« 理事会妨害される、アメリカが加害者 | トップページ | 夕方の走行妨害に始まった以降のひどい被害 »

2012年7月24日 (火)

制御できない巨大な怒り

テクノロジー犯罪に遭遇して1621
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という50才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者・制作者として)発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を! 睡眠・業務妨害の音声動画記録もほぼ毎日You Tubeへ更新中(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1)

7月23日(日)
嫌がらせの度合い:★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし
今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズ★ 肌の撫で回し★(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻、右肘)気配◎ 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、肝臓に操作、ひどい走行妨害)

8時に覚醒の強要。連続睡眠時間は4時間半ほど。「サー」というノイズ。音声送信は今日には変わる、大きい仕事がくる等のデマ送信から今週も始まる。8時半に起床。

すぐにリサイクルゴミを出しヘルパーさんを迎える。胸と尻への触覚被害がひどい。仕事がくる等とまだ自己満足デマ送信を続けている。私を安心させるためではない。犯罪者であるテメエを安心させるための肯定内容の送信である。その他脅迫送信が相次いだ。
そんな状態の中このブログに取り組む。すぐにはだか、右脇の下に空き瓶を挟む。それでも右胸に対する不快な触覚被害がすごい。今日は特に触覚被害がひどい。仕方なく、インスタントコーヒーよりもっと大型なガラス製の器があったので、それを脇に挟む、さらに強く筋肉を締めることができるので一応軽減はできた。しかし重い。こういう卑劣で非道な犯罪がバラまかれているのだ。これを操作しているのは人の皮を被った廃人、気違い、異常者である。
あとは右太もも根元にかなり不快な感触を伴う触覚被害も続く。「サー」というノイズはいつもと同様にうるさい。音声送信は住人の誰かと付き合え、そしたら止めてやる等の送信まであった。
大急ぎで一気に記し上げる。10時半過ぎには更新。グラフィックワークの方が大詰めで今週は忙しい。ということで本業のために全てを早く進める。

江古田に用事があって、すぐに片付けたいので、11時半には家を出て、江古田に向かう。クロスバイクで向かったがやはりひどい触覚被害あり。走行妨害である。江古田に着いてすぐにATMでお金をおろし、それからイタリアンレストランでランチを食べる。パスタを頂いたが、待っている最中、食べている最中共に触覚被害がメチャクチャである。かなりの我慢を強いられての昼食となった。胸と脇の下と背中と右太ももの付け根にひどい触覚被害である。気違いの食べ物に対する冒涜の度合いは感心させられるものがある。記録を残せなくて残念である。「サー」というノイズも相当にうるさかった。

帰路に出力センターに原稿とデータを受け取る用事があってそれを済ませすぐに帰宅。
即本業開始。今日は終日書斎に缶詰である。ということで真っ向から深夜まで被害を被ることになった。しかもビジネスとしての業務だからテンションも高い。気候も不快。中途半端に暑く、湿気が高い。基本的にエアコンは好きではないし、先頃の電気不足の状況、更には一つの家の管理運営を背負っている者として、エアコンはオフの状態で業務を進める。明らかに猛暑なら仕方がないが。とはいえ絶対に快適な気候ではない。そんな中で業務を進める。
触覚被害、音声送信共に全く途絶えない。ずっと続く。ビジネスだろうが、ボランティアだろうが、趣味だろうが、娯楽だろうが、パソコンの前に座れば被害はメチャクチャになる。
音声送信は程度の低いチンピラ風からそれを制する男女の声とかが問答したり、金がどうの、女性がどうの、境遇がどうの、デマ、雑言等を中心に喋り続け、他内面介入も。
触覚被害は胸、右脇の下、右太もも付け根に特にひどい。はだかで脇の下に挟みものはいつものこと。扇風機の風を利用した触覚被害もあり。「サー」というノイズもずっと続く。時々すぐ間近なところででも聞こえる。
この状態にとりあえずは夕飯準備の時間まで耐え続ける。

18時半より愛犬のえさと自分の夕飯を調理。終始尻にひどい触覚被害。今日はカツオの刺身丼とすまし汁とタタキきゅうりを作る。
それをYou Tubeへの記録を兼ね頂いた。「サー」というノイズに連動し、触覚被害もひどくなり、相当の忍耐を要求されての夕飯となった。食後の口頭での記録で触覚被害のひどさについては記録化しておいた。今日も例によって、せっかく作った美味しいはずの食べものは気違いどもによってどぶ川に流されていってしまった。

それからはまた被害との格闘の再開である。深夜に怒りがこみ上げ、少し破裂する。我々被害者はいわゆる「不条理」を長い間平然と淡々と強要され、人生を破壊され続けている。だから内面には相当の怒りが蓄積されている。私も例外ではない。さまざまな人間関係にもこの犯罪被害者としての事実が悪い方に影響しているのは否めないし、思いがけないところにも波及していることだってある。この年になってパートナーすら見つからない原因が確実にこの事実が大きく影響しているのも確実である。
加害者へ意識が向かうと全身の血が逆流する。それが小規模で深夜に発生しただけである。
少し怒りで業務から意識が遠のいてしまう。その怒りの大きさと深さには自身でも制御不能になりそうだし、驚く。私はどちらといえば内気で大人しく、素直な性格で自分から競争や喧嘩を売って出るような性格ではない。それが怒りの塊のような内面を持った者になってしまっていること自体が信じられないのである。そのくらいこの犯罪に対する怒りの噴出は凄い。
今日もせいぜいくすぶった程度だったのだが、その下にある怒りのコアのようなものの存在を感じ、我ながらただ事ではないことをまたまた自覚したのである。これは本当に恐ろしい。

何もかもがそれと分かって損失され続け、補充はまったくない。すべてが失われていく。先が全く見えない。これはこの技術を被害者を的にしている気違いどもも同様のはずだ。
それだけに私たち被害者に対する人権の完全な無視は前代未聞のレベルといえる。これを利用している側がテメエが使っているものに対して無知なのだ。これほど恐ろしいことがあるだろうか。技術とはいえ、人体に直接影響するものなのだ。人体という物理的な存在に対する全く従来とは異なる認識を迫られる技術なのだ。被害者でなければこの立場は絶対に理解できない、語れない。そういう境遇に私たち被害者は無断で置かれてしまっているのである。
何もかもが怒りに直結してしまう。通常の常識や倫理観や道徳観がまったく通じないのである。信じられるだろうか。
この異常な立場と事実について克明に簡潔に、次の被害報告集に一参加者として報告(概説)を残したい。被害者でなければ語れない事実だけを抽出し、世の中に商品として残しておきたい。こういうことが脳裏を過ると、そして周辺に同じ境遇に苦しんでいる人たちが沢山いるのかと思うとさらに怒りは倍増するのである。一体この事態は何なのか!

夜も触覚被害、音声送信ともにメチャクチャである。柄も程度も低いチンピラ風や「サー」というノイズを伴うアホな金属質な子供の声。パソコン前でははだか、右脇の下には大中の空き瓶が挟まっている状態、右太もも付け根には生温い体温を伴う気持ちの悪い触覚被害。扇風機の風を利用した触覚被害等等。室外に出る際にシャツを着れば両胸にひどい触覚被害。
それらを我慢し23時半に終業。

すぐに愛犬の散歩。今日は15分ほどで帰宅となった。普段とおりである。被害はやや気になる程度。「サー」というノイズはうるさかった。
すぐに入浴。尻と右膝に対する触覚被害が今日もひどい。無事な入浴にならない。確実に異常である。音声送信やノイズも自失状態というか、開き直りといえばよいのかマトモではない。
それから自由時間となったが、やはり胸等にひどい触覚被害が続く。「サー」というノイズもうるさいまま。それらを我慢しての自由時間となった。2時15分に就寝。


このブログに連動している動画記録の方は

(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a 20120723(月)を御覧下さい)。

*******************************
テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」ですが、紀伊国屋系の書店は並ぶ確率が高いことになっています。
地方の方で手早く入手なさりたい方は最寄りの書店から取り寄せる方法が一番お手頃です。
さらに2010年5月26日の関東圏の毎日新聞の朝刊に広告が掲載されました(他の地域は地方により数日のズレが発生するとのことあです)。全国紙での掲載ですので実証性と信頼性も高いので、コンビニ等で購入なさり実証材料や広報材料としてご利用下さい。

Dsc09120


2010年5月12日に講談社出版サービスセンターより発行された(店頭販売は22日より)「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」の予告・宣伝チラシのデータを公開致します。JPEGデータで公開致します。コピー&ペーストは各自ご自由にどうぞ。書籍の装丁もこのチラシのデザインがそのまま反映されています。赤いハートは理不尽極まりない被害を強要されている被害者の方々を象徴していると解釈して頂ければと思います。
広報等でご利用なさりたい方は(nra16393@nifty.com)内山治樹までご遠慮なく声をおかけ下さい。

Photo

Photo_3

テクノロジー犯罪被害者である私内山がトリフィールドメーターに加害行為を運んでいると思われる加害波をキャッチしました。
その証拠画像がYou Tubeに公開されています。興味のある方は以下のアドレスをご覧になって下さい。
1)自室での記録。http://www.youtube.com/watch?v=fL15plJ_bWA
2)屋外2カ所での記録。http://www.youtube.com/watch?v=S6jjI6kMQKk
3)自室で被害がエスカレートした際に記録。http://www.youtube.com/watch?v=7834nsI_BYw&feature=related
4)自宅より25分ほど西側のある園芸店の敷地内での加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/W8iyidOQ6I0
5)飯田橋の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」事務所付近での2台のトリフィールドメーターによる加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/Q_s9locTze4
6)脳波センサー付きヘッドフォンによる私自身の脳波やコンディションをパソコンのモニタにビジュアルした模様をビデオカメラで記録したものをYou Tubeにアップロードしておいた。興味のある方はご覧頂ければと思う。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/n3UEwPjzNlY)
7)2月27日早朝4時20分にはっきりとした覚醒の強要。そして右半身に強い撫で回しが発生。「これは記録」と思い、すぐに起床し、ビデオカメラをオンにしトリフィールドメーターをアップに映し出し、いつもの証拠映像を作成し、約9分間の音声動画記録(証拠)としてYou Tubeにアップしておいた。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/geTl-1WRMbs)。

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。

1_7
*******************************

« 理事会妨害される、アメリカが加害者 | トップページ | 夕方の走行妨害に始まった以降のひどい被害 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

誰も見ていない下らぬブログでウジウジせずに。
たまには会館にいらっしゃいませ。
最近会場では君のブログの話題で持ちきりだよ。
いよっ。スーパースター君。
みんな君と対話したくてお待ちかねだよ。
待っているよけいじ様。今度焼肉でも奢るぜ。

谷洋一郎キエロカス

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 制御できない巨大な怒り:

« 理事会妨害される、アメリカが加害者 | トップページ | 夕方の走行妨害に始まった以降のひどい被害 »