« 被害に耐え続けの週末 | トップページ | 途切れない音声送信 »

2011年9月26日 (月)

盛況だった定例会

テクノロジー犯罪に遭遇して1319
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という49才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者・制作者として)発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を! 睡眠・業務妨害の音声動画記録もほぼ毎日You Tubeへ更新中(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1)

9月25日(日)
嫌がらせの度合い:●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)×ほとんどなし
今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズ◎ 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻)気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に強い照射感や圧迫感。背骨に圧迫感、乳首に操作、肝臓や心臓や胃への圧迫感や不気味な刺激、多少の視覚操作、身体各所に強い痛みや刺激)

7時10分に覚醒の強要。連続睡眠時間は5時間半。今日もマシな方か。すぐに再就寝。8時20分に再覚醒。おかしな音声送信がする、それを聴くと心臓が痛くなる。さらに不気味な低周波音。以降普通の音声送信に戻る。「退室した韓国の女性とお別れ」云々。さらに胸を揉まれる猥褻触覚被害。(仮名)フジタさんと付き合う。あとはうつらうつら状態で今日はゆっくりし9時半頃起床。すると音声送信とともに、聴覚へかなりひどい操作。左右の耳の聞こえ方が著しく変化するのである。それは丁度ステレオの左右のスピーカーの音量の大小を左右対称に大きく早く変化させるかのようなものだと思って欲しい。男の声で「ぼくたちはここまでできるんだよ」等と誇らしげに喋っていた。

すぐに雑事を片付けていく。「サー」というノイズが今日もうるさい。触覚被害も起床と同時にひどくなりだす。いつもの胸、尻、背中へのものである。加害者特定音声があって、元首相の小泉純一郎氏、兄、亡父の高校時代の仲間のO氏、近隣の主たち。
すぐにブログに取り組む。やはり触覚被害がひどい。すると憎々しげな男の声で「服着せてやろうか」等とそ送信される。カっとなったが、抑えて服を脱ぐ。そうしないと上半身が不快でキーボード操作ができなくなるのだ。記し始めるとそのカッとなった怒りが継続していて、文章にもその怒りが発散させられ、だんだんと勢いづいてくる。怒りそのものを文章に表明するような感じになってきた頃。加害者の方から焦燥が感じられるようになる、しかししばらくすると心臓や腹部に強烈な締め付け感が発生し始める。これはもう筋肉を強力に引きつらせるようなもので、痛みすら伴うものだった。ここまでひどい攻撃は珍しい。しかし私の怒りも相当のもので、かなり無視することができた。
音声送信はいろいろ。私を攻撃するもの、謝罪するもの、宥めるもの、冷やかすものさまざま出てくる。相変わらずフジタさん関連の送信は多い。フジタさんのことを考えると胸への触覚被害がひどくなる等。
とにかく今日はまずここでの被害が大変だった。我々被害者は理不尽で不条理な状態に何年も毎日強制的に置かれている。長期に亘って蓄積した怒りや憎悪の感情の量は唯事ではない。何らかの噴出口や機会が見つかろうものなら、それが勢いよく噴出してしまう。今日もそんな感じだった。抑圧などという表現は私たちには上品なもの。

途中来客あり。旧知の方で、亡父の仏前に線香を置きにきてくれたのである。30分ほど談笑。その間は被害は一切遠のく。しかしその方が帰った後、またすぐに音声送信、触覚被害がひどくなる。
今日はNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの定例会である。ブログを更新後、家のことにいくつか従事。それから外出の準備。
この間にも音声送信(フジタさん関連のもの)と「サー」というノイズ、さらに胸や背中への猥褻触覚被害や抱きつき認識触覚被害。
13時半過ぎに家を出る。いつものスポーツ車である。今日も嫌な予感がしたが、やはり的中。目白を過ぎた辺りからじょじょに触覚操作による走行妨害がひどくなっていく。結局飯田橋に到着するまでに3本の記録を残すことになってしまった。
定例会は今日は企画もので首都大学教授の多氣昌生さんをお招きしての講演が行われていた。専門は環境電磁工学、特に電磁界の生体作用が専門。
途中からの参加だった。やはり途端の眠くさせられる。これも常套手段である。毎度のようにやられる。明らかに急速に眠くなるし、音声送信も連動している。30分ほどで急に眠気が遠のく。それも音声送信と連動している。その辺りからきちんと聞けるようになったものの、今度は胸と背中に触覚被害である。さらに臓器へも強い締め付け等の刺激。かなりの聴講妨害となった。しかし先生の語り口は見事で、穏やかで明るい語り口には安心できるパーソナリティが感じられたし、一番感心したのは先生の方が我々の立場や状況をかなり客観的に正確に捉えていてくれていたところである。16時から1時間の間みっちりと質疑応答が続き、時間ぎりぎりまで応答してくれた。会場も普段の2倍のスペースの広い会場を利用したにも関わらず、予備の席が多数必要なほどの盛況ぶりである。NPO認証される前の入会した当時とはもう比べ物にならない。

私は終了後、仲のよい被害者の方々と15分ほど談笑し帰宅。帰路もやはり走行妨害はあったが行きほどではなかった。途中スーパーで食材を購入。
そして帰宅。すぐに愛犬の散歩。大した被害はなし。今日はこれ以降はひどいエスカレートはなし。夕飯調理中にひそひそ声の音声送信、触覚被害は絶えず継続したものの弱い。
食事中も触覚被害はしつこく続いていたので、普通の快適は得られなかったものの、それでも無視できるほどだった。味覚操作等は今日はほとんど無かったようだ。
食事を終え、やはり深夜に少しうたた寝。その後入浴やはり尻への撫で回し触覚被害あり。その後も尻への触覚被害は続く。
少しネット鑑賞してから2時40分に就寝。

このブログに連動している動画記録の方は

(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a 20110925(日)を御覧下さい)。

*******************************
テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」ですが、紀伊国屋系の書店は並ぶ確率が高いことになっています。
地方の方で手早く入手なさりたい方は最寄りの書店から取り寄せる方法が一番お手頃です。
さらに2010年5月26日の関東圏の毎日新聞の朝刊に広告が掲載されました(他の地域は地方により数日のズレが発生するとのことあです)。全国紙での掲載ですので実証性と信頼性も高いので、コンビニ等で購入なさり実証材料や広報材料としてご利用下さい。

Dsc09120


2010年5月12日に講談社出版サービスセンターより発行された(店頭販売は22日より)「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」の予告・宣伝チラシのデータを公開致します。JPEGデータで公開致します。コピー&ペーストは各自ご自由にどうぞ。書籍の装丁もこのチラシのデザインがそのまま反映されています。赤いハートは理不尽極まりない被害を強要されている被害者の方々を象徴していると解釈して頂ければと思います。
広報等でご利用なさりたい方は(nra16393@nifty.com)内山治樹までご遠慮なく声をおかけ下さい。

Photo

Photo_3

テクノロジー犯罪被害者である私内山がトリフィールドメーターに加害行為を運んでいると思われる加害波をキャッチしました。
その証拠画像がYou Tubeに公開されています。興味のある方は以下のアドレスをご覧になって下さい。
1)自室での記録。http://www.youtube.com/watch?v=fL15plJ_bWA
2)屋外2カ所での記録。http://www.youtube.com/watch?v=S6jjI6kMQKk
3)自室で被害がエスカレートした際に記録。http://www.youtube.com/watch?v=7834nsI_BYw&feature=related
4)自宅より25分ほど西側のある園芸店の敷地内での加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/W8iyidOQ6I0
5)飯田橋の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」事務所付近での2台のトリフィールドメーターによる加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/Q_s9locTze4
6)脳波センサー付きヘッドフォンによる私自身の脳波やコンディションをパソコンのモニタにビジュアルした模様をビデオカメラで記録したものをYou Tubeにアップロードしておいた。興味のある方はご覧頂ければと思う。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/n3UEwPjzNlY)
7)2月27日早朝4時20分にはっきりとした覚醒の強要。そして右半身に強い撫で回しが発生。「これは記録」と思い、すぐに起床し、ビデオカメラをオンにしトリフィールドメーターをアップに映し出し、いつもの証拠映像を作成し、約9分間の音声動画記録(証拠)としてYou Tubeにアップしておいた。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/geTl-1WRMbs)。

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。

1_7
*******************************

5月12日に講談社出版サービスセンターより発行された(店頭販売は22日より)「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」の予告・宣伝チラシのデータを公開致します。JPEGデータで公開致します。コピー&ペーストは各自ご自由にどうぞ。書籍の装丁もこのチラシのデザインがそのまま反映されています。赤いハートは理不尽極まりない被害を強要されている被害者の方々を象徴していると解釈して頂ければと思います。
広報等でご利用なさりたい方は(nra16393@nifty.com)内山治樹までご遠慮なく声をおかけ下さい。

Photo

Photo_3

テクノロジー犯罪被害者である私内山がトリフィールドメーターに加害行為を運んでいると思われる加害波をキャッチしました。
その証拠画像がYou Tubeに公開されています。興味のある方は以下のアドレスをご覧になって下さい。
1)自室での記録。http://www.youtube.com/watch?v=fL15plJ_bWA
2)屋外2カ所での記録。http://www.youtube.com/watch?v=S6jjI6kMQKk
3)自室で被害がエスカレートした際に記録。http://www.youtube.com/watch?v=7834nsI_BYw&feature=related
4)自宅より25分ほど西側のある園芸店の敷地内での加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/W8iyidOQ6I0
5)飯田橋の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」事務所付近での2台のトリフィールドメーターによる加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/Q_s9locTze4
6)脳波センサー付きヘッドフォンによる私自身の脳波やコンディションをパソコンのモニタにビジュアルした模様をビデオカメラで記録したものをYou Tubeにアップロードしておいた。興味のある方はご覧頂ければと思う。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/n3UEwPjzNlY)
7)2月27日早朝4時20分にはっきりとした覚醒の強要。そして右半身に強い撫で回しが発生。「これは記録」と思い、すぐに起床し、ビデオカメラをオンにしトリフィールドメーターをアップに映し出し、いつもの証拠映像を作成し、約9分間の音声動画記録(証拠)としてYou Tubeにアップしておいた。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/geTl-1WRMbs)。

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。

1_7

« 被害に耐え続けの週末 | トップページ | 途切れない音声送信 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 盛況だった定例会:

« 被害に耐え続けの週末 | トップページ | 途切れない音声送信 »