« テクノロジー犯罪に遭遇して1766 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1768 »

2012年12月16日 (日)

テクノロジー犯罪に遭遇して1767

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という50才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者・制作者として)発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を! 睡眠・業務妨害の音声動画記録もほぼ毎日You Tubeへ更新中(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1)

12月16日(日)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズ★ 肌の撫で回し☆ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻、右肘、左肩) 気配◎ 電磁波☆(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、肝臓への操作、殺人が目的の走行妨害) 資源の無駄遣い◎

昨晩はあれから愛犬の散歩。やはり背後からの抱きつき変態猥褻触覚被害が頻発。立ち止まる度にバカにされ、コケにされ、舐められる。そんな感じで甚だ不愉快。昔の散歩は自然な沈黙と触覚被害なんて微塵もない、かけがえのない気分転換だった。今では人を人と思わない虫けらどもに体を乗っ取られ、いいように遊ばれ、玩具扱いされ、自尊心をメチャクチャにされる屈辱と忍従と忍耐の時間である。その不快さと不機嫌さが、愛犬にも伝わりビクビクしながら何度も私の顔色を伺い続けている。

私はといえば殺したやりたいほど憎み抜いているこの匿名気違いどもに悪態を突き続けた。この薄汚い人工音声を散歩の時間まで強制反応させられ、内面をボコボコにされたくないための必死の抵抗である。意識を自分の声で外向化させないと、21世紀の人殺しどもの声が脳内に入り込み、気分転換どころか、散歩に出る前以上に不機嫌な状態にさせられてしまうのだ。ひどすぎる背後からの触覚被害に耐えて、何とか愛犬のしたいに合わせたつもりだが、ほどほどにしておいた。

しかし帰宅し、それ以降は深夜の入浴までは被害は穏やかな音声送信ていどに落ちつく。DVDで映画を鑑賞、そして入浴だが、やはり尻への触覚被害はいつもとおり。不快な入浴。そして眠気と疲労はひどく、1時40分には就寝。

6時55分に覚醒の強要。連続睡眠時間は5時間15分ほど。音声送信は、もういなくなる、終わる。今度こそ本当。一応穏やかな老人声。亡父の知り合いたちなのだそうだ。そして犯罪しか犯せないクズのくせをして、またステキな女性が現れる等の、てめえの願望と欲を私に顕示していた。完璧なデマであることはこれを長い間読んで下さっている方なら重々分かっていることだろう。犯罪者がどうして人を幸福にできる?本物の神様なら全能だろうが、てめえは似非カミだろうがと。何がステキな女性だ、何が高額のカネだ。それよりのてめえのこれからの境遇を心配しろと、こっちが向こうのことを考えている体たらくである。「サー」というノイズ。

8時50分に再び覚醒。「サー」というノイズ。触覚被害も始まり出す。こちらは前週の疲れが溜まっていて、眼と頭が痛い。老女声が私たちにとっては最高の6年2ヶ月でした。でもあなたには最悪の6年2ヶ月でしたね、でも本当に終わります等とまだやっている。しかしそれは事実だ、それも生粋の事実である。そしてこれから良いことが沢山あるのだそうだ。そうやって被害者を宥めたことを理由に後でやりたい放題やりまくるのである。

9時半に起床。体が重い。すぐに尻にひどい触覚被害。音声送信のみはとりあえず、善良なキャラクターが制しているかのようになっているが、触覚被害はいつもとおりだ。

それから選挙へ。私の投票を全部音声でなぞり読みされる。こういう大変な犯罪が普通に起きているのが私たち被害者の毎日なのだ。

そして帰宅し、ブログ記入を開始するともうダメ。即座にはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶。右脚にひどい触覚被害。それに耐えての記録である。音声送信は「こいつ休ませてやるう?」「そろそろ許してやるか」等の見下し音声をチンピラ男の声で送信させられ、日曜の朝から怒り心頭である。それで気が済むなら勝手にやればいいこのゴミどもが!!

今日はこれから亀戸までスタッフとしてある催しに参加しなければならない。今日は司会を任されている、過激な攻撃がなければいいが。さらに片道70分ほどの距離を往復する、かなり危険な目を強要されるかもしれない。本来なら晴天だから運転が楽しいはずなのに。私たち被害者はそんなもの、いとも簡単の赤子の手をひねるように強奪される。この技術の向こうにいる享楽主義の気違いどもにである。ということで次の記録は夜になる。今日今のところ被害三昧で、何が終わるのか、何がステキな女なのか、さっぱりと不可解なだけだ。

20時33分

亀戸から戻ったところだ。催しの方は順調で和気あいあいと楽しく進行終了することができた。被害も大したことはなかった。

しかし往復120分ほどのクロスバイク走行はメチャクチャだった。特に行きの走行は過激なほど。いつもひどい右脇の下を除いた他の部分がひどかった。特に胸を揉むような触覚被害、これがもう延々と続く。たまに尻、背後からの抱きつきや覗き込み。音声送信も「「サー」というノイズを伴うガキの声やら真っ当なのがいない。チンピラ、認知症、酔っぱらい、記憶喪失、自失状態になるようなの。そんなのばっかしが、ずっと我が物顔で騒ぎまくっている。たまに真っ当そうな声が「後でどういうことになるか、覚悟しておきなさいよ!」と強く制したりもするが、無視し、一向に音声送信も触覚被害ものすごい。ついにはこちらも神田の辺りから強烈に怒りを爆発、車上で加害者に意識を向け、実際に大声で悪態をつきまくり、徹底的に粉砕するつもりで怒りを叩き続けた。傍からみれば気違い中年オヤジがクロスバイクに乗って走行しているふうにしか見えなかっただろう、しかしそんな自意識を保っていられるほど甘くはない、もはや拷問と言っても差し支えないほどのレベルだった。

やっとの思い会場に到着した感じだった。

帰路も触覚被害はひどい、しかし行きの半分ほどのレベルで済む。キャラクターの方も「サー」というノイズとそれを伴うガキの声とあと数種と限られていた。それでもここのところの走行と比較すると十分にひどいものだった。

帰宅後はいつもとおりである。が、音声送信は危機感を抱いた内容が多い。もうこの内山という人には無闇に近づくな、とか、泣きべそをかいているのとか、弱い感じの声が目立った。触覚被害はいつもとおり。今も一応着衣だが胸の辺りに相当ひどい触覚被害。それと背後と脚にも、ノイズは左耳にかなりうるさい。

« テクノロジー犯罪に遭遇して1766 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1768 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

この加害には五感情報通信が使われていると思われます。
加害者が個人であるなら資金ぎれはありますが、研究機関がついているのなら出資が切れない限り続くものと思います。

被害当初に聞いた音声は
「お母さんはシンクタンクに魂を売った」と言っていました。
このお母さんは私の母ではなく、加害を行っている人間の母親でしょう。

せっかく我慢してたのに改造車のマフラーごくろうさん
 
正月も親に顔も見せんのか
 
そういうのが親から自立してて格好いいと思ってんだろ
 
カスがカスのままでいられるのは創価学会様のお陰様だな

〜キリストの父はcoffeeが嫌い〜

クリスマス
日本の父(安倍)統一教会


公明党は北朝鮮宗教
日本(ニッポン)は酷い
集団ストーカーは創価学会


岩手の小沢氏は在日モンスター
布施AKIRAとの企画
Re:布施AKIRA市長
(全額負担+α)お見逃しなく!!


ウェルカム!佐沼高等学校
人類滅亡 電磁波 族
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=244tuyo3&guid=ON


筑波大学
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/548987/533579


話は大石敦巳
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/699146/584151


自衛隊の犯罪を斬る
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=patentcom


中学生の逆襲
稲中
前野「神はサタンだ」


http://m.youtube.com/watch?v=CXITZlEl6jA&fulldescription=1&hl=ja&gl=JP&client=mv-google&guid=


エアー盗聴器ーAIR



科学警察研究所〜思考盗聴について野口博士に聞く
http://m.youtube.com/watch?v=ICzDCQICeYw
警視庁の完全負担(額)


テレパシーVS仮面ライダー

エヴァVS大友AKIRA



サタン合宿中

思考盗聴器
装置 トラの尾をつかんだら絶対に放すな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して1767:

« テクノロジー犯罪に遭遇して1766 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1768 »