« 被害者の活動も少しずつ実を結び始めています | トップページ | 被害報告ついに1600回を超える »

2012年7月 2日 (月)

日常・走行ともに被害ひどし

テクノロジー犯罪に遭遇して1599
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という50才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者・制作者として)発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を! 睡眠・業務妨害の音声動画記録もほぼ毎日You Tubeへ更新中(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1)

7月1日(日)
嫌がらせの度合い:★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし
今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻、右肘)気配◎ 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感。背骨に圧迫感、乳首に操作、肝臓に操作、ひどい走行妨害)

8時半頃に覚醒。連続睡眠時間が6時間半。えっと思ったがこういうことは年に数度ある。要するに被害前と同じ睡眠コンディションだったということ。実際操作はほとんど為されていないのだろう。しかしどんなときでもすぐに反応するのが「サー」というノイズである。途端に聞こえ出す。老人声が「いい加減いなくなるぞ!」等の戯言。「できるもんならやってみろ、このジャンキーが!」と言い返したいところを無視し、他に意識を向ける。もう少し休み、9時半に起床。

寝間着を着替えているときからすぐに尻へのひどい触覚被害。そしてすぐに胸にも範囲が広がる。音声送信はすぐに「金」「女」「解放」のサギ音声を流し始める。今日は金が入るとの送信。「思いがけない経路で金が入る」と相変わらず被害者を舐めきったデマだ。今の世の中ほとんどの庶民が、お金と電気を中心とした資源のやりくりに苦労しているというのに、本当に呑気なものだ。さらに誰でもそんなエラそうな大先生みたいな台詞を吐いてみたいものではないか。でも自分が誰であるのかがすぐに分かってしまうから、普通はそんな大それたことを口走れるものではない。ところが素性さえ明かさないでいられるなら、何を言ってもやっても良くなってしまうのだろう。私のようにこの奇妙で異常なストーキング犯罪に巻き込まれ物理的大損害を被った者にしてみれば、余計にこの気違いどもの尊大音声に対し敏感に反応する。一度でもいいからマシなことで言行を一致させてみやがれと吐き捨ててやりたい。今日も胸くそ悪い気分にさせられる。
さらに「謝りに行く」←その度胸があるならやってみろ! 「女を紹介する」←異常犯罪者に紹介される女性など物騒で付き合えるはずがない。「金が入る」←だからすぐにやってみろ! 「もう止める、終わりにする」←それこそ早くしろ! こんな感じである。これは被害者全員がそうであろう。こうやって毎日毎日被害者を人間扱いしない音声とやらを飛ばし続け、蹂躙し続けている輩が何で今日も我々と同様に生きていられるのか。何で罰を受けないでいられるのか。悪の温床の源のようなのを何で生かしておくのだろうか。今日はこれ以降もメチャクチャである。

雑事一段落後すぐにブログに取り組む。1599日の間、盆も正月も週末もないライフワークとなっている貴重な証拠や事例になるであろう大切な作業だ。この作業ででの時間というものの損害だけでも膨大なものだ。それも将来取り仕切る側(正義の側)が分かってくれるだろう。タイム・イズ・マネーという観念がこの異常者には完璧に欠けているのだろう。私とて少しは持っている大切な観念である。

ということで日曜のゆっくりしていたい貴重な午前の時間を今日も変態触覚被害に苛まれながら、はだかで、右脇の下に空き瓶を挟み、変態意識丸出しのアホな下半身攻撃に耐えながらのパソコン作業である。音声送信は「サー」というノイズを中心として、何やらガヤガヤとやっている。中傷と謝罪が入り乱れている。
ところが今日は飯田橋のNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの事務所に、団体の機関誌の刷り上がりを300部届けなければならない。ということで外出の準備である。もちろんクロスバイクで出向く。何で変態異常者どもの犯行に屈服しなければならないのか。被害覚悟でも自分の意志を当然のように通して当たり前である。
音声送信は早速走行妨害を予測している私に対し、「今日もじゃんじゃんやってあげるね」「沢山触ってあげる」「もっと苦しんで下さい」等の送信を飛ばしてきた。こういう内面介入も毎度のことだ。今更ながら大変な技術である。それと同時に人間の順応力や適応力にも驚かされる。こんな悪夢のような事態にも慣れてしまうのだ。しかし再三に亘るが、触覚被害に慣れることだけは絶対にできない。それを多くの車両が行き交う大通りで平然とバラまかれるのである。

今日も見事にそうなった。ただ今日はまだ行きの走行はビデオカメラを回すほどの勢いではなかった。だから何とかやっとさっとこ事務所に到着できた。それでも脇の下や背中や大腿に対する刺激は相当なものだったのだ。
無事に機関誌300部を届ける。事務所には理事長や実行委員会の方々が、資料送付の準備に取り組んでいて、心からご苦労さまと言いたい気持ちにさせられた。こういう人たちの陰の努力があるからこそ、何とかなっているのである。本当は好きに過ごしていたい日曜の半日以上を無償で働いているのである。

私は家のことに従事する必要があったし、日曜はできるだけ在宅していたいので、失礼ながら帰宅させて頂く。この帰路の走行で触覚被害が一気にエスカレートした。仕方なくビデオカメラを回し、You Tubeへの犯罪動画記録を残していく。今日も帰宅まで結構な数のカットが録られてしまう。右脇の下に対する触覚被害がおぞましいほどにひどい。車道運転中の身に右脇の下という急所に2本くらいに指を突き立てられたらどういう状況になるだろうか。他大腿部、背中、腕、胸にも何かが蠢く悪寒が相当のレベルで発生している。何故こんなことをいつまでも続けるのか。完全な異常行為ではないか。

何度も危ない思いをし、明らかに危険な場所では仕方なく歩道に移り危険を逃れ、そんな感じで走っていく。脇道に入っての走行もできるだけ選ぶ。こんなことで死にたくない。その都度ごとに走行を止め、ビデオカメラを回し被害報告を残す。2012年に於いては明らかにマイノリティな行動のため。道行く人は何事かと私を眺めていく。できるだけ特徴のある場所を記録保存に選ぶために通行人も多い、しかし下手な自意識を発揮している場合ではない。我々「的」にされた被害者はそれどころじゃない場所に強制拉致されてしまっているのだ。
やっとの思いで帰宅。愛犬や愛鳥たちが本当に可愛らしく見える瞬間である。散々なストレスに耐えて帰宅する仕事熱心な父親が帰宅し、自分の家族の顔を見た瞬間というのはこんな感じなのだろうか。

その原因が分からない、目的が分からない、誰がやっているのかが分からない、どこからやっているのかが分からない、どういうふうにやっているのかが分からない、期限が分からない、何もかもが分からない尽くしのこの6年近い歳月の間、全くの手探り状況でこの不条理を中に生きている。被害者の全員がそうなのだ。

帰宅してからは、やはり左胸や尻にかなりの触覚被害が続く。これに延々と耐えながらの日常生活である。何度も何度もため息をつき、深呼吸をし、乗り越えていく。とにかく触覚被害が無いときがない。「サー」という耳障りなノイズもほとんどずっと続いている。音声送信は夕方から以降は今日は結構静かだっただろうか。しかしノイズは別である。これは深夜の就寝時までずっと続く。
しかし週末の雑事が次々と待っていて、そっちに神経が行くのでまだ良い。さらに体を使う雑事がほとんどなので余計である。とにかく片付けるべきことを次々と片付けていった。15時過ぎに近所のスーパーまで買い出しに出る。ここで物色中も「サー」というノイズとそれに連動して聞こえる金属質な子供の声などが買い物中の私に触覚被害を連動させ不快を強要してきた。特に日曜の買い出しはどこで買い物をしようが被害がひどい。週末らしい気分で買い物をするときというのは独特のドキドキ感みたいのがあって、それが心地よいものなので、それをことごとくぶち壊したいのだろう。とにかく入念にまでこの技術を悪用しているということである。

帰宅すると途端に左胸と尻への触覚被害がまたひどくなる。とにかく雑事片付けを再開。その前にお金の出入金を記録するためにパソコンの前に座るが当然無事ではない。反射的に、はだかになってのパソコン操作である、ものの3分の作業ですらこういう調子である。
それから再び着衣し、主に屋内ででの雑事片付け。夕方から雨が本降りになる。散歩は諦め、そのまま夕飯の準備。今日は手巻き寿司にした。揚げ餃子もビールのつまみに作る。この調理中も尻への触覚被害がひどく、それに耐え続ける。

19時45分頃から食事を始める。いつもと同様の触覚被害がある。音声送信も遠いながら何かと話続けている。それと「サー」というノイズである。しかし今日は何とか耐えれるほどのレベルで済んだように思える。味覚操作も露骨なのはなかった。
食後の自由時間も「サー」というノイズが確実に続いていたが、酔いもあって触覚被害はそれほど感じないで済んだ。しかし2次被害であるうたた寝は今日もしてしまった。今日も目覚めると深夜になっていた。
すぐに入浴。珍しくそれほどの触覚被害はなかった。しかしここで目覚めてしまう。それからは書斎でネット鑑賞をする。「サー」というノイズだけは続いていた。3時20分に就寝。

このブログに連動している動画記録の方は

(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a 20120701(日)を御覧下さい)。

*******************************
テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」ですが、紀伊国屋系の書店は並ぶ確率が高いことになっています。
地方の方で手早く入手なさりたい方は最寄りの書店から取り寄せる方法が一番お手頃です。
さらに2010年5月26日の関東圏の毎日新聞の朝刊に広告が掲載されました(他の地域は地方により数日のズレが発生するとのことあです)。全国紙での掲載ですので実証性と信頼性も高いので、コンビニ等で購入なさり実証材料や広報材料としてご利用下さい。

Dsc09120


2010年5月12日に講談社出版サービスセンターより発行された(店頭販売は22日より)「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」の予告・宣伝チラシのデータを公開致します。JPEGデータで公開致します。コピー&ペーストは各自ご自由にどうぞ。書籍の装丁もこのチラシのデザインがそのまま反映されています。赤いハートは理不尽極まりない被害を強要されている被害者の方々を象徴していると解釈して頂ければと思います。
広報等でご利用なさりたい方は(nra16393@nifty.com)内山治樹までご遠慮なく声をおかけ下さい。

Photo

Photo_3

テクノロジー犯罪被害者である私内山がトリフィールドメーターに加害行為を運んでいると思われる加害波をキャッチしました。
その証拠画像がYou Tubeに公開されています。興味のある方は以下のアドレスをご覧になって下さい。
1)自室での記録。http://www.youtube.com/watch?v=fL15plJ_bWA
2)屋外2カ所での記録。http://www.youtube.com/watch?v=S6jjI6kMQKk
3)自室で被害がエスカレートした際に記録。http://www.youtube.com/watch?v=7834nsI_BYw&feature=related
4)自宅より25分ほど西側のある園芸店の敷地内での加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/W8iyidOQ6I0
5)飯田橋の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」事務所付近での2台のトリフィールドメーターによる加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/Q_s9locTze4
6)脳波センサー付きヘッドフォンによる私自身の脳波やコンディションをパソコンのモニタにビジュアルした模様をビデオカメラで記録したものをYou Tubeにアップロードしておいた。興味のある方はご覧頂ければと思う。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/n3UEwPjzNlY)
7)2月27日早朝4時20分にはっきりとした覚醒の強要。そして右半身に強い撫で回しが発生。「これは記録」と思い、すぐに起床し、ビデオカメラをオンにしトリフィールドメーターをアップに映し出し、いつもの証拠映像を作成し、約9分間の音声動画記録(証拠)としてYou Tubeにアップしておいた。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/geTl-1WRMbs)。

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。

1_7
*******************************

« 被害者の活動も少しずつ実を結び始めています | トップページ | 被害報告ついに1600回を超える »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

日本では電波での攻撃、思考盗聴が、まるで24時間コンビニ営業のように、当たり前にビジネス化されています。

被害者を攻撃する事でお金を貰ってるんですよ?
止めるわけがないじゃないですか。

どんなお仕事がくるの?って日本人、外国人どっちからも興味で聞かれるけど、全然仕事がこなくてお金にもならないなんて、恥ずかしくて言えやしない。

落啓一郎エロオカズ

 
谷 洋 一 郎 消 え ろ カ ス
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常・走行ともに被害ひどし:

« 被害者の活動も少しずつ実を結び始めています | トップページ | 被害報告ついに1600回を超える »