« 被害技術が確実に向上している | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1741 »

2012年11月19日 (月)

本日から違った方法で記録を試してみます

テクノロジー犯罪に遭遇して1740

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という50才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者・制作者として)発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を! 睡眠・業務妨害の音声動画記録もほぼ毎日You Tubeへ更新中(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1)

11月19(月)

嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり) ノイズ★ 肌の撫で回し (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻、右肘、左肩) 気配★ 電磁波(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、肝臓へのひどい操作、走行妨害あり)

15時21分

テクノロジー犯罪記録のブログであるバッカス&ミューズ。今までは被害をメモしておき、それを翌日に回想しながら記していたが、これからはその方法だけでなく、当日に記す方法も行っていく。もう1740日の間、午前の貴重な2~3時間を、このとてつもない人権の踏みつけ、重犯罪の記録に費やしてきたが、いくら何でも、私という人間の人生のこれからの決して多いとはいえない、かけがえのない時間をもっと浪費しないで記録できればということから、少し試してみようと思う。今日からそれを始める。こちらの方が効率が悪いようならまた元に戻す。

とりあえず15時21分までの被害として、まず8時頃に覚醒の強要。それ以前にも覚醒した記憶が曖昧ながらあるが、記録はあくまで8時頃となっているのでそうする。連続睡眠時間はとりあえず6時間である。昨日に引き続き、どこかでの被害が緩くなると絶対どこかにしわ寄せがいくことになっている。ということは睡眠妨害が今朝はそれほどではなかったということではなかったということなので、以降のいずれかの時間に昨日のような過激な殺人行為が強行されるのだ。私たち被害者は言葉と心でしか対抗ができない。向こうは物理的にありとあらゆることができる。いわば私たちはこの技術の奴隷に強制的にされてしまっているのだ。

8時以降ベッドの中でうつらうつら。疲労がひどく、起床する気になれない。気付くと45分にヘルパーさんのドアベルで起こされる。すぐに起床し、あいさつをし、迎える。

すぐに触覚被害がエスカレート。上半身にひどく、腕や肩にもひどい、撫でられたり、まさぐられたり、掴まれたりのやりたい放題の状態になる。着服が辛い。しかし今日から寒さが本格化している。

ブログ記入に入る。音声送信は、もう終わる、老人たちでやっている等を気楽なおしゃべり感覚で話しかけて来たり、向こうで勝手に話したり、そんな調子だ。

やはり触覚被害は全然一向に衰えない。昨日も数百回はもう終わる、すぐに終わる、いなくなる、二度とこないのデマを垂れ流したい放題やりまくっていたが、これが真実だ。寒い室内ではだかになる。途端にすぐ鳥肌が立つ、10分ほどして耐えられず、小型の電気ヒーターを出してくる。電気の無駄遣いだが仕方がない。本当に体が壊れる。今日も生き殺しという殺人行為のまっただ中に放り出された。我々は生きながらにして意識がはっきりしている状態で殺され続けているのである。生殺しというやつだ。それを平然と垂れ流している、「匿名」という特別にこの技術の分だけ固い殻に守られながら、今日も被害者にカミサマ気分で、被害者の人生を言いように好きなポジションから破壊する犯罪がバラまかれているのである。

ことあるごとに一見真面目そうな女の声を持ってきては「本当にすぐに幸福になれます、若い美しい面識のある、あの女性の上司の方から電話が入って、その部下の女性との交際をお願いされます、そうしたらぜひ付き合ってあげて下さい。内山君とも絶対にうまくいきますよ」。確かにその女性はいる。しかし今まで以上にここではその女性のためにも「匿名性」を良い報告に正義の方向に利用しなければならないので。面識のある若い女性としておく。(仮名)フジタさんのようにはいかない。

こんな送信を何年も前からことあるごとに聞かされ続け、見下され、バカにされ続けているのである。

小型のヒーターなので対して効果がない。いくらなんでもこの時季のはだかという方が異常なのだ。冬用の石油ストーブを出したいが、灯油という貴重で高価な資源を11月から無駄遣いする気には到底ならない。だから仕方なく寒さを堪え、時々手を擦ったりしながら、パソコン操作をしていく。触覚被害よりも寒さの方が辛い。

正午過ぎに更新。ヘルパーさんを送る。それからクロスバイクで江古田まで、今日から冬装備だ。都心は昼でも8度である。

昨日と打って変わって触覚被害は並。尻や膝にひどくなるときもあった。しかし音声送信はうるさい。さらに調子に乗っている。私の方も機嫌が良いので、尚更質が悪いのだ。私は自分のために機嫌が良いのだ。誰もがそうであるように。しかしそこに寄生しているこのクズ匿名気違いという普通名詞が固有名詞の奇妙な存在は、そこに同調し、寄生が可能になっているだけにたまったものではない。

今日は朝から女の交際をダシにしたデマが目立つ。面識のある若い女性、退室した韓国の女性、30代の頃に縁あった女性、(仮名)フジタさん。次々と思い付くままに固有名詞を乱用しては、付き合うだの、そんなデマを今日も何の必然もなくただ、無駄に犯罪というクソの山を築き上げ続けている。

匿名気違い側に善と悪が分かれていて、善の方が悪の方にもうメチャクチャに迷惑を被られ続けていて、相当怒りまくっているとの送信も目立った。

桜台の農協に寄って少しだけ買い物。帰路に江古田のうどん屋で昼食。これを待っている間にも「サー」というノイズがエスカレートし、それに連動して胸への触覚被害がエスカレート。今日も外食を邪魔されることになった。ここでも音声送信は面識のある若い女性が……等とやっている。帰路走行もややひどい触覚被害に耐えてのものとなる。

帰宅してからがひどい。すぐに尻へ過激なほどひどい触覚被害を飛ばされ、もう終わるから最後にやらせてくれ等とのことを口実に、やりたい放題の状況となった。とにかく耐える以外にない。音声送信は相変らず。その面識のある若い女性が内山君のことを本気で好きになっていて、すぐに結婚することになって……。等とずっと男の声や女の声でやっている。「サー」というノイズをまき散らすガキの声も聞こえ、向こうでバツを受けて苦しんでいる声まで聞かされ続ける。

他退室した韓国の女性が戻ってきて一生ここに住むだのそんなのも飛ばされる。

昨日家のことができなかったので、急いで片付けていった。そして気が付くと15時を回っている。触覚被害はひどいまま。口実として「もうすぐ終わるから、もう二度とできなくなるから」、他「もう終わるからね。じゃあね、さようなら」なんていうのも何度も何度も飛ばされる。他。この場所から立ち退けば終わるだのそんなのも聞こえた。

パソコン前に座ると同時に触覚被害はエスカレート。仕方なくこの寒さの中上半身はだかになる。寒い。

17時

被害は相変わらずだ。「サー」というノイズも今日もうるさい。暗い中年女の声がそのノイズの主が我家の若い住人なのだという。その女性じゃ私と交際などできないと言っているのに、諦めないでこの技術で嫌がらせをするために利用しまくっているらしい。そんな内容の送信だ。あとは面識のある若い女性と付き合うことになるのは本当の話しで、その先輩に当たる女性から電話が入るのだという。要するにその女性と私が付き合い交際するのを、住人の女性たちが妨害しているという設定によるデマで人を馬鹿にし続けているのだ。今これを記しているのもパソコンの前、当然はだかである。寒い。一応小型の電気ヒーターは入れているので足元周囲は暖かいが。それでもこの異常時は依然今までとおりの勢いで続いている。さらにもう終わるいなくなる等のデマも乱れ飛んでいる。座ればはだかで寒さとの格闘、立てば着衣であるが、尻や肛門や胸や背中へのひどい触覚被害に晒されることになる。その苦しみの中での今日の日常だ。技術の向こうにいる次元の低いチンピラごときに舐められ。馬鹿にされての異常な日常である。

20時23分

被害はいつものように継続。特に「サー」というノイズとそれを伴う餓鬼の声や、柄の悪い暗そうな女の声の出番が目立つ。あとは老人声や真っ当な感じの男女の声が時おり出て来ては、謝罪の声や、もうすぐ終わるの終焉の送信をしていく。触覚被害はやはりいつもとおりだ、服の着脱がくり返される。書斎でパソコン作業に没頭していても、何かと用事は出てくる、宅配便、郵便物、住人さん等がベルを鳴らせばその都度ごとに服を着て、数十秒で戻ればまた脱いで、そんな異常な状況の下、これまた異常なほどの不便を強いられ続けている。

脱いでも下半身へ触覚被害は移動し、股間や尻や膝や大腿にやりたい放題で触覚被害を強要してくる。

18時半より夕飯の準備。昨晩の煮物と揚げ物が余っていたので、みそ汁だけを作っていただいたが、絶対に普通に食事は摂れない。確実に触覚被害は発生し、食事の時間を拷問の時間に変えられる。今日も食べ進むに従って被害をエスカレートさせ、食べ終わる頃には不快のレベルは相当になっていた。「サー」というノイズとそれを伴う餓鬼の声が意味不明で次元の低いアホ雑言を垂れ流したりし、うるさくてしようがない。

食後、灯油をガソリンスタンドに買いに行く。寒さは本当に今日を境に本格的だ。その帰路に何気なく音楽を口ずさむと、すぐに「サー」というノイズとそれを伴う餓鬼の声になぞられる。もう一時たりとも、一秒たりともこの薄汚い人工音声に何もかもを介入され、自分の内面が薄汚い寄生虫どもに侵害される。音楽の一つすら、内面で自由に楽しめない。

それからすぐに今度はホームセンターに向う。金魚のえさと、ガスレンジの自動発火機能は壊れたのでチャッカマンを買いに行ったのである。

するとまた「サー」というノイズがうるさくなり。ホームセンターで買うものを物色していると触覚被害をエスカレートさせ、頭ごなしに妨害される。胸へ凄い触覚被害である。いても立ってもいられないほどにエスカレートさせられ、落ちついて商品を選べない。本当にメチャクチャである。この技術をただただ被害者の人生を破壊するためにしか使わない匿名気違いどもには、本当に腹が立つし、即座に処刑すべきであろう。一体いつまで人の人生をてめえの好き勝手に乱用し、好き勝手に破壊し続けるのか。そして何かと面識のある女と交際することになというデマを好き勝手に流しては、被害者である者をバカにし、見下すようなことをやり始める。

これを記録している今も自宅の書斎で服を着る権利を強奪され、11月19日の寒さの中上半身ははだか。下半身にも触覚被害があまりにひどく右膝へメチャクチャである。今自分がしている格好は上半身はだか、そしてズボンの右裾を膝までたくり上げているという格好だ。誰がどう考えても異常である。それで音声送信はいつものように薄汚い老人声で「甘ったれやがって」である。ただの気違いではないか。処刑に等しい重罪人が被害者に対し何かを主張できるとでも思っているのか。

21時12分

触覚被害がひどい。例によってパソコンの前ではだかのままだ。さらに右膝にかなりひどい触覚被害のため、ズボンの裾を右膝までたぐり上げている。寒い。

匿名気違いどもは、何にもならないのに私の幼なじみの声を使ったり、すれた若い女の声で私を馬鹿にしたり、見下したり。さらにBGMに好きなアーティストの音楽を思い浮かべるとその瞬間に「何でその人の音楽が聞けるんだろ」等とそれにケチをつけてくる。何かをしようとすれば「どうしてできるんだろ?」等とやっているが、この辺りもこの犯罪のキーになるところだ。さも被害者の日常の判断や行為の中に、被害者が悪いという印象やコントロールをこの技術を通し音声でやってくるのだ。匿名気違いどもが言うとおり、そんなことがまかり通っているのだとすれば、世界の皆に均等にそうあるべきだ。こんな狭い小さな世界の中でアホな偏狭な匿名気違いは、被害者をコントロールできると思っている。実にへたくそなこの技術の利用の仕方だ。もっと頭を使えないのか。

とにかく11月のこの時季に自宅で服が着れないということがどれだけ残酷なことか。この記録方法でこれからも被害が続く以上は何千回でも同じことを報告し、皆さんにこの犯罪の醜悪さと陰湿さについて記し続けていく。

そして何万回に亘って記して来たが、私は断固としてこんな目に遭うような悪事を過去に働いた覚えはない。飽くまでこの技術を悪用している匿名気違いどもの勝手な判断で私は生き殺しにされ続けているのだ。

22時26分

「サー」というノイズは延々と続いている。アホな餓鬼の声もことあるごとに聞こえてくる。やはりパソコンの前で何か作業をしようものなら、触覚被害はエスカレートし、すぐにはだかである。そしてインスタントコーヒーの空き瓶を右脇の下に挟んでの異常状況での作業が続く。

音声送信もいろいろ。中には、「この方法での記録を止めて下さい。そうしないと皆出て行きますよ」等という我家の住人が加害者であるという設定の送信と、全員退室という脅迫を飛ばされる。しかしそんな音声送信よりも寒さや不自由さが何よりも被害としては優先される。何故生家で自由に服すら着れないのか。

23時43分

終業とする。パソコンで何かを行おうとすればすべてはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶挟みの状態。そして下半身への触覚被害のエスカレートである。今日も生家で服を着る権利を強奪された。ノドが少しだが痛い。ヒリヒリする。「サー」というノイズはずっと続いている。薄汚いガキの声もだ。多くの善良そうな声が、そのガキが退室した韓国の女性なのだという。その女がこの技術を使える側にいて、私と結婚をし、この南長崎の家に住めるもんだと勝手に決めつけてしまっているらしい。そんな妄想の奴隷になり、さらにこの技術のジャンキーになり、私の体に悪用しまくっているのだという。そんな送信が目立った。

被害状況はいつもと一緒。今日も耐え続けの1日となった。これから愛犬の散歩だが、かなりの妨害が予想される。愛犬まで巻き込まれ、本当にひどすぎる。

24時36分

愛犬の散歩から戻ったところだ。今日もメチャクチャである。音声送信はノイズガキ、あとは男女さまざまだが、ロクな声はないし、一見善良そうでも、聞こえてくると途端に触覚被害がエスカレートしたりで要するにこの技術のジャンキーどもがオナニーをしたいために、その欲求を押さえきれずに私の生身の体にこの技術を乱用していただけである。今日から寒さがひどく、冬用の厚手のブルゾンにしたが、その重ね着のせいか触覚被害が特に敏感に感じられ、堪え難いものがあった。例によって色狂いの変態抱きつきや、身体のあらゆる部分を掴んだり撫でたりの変態猥褻触覚被害のオンパレードである。それをやっている側と制する側の声がやり合っているのがただの騒音になり、夜道を歩いている心境になどこれっぽっちにもならない。ただただ触覚被害が辛く、今日も短めに散歩を切り上げざるを得なかった。

匿名気違いどもの被害の露骨さと過激さは本当にマトモではない。散歩の時間も拷問の時間である。アホで馬鹿としかいいようのない、老人のような薄汚い集団声が「どうしてもやってしまう、どうしても意識が行ってしまうどうにもならない」等とわめき散らしている。あとは我家の住人の女性たちが加害者と決めつける気違い声も出て来たり、面識のある若い女性と付き合えるんなどという大ボラをアホな口ぶりで話す汚い老人声も悪臭を放っているかのような醜悪さである。今日も散々な散歩の時間で全てをメチャクチャにされた。愛犬も何でこんなに早く帰宅するのかが分からない顔をしている。

そしてこれを記している今も暖房を効かせていない部屋ではだかで右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟んでパソコン操作をしている。当然寒いし何故自宅で服すら自由に着れないのか!

これがこの技術を勝手に匿名気違いどもの独断で強要されている被害者の毎日の日常なのだ。

1時14分

入浴を終えたところだ。尻への触覚被害が今日も普通にあった。音声送信は途切れない男女の声が出てきては1000万円の金と、昭和のある有名ポルノ女優みたいな豊満な体をした女性が現れて結婚することになる等とデマを飛ばしている。その1000万円は加害者たちが出し合ったお金で、そのお金のおかげで、そのポルノ女優に似たのと結婚ができる等と飛ばされた。「サー」というノイズもやはり続いていた。

そし入浴を済ませた途端に、たった今まで1000万と愛想良く話していたのが、「1000万なんていうお金が簡単に入ってくるはずがないでしょ」等とやっている。当然ポルノ女優に似た女などというのもデマであることは過去のデマの実績から統計的にごく「普通」に導き出せる。

尻への触覚被害は過激というほどではなかった、普通に苦痛で不快で散々な入浴だったと記しておく。これが被害者の日常なのである。

« 被害技術が確実に向上している | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1741 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

何度も書きますが、加害者の言葉はウソと嫌がらせと脅し以外に無いですね
 
それでも記録しておくのは大切だと思います
 
本当になんで加害者ってスタンプ捺したように同じ精神病なんでしょうね
 
デッキブラシで便所に流し込んで処分したいところです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本日から違った方法で記録を試してみます:

« 被害技術が確実に向上している | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1741 »