

22時過ぎより自室にて今度は被害者の人たちのために返信メール等を記したり、昨日の理事会の議事録を読んだり、24時近くに終業。それから愛犬の散歩。10分ほどで帰宅。
すぐに入浴をしたがやはり尻へ並レベルで撫で回し被害。

24時半頃から自由時間とした。軽く晩酌をしていると、それに対するやっかみ音声だけでなく、自制や自律を要求する真面目な感じの音声送信もあった。かと思えばいたずらなのか、私の喉頭に大きな腫瘍ができた感触やらを強要してきたキャラクターもいたりした。
録画TV番組と「フリンジ」を鑑賞。2時頃に就寝。

このブログに連動している動画記録の方は

(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a 20110619(日)を御覧下さい)。

*******************************
テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」ですが、紀伊国屋系の書店は並ぶ確率が高いことになっています。
地方の方で手早く入手なさりたい方は最寄りの書店から取り寄せる方法が一番お手頃です。
さらに2010年5月26日の関東圏の毎日新聞の朝刊に広告が掲載されました(他の地域は地方により数日のズレが発生するとのことあです)。全国紙での掲載ですので実証性と信頼性も高いので、コンビニ等で購入なさり実証材料や広報材料としてご利用下さい。

Dsc09120


2010年5月12日に講談社出版サービスセンターより発行された(店頭販売は22日より)「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」の予告・宣伝チラシのデータを公開致します。JPEGデータで公開致します。コピー&ペーストは各自ご自由にどうぞ。書籍の装丁もこのチラシのデザインがそのまま反映されています。赤いハートは理不尽極まりない被害を強要されている被害者の方々を象徴していると解釈して頂ければと思います。
広報等でご利用なさりたい方は(nra16393@nifty.com)内山治樹までご遠慮なく声をおかけ下さい。

Photo

Photo_3

テクノロジー犯罪被害者である私内山がトリフィールドメーターに加害行為を運んでいると思われる加害波をキャッチしました。
その証拠画像がYou Tubeに公開されています。興味のある方は以下のアドレスをご覧になって下さい。
1)自室での記録。http://www.youtube.com/watch?v=fL15plJ_bWA
2)屋外2カ所での記録。http://www.youtube.com/watch?v=S6jjI6kMQKk
3)自室で被害がエスカレートした際に記録。http://www.youtube.com/watch?v=7834nsI_BYw&feature=related
4)自宅より25分ほど西側のある園芸店の敷地内での加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/W8iyidOQ6I0
5)飯田橋の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」事務所付近での2台のトリフィールドメーターによる加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/Q_s9locTze4
6)脳波センサー付きヘッドフォンによる私自身の脳波やコンディションをパソコンのモニタにビジュアルした模様をビデオカメラで記録したものをYou Tubeにアップロードしておいた。興味のある方はご覧頂ければと思う。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/n3UEwPjzNlY)
7)2月27日早朝4時20分にはっきりとした覚醒の強要。そして右半身に強い撫で回しが発生。「これは記録」と思い、すぐに起床し、ビデオカメラをオンにしトリフィールドメーターをアップに映し出し、いつもの証拠映像を作成し、約9分間の音声動画記録(証拠)としてYou Tubeにアップしておいた。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/geTl-1WRMbs)。

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。

1_7
*******************************

5月12日に講談社出版サービスセンターより発行された(店頭販売は22日より)「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」の予告・宣伝チラシのデータを公開致します。JPEGデータで公開致します。コピー&ペーストは各自ご自由にどうぞ。書籍の装丁もこのチラシのデザインがそのまま反映されています。赤いハートは理不尽極まりない被害を強要されている被害者の方々を象徴していると解釈して頂ければと思います。
広報等でご利用なさりたい方は(nra16393@nifty.com)内山治樹までご遠慮なく声をおかけ下さい。

Photo

Photo_3

テクノロジー犯罪被害者である私内山がトリフィールドメーターに加害行為を運んでいると思われる加害波をキャッチしました。
その証拠画像がYou Tubeに公開されています。興味のある方は以下のアドレスをご覧になって下さい。
1)自室での記録。http://www.youtube.com/watch?v=fL15plJ_bWA
2)屋外2カ所での記録。http://www.youtube.com/watch?v=S6jjI6kMQKk
3)自室で被害がエスカレートした際に記録。http://www.youtube.com/watch?v=7834nsI_BYw&feature=related
4)自宅より25分ほど西側のある園芸店の敷地内での加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/W8iyidOQ6I0
5)飯田橋の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」事務所付近での2台のトリフィールドメーターによる加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/Q_s9locTze4
6)脳波センサー付きヘッドフォンによる私自身の脳波やコンディションをパソコンのモニタにビジュアルした模様をビデオカメラで記録したものをYou Tubeにアップロードしておいた。興味のある方はご覧頂ければと思う。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/n3UEwPjzNlY)
7)2月27日早朝4時20分にはっきりとした覚醒の強要。そして右半身に強い撫で回しが発生。「これは記録」と思い、すぐに起床し、ビデオカメラをオンにしトリフィールドメーターをアップに映し出し、いつもの証拠映像を作成し、約9分間の音声動画記録(証拠)としてYou Tubeにアップしておいた。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/geTl-1WRMbs)。

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。

1_7

« 理事会でのメチャクチャな被害 | トップページ | 本当の恐怖を感じた被害 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

私の音声送信に、昨夜バッカスさんの名前が出てきました。八年被害に合っているバッカスさんの被害と同等の被害私もを受けているらしく、短い期間で酷い被害を受けているのに、狂わず自殺もせずいるお前が気色悪いと言われています。多分、他の音声送信被害に合われている被害者さん達の苦しい状況は、なかなかわかってもらえませんが活動を応援している方も大勢いるようですので頑張って下さい。

アイデンティティが無いから他人に自分を演出してその他人の中の自分に生きるしかないのが加害者の特徴
 
まだ寄ってきては被害者になりすますこの広島市安佐南区に住む谷洋一郎のザマの異常性はモルモットにもってこいの検体
 
見事なまでの異常者
 
死ね!

みなさん

「高知県在住のA(谷洋一郎)」は例の「CAGE」です

他人に成り済ましてまで書き込みをしたいようですが
例の対応でお願い致します

テメーだけが理解してない
 
テメーの名前を出すのは誰なのか皆分かってるしテメーが誰なのかも皆分かってるんだが
 
 
テメーだけがそれを認めない
 
吐いたウソを死ぬまでとぼけるバカのクセに他者を抜きん出ようとするバカが
 
医者ものけぞるバカ
 
来るなバケモノが
 
構成員と名乗ること自体テメーが管直人と同じ異常なウソ吐きってことよ
 
何をしても演技がかってるんだよな
 
来るな谷洋一郎

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スケールアップする被害:

« 理事会でのメチャクチャな被害 | トップページ | 本当の恐怖を感じた被害 »