« デマという名のクソの集積となった1日 | トップページ | 絶対的匿名性の恐ろしさを思い知らされる日々 »

2012年10月25日 (木)

寒くなろうが被害は一向に

テクノロジー犯罪に遭遇して1714

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という50才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者・制作者として)発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を! 睡眠・業務妨害の音声動画記録もほぼ毎日You Tubeへ更新中(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1)

10月24日(水)

嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻、右肘、左肩) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、肝臓と胃への強い操作、ひどい走行妨害、右腹部全体ににおかしな圧迫感)

今日も被害は最悪に近い状態となった。しかし夜は外食にしたので、その時間帯は避難するように遠のくことができた。

5時20分に覚醒の強要。連続睡眠時間は3時間10分だけ。本当に我が身が心配になる。寝た気がしない。まぶたも重いし、眼痛もある。目を酷使するので、自然その周辺に疲労と痛みが集中する。本来なら休めているのにそれができないのだ。

「サー」というノイズが早速聞こえる。まるでこの技術を使えるなら、使われる側のことなど全然関係ないというケダモノの本性が剥き出しなのを感じさせられる。この技術の「ヒモ」の頂点に君臨しているのが、この「サー」というノイズとそれに連動している男児(餓鬼と言いたい)の声である。金属質な響きはそれだけで凶器の存在を思わせる。何を言い出すのかと思うと、加害者が中央アフリカの未開人の人間で通常の常識が通用しないのだそうだ。他退室した韓国の女性と何故付き合わないのかとか、もう本当に終るとか等、小用に立てばやはり触覚被害が全身の広い範囲で一斉に始まる、それに耐えての放尿だ。ベッドに戻るとノイズがさらにうるさくなっている。その悪の温床のような男児の声を厳しく制する女性の声が現れ出し、注意されると、「分かりました~」等とやっているが、被害は何ら軽減されない。しかし何かパニックというか、相当の焦燥にかられているようで、声調がヘンである。

それから今まで経験のないおかしな感触が右腹のかなり広い範囲で起こる。肝臓を中心に右腹部がぐっと押さえつけられるような感触である。これが寝付くまで続く。ノイズはやはりうるさい。触覚被害もベッドの中でひどい。

寝付いたかと思ったら7時20分には再び覚醒の強要、眼が痛い。老人声による送信あり。この技術を使えるんだから、何で使っちゃ行けないんだといった感じだ。どうでもいい雑言、私の内面への興味本位の介入、思考への醜い声によるなぞり。ここではすぐに寝付くことができた。

8時45分の再々覚醒。「サー」というノイズ。音声送信はもう終る、止める、いなくなる。そういうのに混じって攻撃的な男の声による見下し、差別、脅迫音声もある。8時55分に起床。

音声送信は柄の悪い老女と普通の老人の会話。触覚被害は背中からの抱きつきや、大腿へもかなり広い範囲に気色の悪い撫で回被害。「サー」というノイズもひどい。

それらに耐えての雑事片付けである。周囲では園児を自転車で移動させる若いお母さん達のあいさつや、幼稚園の保母さんたちの声と園児の声がにぎやかに響き渡っていいる。空も快晴に近く晴れ渡り、誰もが爽快を感じる季節である。運悪いこの技術の被害者は、それを味わうそんなささやかで当たり前の権利を強奪されてしまっている。例によってカミサマ気分でこの技術の奴隷に成り下がっている「ヒモ」どもにだ。

余計なことを考えているヒマなく、すぐにブログに取りかかる。今日はNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの街頭活動が警察庁前である。急いでブログを仕上げなければならない。すぐに書斎に向かいパソコンの前に腰かける。途端に背中、胸、肩、腕、首、腹部に気色の悪い触覚被害が発生しだし、さらに背中から人が抱きつき、肩越しに私の顔を覗き込むような視線認識と濃厚な人の気配。吐息が私の顔のかかるかのような、そんなのを反応させられる。誰がこんな気味の悪い、気持の悪い状況に耐えられるか、即座にはだか。今日は気温が平年並み。もうはだかには寒い季節である。うっすらと鳥肌、乳首も硬くなってしまう。そして右脇の下には「何故か」インスタントコーヒーの空き瓶が挟まっている。傍からみれば異状以外の何ものでもない。音声送信は私の幼なじみの声の乱用である。まるで手間をかけてせっかく作ったんだから使わないともったいないと言わんばかりだ。さらに彼の周囲には学会の信者が多いということで、私が猜疑を少し持っているということからのこの乱用ぶりもお見通しである。しかし勝手にやらす以外にない。他すました若い女の声が「もう許してあげよう」等と得意げたっぷりに言いきっていたり。ついに私が悪者扱いされる羽目になってしまっている。

他攻撃的な男の声。この声も6年間の間、よく登場し続けている。日本の名声優であられた広川太一郎氏の声に酷似した声である。あのコミカルな声を殺伐とさせ、攻撃的にした感じである。それが早口で次々と途切れなく中傷、見下し、脅迫音声を飛ばしてくるのだ。

触覚被害はやはり下半身へ移動する。右脚にひどい。

何とか11時前には更新。すぐに外出の準備。11時過ぎに家を出た。クロスバイクを利用し、新宿を経由し、霞ヶ関に向った。走行妨害は予想に反してそれほどでもなかった。とりあえず行きの走行は何らかの悪寒と胸への並の触覚被害で済む。音声送信もそれほど気になるものはなかった。

ほぼ正午に到着。すぐにチラシの配布を始める。今日は警察庁前は人通りが多い。結構な量のチラシを配布できた。天候の良さから気分も良く、機嫌も良くなってくる。するとその状態が危険信号であるかのように触覚被害が胸を中心に始まりだす。これらをノイズをバラまく男児や他の意志薄弱な数名でやっていて、それらの者たちがマトモそうな男女に非難されている問答が続く。13時半までの活動中、胸に対しての触覚被害が並レベルでずっと続いた。

活動後、私は平河町に用事があって、すぐにお別れさせて頂いた。

平河町での用事が少し長引き、そこを出れたのが、14時半頃。昼食には遅くなってしまったので、抜きにし、クロスバイクを新宿に向けて走らせた。行きのように被害は大人しくなく、何かというと胸に大きな乳房を垂れさせられ、それを猥褻な手つきで揉まれるといういつもの変質触覚被害が頻発する。これは本当の話しでその認識される乳房の大きさまで脳で確認できてしまうのだ。いわゆる世間でいう「巨乳」というレベルの大きさであることが、走行中に認識できてしまう。それを本当にリアルな感触で欲望のままに揉まれるのだ。音声送信の方はやはりロクなのがいない。「サー」というノイズと連動する男児の声。しゃがれ愚か声、程度の低い男女の声である。

今日は欲しいCDがあったので、新宿のタワーレコードに寄ってそれを購入。こういう買い物の際にも、不愉快な声で「何でCDが買えるんだ」「無駄遣いしおって」「そんなにお金使っていいの」「また買うの」「お金を大切にして下さい」等の嫌がらせ送信が次々と飛んでくる。これは全被害者共通の声被害の典型的なところだろう。

そして帰路に着く。走行妨害はやはり胸へひどい。しかしいつもの露骨な触覚被害はなかった。例えば右脇の下にこれでもかと刺激を強要するようなやつである。

帰宅してからはやはりひどい。まるで帰宅するのを待ち構えているかのようにひどくなる。着衣が苦痛である、しかしこれからの季節、そんなことは言っていられない。

パソコン前に座ろうものなら、やはり待ち構えていたかのように、背中から人が抱きつき、ベッタリをおのれの体を私の背中に密着させ、腕や肩をまさぐられ、肩越しに覗き込まれ、それと同時に脇の下や胸や大腿にも触覚被害がエスカレートする。着衣は絶対に無理。確実にノイローゼになるほどのひどさ、即ち拷問レベルである。

だから寒いがはだかになる。そして右脇の下のインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、今日も被害報告集の報告文の打ち込み作業である。

音声送信はもう終るの被害終焉のデマ、さらに大金が政府から入る等のデマがまた蓄積される。さらに今日は夜は外食と決めていたので、肝臓への臓器攻撃も加わった。

室外では着衣、室内でな脱衣の繰り返し。鼻が出る。

18時半には終業。愛犬にえさを与え、外出の準備。今日は疲れもひどいので、遠出は避け、西側の練馬に向った。利用してみたいお店があったのでそこで飲み食べとした。ここでは胸への触覚被害がしばらく続いた。それほど長居はせずに、練馬でもリーズナブルで有名なお店で少しだけ、飲み食べをして帰路に着いた。急速に冬に向っているようで、長袖のパーカーでもかなり冷えた。

しかし走行妨害の方は。この往復に関してはそれほどひどくはなかった。行きに最初の店が中々見つからず、迷い走行をしている際に、ノイズと男児の声が近寄った際に、触覚被害がひどくなった程度である。

帰宅しすぐに愛犬の散歩。被害は復活。散歩の間中。左胸にべったりと手の平は密着しているような触覚被害で、これもかなりの忍耐を要求される。これをやられ、音声送信は醜悪な感じの無気力で怠惰な感じの声が現れては明らかに見下した調子で「2000万円の金をくれてやる」等とやっている。

せっかく、練馬で週に1度の外食をし、本来なら機嫌が良くなっているところを、またぶち壊しにしたいらしい。この送信される声。何とかして周囲の聞かせてみたい。誰が聞いても醜悪ということばしか思い付かないはずだ。一体何の恨みがあるのか。そんなのがあとは謝罪を飛ばしてくる。しかし馬鹿にされているとしか思えない。本当に鼻息が荒くなってきてしまう。

帰宅すると疲労から、眠気がひどくなる。それでも何とか1時までは起きている必要があったのだが、やはりダメでうたた寝てしまう。それでも1時前には起き、入浴を済ますが触覚被害が尻にひどい。それを終え、バスタオルで体を拭いている際も尻への被害は軽くならない。そのままだ。やはり無気力な愚か声が、ずっと地代を払わないで済むようにしてあげる等と完全に人をバカにした送信を送り込み、さらに出版社の担当がこれをやっていると、またもや固有名詞の乱用である。

少しの自由時間。You Tubeを鑑賞していたが、尻への触覚被害はひどいまま。

少し真っ当そうな老人の声が出て来ては謝罪を繰り返し。「本当はこの技術で内山君を幸福にするつもりだった。それがこんなことに……」等とやっていた。

やはり眠くなってきたので。就寝することにし、戸締まり、消灯を済ます。1時50分には就寝。

« デマという名のクソの集積となった1日 | トップページ | 絶対的匿名性の恐ろしさを思い知らされる日々 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

私も下半身の露出を強要されて困っています。下着を身に付ける事も許されません。

新来者がお見えになったようです
 
とりあえず不肖私めと一緒にセロクエルしませんか?
 

ハンノウアッテウレシイ。ドクボウノシュウジン。サビシガリヤケタケタwww。

0:47鹿鳴き声

1:23鹿鳴き声

2:05鹿鳴き声
明石家さんまのテレビで『女の方が良心はある』『キリスト教圏のほうが良心はある』などなどバカみたいなウソをウソだと憤慨したことに反応

しかしこのバカは24時間マインドレイプやってる

谷洋一郎だ

谷洋一郎のウソを『良心の咎めから自分を守るための言い訳』とするチョソ不治テレビの番組内容の劣悪さを再確認した

と書く最中
2:08鹿キック

バケモノめが

2:18鹿鳴き声

3:30冷蔵庫操作
笑い声に似た唸り

第三者から見れば理解し辛いが操作だ

厚生省が生活保護受けてる在日外国人の国民年金保険の一律免除というネットでのニュースに
明らかにキチガイによる指示だと感じ怒りを覚えたことに反応

腐れドキチガイめが煽りやがる

こんな重要なニュースはテレビじゃ流さない

こりゃ凄い挑発だ

3:45鹿鳴き声
プギャー!という狂ったような

3:53鹿鳴き声
トイレに合わせた谷洋一郎らしい工作

3:57鹿鳴き声
トイレに合わせたわけじゃないよとトイレに意図的に合わせた後にまた嫌がらせで伝える

4:15鹿キック

4:17パタパタトラック

そう言えばやはり国道は夜中は静かだ

トラックのメカノイズがあれだけひっきりなしなのはやはり谷洋一郎によるもの

5:45冷蔵庫唸り

マツダの水素ロータリーエンジンの開発者が全員死亡していてチョソのメーカーからロータリーエンジン搭載の車が出るとネットで読んでチョソ皆殺し衝動が止まらないことに反応

これが事実ならもう信濃町も精密爆撃したい

7:28鹿鳴き声

ネット見てると福岡のヤクザがRPG26だかの対戦車ロケット砲の所持で捕まったというニュースがあった

キチガイはブログ主が何か気に入るとそれを邪魔するよう必ず工作をする

福岡はブログ主が学生の頃過ごした場所で、久々に行ってみたいと思ったら
福岡市長がブログ主を煽るような発言をしたり、或いは千葉でも同じく

キチガイはブログ主から前向きな希望を奪いたいのだろう

何か戦術的目的があってやってる訳じゃない

全てキチガイの精神的なモノに由来してるとブログ主は確信する

信じられないような嫉妬深さ、執拗さで、健全性を奪おうとしている

これ全部谷洋一郎という下位工作員の仕業ではなく、
谷洋一郎の感情をマインドレイプしたキチガイがやらせてると思う

嫌がらせの規模はデカく執拗だが、それを行う人間はもうクズの中のクズ

もちろん、健常者なら珍しさに観察するか無視するしかない本当にコンプレックスの塊

何で一定の知能がありながらそんな自分を放置するのかww

こちらからは顔も名前も本当に分からないのにこの反応ww

釣れ過ぎww

ノミの心臓過ぎてブログ主の存在そのものに脅威を感じるようだ

名字の言の記事はこのノミの心臓を庇う内容が続くのは何故なのか

8時黒バモスは確認されない

視界外か

8:07プロペラ機ww

最初遠くだけで聞かせて消えようとしたがやがてこちらに接近

8:19軽自動車が煙が出るような高回転走行

焼け付き起こせばいいのに

8:45飯田工業もしくはその向こうから草刈り機のような機械音

飯田工業に行ったら飯田工業の隣の倉庫のグレー作業服の白髪がこちらに気付き
ヤケに慌ててフォークリフト作業を始めた

騒音発信源は飯田工業の丁度向こうからだったが
その騒音の意図を知り、自分じゃないとでも示したげだった

6026白茶ルーチェ
谷洋一郎ポーズ

黒いプレマシーだかのクソ便器が前も見ずにこちらに顔向けて親指と人差し指を90度に開き顎に当てながら楽しげなツラで去った

数日前から女性の参画女性女性とやかましいが、実はこの便器を庇った反吐が出るような洋モノ偽善者の駄策

ここからスーパー吉田駐車場

広島301そ8434シルバーベンツクーペ

広島47あ‥65白軽トラ
目つきの鋭いオッサン

さっきから目つきの鋭い女がヤケにワラワラ

スーパー吉田駐車場

11:41帰宅を出迎えるプロペラ機

11:48セスナ機だかプロペラ機かバイクか

かなり大きくアピールしすぐ消えた

そろそろ谷洋一郎は暗殺されそうだから控えねばならないが、
怒りの感情は消えてはいないぞと言いたいらしい

全くのスーパーハンディキャッパーだ

12:12プロペラ機

長い長い1分以上

13:26止んでいた飯田工業の向こうからの騒音開始

13:38国道よりも手前だろう改造クラクションがパパーッ!!

どんだけ必死なんだろうかww

暴露系のサイトに一切の他のネット放り出して夢中になってかじり付いてるからだろう

13:42プロペラ機

17:39バカトラック高回転ダッシュ

17:42プロペラ機

18:53救急車サイレン

国産OS『トロン』は無償で配られるはずだったがJAL123便ごと撃墜した

スティーブジョブズからアイデアを盗んだウィンドウズで商売するために

アメリカって気持ち悪い

二つのアメリカがあると言うからアメリカには寛容になるべきと良く分からない主張があるが、
原発と共に依存度を限りなくゼロを目指すべきが当たり前だろう

脱原発依存という言葉は脱メリケン依存という当たり前の考えをなし崩し的に奪う意図があったのではないか

21:58鹿鳴き声

NHK総合22時から地球イチバンという番組で
『地球でイチバンのアイドル大国~K-POP~』という番組ww

YouTubeでF5によるアクセス伸ばし工作がバレバレになったことをブログ主が知ったからなのか

ネットでは音楽が溢れてるから飛ばしながら聴くというK-POP作曲家の言葉は涙ぐましい誤魔化し

何かもうチョソはもう結構

甘え過ぎだ
 
不誠実な人間の言葉は煙と同じ
 
誰も心動かされない

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒くなろうが被害は一向に:

« デマという名のクソの集積となった1日 | トップページ | 絶対的匿名性の恐ろしさを思い知らされる日々 »