« テクノロジー犯罪に遭遇して1742 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1744 »

2012年11月22日 (木)

テクノロジー犯罪に遭遇して1743

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という50才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者・制作者として)発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を! 睡眠・業務妨害の音声動画記録もほぼ毎日You Tubeへ更新中(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1)

10時20分

7時53分に覚醒の強要。しかし強要度は弱い。ここのところ睡眠時における被害が少し退いているだろうか。連続睡眠時間は5時間20分ほど。

すぐに善良そうな老人たちの声で、謝罪とこれからのことを送信される。ステキな女性と精一杯の賠償について訥々と話し続けていた。しかしすぐに耳障りなノイズが始まり出す。眠気はひどくうつらうつらである。とりあえず音声送信はそんな調子で続き、8時55分に起床。

起床すると腕や他の部分に触覚被害が始まり出す、音声送信はとりあえず善良な声が強く、愚かな声がたしなめられている状況。しかし肝心な触覚被害はいつもと同様である。やはり私と同世代の落ち着いた美しい女性と交際結婚することになるという送信。9000万円の金と住人がいつまでも入ってくる等、だんだんいつもの悪乗り妄想が始まりだす。「サー」というノイズもかなりエスカレートしだす。心臓にも強い痛みが数度ある。

ブログ記入のためにパソコンの前に座ればノイズが特にひどくなり、いつものガキの声が雑言のまき散らし、そして触覚被害のエスカレートである。すぐにはだか、右脇の下に空き瓶挟み、触覚被害は下半身へ移動。右大腿や膝に堪え難いほどの触覚被害である。

よくもまあ女性だの金だの仕事だの言えるものだ。音声送信は頭部左上部の方角から脅迫、中傷、見下し等の送信が幼なじみの声で相次ぐ。ありとあらゆる中傷を見つけては飛ばしてくる。ヘタなギター弾きやがって、俺の言うことを聞けよ、等等とにかく絶対に見下さないと気が済まないというほどの強烈なコンプレックスがあるらしい。老人声にればおかしな宗教にはまって、飲んでもいい酒を勝手に飲まなくなって、自分はプカプカとタバコを吸って、ワインなら飲んでいいと勝手に思い込み、たまに飲み過ぎると人ではなく、空間に向って謝罪しているような、そんな男もこの技術を使える側にいて、そいつが幼なじみのK君らしい。そいつがいつまでもこの悪用と乱用を止めないらしい。あとは何かと退室した韓国の女性のCさんの名前を出しては嗜めている。さらにBGMをかけていて、私が強く共感を示すところにくると「バカじゃない」「何であんなのがいいんだろ」等のあえて軽薄そう若い女の声を飛ばしてくる徹底した嫌がらせぶりを今日もバラまいている。今日も被害報告は山となりそうだ。今日は終日在宅である。大変なことになる。

右膝と大腿への触覚被害がとにかくひどい。さらに当然だが寒い。それを馬鹿にし、見下しいい気味だと満足に浸っている幼なじみの声が今も聞こえている。

11時34分

右手に怪我をしていて回復が遅い。傷当てパッドが切れたので、近所の「ドラッグぱぱす」まで買いに出て戻って手当を済ませ、これを記しているが、まず買い物中に心臓へ結構強い痛みが数度、それに連動して愚か声が「こいつ早く殺さないと、こっちが後でひどいことになる」等と送信される。

それと帰宅したと同時にいかにも庶民的な雰囲気の声を数種飛ばされ、「こいつまた無駄遣いしたよ。勝手に金使ったよ。あれとあれとあれを買ったよ、こんなの無駄遣いだよ、だからやってたろうぜ」こんな内容のものである。そして触覚被害はエスカレートする。背後と右膝と大腿にすごい。もちろんはだかでないと匿名気違いどものやりたい放題に晒され、とても尋常な状態ではいられない。

さらに声優の故広川太一郎氏に似た声による見下し会話が延々と続いている。集団ストーキング的仄めかしを音声送信でやっているのである。これをずっとさも誰かと会話をしているように、私にそれと分かって聞かせている。たまに善良な声が「ごめんね」等と私を小学生扱いである。寒い。

13時51分

カレーうどんを作って昼食を済ます。調理妨害、食事妨害は普通発生。昨日に比べればまだマシなくらいだった。調理中には尻、食事中には背後からの触覚被害だった。

食後すぐに江古田まで用事があって出向く。クロスバイクで出向くが多少の触覚被害あり。しかし音声送信の方はうるさい。途切れない。例によって被害終焉の声が目立つが、いつもとおり内容に反し、被害はそのまま続行される。サイクリングショップに用事があって買い物を済ます。それからレンタルショップに寄り、今度はペットショップに用事があるため、移動、その走行中には「サー」というノイズがかなりやかましかった。

帰宅後、屋内に入ると触覚被害はひどくなり、ノイズもいつもとおり。さらにパソコン前に座るともうダメである。これもはだかで、さらに右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながら記している。さらには右大腿と膝にかなりひどいリアルな触覚被害あり。今日も肝心の触覚被害はかなりのもので、寒い。そして屈辱に満ちている。

音声送信は威丈高な態度で人を見下すようなのも頻発。不快な男女の声もよく聞こえている。「バカじゃないか」「こいつ何言ってんだ」等。

15時29分

触覚被害がひどい。今コーヒータイムを済ませたところだが、菓子パンを一個いただいた。匿名気違いどもは、そういうことの一つ一つにも確実に介入してくる。さらに「サー」というノイズとそれを伴うガキの声(この文章もその声でなぞられている)まさに被害に取り囲まれている日常だ。さらに右膝と大腿への触覚被害を一気にエスカレートさせ裾を膝までたぐり上げている。もちろんはだかでなければパソコン操作はできない。音声送信はもう終わる、いなくなる、お別れ、さようなら等ずっとその送信、さらにすぐに大金が入る、皆でお金を集めました、何とか届けに生きます。面識のある若い女性と付き合うことになります等と大真面目にオバサン声が飛ばしてくる。

さらに私がこれから美人の女性と交際でき、大金を所有できるのだからいいじゃないかということで散々触覚被害をやりたい放題やっている奴がいる等。これも何年も前からやられている。いつまで経ってもそんなことは起きていない。どこが美人の女だ、大金だ。いつもと同様メチャクチャな垂れ流し状態である。寒い、そしてそれ以上に屈辱である。(バカじゃないの、お前なんか酔っぱらってろ)そんな老人声まで飛ばされている(放してやる、解放してやる)等も飛んでくる(馬鹿じゃないの、相変わらず)等もだ。とにかく何でそういうことにしか、この技術を使えないのか。ただの犯罪ではないか。

何よりも生家で服を普通に着れたい、食事がしたい、入浴がしたい、排泄がしたい、睡眠を取りたい、何にもできないのだ。その記録を残せば上記したような戯言と暴言と中傷台詞を薄汚い人工音声で反応させられる。今日も被害三昧の1日になっている。

16時10分

もうメチャクチャである。パソコン前から離れ、少し屋外で整理作業や軽い落ち葉掃き等をやっていたが、触覚被害がメチャクチャである。胸、背中、大腿等等、「サー」というノイズとそれを伴うガキの声がぎゃあぎゃあと戯言や雑言をまき散らしている。左胸への触覚被害はただごとではない。べったりと広い範囲に面的な何かが付着しているような感触だ。音声送信はなにをどうしようが「バカじゃないか」の一点張りの男の声や、また性懲りも無く、4年も5年も前から「もうすぐ終わる、終わったらみんなが羨ましがるほどの幸福が訪れる、それを分かっているのが嫌がらせをやる」という十八番の送信である。もちろんアタマからのクソデマだ。

さらに退室した韓国と中国の女性のCさんとSさんが加害者との特定送信も今日も数回届いている。

18時13分

触覚被害はひどいままだ。これを記すと途端に右膝や大腿へ触覚被害がひどくなる。そういうのがいるのだろう。内山がブログを記録し始めたら、右膝と大腿を攻撃するスタッフである。「アホな右脚担当」と被害者全身で大笑いしてやればいいと思う。こいつらがいつまでも普通名詞の下で匿名君で頑張っていたいんだったら、それでいい。どんな名前を付けられようが、どんな扱いをさようが、相応に扱ってやりゃいいのだ。いつまでも固有名詞を与えられないそういう生き物ということだ。

とにかく着衣になれば(今記している際にも右膝にかなり一生懸命に触覚被害を飛ばしている、冷やかされるすぐにヤケになるのも、一般犯罪者の典型的な心理である。幼い、未熟な自己顕示欲に満ちている精神構造は、社会倫理から安易にはみ出してしまう、内面制御が乏しい、甘やかされた人間象を容易に想像させる、犯罪に走る者にはそういう未熟なところがあるのが通例だ、要するに自我が成熟していないのである)

ということで仕方なくズボンの裾をたくり上げてやった。それで満足なのであろう。じゃあその満足をこっちが与えてやりゃいいのだ。未熟者を相手にしなければいけない、通常常識人が被害者である私である。要するに酔っぱらいの介抱(私は酒飲みだが、それだけに介抱された記憶は20代前半頃だった若造の頃だけだ)、認知症の人の介抱、乳幼児の世話、それと一緒なのだ。仕方がない、これだけの技術を利用される側なのだ、抗うことなどできない。それだけの技術を好き勝手に利用できる、疑似カミサマに付き合う以外にないのだ。

ということではだか。右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶、そして下半身では「アホな右脚担当」がこれでもか、必死に凄んでいるだけだ。こっちはもう逆らいようがないのだから仕方がない。「はいはい」と合わせてやる以外にないのだ。

しかし、不快だし、屈辱だし、寒い。胃にもかなりひどい操作が始まっている、胃が硬くなっているかのような操作だ。

20時10分

夕飯を食べ終わり、一休み終えたところである。18時半より夕飯の準備を始めたが、やはり尻にひどい触覚被害。鶏と小魚の唐揚げ、線キャベツ、みそ汁を作る。19時よりニュースを鑑賞しながらいただく。触覚被害はやはりひどい。「サー」というノイズも左耳に。音声送信は真っ当な老人声が小さな声でいろいろと送信してきた。

「とにかく今後どうしようかと思案中だが、女性のことではすぐに交際する女性が現れることになっているが、お金の方はどうしたらいいものか」等と送信している。さらにこの触覚被害と「サー」というノイズを伴う質の悪い送信は退室した韓国と中国の女性の2人がやっていて、いつまで経っても止めようとしない。特に中国の女性の方はもう頭が壊れ始めていて。認識が正常じゃない等の送信が続く。もちろん真偽など確認のしようがない。信じるわけにも信じない訳にもいかないのだ。ただ言語情報として、記録のために記憶する以外にないのだ。そしてそれを今ここで記録化している。こんな伝達になっていない伝達が6年1ヶ月延々と継続している。

触覚被害はメチャクチャである。今晩の食事もかなりひどく妨害された。背中からのべったりとした品性の欠落した触覚被害である。そんなのが食事中に発生したら、それをやっている匿名気違いも絶対に不快で食事どころじゃない。これがこの人体に反応する遠隔技術悪用の現実だ。飛ばしている匿名気違いも耐えられない、この技術の乱用、しかしそれを実体験していないわけだから、わかりっこない。でも苦しんでいる被害者を見て感じて、てめえも耐えられないことは重々承知のはずだ。

これを記しているのをキャッチしながら愚か声が「うまいねえやっぱ(文章が)」そんなことを呑気にほざいている。

とにかく現実世界では普通名詞でしか存在を認められない存在に、固有名詞を提示してきちんと普通に生きている(責任を果たしている)者に対して、あらゆる伝達の資格はない。言語というツールは、そういう方法での伝達のためにあるツールではないのだ。だから何を語ってもムダだということだ。これからもルールを無視し、何千万語、何億語の言葉を吐いてもムダである。何も私には伝わらない。しかし記録だけは更新され、蓄積していく。それで良いのだろうからそれで流して行く。向こうが切らない限り続くのだから仕方がない。

「アホな右脚担当」という固有名詞で良いらしいのが、また私の右脚を真面目に攻撃しているために、はだかだけじゃなくて、ズボンも膝までたぐり上がっている。さらに右脇の下にはインスタントコーヒーの空き瓶が挟まっている。それで匿名気違いは満足なのであろう。

22時1分

触覚被害、音声送信ともにひどい。触覚被害はメチャクチャで、ずっとはだか、右脇の下にはインスタントコーヒーの空き瓶、さらにあまりにしつこく右大腿と膝に触覚被害が続くために、ズボンの裾は膝まで上がりっ放しの状態。その格好を想像してみてほしい。明らかに異常である。私が独りということで本当に匿名気違いどもの天下である。やりたい放題だということだ。さらにいかにも匿名気違いのアホの一人が罰を受けているような醜くやかましい送信も頻発していて、それを踏み台や足がかりにして、まだまだこの気違い犯罪を続けるつもりなのであろう。「サー」というノイズやそれを伴うガキの声もいかにも罰を受け苦しんでいるような三文猿芝居をし、それを聞かせ、また明日もよろしくと言われているような感じである。

でいながらにして、さまざまな声や口調で今日も「もう本当に終わる」「何か一つだけ良いことがある」「後が大変だ、どうしたらいいんだ」「何でやってしまったんだ」等の送信も頻繁の送り込まれた。しかしとにかく今日もほぼ終日生家で服を着るという権利を強奪され、実際の犯罪者以下の生活をこの匿名気違いどもに強要された。

明日もやられたふりや、堪えたふりをされ、アホな愚か声が罰を受けているような醜い声を聞かされて、触覚被害に悩まされる日が続くのだだろう。こっちはそろそろ51歳になる成人男子である。そういう者に何かを信じてもらいたいのだったら、素性を明かせとまたまたここで述べなけれなならない。私はこれを気違いどもに伝えたたくて言っているのではない。この技術の的にされると、どれだけ大変であるかということを、世の中の理解して欲しくてくり返しているのだ。最初からこれだけの犯罪を犯すような匿名気違いに何かをマトモに伝えようなどと思っていない。皆無である。そんなことは有り得ないのだ。

23時47分

一応今日は終業だ。今日もこの気違い加害者どもに居座られ、勝手に犯罪をバラまかれメチャクチャな1日となった。そんな苦痛と屈辱の中での1日だっとういうことだ。今も背中から薄気味の悪い、そして品性の欠落してアホが背中から抱きついている、だから仕方なくはだかになる。アホに付ける薬はないし、死んでも直らないであろう。それだけ根深いアホさ加減である。代々呪われ。家系から見捨てられれば良いであろう。発覚すれば、家系の名誉保護のためにもその匿名気違い本人の墓だけは無縁仏に埋葬し、存在しなかったことにした方が良い。何故アカの他人の家系にここまで何で気を使わなければいけないのかは分からないが、本当にそういう現実を引き起こしているのが、この技術の向こうのいるのだから仕方がない。いくら日常・社会で表向き立派な実績や活動を残した者であったとしても、この技術を乱用したということは、「核技術」を勝手に個人で乱用したに等しいものがあるのだ。

はだかは寒い。それ以上に生家で服が着れないという屈辱の方が遥かにひどい。今日もメチャクチャである。しかしこれで終わりではない。愛犬の散歩と入浴という拷問と化した時間が待っている。

24時56分

散歩と入浴を終えたところである。予想に反してどちらも過激なほどに被害がエスカレートすることはなかった。ほどほどにひどい程度で済む。散歩では背中からの抱きつき、それを制する声と制される側の呼応、やはり立ち止まるとどうしても背後に悪寒が走り出した。

入浴は加害者を我家の住人さんと設定しての音声送信と尻への触覚被害である。しかし無軌道化することはなかった。音声送信も愚かなキャラクターが聞こえず「サー」というノイズと男児の声、それと落ちついた感じの女性の声が目立った。とりあえずはこのまま自由時間とする。今日の記録はここまでになるだろう。

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻、右肘、左肩) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、肝臓へのひどい操作、走行妨害あり) 

« テクノロジー犯罪に遭遇して1742 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1744 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

内山さん

こんちにちは。
もう動画はやられないのでしょうか。
せっかく、2,000本以上動画を取られていたのに
やめられるのは勿体無く思います。
また、他の被害者にも動画で証拠を残すよう
呼びかけていたのに止めてしまったのには
何か原因があるのでしょうか。
多くの人がなるべく多くの媒体で被害を訴えて
いくのはとてもありがたく思います。
それでは、失礼します。

この被害で失ったものはすごく多いですよ。
仕事、対人関係、買い換えた電化製品や必要なかったはずの医療費。
一番は信頼関係です。
戻ってはこないですからね。

勝手な想像やウワサで関係ない人を加害者にしたてあげるのはやめてください。

それで電波を使うことで一体何が目的なんです?
戦争ですか?

コメントを書いただけで加害者扱いされるんですよ。このサイトなんとかしてください。

加害者ではないかもしれない人間を加害者だと決めつけて、加害者を殺せとわめいているのだから気違い沙汰。

音声はコンピュータが作った「音声合成」かもしれないし。

>内山さん
>こんちにちは。
>もう動画はやられないのでしょうか。
 
底流にある感情が自分を特定された手がかりになったから感情を抑えてみたわけか
 
集団ストーカーにも全く同じ様子がしてるぞ谷洋一郎
 
感情を抑えたから良いだろうという感情が出てバレバレだ
 
>この被害で失ったものはすごく多いですよ。
>仕事、対人関係、買い換えた電化製品や必要なかったはずの医療費。
>一番は信頼関係です。
>戻ってはこないですからね。
 
失望絶望して欲しいよなぁww
 
貴様は本当に筋金入りのクズだな
 
他の学会員の『暗黙の依頼』もあったろうし、創価学会の正体が貴様1人のおかげでバレバレ
 
もちろん貴様個人のキチガイぶりもな
 
>勝手な想像やウワサで関係ない人を加害者にしたてあげるのはやめてください。
 
傷害未遂が二度、住居侵入は何度も、窃盗も何度も、監禁未遂など、いくらでもあるんだがな谷洋一郎
 
バカか?
 
>それで電波を使うことで一体何が目的なんです?
>戦争ですか?
 
キチガイだからだろ
 
>コメントを書いただけで加害者扱いされるんですよ。このサイトなんとかしてください。
 
書いただけじゃなくマインドレイプほのめかしを繰り返してきたろ中卒キチガイ
 
>加害者ではないかもしれない人間を加害者だと決めつけて、加害者を殺せとわめいているのだから気違い沙汰。
 
もう手遅れだろ
 
通報してみろよ
 
>音声はコンピュータが作った「音声合成」かもしれないし。
 
テメーの書き込みは確かだしなww
 
歴史に残るぞテメーら

しかし実際、ドサクサに紛れて複数の集スト加害者がコメントを残してるからねえこのブログ。
保存すべきいい犯罪者ホイホイではあるだろうよ。

よく、放火魔は後に必ず現場を見に来るというだろう。
見に来るだけでは飽き足らず、調子に乗って加害者の分際でコメントまで残しているようだから、よっぽど捕まらない自信があるのだろうねえ。
そうかそうか8888ww

逆に言えば、それだけ社会を、わが日本国を舐めきっているということだろうな。

おい、国よ、頭のイカレタ朝鮮人どもにそんなに舐められて、反撃しなくていいのか?

>しかし実際、ドサクサに紛れて複数の集スト加害者がコメントを残してるからねえこのブログ。
 
テメーだ谷洋一郎ww
 
>保存すべきいい犯罪者ホイホイではあるだろうよ。
 
テメー1人だからホイホイという表現はオカシイな
 
>よく、放火魔は後に必ず現場を見に来るというだろう。
 
第一通報者が放火魔なわけがない、という心理を利用して通報する放火魔の心理に似てるんだがテメーは通い過ぎバレバレ
 
>見に来るだけでは飽き足らず、調子に乗って加害者の分際でコメントまで残しているようだから、よっぽど捕まらない自信があるのだろうねえ。
 
無いんだろww
 
単に寄生虫としての感情丸出しで通い詰めたことを自慢げに放火魔になぞらえてすり替えるなアホがww
 
人工夢の中で否定されても良いよう誰かに守らせながら包皮ムキムキした理由は何だ谷洋一郎
 
>そうかそうか8888ww
 
ベロンベロンの言い訳の山のコメントだな
 
>逆に言えば、それだけ社会を、わが日本国を舐めきっているということだろうな。
 
それは当たってるな
 
国というより人を舐め切ってるんだろうな
 
>おい、国よ、頭のイカレタ朝鮮人どもにそんなに舐められて、反撃しなくていいのか?
 
国会議員の背後にいるのが朝鮮人だしテメーも朝鮮人だしな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して1743:

« テクノロジー犯罪に遭遇して1742 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1744 »