« ひどい走行妨害を始めとする被害が続く | トップページ | 洗濯物すら普通に干せない »

2012年8月28日 (火)

匿名気違いのやりたい放題

テクノロジー犯罪に遭遇して1656
私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という50才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者・制作者として)発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を! 睡眠・業務妨害の音声動画記録もほぼ毎日You Tubeへ更新中(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1)

8月27日(月)
嫌がらせの度合い:★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし
今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻、右肘、左肩)気配○ 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、肝臓に操作、ひどい走行妨害あり)

連日過激な走行妨害に悩まされる。今日も中野や江古田との往復時の走行は気違い匿名加害者どもの天下だった。自分が神様なのだから仕方がないのであろう。自分の的にしている人間が少しでも身体を強く拘束されるときになると、触覚被害をエスカレートさせる気違いが、すごい技術を使えるという「だけ」で、神様のように振る舞えるのだ。それによってこちらの人生がどんなに破壊されようが、この「神様」には全く関係ないのだ。
物事を伝えるという立場でさらに信念で行動していた女流ジャーナリストが最近シリアで亡くなってしまったが、そういう世に本当に必要な者が銃弾に倒れ、何故こういう気違い匿名雑菌犯罪者どもの存在を平然と許すのか、何故自然までもがこういう罰当たりな恥さらしをいつまでも罰さないのか? これは完璧な疑問だ。この技術が乱用・悪用されまくっていて、それを利用している気違いが神様気取りでいい気になりきって、自己満足の世界の中で中毒を起こしていることを黙認している存在も確実にいるのだ。
そして純粋に生粋に被害者でしかない私たちが、毎日毎日些細なところまで徹底的に妨害侵害されていることも絶対に知らないはずがないのだ。いつまでも続くこの異常事態。
死ぬべきでない者が殺され。殺されるべき気違いがはびこる悪夢のような事実が、何でもない平成の先進各国の庶民の世界に普通にはびこっているのだ。
今日8月27日もなんてことない。その気違いのやりたい放題の1日だっただけだ。純粋な被害者の1人である私内山の今日という人生はまたメチャクチャにされただけである。

7時25分に覚醒の強要。これで何千日になるだろうか。連続睡眠時間は3時間25分だけである。今日も終日睡魔につきまとわれた。つきまといはこの気違い神様気取りだけではない。睡魔という迷惑なのにもつきまとわれ続けたのである。
「サー」というノイズをすぐに確認。何とかすぐに再就寝できたものの、8時20分には再覚醒である。要するにロクにきちんと眠れていないのだ。扇風機の風を利用した触覚被害もいつもと同様、右脚にひどい。8時35分に起床。

すぐにリサイクルゴミを出す。そしてヘルパーさんを迎えいつものように雑事の片付けである。2008年の2月から全く途切れることなく、この被害日誌は続いているが、これが普通の人間の「日常」というものなのだ。その日常にどっぷりと腰を落ち着かせ、つきまとい続ける寄生技術の賜物でしかない、我々と同じ人間である気違いが恥をさらし続け、今日もその恥の上塗りを続けている、被害者の内面を共有できるために被害者の内面自浄作用に助けられ、居心地の良い状態を当たり前のように過ごし、さながら気違い重犯罪者のために被害者君が機嫌が良いと思っているに至っては異常以外の何ものでもない。今日も被害者の内面自浄作用に共鳴し、被害者の日常のプライベート材料を低次元で使いたい放題である。人間関係、仕事関係モロモロの私本人だけしか知り得ないことに平然と介入しては、自己満足送信をひたすら続ける。あの女と結婚ができる、できない。お前の好みじゃないあの女と付き合う羽目になって苦労の人生を生きることになるとか、東北の親戚のSから500万の金が入るだの、下宿の住人の女Sがお前を死ねばいいと思っているだの、そんなのを延々延々とやられ続け、それ相応の触覚被害をひたすら垂れ流されたのだ。なんてことはない。それが私たちこの技術の的にされて者たちの普通であり、日常なのだ。
さらにである。
もう終わる、ステキな異性が現れる、いなくなる。何か大きな変化が訪れる、今度こそ本当に最後だ、もう二度とこない、これだけひどい目に遭ったんだから何か良いことがある、何もしてやれない、何にもできない、もう耐えられない、大きい立派な仕事が来る、そういう恥さらし「デマ」も合間合間に挟み込まれる。
それもないときは「サー」というノイズを延々と流されるのだ。

ブログの時間になる。本来は午前の業務の時間だった。私の始業時間は10時で、当時お世話になっていた依頼主はそれを知っていて、10時過ぎになってから電話を寄越してくれていた。そんな普通の日常はもう4年前の話である。今では残念極まりないライフワークとなってしまったノンギャラのこのブログ記入の時間である。
それも自宅の書斎で服を着るという、人間にとってあまりに当たり前の権利を、住んでいて当然の場所で強要されるのである。こういう気違いが神様であることを許している世の中は一体何なのか。何で世に必要な人たちが次々とこの世からいなくなり、こういう気違いがはびこり、増えて行くのか。全く理解できない。
今日も着衣は無理、それだけではなく、右脇の下に何故かインスタントコーヒーの空き瓶が挟まっているのだ。何度も言うがここは私の生家であって、人の家でも刑務所でもない。
この技術悪用のおぞましさがモロに分かって頂けるだろう。あらゆる境界線なんて無いも同然だ。それと同時にそういう非常識をいとも簡単に恐らくタダで垂れ流せるとなったらどうだろうか。今日もそういう匿名気違いにいいように身体に反応させられた。こちらはもう一方的に大変なだけだ。

12時15分に更新。ヘルパーさんを送り、それから今日は新宿まで用事があったため出向くことになった。仕事関係の用事である。事情があって地下鉄を利用。この時間にも椅子に座っている際に大したレベルではなかったものの触覚被害あり。やはり少し気を抜くと眠気がひどい。目を瞑ると眠りそうである。
新宿で用事を住ませ、それから昼食。油そばを頂く。それからすぐに帰路に着く。

書斎に冷房を入れ、業務の準備。今週はどうやらビジネスではなく、被害報告集第2巻関連の作業で埋まりそうである。グラフィック業務が8月前中半は山場だったせいで、被害報告集の方が全然手つかずだった。急いでその準備を進めていく。今回は私も参加する。制作者、編集者、執筆者である。いよいよ30名の被害者の方々が集まったので制作も決定である。
手書き原稿の方が結構いらして、その打ち込みを行わなければならない。結局そういう地道な作業で以降は埋まることになる。
オペレーター訓練はしていないので打ち込みは遅く、下手である。だからどうしても校正を依頼することになってしまう。仕方が無い、それにしても眠い。

夕方に中野のホームセンターまで、洗剤等を中心にした雑貨類を買い出しに出る。クロスバイクで15分ほど。嫌な予感がしたが、その通りで「サー」というノイズを伴う子供声や他の意志薄弱そうな声の送信が出始めると触覚被害がひどくなる。自転車運転も身体を著しく拘束される。入浴もそうだし、食事もそう、細かいところだと洗濯物を干す際もそうだ。調理もそれに近い、何と言ってもパソコン前での業務、さらに覚醒状態でベッドに横になっているときだってそうだ。触覚被害を的の身体に反応させるに適しているのだ。
さらに走行と入浴は気体や液体が身体をはっきりと摩擦する。匿名気違いにとっての絶好のタイミングなのである。
自宅から中野のホームセンター(島忠)までは車道よりも住宅街の歩道の方が多いが、後半の5分は通行量の多い、ギリギリ2車線のかなり危険な通りで、被害が無くとも緊張する道である。否応無しに右脇の下や右膝に強力な触覚被害が届く。私が死のうが身障者になろうが匿名気違いには一切関係ないのは今日もである。その報告の積み重ねがこのブログなのだ。報告回数は多ければ多いほどよい。統計的観点からも見れるではないか。
買い物を済ませての帰路も、行きと同様の匿名気違いどもの独壇場だった。怒りと屈辱で一杯だった。これも匿名気違いにとっては快感のようだ。的の被害者が怒れば、勝ったつもりになれる。安定していれば共有していればよいのだ。凄い技術ではないか。

帰宅後すぐに今度は江古田方面に出向くことになる。同じクロスバイクで10分ほどの走行だ。行きはやはり匿名気違いの独壇場。「サー」というノイズ、意志薄弱キャラクター、一応それを制する声。さらに手が混んでいるのは、真面目な声で被害者である私の立場に立って、肯定的なことを話し始め、私が意識を向けると強く繋げ、触覚被害のレベルも上げる方法だ。「今度こそ本当に終わる、こちら側では4000万円の謝礼金を用意してあって、それをできるだけ早く仕事を通して支払っていく」だの「すぐにというわけにはいかないが、大きくて立派な仕事が何で?と思われるクライアントから発生する」「いよいよ終わります。あなたにはステキなお譲様が現れ、すぐに幸福な結婚ができます。私たちであなたにぴったりの女性を探しておきました。すぐに現れますよ」。こんな内容のもので、私としても弱点をモロに掴まれての内容なので、どうしても聞いてしまうのである。そうすると意識の繋がりの度合いが上がる、その分触覚被害のレベルやリアリティも増すのだ。意地でも何としてでも被害者を苦しめなければ気が済まない、さらにこの技術をふんだんに徹底的に使い切りたいのだろうか。
まだ嫌われ口を叩いているキャラクターの方がマシかもしれない。どちらももちろん不快だが。ということで散々なクロスバイク走行となった。以前にも記したが、このクロスバイクを購入して約1年半経過したが、普通に走行ができたのが最初の数回ほどであって、あとは皆さんがご存知の通りだ。

帰宅する頃にはすっかり暗くなっていた。あと少し打ち込み作業を進め、今日は終業とした。愛犬の散歩をすぐに済ませる。今日は公園で他の家の犬たちと少し遊べたせいで、それが理由で私の方も意識が外向化し、被害を感じずに済んだ。
それから夕飯の準備。ミートソースをつくる。それと枝豆を蒸し、ゴーヤやトマトでサラダを作った。映画を借りていたので、それを鑑賞しながら夕飯を頂いた。
この時間も「サー」というノイズ、それと扇風機の風を利用した触覚被害が続く。この技術の反応はもう意識のある時間全てなのだ。

しかし以降は少し遠のく。やはり少しうたた寝。気づくと1時を過ぎていた。
すぐに入浴。ここで徹底的に尻に触覚被害がエスカレート。執拗なほどさまざまな刺激を尻に試され続ける。実験材料のようにだ。液体が身体を摩擦する、さらにその状況から動くことができない。完全な拘束状態。走行時と一緒。ここも匿名気違いの独壇場だ。不快な気分で身体を拭き、着替える。それから寝室に向かう。2時に就寝となった。

このブログに連動している動画記録の方は

(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a 20120731(火)を御覧下さい)。

*******************************
テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」ですが、紀伊国屋系の書店は並ぶ確率が高いことになっています。
地方の方で手早く入手なさりたい方は最寄りの書店から取り寄せる方法が一番お手頃です。
さらに2010年5月26日の関東圏の毎日新聞の朝刊に広告が掲載されました(他の地域は地方により数日のズレが発生するとのことあです)。全国紙での掲載ですので実証性と信頼性も高いので、コンビニ等で購入なさり実証材料や広報材料としてご利用下さい。

Dsc09120


2010年5月12日に講談社出版サービスセンターより発行された(店頭販売は22日より)「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」の予告・宣伝チラシのデータを公開致します。JPEGデータで公開致します。コピー&ペーストは各自ご自由にどうぞ。書籍の装丁もこのチラシのデザインがそのまま反映されています。赤いハートは理不尽極まりない被害を強要されている被害者の方々を象徴していると解釈して頂ければと思います。
広報等でご利用なさりたい方は(nra16393@nifty.com)内山治樹までご遠慮なく声をおかけ下さい。

Photo

Photo_3

テクノロジー犯罪被害者である私内山がトリフィールドメーターに加害行為を運んでいると思われる加害波をキャッチしました。
その証拠画像がYou Tubeに公開されています。興味のある方は以下のアドレスをご覧になって下さい。
1)自室での記録。http://www.youtube.com/watch?v=fL15plJ_bWA
2)屋外2カ所での記録。http://www.youtube.com/watch?v=S6jjI6kMQKk
3)自室で被害がエスカレートした際に記録。http://www.youtube.com/watch?v=7834nsI_BYw&feature=related
4)自宅より25分ほど西側のある園芸店の敷地内での加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/W8iyidOQ6I0
5)飯田橋の「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」事務所付近での2台のトリフィールドメーターによる加害波記録。http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/Q_s9locTze4
6)脳波センサー付きヘッドフォンによる私自身の脳波やコンディションをパソコンのモニタにビジュアルした模様をビデオカメラで記録したものをYou Tubeにアップロードしておいた。興味のある方はご覧頂ければと思う。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/n3UEwPjzNlY)
7)2月27日早朝4時20分にはっきりとした覚醒の強要。そして右半身に強い撫で回しが発生。「これは記録」と思い、すぐに起床し、ビデオカメラをオンにしトリフィールドメーターをアップに映し出し、いつもの証拠映像を作成し、約9分間の音声動画記録(証拠)としてYou Tubeにアップしておいた。(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1#p/a/u/0/geTl-1WRMbs)。

********************************************

テクノロジー犯罪被害報告書籍「早すぎる?おはなし」発売中

Dsc05217

9月8日(火)に栃木県の県紙「下野新聞」に「早すぎる?おはなし」の広告が掲載されました。「下野新聞」は地方新聞の中でも比較的シェアの広い新聞です。それなりの効果を期待したいものです。

83
「陸奥新報」「デーリー東北」でも宣伝されました。

Photo_2
●8月22日(土)東京・北陸中日・中日新聞(夕刊)にて紹介されました。

4
5_2
●8月25日(火)千葉日報にて広告掲載と、コラム記事掲載されました。

Dsc05877
●9月30日埼玉新聞に掲載されました。

年内増刷目指して好調な売れ行き。

1_7
*******************************

« ひどい走行妨害を始めとする被害が続く | トップページ | 洗濯物すら普通に干せない »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

動画記録やめたのですね 被害が軽くなってきてる様子でよかったです。もう少しの辛抱です。素敵な女性も夢ではないですね

ラブホテルもほぼ全店、異常操業中! 岐阜

谷洋一郎は死ね

mr.uchiyamaは筋肉質な身体ですし不労所得もありますし ユーモアに溢れ凝り固まった考えがないしかも料理上手な方で都内一等地に在住する地主様です。つまり異性にはモテモテ状態ということです。加害者がもっとも嫌う対象です。とてもわかりやすいですね。被害差し引いてもmr.uchiyamaはモテモテ状態なのですから本人がその気になれば女優さん並のグラマーでスタイルがよい胸の大きな美人さんなどは入れ食い状態でしょう。にもかかわらず夢のような破廉恥な日々を過ごされないのはmr.uchiyamaの厳格な品位と感性にもとずくものなのでしょうか。しかしわたしはせめてオナニーは解禁するべきだとは思いますね。喫煙は続けるべきです。お酒は少し控えるべきでしょうか

『加害者は絶対悪』というのが『凝り固まった考え』か
 
谷洋一郎は生まれつきペテン師ってことがまた身に染みた
 
被害弱めても頑なに考えを変えないてか
 
今までしてきたことは無かったことか?
 
手足切断されて10年後くらいかしたらテメーは受け入れるって意味だよな?
 
テメーらのそのくり返す屁理屈はそういう意味だバカが
 
『凝り固まった』というのが一言言いたくて下らない駄文をまた書きやがった
 
テメーは迷惑だという考えは凝り固まってるのか
 
それがテメーらの『独自の価値観』から出た『意見』だろ
 
ただのクズだ
 
凝り固まった考えはテメーらキチガイ
 
素晴らしいキチガイはここに来るな!
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 匿名気違いのやりたい放題:

« ひどい走行妨害を始めとする被害が続く | トップページ | 洗濯物すら普通に干せない »