« テクノロジー犯罪に遭遇して1761 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1763 »

2012年12月11日 (火)

テクノロジー犯罪に遭遇して1762

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という50才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者・制作者として)発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を! 睡眠・業務妨害の音声動画記録もほぼ毎日You Tubeへ更新中(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1)

12月11日(火)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズ★ 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻、右肘、左肩) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、肝臓への操作、走行妨害あり) 資源の無駄遣い●

昨日のあれからの被害である。ここに十分記す必要のあるだけのメチャクチャな被害が深夜まで存分に飛んで来た。主なキャラクターや「サー」というノイズとガキの声、それに連動するいつもの触覚被害と頭部に対するかなりの痛みである。よりによって甲州街道という交通量の多い、危険な通りでそれも深夜に左脳部を徹底的に攻撃された、その痛みで臓器までしびれているかのような感じだった。

昨日はあれから外出、大学時代の同級生で仲の良かった男が今では落語会で一流の地位にあって、独演会も年に何度もあり。昨晩も結構大きな会場が満席のほどの人気だ。テレビやラジオにも多数出演しているほどの知名度である。そういう立場にありながら、未だに独演会のお知らせやらをメールで送信してくれるほどの律儀なところもあって、私もできるだけ、付き合うようにしている。また彼も酒が好きで馴染みの店が多数あるようだが、そのうちの数店が私の馴染みの店と偶然一緒で、今ではそのことを話題に各店の店長と盛り上がったりすることも日常である。何故ここまで自分のプライベートなことを記すのかといえば、昨晩も倹約のため最近では余り出歩かなくなったコンサートやライブの類いをまたもやこのノイズと、気違いガキの声と胸への触覚被害で後半メチャクチャにされたのである。

ということで昨晩は渋谷の某会場にて彼の独演会に招かれたのである。17時45分にクロスバイクで家を出た。南長崎、目白、高田馬場、新宿、千駄ヶ谷、原宿、渋谷の経路で走行。やはり「サー」というノイズとガキの声が出て来てはここぞとばかり雑言や反復送信、そしてそれほどのレベルではなかったものの、触覚被害もありとりあえず行きは被害の方が大したことはなかった。

そして会場にてすぐに催しが始まる、前座さんの独演に始まり、次に当人の登場だ。前半は軽妙で笑いを誘う軽い噺だった。この独演はかなり普通に楽しむことができた。加害者もかなり静かだった。私も驚いたほどに被害が遠のいた。この匿名気違いにも少しは人間らしい部分があるのかと思ったほどだ。珍しく頭の中が静かである。

途中休憩が10分。落語協会の来年のカレンダーを購入させていただいた。

それから後半、5分ほどスライドショーがあり、彼が今年全国を渡り歩き、撮影してきた写真を披露してくれた、それからいよいよ大詰めの本日要の独演である。世間話からすんなりと途切れなく独演に入るところの上手さなど見事である。気が付くと独演が始まっている。

最初の数分は無事にしていられた。しかしじょじょに「サー」というノイズがひどくなり始め、いつもの金属質なガキの声が、私の知り合いの有名人の一人の舞台に私が感動していること、或るいは共感していることに対してなのか、それを破壊するような意図がムンムンと漂っている感じで「優越感ひたりやがって、少し有名人がいたから何だっていうんだ、畜生、畜生」と騒ぎ続けている。私はそんなことにいちいち悦に浸っているような状況ではなかった。ただあまりに舞台の見事さに、こういう人物が仲間にいてくれることを心から嬉しい、光栄と思いながら舞台を楽しんでいて当然ではないか。

そこにつけ込まれたのだ。さらに当日のクライマックスであることも意図にあるのだろう。潰すならこの時間なのだ。

またかと心の中で舌打ちを打つ。満席なので広いとはいえない席の配置から、隣の人もすぐ横にいる。舌打ちなど打てるはずがない。今まで何度貴重なこういう時間を潰されただろうか。それも全部このブログに記録されている。

ということで後はとにかくこの時間を必死になって潰そうとするかのように、時にはガキの声で絶叫までして、「畜生畜生、何で何で」とか「くそくそくそくそくそくそ~~」等とわめき散らしている、触覚被害も胸にずっとひどい。腕を胸にあて、カバーすること以外できない。家に入ればストーブを点火し、はだかになれるのだができない。耐える以外にない。他の醜悪キャラクターも聞こえ出す「今ゲリにしてやろうか、それともゲロを吐かせてやろうか」そんなのまである。

しかし私が本当に感動できたのは、これだけの被害に苛まれながらも彼の噺に引き込まれていたことだ。結局は彼の勝ちである。彼の声の方がこの匿名気違いの声に勝ったのである。気が付くと胸の被害も感じなくなっている。後半の噺はかなり内容にも喜怒哀楽が入り交じった見事な噺なのだ。それを全身全能で表現している彼に結局は引き込まれてしまった。気が付くと会場が拍手の渦である。この舞台だけではなく、被害者でなければ味わえないものを味わえたような気がした。胸が熱くなってしまった。それと同時に彼にも心から感謝した。近々お礼を伝えるつもりだ。

しかし被害はそれで終わりではない、いよいよ脳への本格的な攻撃を上記したように、クロスバイクでは走行が危険な夜の甲州街道で反応させられたのだ。今晩のこの素晴らしい経緯をさらにひがみ、嫉妬し、やっかむ、その本性をまた「サー」というノイズとガキの声で発散している。送信内容は上記したのと一緒で、それ以外にも「いい気になりやがって」とか「うらやましがらせるんじゃない」とか「死ぬまでこれは続くんだ」とかの送信も次々と飛んできた。「サー」というノイズが左耳に貼り付きヒステリックに鳴っているのに連動し、左脳にものすごい電気刺激のようなのが発生し続く。痛みもズキズキと凄い。それが臓器にまで広がりただ事ではない。しかし40キロ近い走行速度なので、神経は運転から離れるわけにはいかない。大けがが即死である。交通量も甲州街道なわけだから、21時頃ではまだ相当のものだ。

本当にやっとの思いで笹塚にある青森は八戸の方が経営している炉端焼き屋さんがあるのだが、そこに到着。すると一気に頭痛やノイズや音声送信が遠のいてしまう。本当に技術であることをこういうときに強く感じ取れる。

それからは深夜に帰宅するまで、走行中も含め、被害は遠のいてくれた。だから詳細は記さない。

帰宅し愛犬の散歩。やはりいつもの背後からの触覚被害は普通にあった。それも結構なレベルだった。長い散歩が苦痛になってしまったために、それほど歩けなかった。愛犬がまた犠牲になった。

今日は入浴はせずに、あとは書斎でメールチェック等。1時半過ぎ頃にまた「サー」というノイズがエスカレートしだす。そしてまたガキの声だ、もう何といえばいいのか、収拾が着かなくなっているようでヒステリー状態にある。横須賀のタクシー運転手も殺しただの、送信内容がメチャクチャだ。触覚被害もひどくなる。就寝前だろうが関係ない。それでも疲れと眠気はものすごく。2時過ぎには就寝となった。

11時40分

7時50分に覚醒の強要。強要度は低い、あるいは自然覚醒かもしれない。眠気とだるさがすごい。少し頭も痛い。要するに世の中の誰もがそうであるような具合なら、体に対する反応の度合いが低いということなのだ。覚醒の瞬間は静か、しかしやはり金属質なガキの声が反応しだす。「あれ、音声送信が聞こえない」とでも思ってしまえば途端に始まる、それが被害なのだ。被害者はパブロフの犬である。

例によって女性との交際がすぐに始まる。それも若くて美しくてべっぴんなのだそうだ。そして本当ならば異性と交際が始まると、見えない技術によってさまざまな拘束があるのだが、私の場合は散々その技術でひどい目に遭ったので許容されるのだそうである。

そんなこと今朝も似非カミサマ声でやっている。どうせ一ヶ月後は今度は申告のことで追われている、すると女ではなく金のことでのデマ送信が登場し、続くのだ。そして春ごろにはまた女と交際出来る等の送信を飛ばされ続け、私の身辺は無償の仕事と実績が積み重なる分、追い立てられていくのである。

要するに多額の金も、交際すべき女性も当然存在せず、不気味な得体の知れない被害者として生きて行かざるを得ないのである。そう簡単にはこの人体に反応する遠隔技術が世に知られるようにはならない。マスメディアや世論が取り上げてくれれば社会現象になるのだが、まだしばらく先である。我々も必死に来年も、身を削り認知・広報に頑張る。

9時頃起床。体が重い。音声送信はいつもとおり。触覚被害はやや弱め、その状態の中で雑事を片付ける。

それからいつもとおりはだかで、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、このブログを記している。音声送信は向こう側で何かいろいろと議論したり、言い合っているのが聞こえてくる。多少の触覚被害が下半身にもある。とにかく寒い。いよいよ本格的に冬のようだ。

柄の悪いチンピラ声が「逃がしてやるよ、酒飲ましてやるよ」等とまた馬鹿な送信をしている。

14時10分

あれからすぐに前の報告を更新。それから昼食の自炊。かしわそばを作っていただく。やはり食べている最中に背後からの触覚被害がひどい。音声送信は「サー」というノイズとガキの声。さらにもう終わるから、今日で最後で、もうできなくなるからやらせてくれという、ふざけきったデマも相変らずである。

ガキ以外にも男女のふやけた浮ついた声もあり、とりあえず制する声もあり。今日もうるさい。

苦痛の食後、すぐに目白の三井住友銀行まで出向く。被害報告集の制作費用の振込確認と来年のカレンダーをもらいに行ったのだ。「サー」というノイズと多少の触覚被害による走行妨害あり。ノイズガキはもう尋常な内容の送信になっておらず、ただうわごとのようなのを垂れ流している。

帰宅後すぐに触覚被害がエスカレート。胸へ尻へ背中へ脇の下へひどい。着衣が辛い。音声送信は日本の政治家たちがやっていて、すぐに終わる。金で返す。君が都知事に立候補しろ。案外当選するぞ等との寝ぼけ送信もあった。相変わらず終わる終わるという我々普通の人間同士の伝達とは全く違った次元ででの「ことば」というものの、流れがこちらではあるようだ。こいつら匿名気違いどもの間では「終わる」とはどういう意味なのだろうか。

これをまた点火する必要のない石油ストーブを点火させ、はだかで右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、下半身への触覚被害に耐えて記している。相変わらず「お金あげるね」とか「何か恵んでやる」との送信が尽きない。

15時40分

被害は平然と続いている。音声送信はもう止めるいなくなる、さらには女性にすすり泣きのおまけ付きである。

さきほど匿名気違いどもが私と交際することになると、ここ1ヶ月くらい騒いでいる「G」さんと電話で少し話す機会があった。全く業務口調で、私と何かあると、そこから思ったのなら相当の自惚れ屋か、相当アタマがオメデたい者ということになる。それを改めて純粋にクリアに匿名気違いどもに意識を向けて確認してやると、謝罪の声と女性のすすり泣きの声が聞こえ出してきた。要するにストーカーの時間をかけた、被害者の弱みや人間らしい部分につけ込んだマインドコントロールであることがはっきりと双方で確認できたのである。これが被害キャリアが6年2ヶ月の私にとっては大切なことなのだ。その「G」さんとはこれから頻繁に顔を合わせたり、電話で話したりすることになる。だからこの匿名気違いの被害者に対するこの技術の悪用がさらにさらけ出されることになるのだ。

それから音声は真剣な老人声が登場し、また「これでいよいよ終わるが、お前の親父とお前が憎くてしょうがなかった。だからやった。でも回りから酷すぎると言われ続けていて、何か少しはマシなことをしてやれと言われているので、お前に中国系の日本の美しい女性を紹介してヤル」との送信が続いた。本当にテメエの醜い醜態を晒さないで済むのなら、人という生き物はここまで非常識かつ、太く、鈍くなれるらしい。もっともそういう質の人間に限ることだろうが…。

大多数の人間はこの技術の加害者になど、成り下がるはずはない。そういう点ではよほどの奴である。本当呆れ返らないだろうか、超低次元で支配者意識と独占意識を満たしている状況に満足しているような、臭ってきそうな輩である。今度は中国系の美しい日本人だそうだ。それならば「Z」とでも、命名してやろうか。人をどこまでバカにすれば気が済むのか。

そんな送信がまだ続いている。そして相変わらずの触覚被害の応酬である。着衣が辛い、私が独りであることをいいことに付きまとい放題のやりたい放題である。この薄汚い恥さらしどもが!

今もはだかで、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、下半身へはバカな静電気刺激、さらに歯にも痛みがある。

今日は17時より今度は亀戸までクロスバイクで打ち合わせに出掛けることになっている。深夜の帰宅になるであろう。

16時40分

そろそろ家を出なければならない。これから亀戸との間を往復だ。昨日のような凶暴性のある殺意に満ちた被害で、事故にならないとも限らないので、一応報告を残しておく。

やはり冬は乾燥しているうえに静電気が発生しやすい衣服を厚着するせいで、夏の倍以上敏感になり、着衣の辛さは半端じゃない。

音声送信は亡父の知り合いの老人たちが集団でやっていて、夢中になってしまっている者ともう止めろと言っているのが対立していて、大変なことになっているとの送信。そしてまだ女性が現れ、交際するという送信が残っているかと思えば、君が女性と付き合える性格じゃない等と今度はそちらの方に振ろうとでもしているのか、そんな送信も飛んで来た。

触覚被害は依然ひどいまま。着衣が辛い。セーターも下着もズボンから出していなければいけないので、お腹が冷えるし、だらしない格好になってしまう。一体いつまでこういう拉致された者のようは状態で差別され、見下され、馬鹿にされ続けるのか? 今日もこれからどんな災難が待っているのかという状態の中で出掛けてこなければならない。被害者は絶えず悲観的精神状態にさせられてしまう。絶対に逆らえない、絶対的な技術に的にされ、悪用されている以上、どうしようもならないのだ。生きて生命活動が発生している以上は人間は外界を受け入れ「認識」をしてしまう。それは意識ではコントロールできない基本機能なのだ。そこに依存している技術である以上死なない限りは反応してしまう。最悪の悪夢である。今もバカなノイズガキが左耳で何か雑言を吐き捨てている。

« テクノロジー犯罪に遭遇して1761 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1763 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

みなさん

「CAGE@広島市安佐南区に住む中卒在日朝鮮人現役創価学会職員谷洋一郎死ねよ」

のブログはこちらです

http://killpsychopath.blog130.fc2.com/

げーのーじんとかもでるとか
よっぽど成功してなければ、
そのへんでバイトとか会社員やってるでしょ。
一回の仕事で数千円~数万円もらって生活できるわけない。
それ以上出る人は出るだろうけど。
ふつーの会社員より生活きっつい人はいっぱいいるでしょ。
一日ぼ~っと加害してる余裕なんてないのよ。
生活保護者が加害やってるって話も相当嘘っぽいね。

テメーが粉かけといて報復を予測して常に被害者ぶるよな
 
青柳雄二もそうだった

>げーのーじんとかもでるとか
>よっぽど成功してなければ、
>そのへんでバイトとか会社員やってるでしょ。
 
改行多いし支離滅裂
 
>一回の仕事で数千円~数万円もらって生活できるわけない。
>それ以上出る人は出るだろうけど。
>ふつーの会社員より生活きっつい人はいっぱいいるでしょ。
 
言いたいことが分からんがとにかく自分を加害者じゃないかのようなウソに閉じこもる言葉だな
 
>一日ぼ~っと加害してる余裕なんてないのよ。
 
ところがやってんだよテメーがなww
 
>生活保護者が加害やってるって話も相当嘘っぽいね。
 
生活保護受給してるから加害者にはならないかどうかは知らんが
創価学会現役職員がやってるのは知ってるよな?

>おいコラ、ゴマカシ用の下品なブタ語で逃げるのもいい加減にして、疑問符の付いた質問くらい答えたらどうだ犯罪者。
 
健常者からの疑問符なら良いがテメーみたいな精神病患者のは疑問符とは言わんだろ
 
と書けばまた自信の無さの現れと騒いで励ますかww
 
励まさずここに来るな寄生虫
 
>皮肉の真意も読み取れないのかこのバカわww
 
ゴマカシ用の朝鮮語だな
 
皮肉とはどんな皮肉だったのかも書かず終い←ここポイント
 
>キサマ自身の発想の真意を問われているにもかかわらず、質問者に対する「疑問型のニュアンス」で返すこと自体がおかしいじゃねえかw
 
問われたのはチラシの裏に書けというネットで使われてる表現の意味で発想じゃなかったはずだがww
 
すり替え名人の長所をまた確認出来て良かったなww
 
>テメーの言葉なんだろ?あん?
 
慌てて辻褄合わせ失敗ww
 
>テメーの手中にはそれを断定できるだけの証拠が存在しない筈である人様の背後関係については、いつも断言しているにもかかわらず、最初からその証拠など必要としないテメー自身の中から世に出た言葉の真意を問われて、何故断定できねーんだよwww
 
中卒在日朝鮮人が誰に向かってテメー呼ばわりしてんだ?
 
惨めなゴマカシに付き合うつもりは無いんだよ朝鮮人
 
>だーかーらーよ、上記の様に、テメー自身の言葉にすら断定できねえヘタレっぷりを見て、「自信持てよ」といったところで、極めて矛盾がなく、ナチュラルじゃねえかw
 
自信の無さじゃなくチラシの裏にでも書けという言葉の意味をテメーも知ってるだろの『だろ』な
 
自信が無いからそんなことで必死な自分を差し置くな朝鮮人
 
>まあ、ここについては、確かにまだ断言するには早いだろうがな。
>テメーが「加害者一味のパシリの可能性が高いのは確かだ」くらいの表現がふさわしいだろう。
 
舞台設定とはテメーが俺をマインドレイプしていないという新しいキャラのことな
 
以下その設定を続ける哀れな谷洋一郎の学芸会だからスルーな

>あ~2ちゃんねるか、その「チラ裏」をパクッタ可能性が高いから、
 
頭大丈夫なのかww
 
上手いレトリック使ったらパクリと言うのかバカがww
 
テメーは目の上のタンコブと言えばパクリか中卒ww
 
>その質問については、撤回しとくか。お前が統一教会系の2ちゃんねるが大好きなのはよく分ったがw
 
何が質問だこの朝鮮人!ww
 
チラシの裏で書けという意味はテメーの内容がそれだけしか価値が無いってことだろうがバカww
 
その言葉が聞きたくないから
>だが、「チラシの裏」でやれという発想は、奇妙な発想だな、何故「チラシの裏」なんだ?
 
と惚けたんだろボケがww
 
続きは1人でチラシの裏でやれカス

〜キリストの父はcoffeeが嫌い〜


クリスマス
日本の父(安倍)統一教会


公明党は北朝鮮宗教
日本(ニッポン)は酷い
集団ストーカーは創価学会


岩手の小沢氏は在日モンスター
布施AKIRAとの企画
Re:布施AKIRA市長
(全額負担+α)お見逃しなく!!


ウェルカム!佐沼高等学校
人類滅亡 電磁波 族
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=244tuyo3&guid=ON


筑波大学
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/548987/533579


話は大石敦巳
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/699146/584151


自衛隊の犯罪を斬る
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=patentcom


中学生の逆襲
稲中
前野「神はサタンだ」


http://m.youtube.com/watch?v=CXITZlEl6jA&fulldescription=1&hl=ja&gl=JP&client=mv-google&guid=


エアー盗聴器ーAIR



科学警察研究所〜思考盗聴について野口博士に聞く
http://m.youtube.com/watch?v=ICzDCQICeYw
警視庁の完全負担(額)


テレパシーVS仮面ライダー

エヴァVS大友AKIRA

サタン合宿中

思考盗聴器
装置 トラの尾をつかんだら絶対に放すな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して1762:

« テクノロジー犯罪に遭遇して1761 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1763 »