« 散歩の時間もメチャクチャにされ、気の毒な愛犬 | トップページ | ひどくなり続けている触覚被害 »

2012年7月19日 (木)

飛び火し続ける気違い犯行

テクノロジー犯罪に遭遇して1616
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という50才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者・制作者として)発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を! 睡眠・業務妨害の音声動画記録もほぼ毎日You Tubeへ更新中(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1)

7月18日(水)
嫌がらせの度合い:★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし
今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻、右肘)気配○ 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感。背骨に圧迫感、乳首に操作、肝臓に操作、ひどい走行妨害あり)

4時35分に覚醒の強要。連続睡眠時間は3時間50分ほど。「サー」というというノイズ。他雑言音声等。扇風機の風を利用した触覚被害が右膝にあって、それがよく送られる男性の声に連動して起こった。この男の声は表向き穏やかだが、被害者である私に対する強い憎しみがあって、この声と触覚被害が連動していることが多い、他「サー」というノイズを伴う金属質な子供の声も同様。
さらに音声送信は続く。今度は地主が全てやっていて、もうまずいと思っていながら止めることができないでいるが、すぐに謝りに行くことになるという内容。私の身辺でのあらゆる不幸なことは全てここに責任があるとの送信。尻にも触覚被害。「サー」というノイズはうるさい。
5時になっても再就寝できず。尻への触覚被害は続く。止める、いなくなるのデマ送信が続く。「サー」というノイズはずっとうるさい。やっとの感じで再就寝。
8時に再覚醒。「サー」というノイズがうるさい。それを退室した韓国の女性がやっているとの送信。それを止めろと制する声もあり。例によってとぼけた声で分かりました〜との返答があるものの被害は全く変わらない。ここで例によって2000万円とか6000万円の賠償金が発生するとのデマ。8時半に起床。

すぐに雑事を片付けていく。今日も猛暑である。音声送信は亡父の沢山の知り合いたちが加害者で、その中に私にやっかみや敵意をもった若い連中がいて、全く言うことを聞かずにこの乱用を続けているとの送信。触覚被害は今日もひどい。暑さで発汗がひどいうえにこのベタベタとした触覚被害である。もうこんな生活が6年近くである。

それからこのブログ記入である。すぐにはだか。それから脇の下に挟みもの。扇風機の風を利用した触覚被害に耐える。今日は13時に三鷹まで出向くことになっている。
ほぼ記し上げたが、時間切れ。すぐに外出の準備。10時45分には家を出る。いきなりの猛暑なので三鷹までの走行は止めにし、中野までにし、後は電車とバスを利用することにした。
中野まではクロスバイクで15分もあれば着く、しかしやはり走行妨害はここぞとばかりひどく発生。ビデオカメラにYou Tube記録を残すことになる。右脇の下にこれみよがしにひどい触覚被害、いつものように右脇の下に指をぐっと押しつけられるかのような触覚被害。You Tube記録を残せば残すほどひどくなってくる。だからこちらもそれの呼応してビデオカメラを回す、行きだけで犯罪記録が数本になる。

以降は中央線で吉祥寺。この間は大丈夫。しかし駅そばのラーメン屋で昼食の際にややひどい触覚被害あり。それからバスで母校まで、この辺りはそれほどの被害はなし。
それから企画会議に入るが、冊子作りもいよいよ制作段階に入っていて、私が会議の中心的存在になる。ということでかなりのテンションになり意識はかなり外向。そうなることで、怒りまくっているのがこの加害者。必死になって私を内向化させようとしている。それでもダメなものはダメ、次々とレイアウト等に対する批評や希望がスタッフから飛んでくる。今日は会議が終わるまでそういう調子。加害者が入り込める余地がなかったのである。しかし「サー」というノイズだけは聞こえ続けていた。

会議を終え、スタッフの方に依頼されていた撮影を帰路の途中に行う。それから帰路に着いた。吉祥寺駅まで井の頭公園を通過し徒歩で。音声送信は始まりだす。触覚被害も戻ってきた。
しかし問題は飽くまで中野駅からの帰路走行である。
現在被害について深刻なのは、早朝に覚醒させられる睡眠妨害、自炊した食べものをことごとくどぶ川に流される罰当たり行為の食事妨害、事故を誘発させようとしているとしか思えない走行妨害、おぞましい醜悪な入浴妨害が被害の中核になっているが、やはり身の危険という点ではこの被害が一番であって、記録には残しておく必要がある。ということで帰路も結局は残すことになった。どうやってもこの殺人未遂犯罪は発生し、車道での危険走行を強要される。発汗もひどい、それだけでも気が散るというのに異常以外のなにものでもない。気違いである。しかしそうであればあるほど、気違いどもには快楽なのかもしれない。被害者が怒り狂い、泣きじゃくる方がこの異常者どもには快感なのかもしれない。そういう全て(人類も自然も)を敵に回しても構わない覚悟にいる犯罪者どもが、世に存在することを知らせしめないと断固として気が済まない。許されることでは絶対にない。黙認は犯罪である。今さら私たち被害者を病人扱いすることができる段階はとっくに過ぎているのだ。そういう見解はいまだに届くがこちらはパソコンの前で失笑しているだけである。

「まだやるのか!」と、こちらは飽きれながら引き受けているだけだ。

うんざりした精神状態で帰宅。暑さと被害の不快さで相当に機嫌が悪い。
しかし暑さに耐えている愛犬の偉さ等に平静さを取り戻す。すると繋がっている異常者どもも落ち着きだし、またザワザワとアホな声が聞こえ出す。これが私たち身体に反応する遠隔技術の被害者の日常である。この技術が寄生技術だと言っているのはこういう理由からだ。とてつもない質の悪さであろう。生身の人間同士でもこんなことは起こりえない。何の恨みがあるのかは知らないが、こういう起きながらにして悪夢を味わわされる日常が10月で6年になる。内面の自由と平明さを強奪され続け、よく気が狂わないものだ。

「サー」というノイズもうるさくなりだす。またいつもの被害状況が戻り、あとはこのまま就寝までである。
書斎に冷房を入れ、それからすぐに業務。出稿が本格的になってきている。これからはレイアウト業務と連絡業務が盛り上がる。やはりはだかで脇の下に挟みものをしながらの連絡業務。夕飯までは連絡業務が続く。
18時半より夕飯の準備。魚の粕漬け、ナスとピーマンのニンニク炒め、それとそうめんを作って頂いた。もちろんYou Tubeへの被害記録を残しておく。触覚被害はやはりひどい、食中の記録も残す羽目になる。どぶ川に、せっかくつくった食べ物が異常者どもによって流されていった。何でこういう罰当たり行為が許されるのか。こいつらが犯している罪の重さはどれだけのものか。こいつらはそれを分かって犯し続けているのだ。即ち絶対悪の確信犯である。とにかく記録を蓄積し続け、後に世の中に判断を委ねる。その材料を今日も作り貯めておいた。

うんざりした気分を振り払い、業務再開。夜はもっぱらレイアウト業務である。
夜は音声送信、触覚被害とも質が悪くなる。要するに次元が低下するのである。チンピラ風情や認知症を思わせるボケ声や悪をひけらかしたがる安物等、そういうのがよく出てきては同レベルの触覚被害をバラまくのである。それに我慢し続けての業務になる。今日も例外ではない。
両脇の下に挟みものをしなければいけない時間もあった。扇風機の風を利用し左乳首へのしつこい刺激、股間への弱感電刺激、尻の撫で回し。それらを普段の触覚被害に加えて次々と飛ばしてくる。深夜には尻へ触覚被害が集中。相当のストレスを強要され続けた。さらに千万単位の金が入る、美しい女と結婚できる、もう終わるのかと思うと、もうできないのかと思うと、何か良いことがある等、次々とばかな内容のデマ他の送信が続く。
24時に終業。すぐに愛犬の散歩。延々に続く尻への撫で回し触覚被害。ずっとストレスに耐え続けである。散歩の最中には更にいつものチンピラ送信や「サー」というノイズ、熱帯夜である。
尻への触覚被害に頭に血が上る。さらにバカとしか言いようのないクズ音声が私の内面の変化にいちいち呼応し絡んでくる。うんざりである。もう6年になる。歩行中でも気違いどもに対する悪態が口を通して飛び出してしまう。
「早くこいつらを殺せ」「何で生きていられるんだ」「この気違いどもを皆殺しにしろ」「何で平然と犯罪をバラまけるんだ」「気違いども!」「お前らは善良な人々の苦労と我慢に唾を吐きかけているだけのクズだ」「お前らがバカな犯罪をバラまけるのは真面目な大多数の人たちのおかげだという自覚がないのか、このアホが…」「どこまで甘えれば気が済むんだこの恥さらしども、早く自殺しろ、人の手を汚させるな」云々。次々とこういう言葉が機関銃のように飛び出してくる。自分でも抑えようがない。怒りのほとばしりが自分でも驚くほどである。元々家族からも親戚からも、仲間からも呑気で人が良いことを突っ込まれるような、本来は天真爛漫で小心なはずの自分が、ここまで怒りの変化のようになれるとは思えなかった。

気の毒なのは愛犬である。やはり私の様子を伺い、緊張し始めていた。「お前に何の罪もないのにゴメン」とこちらでは理性的な自分がいるがダメである。
かわいそうに今日も自ら早く自宅に足を向け、わすかな時間の散歩となってしまった。今では散歩の時間は気分転換の時間ではない。怒りの発散の時間である。

そして帰宅すれば、散々な拷問の時間の入浴が待っている。しかし浴びないわけにはいかない。汗で全身がベタベタである。仕方なく右膝と尻への触覚被害に耐えて耐えての、おぞましい時間を過ごす以外に選択の余地がないのだ。あまりに一方的に被害者でいざるを得ない状況なのである。一体何度同じことを記してきただろうか。この技術悪用に対する異常な執着の方がもはや不気味である。音声送信も自失状態とも、認知症ともとれむマトモじゃないものや、一応「声だけ」でそういうのを制する声もあるにはある。今日もメチャクチャである。歯止めのない異常者どもの快楽と自己満足の餌食にされた時間だった。

それから何とか自由時間。発泡酒とお酒を頂くが、やはり扇風機の風を利用した触覚被害がひどい。我慢する以外にない。
音声送信は一応静か、一応である。繋がれている以上はいつでもこいつらはアホな送信をじゃんじゃん飛ばすことができるのだ。さらに監視という行為は確実に存在していることを強く感じさせられ、気を休めることも許すこともできない、1日でも早くこういう大変な技術が異常者によって極悪用されている事実に世の中が気づいて欲しい。でないと私たちは生まれてきた意義や意味を根底から全部改めなければならなくなってしまう。
少なくともこの異常な付きまといについては1616日以上途切れずに記録が継続している。どれだけの罪の重さかは読むだけで分かるようになっている。これを記させたのはこの技術の向こうにいる異常者どもなのだ。理由も目的も素性も期限も技術も場所も知ったことではない、確実にこの技術が体に届き、私を始めとした多くの善良で罪のない、世を無事に継続させるために頑張っている者たちに反応してしまっているのだ。その事実が何よりも大事なのである。それ以外はこの気違いを守るための口実や殻に利用されてしまう段階なのである。

就寝に近づくに連れ、じょじょに被害は遠のいていく。2時に就寝。


このブログに連動している動画記録の方は

(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a 20120718(水)を御覧下さい)。

*******************************
テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」ですが、紀伊国屋系の書店は並ぶ確率が高いことになっています。
地方の方で手早く入手なさりたい方は最寄りの書店から取り寄せる方法が一番お手頃です。
さらに2010年5月26日の関東圏の毎日新聞の朝刊に広告が掲載されました(他の地域は地方により数日のズレが発生するとのことあです)。全国紙での掲載ですので実証性と信頼性も高いので、コンビニ等で購入なさり実証材料や広報材料としてご利用下さい。

Dsc09120


2010年5月12日に講談社出版サービスセンターより発行された(店頭販売は22日より)「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」の予告・宣伝チラシのデータを公開致します。JPEGデータで公開致します。コピー&ペーストは各自ご自由にどうぞ。書籍の装丁もこのチラシのデザインがそのまま反映されています。赤いハートは理不尽極まりない被害を強要されている被害者の方々を象徴していると解釈して頂ければと思います。
広報等でご利用なさりたい方は(nra16393@nifty.com)内山治樹までご遠慮なく声をおかけ下さい。

Photo

Photo_3

テクノロジー犯罪被害者である私内山がトリフィールドメーターに加害行為を運んでいると思われる加害波をキャッチしました。
その証拠画像がYou Tubeに公開されています。興味のある方は以下のアドレスをご覧になって下さい。
1)自室での記録。http://www.youtube.com/watch?v=fL15plJ_bWA
2)屋外2カ所での記録。http://www.youtube.com/watch?v=S6jjI6kMQKk
3)自室で被害がエスカレートした際に記録。http://www.youtube.com/watch?v=7834nsI_BYw&feature=related
4)自宅より25分ほど西側のある園芸店の敷地内での加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/W8iyidOQ6I0
5)飯田橋の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」事務所付近での2台のトリフィールドメーターによる加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/Q_s9locTze4
6)脳波センサー付きヘッドフォンによる私自身の脳波やコンディションをパソコンのモニタにビジュアルした模様をビデオカメラで記録したものをYou Tubeにアップロードしておいた。興味のある方はご覧頂ければと思う。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/n3UEwPjzNlY)
7)2月27日早朝4時20分にはっきりとした覚醒の強要。そして右半身に強い撫で回しが発生。「これは記録」と思い、すぐに起床し、ビデオカメラをオンにしトリフィールドメーターをアップに映し出し、いつもの証拠映像を作成し、約9分間の音声動画記録(証拠)としてYou Tubeにアップしておいた。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/geTl-1WRMbs)。

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。

1_7
*******************************

« 散歩の時間もメチャクチャにされ、気の毒な愛犬 | トップページ | ひどくなり続けている触覚被害 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

内山さんのおっしゃる通りオチは迷惑なヤツですね

 
谷 洋 一 郎 キ エ ロ カ ス
 

内山さんがお前のことを何て話しているか知っているか?

 
谷 洋 一 郎 消 え ろ カ ス
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛び火し続ける気違い犯行:

« 散歩の時間もメチャクチャにされ、気の毒な愛犬 | トップページ | ひどくなり続けている触覚被害 »